年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/07(月)   CATEGORY: 高虎
一石二鳥
梅雨が開けましたが、湿度も高く、暑さは厳しいですね!
でも空が青いだけ、まだ気分は晴れるというものです。
あ、今日は七夕ですね!珍しく、七夕なのに雨じゃない!

さて、タイトルの「一石二鳥」、といいましても、
別におトクな事があった訳じゃなく、
またまた高虎(ガオ・フー)さんの出演作品を観ました!というお話です(^^;
2005年頃の作品なので、新しくはないのですが、
武侠ジャンルで、映画=短い!という事で
「大明天子」というフルコースの後には良いかなと。

dj11131.jpg
【キャスト】
石儀咆…呉宗憲(ジャッキー・ウー)
曾武了…呉孟達(ン・マンタ )
卜得遼…雪村
張馨馨…林心如(ルビー・リン)
柳玉樹…高虎(ガオ・フー)
蕭貫虹…陳龍
老李…曽志偉(エリック・ツァン)

【粗筋】

明の嘉靖年間、奸臣の厳嵩は皇帝の寵愛を良いことに
横暴の限りを尽くしていましたが、
正直な官吏の張応竜は厳嵩を弾劾する上奏文を出します。
ところが反対に、辺境の貴州に流されます。
その道中に、一軒の宿屋が。
石儀咆、曾武了、卜得遼は、
もう長いこと肉を食べていないので、
なんとか鳥を捕まえようとしますが、うまくいかず、
矢を放てばお尻にささる始末(^^;
そんな宿屋に、張応竜と、護送する役人達が宿をとります。
さらに、才子佳人の男女二人連れ(張馨馨と柳玉樹)も入宿。
実は張馨馨は張応竜の娘で、師兄の柳玉樹と父親を助けに来たのでした。
隙を見て、「父上、逃げましょう!」と促す馨馨ですが、
清廉潔白な張応竜は頑として聞きません。
奸臣・厳嵩は、張応竜が皆に慕われているのが気に食わず、
最強の殺し屋、”三点紅”を刺客として送り、
張応竜を殺害させる事にした、という噂が。

普段は閑散としている小さな宿屋ですが、
なぜかこの日に限って千客万来。
しかも皆、胡散臭い人たちばかり!

まずは張応竜と護送する役人達、
そして張馨馨と柳玉樹、
盗難にあって行き倒れていた商人・老李、
一番”三点紅”っぽい腕の立つ男・蕭貫虹、
苗族の二人連れの女性・你你と他他
キョンシーのような女たちを連れた男・茅道士、
…そして、もとから宿屋にいたメンバー、
石儀咆、曾武了、卜得遼の3人組と、宿屋の小僧・阿亮。

雨に降りこめられ、そのうえ道が封鎖されて出るに出られず、
”三点紅”の影に戦々恐々としながら2日を過ごすうち、
一人、二人と殺されて行きます。
皆「”三点紅”はこの中にいる!」と推理をめぐらすのですが、
実は意外な人が”三点紅”で…!!



主人公の石儀咆の苗字、”石”と、
曾武了と卜得遼の二人が”鳥”を捕まえようとする、って事で
「一石二鳥」というタイトルみたいです。

ミステリかと思いきや、完全なコメディでした(^▽^)
例えば、
柳玉樹と蕭貫虹が武芸の腕比べ(?)をするのですが、
柳玉樹は「十面埋伏(LOVERS)」で
章子怡(チャン・ツイィー)が踊りながら長い袖を振って
太鼓を叩くシーンを真似してました!
対する蕭貫虹はピーナツを投げます。
このピーナツネタは、古龍の「辺城浪子」に出てくる路小佳の真似でしょうか?
しかし「十面埋伏(LOVERS)」と違うのは、
叩く&投げつけるマトは太鼓じゃなくて人の顔(^^;
ズラリと並んだ大御所(!)呉宗憲、呉孟達、曽志偉らの顔を叩きまくります!
蕭貫虹は18回ヒットしたのに対し、
柳玉樹は17回で1回負けてます。…弱いぞ、高虎さん!(爆)

