年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/11/28(月)   CATEGORY: 中国語学習
答え合せ
この数カ月、悩まされていた中検が昨日終わり、
先ほど、webで答え合せをしてみました。

リスニングはギリギリ合格ラインでしたが、
筆記が34点+α…(爆)

α、というのは、5問目だけマークシートじゃなくて
和文中訳問題なので、何点がつくのか不明だからです…(^^;
でも模範解答を見た限り、間違ってるしな~!
文法間違い&漢字間違いだらけ!0点だな!
でも、単語とか、部分点、多少でも、貰えるのでしょうか?
とはいえ、どう考えても不合格間違いなし、ではあります(T T)

つづきを表示
スポンサーサイト
DATE: 2011/11/21(月)   CATEGORY: 中華雑記
草原の王朝 契丹 - 美しき3人のプリンセス -
九州国立博物館にて展示中の、
草原の王朝 契丹 - 美しき3人のプリンセス -
を、洪八公兄貴と、師妹さんと、3義兄妹で観賞してきました!

草原の王朝 契丹 - 美しき3人のプリンセス -
会期:2011年9月27日~11月27日

動画リンク↓(you tube動画の埋め込みのやり方忘れた!)
http://youtu.be/EtLvi79miqc
http://youtu.be/TOUCauzCAAo


10月29日(土)か、30日(日)に見に行っておけば、
ドラマ「楊家将伝記」も一部、見れてたのにな~(T T)
北方「楊家将」も人気あるみたいですし、
確かに、あの小説中にも、契丹は出て来ますよね。

別の日に見に行ったお友達は、特別講演も聞いたとの事で、羨ましい限り!
まぁ、そもそも、今回観賞に行けると思ってなかったので、チャンスをくれた二人に感謝です!

私が契丹を知ったのは、
中国武侠ファンには御馴染、金庸著「天龍八部」からであります!
天龍八部一 剣仙伝説 (徳間文庫)天龍八部一 剣仙伝説 (徳間文庫)
(2010/01/07)
金庸

商品詳細を見る


天龍八部 DVD-BOX 1天龍八部 DVD-BOX 1
(2005/05/27)
フー・ジュン、ジミー・リン 他

商品詳細を見る

時は、中原の歴史で言う所の宋代。
主人公の喬峯(きょうほう)は、丐幇という乞食組織の幇主です。
彼は武術の達人で、大酒のみ、多くの人望を集めていたのですが、
彼が契丹人であるとの出生の秘密を暴露されたことで、丐幇を追放されます。
その後、彼は蕭峯(しょうほう)と名乗り、
漢人として生きてきた恩と、契丹人の本当の両親を殺された仇の間で
悩む姿を描いた名作です!
喬峯の他に、段誉(だんよ)、虚竹(こちく)、慕容復(ぼようふく)
といった魅力ある登場人物も満載で、武侠の名作であります。

今作からも、そして「楊家将演義」からも解るように、
契丹が隆盛を極めた頃の宋代は、漢人と契丹人は敵対しており、
漢人側から書かれたものだと、どうしても契丹はイメージが悪い!
そして、北方狩猟民族という事で、
いわゆる中原と比べると、大した文化を持っていなかったのでは?
とずっと思っておりましたが、
今回の展示を見て、考えを大きく改めました!
つづきを表示
DATE: 2011/11/21(月)   CATEGORY: 中華映画
新少林寺
公開初日に見て来ました!
「新少林寺」

shaolin_wall1_1280x1024.jpg

カンフーアクションの原点にして頂点が
”泣けるカンフー”として新たに誕生!


ぶっちゃけ、昭和の「少林寺」ブーム、
しっかり体験&記憶しております!
「ハ!ハ!ハハ!」あの動き、
クラスの男の子みんなやってたよ~~。
イマイチ冴えなかったH君が少林寺を真似始めた途端、
皆の視線がが羨望の眼差しに変わったのを覚えてます。
公開当時は映画見てなかったのですが、
その後、ちゃんと観賞し、
ジェット・リー(李連杰)のキレッキレのアクションに痺れたものです。
なんだろう、プロレスショーって凄い!、と思ってたのが、
ある日突然、本物の格闘技に触れてビックリ!みたいな…

…という事で、期待に胸ふくらませて見に行きました。
以下、ネタバレ含みます。
つづきを表示
DATE: 2011/11/21(月)   CATEGORY: 中華雑記
タッセルを作りました。
もう先月の事になりますが、
カーテンタッセルをアジアンノットで作りました!
013_20111121132753.jpg
レシピによると、
端っこは玉結びを作って通さなくちゃいけなかったのですが、
気力が尽きて、ビーズを通して誤魔化した(^^;

そもそも、カーテン買った当初から、
薄手だったからか、共布のタッセルがついてなかったので、
自作するぞ~!と、昨年から(!)予定はしていたのですが、
実際には、8月に1本作って、その後、放置…(爆)
お友達が来る!って事で、慌ててもう1本作ったのでした(^^;
つづきを表示
DATE: 2011/11/16(水)   CATEGORY: 読書感想
戯史三國志「我が糸は誰を操る」「我が槍は覇道の翼」
三国志関係の本って、ファンも多いからでしょうか、
ほ~んと、無数に出版されてると思うので、
どんだけ世間に出てるのか解りませんが、
たまたま、図書館の新刊コーナーにあったので、
こちらを読みました。

戯史三國志 我が糸は誰を操る戯史三國志 我が糸は誰を操る
(2011/05/10)
吉川 永青

商品詳細を見る


戯史三國志 我が槍は覇道の翼戯史三國志 我が槍は覇道の翼
(2011/09/07)
吉川 永青

商品詳細を見る


なんか、この装丁&タイトルにゾクゾクして!

