年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/23(水)   CATEGORY: 中華古典
宋・元・明通俗小説選
高虎(ガオ・フー)さんの出ている映画、
「龍朝鳳」の原作が
「三言二拍」という説話集に収められていると教えていただき、
必死こいて読みました!

この「三言二拍」だけで本になっているのは、まずないようなので、
これが収録されているという、
平凡社の「中国古典文学大系25 宋・元・明通俗小説選」
を図書館から借りてきた、という訳です。

で、これまた、「三言二拍」というのは、
「古今小説」→のちに改編解題して「諭世明言」
「警世通言」
「醒世恒言」
「初刻拍案驚奇」 
「二刻拍案驚奇」
の総称なのだとか。

入れ子入れ子になっており、解りづらい…!

中国古典文学大系 (25)中国古典文学大系 (25)
(1971/01)
松枝 茂夫

商品詳細を見る
まず、大失敗だったのは、
この中に収められている「三言二拍」は、抄本だったのですね。
いくつか抜粋されているモノ、という事なので、
「龍朝鳳」の原作らしきものは見当たらず…

最後の解説の所に、収録されていないモノも含め、
目録があったのでそれもじっと見てみましたが、
「二刻拍案驚奇」中の
「偽漢裔奪妾山中 假將軍還姝江上」というのが
原作らしいです。
ま、入ってなくて読めなかったのですが・・・(^^;

本が重たいので、なかなか進まなかったのですが、
せっかくなので、読みました!
ぼちぼちと、1か月近くもかかってしまった…
沢山収録されてるので、どれがどれって感想を書きづらいです。
でも全体的には興味深かったと言いましょうか。

元代の人、楊八老が倭寇に捕えられ、
合戦の際に先陣をさせる為に倭寇のナリをさせられた、
という所の描写で、
「むりやりつかまえて髪を剃り、漆をぬりたくって倭奴に変装させ」
というのがありました。
何故、漆!?かぶれそうなんですが(^^;

それから、天子様の寵愛を受けられない宮女が、
病気で後宮を下がり、
お参りにいった先で、二郎神君の神像に一目ぼれ、
「このような人に嫁ぎたいワ」ともらすと、
その夜、二郎神君が現われて、ゴニョゴニョ…とか。
神様がそんな事するってアリ?
…と思ったらやはりこれにはオチがありました(^^;

妖怪の類に取りつかれる話もありましたし、
駆け落ちの話も沢山ありました。

何故か、駆け落ちしようとする所を第三者に見られると、
女性はみんなおとなしくなり、
相手の言うがままになってしまう、というのも驚きでした。
感情よりも世間体が大事なのらしいです。
だったら最初から駆け落ちしなけりゃいいんじゃ…
と、思わないでもないですが。

「白蛇伝」のもとになった話も入ってました。

たまには中国古典文学大系、読んでみるのも良いですね!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 三言二拍は編集されて古今奇観
Mario | URL | 2008/07/23(水) 22:13 [EDIT]
という短編集になったそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%8F%A4%E5%A5%87%E8%A6%B3
中国古典文学大系 の別の巻。 東洋文庫にあります。
いずれも妙本だったと思いますが、「偽漢裔奪妾山中 假將軍還姝江上」が
載っておるかもしれません。 図書館で調べてみたらいかがでしょうか。
私も大昔ペラペラメクリ読みしたのですが、読みきるには結構辛抱が必要でした(笑)。
時間があったらもう一回チャレンジしたいなと思っています。
今の中国ドラマの「小ネタ」って、この辺が多いようです。
● 調べてみたところ…
八雲慶次郎 | URL | 2008/07/23(水) 23:07 [EDIT]
古今奇観(今古奇観ともいう)の内容について調べてみましたが、残念ながら「卷二十七 偽漢裔奪妾山中 假将軍還姝江上」は入っていません。
「二刻拍案驚奇」からは3つの話、「卷五 襄敏公元宵失子 十三郎五歳朝天」「卷十四 趙県君喬送黄柑 呉宣教干償白镪」「卷十七 同窗友認假作真 女秀才移花接木」だけ入っているみたいです。

映画の原作はないものの、いろいろと面白そうですね♪

空心菜 | URL | 2008/07/23(水) 23:26 [EDIT]
「偽漢裔奪妾山中 假將軍還姝江上」
中国語で良ければネットで読めるのですが…。
ttp://open-lit.com/list.php
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2008/07/24(木) 22:59 [EDIT]
ありがとうございます!
「古今奇観」も読んでみますね!!

