年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/10/29(金)   CATEGORY: 読書感想
僕僕先生
御無沙汰しております!
めっきり寒くなりました。
なかなか更新できずにおります…不好意思(T T)
諸行事も終わったので、blog更新もスイスイ出来るかな~、
と思っていたのですが、これがなかなか…
主婦と仕事と趣味(太極拳と中国語教室)を両立させるのって、
大変ですね~(^^;
それをこなしておられる諸先輩には脱帽です。

今日は相公も飲み会で帰りも遅いし、
太極拳教室もないので、久しぶりにPC立ち上げましたが、
なんかPCの調子悪くて、戦々恐々です。

先週末は大幇会があったそうですが、
その頃私は相公の実家に行っておりました。
1年半ぶりくらいにボウリング等して、
未だダメージから立ち直れず…orz
6歳のNew甥には、なんとか勝ったけれど、
恐ろしいスコアを叩きだしてしまいました(爆)
つづきを表示
スポンサーサイト
DATE: 2010/10/04(月)   CATEGORY: 映画観賞
悪人
「ベスト・キッド」の感想文はお茶を濁してしまったのですが、
中華映画じゃないものの、心に響いて良かったので
「悪人」の感想を…

実は、原作者である吉田修一先生の小説、
結構好きでして…
流行作家ですので、勿論、普通にファンも多いと思うのですが、
何というか、私の場合、
吉田先生が長崎県ご出身だからなのか、
小説中に長崎弁がバンバン出てくる所が、
大変グッと来る部分であります。
(山口県人だけど、心は九州人のワタクシ…)
”water”なんかは、読むたびに泣ける感じです。
青春モノな所もなんですが、
大切な人を失った喪失感と、
自分の肉体を追いつめて行く感覚との間に、
何とも言えない感情が湧くのです。

最後の息子 (文春文庫)最後の息子 (文春文庫)
(2002/08)
吉田 修一

商品詳細を見る
つづきを表示
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。