年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/06(日)   CATEGORY: 瓊瑶
瓊瑶 「寒玉楼」「我的故事 わたしの物語」
先日の「色・戒」を読了し、「中華系女流作家ってどうなの?!」
…という事で、中華系女流作家強化月間!
とりあえず、知ってる中華系女流作家、瓊瑶(チョン・ヤオ)の作品を読みました。

最初に瓊瑶を知ったのは、こちらの作品、「還珠姫」です。↓
還珠姫還珠姫
(2005/10/21)
瓊 瑤

商品詳細を見る


確か、「神侠侶」を読み終わった頃、この本をレンタル屋(!)で見つけて、
同じ中国系、同じ徳間書店、そして表紙が正子公也さんの綺麗な絵だったので
購入したのです。
帯の推薦文は岡崎先生が書かれてましたし♪

…舞台は清朝、乾隆帝の時代です。
(この皇帝はホントあちこちの作品に良く出てきますね。)
古装モノで、多少、武術も出てきますが
(”売芸葬父”というのをこの本で始めて知りました。)
やはり、武侠モノではなくて、少女小説って感じでした(^^)
瓊瑶は恋愛小説の大家なのですね。

で、今回まず読んだのはこちら。↓
寒玉楼寒玉楼
(1993/10)
瓊 瑶

商品詳細を見る


つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。