話は面白いのですが、ホント読むの大変でした(^^;
重たい(ので携帯しづらい)という
物理的原因もありますけど、
説話という形式に慣れてないからかもしれません。
最初にマクラがあって、それから本編に入る、とか、
ところどころに入っている漢詩の味わいが解らないとか。

確かにネタ豊富ですよね!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/24(木) 23:09 [EDIT]
またまたありがとうございます!
コキンキカンとかキンコキカンとか
早口言葉みたいですね(^^;

「襄敏公元宵失子 十三郎五歳朝天」は
今回読んだ中にありました!(たしか)

これ、「児女英雄伝」とかと比べると
武侠っぽさは薄いかもしれませんが、
妖怪が出るあたり、
古典武侠に近いのかもしれません。

当時の風俗描写は面白かったです!
商家の旦那でも、1年くらい遊びに行ったまま
家を空けるとか普通だったり、
「人品卑しからぬ」人であれば、すぐ見初めて
「楽しみの限りを尽く」してみたり、
儒教の国とはいえ、
自分が思っていた以上に、
結構、庶民は奔放なようでした(^^;
勿論、法的には結構厳しいみたいでしたが。
● >空心菜さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/24(木) 23:12 [EDIT]
わ~~~!凄い!!!
ありがとうございます!!
なんでご存じなのですか??
軍師の博識ぶりには恐れ入ります!m(_ _)m

…中国語では読めませんが(^^;
眺めてみます!(爆)
解らなくても、嬉しいかも・・・

空心菜 | URL | 2008/07/25(金) 00:54 [EDIT]
このサイトは『小五義』(例によって包公もの)を探しているときに見つけました。
…『小五義』も日本語訳出てないんですよ~;苦労しますよね。
私は繁体字なのが気に入って時折眺めては楽しんでいます。
眺めていると分かりそうなのに、きちんと読もうとすると分からないのがもどかしいです;
● >空心菜さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/25(金) 01:26 [EDIT]
包公ものも、ここ、ほんと色々ありますね♪
これは当分アレコレ楽しめそうです!
(理解できるかどうかは別として、ですが。)
私の場合、結局、翻訳サイトに頼りそう…

さっきちょっと翻訳かけてみましたが、
例によって前半は別の話でマクラっぽく、
後半は確かに映画「龍朝鳳」っぽかったです!
でも映画はかなりデフォルメした
コメディタッチの主人公になってるような(^^;

「小五義」って空心菜さんがずっと言ってるから、
てっきり日本語版が出てるものと思ってました(^^;
● 「今古奇観」のほうが一般的
Mario | URL | 2008/07/25(金) 21:51 [EDIT]
 「今古奇観」のほうが一般的呼び方みたいですね。何処かで逆に憶えたみたい(笑)、お恥ずかしい・・・。
 空心菜さんご紹介のサイト凄いですね。 横レスですが、ありがとうございます。 早速BMしました。
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2008/07/26(土) 18:30 [EDIT]
>一般的呼び方
うっ、全然気付いてなかったです(^^;
「今→昔」が一般的な順番という事なのですね!
♪キンコキカ~ンで覚えます!

空心菜さんはこの手の事は本当にお詳しいです!

諸先達のお陰で、
道しるべを示してもらえて、本当に助かります(^^)
● 岡崎先生の専門分野ですねー
貴子 | URL | 2008/08/07(木) 01:36 [EDIT]
「三言二拍」は正に岡崎先生の御専門!次回の幫会で是非質問攻めにして差し上げてください。完全日本語訳は出ていないようですね?台湾の三民書店版のものが白話文で書かれてはいるももの、多少の注釈もあって比較的読みやすいかも知れません。ちゃ、チャレンジしてみる?
● >貴子先生様!
阿吉 | URL | 2008/08/07(木) 21:44 [EDIT]
>「三言二拍」は正に岡崎先生の御専門!
そうだったんですね!
私、全然岡崎先生のご研究の事、
存じ上げないのです…
(尊敬とか言っときながら失礼千万)
質問攻めなんてとてもとてもですが、
次にお会いした時、
少しはアカデミックな会話ができるよう、
もうちょっと読み込んでみたいです!
(といっても、あくまでも日本語の抄本で)

>台湾の三民書店版のもの
貴重な情報ありがとうございます!
…って言っても読める訳も無く…(泣)
でも台湾に行ったら
一応、本屋で探してみたりするかも…(爆)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。