年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/22(木)   CATEGORY: 張愛玲
傾城の恋
出張から帰ってきました!
読書がはかどるはかどる(^^)
まやさんからの宿題だった
張愛玲 (チャン・アイリン)の「傾城の恋」の感想です!


傾城の恋傾城の恋
(1995/03)
張 愛玲

商品詳細を見る


正直言うと
先に読んでいた「色・戒」の方はピンと来なかったのですが、
こちらはズバリ、面白かったです!
といっても勿論ゲラゲラ笑えたというのではなく、
興味深かったといいましょうか。

あらすじについては
まやさんのblogに詳しいので、そちらをご参照ください!(^^;

やはり
「傾城の恋」は張愛玲の代表作と言われるだけあります。
あと、翻訳の文体も「色・戒」より私に合っていたようです。
つづきを表示
スポンサーサイト
DATE: 2008/03/30(日)   CATEGORY: 張愛玲
色・戒
映画「ラスト、コーション」を見てから、
原作者が気になり、
張愛玲 (チャン・アイリン)について興味が湧いている今日このごろです。
台湾や香港では女性に大人気!の作家だとか。
その人気の秘密はいったいどこにあるのか??知りたいトコロです(^^)

高虎(ガオ・フー)が張愛玲原作の「红玫瑰与白玫瑰」の舞台をやっている、
というのも、私の興味には、大いに関係があります(^^;
ちなみにこの舞台は5月、北京で再演されます!パチパチ!
「红玫瑰与白玫瑰」は映画化もされているのです。
RED_ROSE_WHITE_ROSERED_ROSE_WHITE_ROSE
(1996/07/26)
ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン 他

商品詳細を見る


で、張愛玲で邦訳されているのはこの「ラスト、コーション」の映画ノベライズだけ、
という認識だったのですが、それは誤りで、
映画のノベライズじゃなくて、原作の翻訳本だったのでした!
全然意味が違ってきますよね。ごめんなさい!

またまた図書館で発見したので
借りてきました。文庫版です。
ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1) (集英社文庫 チ 5-1)ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1) (集英社文庫 チ 5-1)
(2007/12/14)
アイリーン・チャン

商品詳細を見る

つづきを表示
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。