年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/29(火)   CATEGORY: 森福都
十八面の骰子
まやさんからお借りした、「十八面の骰子」を読みました!

十八面の骰子 (光文社文庫)十八面の骰子 (光文社文庫)
(2005/06/14)
森福 都

商品詳細を見る


以下、ネタバレ含む感想です!
短編がいくつか入っておりまして、
「十八面の骰子(さいころ)」
「松籟青(しょうらいせい)の鉢」
「石火園(せっかえん)の奇貨」
「黒竹筒(こくちくとう)の割符」
「白磚塔(はくせんとう)の幻影」
…となっています。

作者の森福都さんは、同郷の方になります!
郷土にこんな方がいらっしゃったんですね!
医学部卒の方らしく、薬の事とか、医学的な描写はリアルな感じです。

主役の趙希舜は、25歳ながら、どうみても15歳にしか見えません。
皇帝のお墨付きをもらっている、「巡按御史」です。
彼のお裁きは、皇帝のお裁きと同じ効力を持つんですね。
地方役人の不正を監察し、正していくのがお役目です。
しかし、彼はその「幼い」見た目を利用し、
自らが「巡按御史」である事は隠しています。
まぁ突然出ていかないと、不正を隠ぺいする暇を与えてしまう、
というのもありますが、
秘密捜査の為にも「子供」と思われている方が都合が良いとか。
この、主人公が意表を突く姿、というのはなかなか面白いです。

最初、相棒の傅伯淵と二人で登場したので、
どちらが主役か解らなかったのですが、読み進むうちに判明!
いかにもヤワな書生風の傅伯淵ですが、
実は武芸の腕はかなりのモノ。
そして美声の持ち主だとか!
声が良いっていうのも武器ですよね。

護衛役の賈由育も、一話目、表題の「十八面の骰子」では、
敵役であるかのように登場してきましたが、実はお仲間です。

この3人が全国を行脚しながら地方役人の不正を正していくというわけです。
「白磚塔の幻影」では、
茅燕児という軽業師上がりの女の子も仲間になったようで、
今後が気になります!

少しずつ、趙希舜とか傅伯淵の過去が明らかになる、
という手法もおもしろいです。
なかなか壮絶な人生を歩んできたらしい・・・
この文庫本では、その肝心な部分はまだ明らかになっていないのですが、
雑誌「ジャーロ」に第二部が掲載されていたとか。
それも2007年秋号で「楽遊原の剛風」を持って完結しているのですね!




実は、今まであまりミステリなどを読んだことがなかった私です(^^;
なんとなく、この本を読みながら、頭の中で「しゃばけ」を思い起こしておりました。
しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
(2004/03)
畠中 恵

商品詳細を見る

別にこちらは妖怪が出てきたりはしないのですが、
時代もの(宋代と江戸時代)でありながら、
推理をしていくという点が似てるかな~~??と…
あと、民に対しての官、
朝廷側という事で、「包青天」チックなイメージも湧いてきました。

面白かったです!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 忘れていた…
八雲慶次郎 | URL | 2008/07/29(火) 21:23 [EDIT]
古龍の歓楽英雄とかをお貸しするのをすっかり忘れていました(ーー;)
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/29(火) 21:33 [EDIT]
エヘヘ(^^;
実は先日、お借り出来るかな~
と、楽しみにしてたのですが・・・
なんちゃって。(責めてる訳ではござりません)

きっとそう遠くない日に、
こちらに八雲さんが来られる(!)ハズですし、
その時に貸して下さい!(←図々しい)

それか、太秦…(アワワ!)
● 続きが読みたい。。。
まや | URL | 2008/07/30(水) 13:21 [EDIT]
>作者の森福都さんは、同郷の方になります!

そうでしたか~!山口の方だったのですね!
森福都さんはお気に入りで、文庫は全部持ってます。
でも、かさばるからハードカバーは図書館で借りてます・・・(^^;

先日お貸しした3冊はすべて宋代を舞台にしたものにしました。
他の作品も読みたいと思われる作家さんがいらっしゃったら、
またお貸ししますので言ってくださいね!
● 手土産に
八雲慶次郎 | URL | 2008/07/30(水) 19:46 [EDIT]
山口を訪れるときに持参いたしますm(__)m

太秦は十中八九、無いです。
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/07/30(水) 21:27 [EDIT]
>森福都さんはお気に入り
Oh~!
なんか解る気がします(^^)
実はまやさん、民側より官側が好きだったり??

宋代、良いですね~!
現在、「臨安水滸伝」に取り掛かりました!
スケール感があり、
こっちの方が好みかもしれません。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/07/30(水) 21:30 [EDIT]
>山口を訪れるときに持参いたしますm(__)m
ハイ!m(_ _)m宜しくお願い致します!
壮大な宅急便ですね(^^;
かたじけのうござる!

>太秦は十中八九、無いです。
…ガックリ…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。