で、この2冊、明らかにセット物、って感じなので、
どっちを先に読むべき?と思ったら、
「我が糸は誰を操る」は、曹操配下から呂布配下(?)へと裏切った、陳宮の、
「我が槍は覇道の翼」は、呉の程普の話でした。
なので、どっちから読んでも良かったようですが、
一応、出版された順に、
「我が糸は誰を操る」から読みました。
つづきを表示
DATE: 2011/11/08(火)   CATEGORY: 中華映画
1911
ジャッキーの100本目の映画、
「1911」を鑑賞しました!

「1911」公式サイト

全世界、同時公開だったんですよね~。
ジャッキー主演だし、
テーマも、中国近代化のきっかけ、「辛亥革命」だし、
「レッドクリフ」のスタッフが再集結!
…等等の宣伝文句からして、
大作だ!ってイメージです。

その割には、(「レッドクリフ」公開時と比べると)
CMや特番はあまりやってないな~、
という印象ではありました。
辛亥革命から100年記念、という事で、
新聞とかで、孫文を支えた日本人実業家、
梅屋庄吉なんかの記事はみかけましたが。
長崎でも展示会があるらしくて、ちょっと行きたいんですけどね。
つづきを表示
DATE: 2011/11/04(金)   CATEGORY: 太極拳
合宿に行ってきました。
一泊二日で、太極拳の合宿に行ってきました!
強化合宿とかじゃなくて、親睦メインの奴です(^^)
協会主催のものとしては、実に20年ぶりの合宿だそうで、
大変面白かった!

兄弟弟子の教室の方々で言うと、
試験対策とかの講習会だと、敷居が高くて行かない、
みたいな方も、慰安旅行感覚で、結構参加されていたみたいで、
これは狙いが当たったのではないでしょうか?
24式を覚えたての方のクラスとかもあったし。
全部で、150名くらい参加されていたとの事。
つづきを表示
DATE: 2011/11/01(火)   CATEGORY: 普通の雑記
現実逃避を…
11月に入り、中検まであと27日!
…なんですが、もう、お勉強から逃避しまくりです(^^;
時間はあるんですが、
やってもやっても頭に入らず…老化の為?馬鹿だから?
もう、どうでも良いので早く終わって欲しい!
今月から過去問題をやろうと思ってたんですが、
絶対、解らないよ…(泣)
やる意味、あるんかな…(T T)


なので(?)気分転換に、
blog書いてます。
つづきを表示
DATE: 2011/11/01(火)   CATEGORY: 読書感想
海遊記 義浄西征伝
読書の秋!
という事で、それなりに読書もしておりますが、
なかなか進みません。
一因は、北方三国志にあり、と思うのですが(^^;
三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
(2001/06)
北方 謙三

商品詳細を見る

ようやっと5巻まで読了し、次から孔明が出てくるのか?
って所です。
面白くない事はないけど、色々違和感はあります。
北方先生、関羽はそうでもないけど、張飛は好きらしい、
という事が解りました(^^;
こちらの感想は、全部読み終わって改めて書こうと思いますが。

あとは、遅まきながら、「聖☆おにいさん」を読みまして、
面白くハマってしまいました。
聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る

どうせなら元ネタも知りたい!と、
「まんが 聖書物語」
(何故か相公の少ない蔵書の中にあった。
入院中に友人がくれたらしい。…布教?)
と、手塚治虫「ブッダ」も読んだりして。
マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)マンガ 聖書物語〈旧約篇〉 (講談社+α文庫)
(1998/07/17)
樋口 雅一

商品詳細を見る


ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫)ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫)
(1992/12)
手塚 治虫

商品詳細を見る


何となく、知ってる話もありましたけど、
改めて読むと、へぇ~という感じですね。
そして、自分にはやっぱり仏の教えの方がしっくりくるな~、
とも感じました。縁とか、そういうの。

という事で、妙にお坊さんづいてますが、
標題の、「海遊記 義浄西征伝」を読みました!
仏教についてもっと知りたい!と勇んで借りた訳じゃなくて、
「僕僕先生」の仁木英之先生の新刊、
という事でチョイスしたのでした。
海遊記―義浄西征伝海遊記―義浄西征伝
(2011/09)
仁木 英之

商品詳細を見る

つづきを表示
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。