その他、「少林サッカー」でシンが壁に向かってボールをキックする振動で、
監督の手元のコップの水が揺れる、というのがありましたが、
それもパロってて、キョンシーがやってくる時、杯の水が揺れてました。
大体、「少林サッカー」自体が
「ジュラシック・パーク」のパロディだったそうなのですが。
もうここまで来ると、元ネタを遡るのも大変です(^▽^)

ついでに石儀咆の額にはなぜか稲妻マーク。
これは三日月マークの包青天じゃなくて、
ハリーポッターを意識!(^^;

”三点紅”の必殺技は”飲血剣”で、武林最速!
剣の残像が白くシャッ!と残ったりします。
3太刀以上は使わないので”三点紅”という通り名だとか。

あと、やっぱり苗族は蛇つかい&毒つかいだったりして、
武侠のお約束も守ってます(^^)ちょっと現代風衣装でしたが。
名前が你你と他他っていうのもなんか可愛いかった。
しかし音の当て字っぽい漢字を使ってますね。

この映画は、台湾・大陸・香港のスターそろい踏みで撮影されてまして、
実際、豪華キャスティングです!
主役の呉宗憲、特に武術で活躍するとか、
知恵を働かすとかしてない(!)ですが、
狂言回しの役どころでしょうか、
動きで笑わす所は、流石、台湾の一流コメディアン!といった感じです。
意味もなく、妄想中で林心如に襲われたりして(^^;
ひまわりの種もナマで食べてました。

そして、「肉食べたぁ~い!」と、人参を丸ごと口にほおばったり、
三点紅におびえたり、呉孟達のキャラも炸裂です(^^)
広東語で演じたらしいので、吹き替えでした。
よく他の人と息が合ったなぁ!

雪村はエンドロールで作詞作曲の所にも名前が出てました。
この方、大陸の俳優兼歌手らしいですね。

曽志偉といえば、もう香港マフィアのドンでインプットされてるのですが、
今回はちょっと気の弱い役。「七福星」に出てた頃を思い出します(^^)
こちらも当然吹き替え~。

対して高虎さん、颯爽と登場するのですが、
実はどうして、今回はクドゥ寄りな感じの役です(^^;
なんでいつも、見た目がスラッとしてると
中身は××ってのが多いんですかね~。
しかし、そういう悪役も違和感なく、
流石、役者やのう!という感じです!

全体的に笑って見られる作品だと思いました。
実際、評判も良かったそうで、Ⅱが別のキャストで出来てたりします。
この話も原作があるのかもしれないですね。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● おもしろそ〜
進歩反刺 | URL | 2008/07/08(火) 16:45 [EDIT]
これは面白そうな内容ですね!
ン・マンタのコメディ演技大好きなんで見てみたいかも!!
今度探してみます〜。
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/08(火) 19:49 [EDIT]
>ン・マンタのコメディ演技大好き
最近シンチーと一緒じゃないので、
なかなか見られないですよね~。

あ、上洛の折、お会いできるのであれば、
これ、お貸ししますよ!
いや、会えなくても送ります!

阿銀 | URL | 2008/07/08(火) 20:56 [EDIT]
ン・マンタの名があるだけでなぜか笑ってしまう…(爆)
彼がコメディ以外出ているのを観たことがないせいかも。

高虎は逆にコメディのイメージがないので、ちょっと想像つかないかも~。
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/08(火) 23:47 [EDIT]
>ン・マンタの名があるだけで
一番最初にこのお名前見たとき、
「苗字が”ン”って!?」と驚愕でした(^▽^)
コメディに欠かせませんよね~。
でも若い時は二枚目俳優だったと聞きます。
見たことない&想像できないのですが…

高虎、コメディにも意外に出演しているようです。
しかしこの映画は大御所コメディアン(?)だらけなので、
若手はやはり霞んでました(^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。