年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/08/26(金)   CATEGORY: 藤水名子
紅嵐記
藤水名子先生の、「紅嵐記」を読了しました。

元末群像異史 紅嵐記(上) (講談社文庫)元末群像異史 紅嵐記(上) (講談社文庫)
(2010/06/15)
藤 水名子

商品詳細を見る


サブタイトルに「元末群像異史」とありますね。
でもこれ、文庫化する際に入れた模様です。
図書館から借りた単行本の上下巻で読んだのですが、
そっちにはそういうタイトルが入ってなかったです。

あとがきで、”朱元璋について書いた”
とあったので、そういう目線で振り返りましたが、
実際は、このサブタイトルの方が正解、という気がします。
もともとは、新聞連載だったのだそうですね。
つづきを表示
スポンサーサイト
DATE: 2011/08/25(木)   CATEGORY: 中華雑記
刮痧(かっさ)マッサージ
最近ハマっている事…
それは、”刮痧(かっさ)マッサージ”です!


友人には、エステ好きの人とか、化粧品マニアとかもおり、
自分も結構面白がって
あれこれやってた時期もあったんですが、
この数年、美容関係にとっても疎い、女子力ゼロ生活(爆)
つづきを表示
DATE: 2011/08/22(月)   CATEGORY: 塚本 青史
刺客荊  と  霍光
読書記録、随分書いてなかったので…(^^;
(今日は連チャンで記事UPだ!)

え~、塚本青史先生の、
「刺客荊」と「霍光」を読みました!

刺客荊刺客荊
(2005/08/25)
塚本 ?史

商品詳細を見る


霍光霍光
(2000/04)
塚本 青史

商品詳細を見る


図書館通いも復活し、
何でも読めるぞ状態なんですが、
取りあえず、書棚で目についた本を引っ張ってきた、
という訳です。

で、
3年前に「光武帝」を読んだ時は、
結構、面白く読んでいたようなのに、
なんでしょう??この受け手(=私)の変貌ぶり(^^;
全然、読書が進みませんでした!
私、もしかして塚本青史先生と相性悪いのかも…
というか、3年間で私も変わったのかも。
つづきを表示
DATE: 2011/08/22(月)   CATEGORY: 中華映画
シャンハイ
と言う事で、
「シャンハイ」を見て来ました!


私がこの手の、中華を舞台にした映画に反応するのは当然ですが、
相公も「面白そう!見たい!」と言ったのは、
やはりTVCMとか、渡辺謙さんの番宣のお陰でしょうか(^^;


CMで、「パールハーバー」とか言ってたので、
第2次世界大戦前の上海を舞台にした、
戦争映画か、アクション映画かと思ってましたが、
見てみると、
スパイ映画(恋愛要素多め)、という感じでした。
無理にジャンル分けする必要もないんですけどね(^^;

監督は、ミカエル・ハフストロームさんという、
欧米の方であります。
という事で、欧米目線、な感じです。
舞台や時代背景から、
”日本鬼子”な面がもっと出るかと思いましたが、
割とソフトでした。
勿論、今まで自分が見た作品に比べると、という意味です。
今まで自分が見た作品では、
旧日本兵超極悪!な描かれ方をしていたからでしょうかね(^^;
「葉問」とか「鬼が来た!」とか「北京の恋」とか。
そっちのイメージに洗脳されてしまっているのかもしれませんが…

日本の帝国主義な感じもあんまりなくて、
(これも他作品と比較した印象で、です)
組織とか国の為に!という雰囲気はなく、、
あくまでも、個人と個人、男と女、という感じ。
やっぱ欧米、個人主義なんだな~と変な感心をしました。

以下、ネタバレ含む感想です。
つづきを表示
DATE: 2011/08/22(月)   CATEGORY: 中華雑記
エビチリ
先月末の私の送別会、中華料理屋で行われたのですが
(私の好みに配慮してくれた幹事さん、ありがとう!)
そこで食べたエビチリがとっても美味しかった!!
なのに、一皿の量が少なくて、
レンゲ1匙分しか食べられず、とっても残念でした(T T)

また食べたければ、、そのお店に食べに行けば良いじゃん、
って話なんですが、
せっかく時間もある事だし、
自分で作りたい!
そして、飽きるまで、エビチリを食べたい!
(ボール一杯のプリンを食べたい!とかいう願望と同じ)
だって、中華は大皿料理で、
みんなでシェアするのが基本なんで、
あんまり一人で抱え込んで食べるもんじゃないですし(^^;

という事で、
今月は2回もエビチリが食卓に登りました(^^;
手がかゆい!
つづきを表示
DATE: 2011/08/18(木)   CATEGORY: 中華映画
新宿インシデント
お盆休みも終わりましたね~。
エブリデーがサンデーな私ですが、
お盆は、一泊ですが、相公の生家より、
公公、婆婆、義兄姐、甥が来ており、
それなりに忙しくしておりました。

その他、お盆前後も、ハローワーク行ったり、
家の積年の汚れ(爆)を掃除したりと、
それなりに、することある感じです(^^;
専業主婦になったら、
昼寝とかする生活になるかと思っていましたが、
意外とそうでもなかった。真面目ですw

そんな中、NECOさんで今月は「闘将!ジャッキー・チェン」特集
をやっていたので、
公開当時、見られなかった「新宿インシデント」を見ました!


新宿インシデント [DVD]新宿インシデント [DVD]
(2009/10/23)
ジャッキー・チェン、竹中直人 他

商品詳細を見る


ジャッキーといえば、どうしても面白カンフー映画、
のイメージですが、
そんなジャッキーも1954年生まれの57歳(2011年現在)、
近年の映画を見ると、
ビルから落ちたりするアクション中心の映画の主役をするには、
そろそろキツイのかな?という感じです。
体力的に、というのは、見ているこちらは解りませんが、
主役で20~30代くらいの設定の役をするにはちょっと…
という意味ですね、見た目的に(汗)
1994年作品の「酔拳2」の辺でも、
1963年生まれの年下のアニタ・ムイの息子役は
かなり厳しいなぁと思いましたもん(爆)
その辺もあってか、この数年、師父役だったりとか、
脇に回ったりとかで出演しておられ、
色々、考えておられるようです。
それはやっぱり、仕方ないですよね(^^;


以下、ネタバレ含む感想です。
つづきを表示
DATE: 2011/08/03(水)   CATEGORY: 普通の雑記
近況報告(劇的?ビフォーアフター)
ものすごーく御無沙汰しております。
今見て、2ヶ月、記事UPせずに放置してたことに気づきました…
(1ヶ月くらいと思ってた)

この2ヶ月、結構、色んな事があり、
自分の周辺が劇的(主観ですが)に変化しました。
別に私のプライベートなんて、皆さんに関係ない訳ですが、
やっぱり書いてしまう、露悪癖のあるワタクシ。

お時間ある方はお付き合い下さい(^^;
つづきを表示
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。