年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/11(火)   CATEGORY: 楊逸
時が滲む朝
遅ればせながら、楊逸さんの芥川賞受賞作品、「時が滲む朝」を読みました!

時が滲む朝時が滲む朝
(2008/07)
楊 逸

商品詳細を見る
つづきを表示
スポンサーサイト
DATE: 2008/05/23(金)   CATEGORY: 楊逸
ワンちゃん
この出張中、楊逸(ヤン・イー)さんの「ワンちゃん」も読みました。
中国の方が日本語で書いた小説で、
芥川賞候補にもなり、話題となった本です。

楊逸(ヤン・イー)
1964年、中国ハルビン市生まれ。中国籍。
1987年、留学生として来日。
お茶の水女子大学文教育学部地理学専攻卒業後、
在日中国人向けの新聞社勤務を経て中国語教師として働く。
2007年、「ワンちゃん」で第105回文學界新人賞受賞。
2008年、「ワンちゃん」が第138回芥川賞候補となる。

ワンちゃんワンちゃん
(2008/01)
楊 逸

商品詳細を見る


外国人が日本語で書いた小説、という事で、
リービ英雄さんを思い、
中国女流作家の作品、という事で、
張愛玲(チャン・アイリン)を思う私でありました。

それにしても「傾城の恋」と同じタイミングで読んだというのには
何となく意味があったように思います。
つづきを表示
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。