年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/16(土)   CATEGORY: 普通の雑記
釜山・慶州★家族旅行 その3
食後は世界遺産の仏国寺へ。
252_convert_20080816102726.jpg

297_convert_20080816103341.jpg

296_convert_20080816103312.jpg
天王門に奉安されている、四天王像です。
増長天王広目天王が、龍を捕まえています。
【8/17追記】八雲さんからの教えにより青字訂正です!
258_convert_20080816102817.jpg
この龍は4本爪です。
中国だと皇帝陛下は5本爪ですが、韓国だと4本爪だとか。
さらに日本にくると3本爪、と、だんだん減っているのですね。

ついでなので四天王を全部画像アップ!
持国天王が琵琶、増長天王が剣を持っています。

259_convert_20080817232820.jpg

宝塔を持っているのが多聞天王です。
260_convert_20080817232845.jpg

国宝の、青雲橋と白雲橋です。
上段の16段が白雲橋、下段の17段が青雲橋で、
合わせて33段。また出ました、33の数字!
現在は登ることは出来ません。脇の坂より本殿へ参ります。
263_convert_20080816102857.jpg

仏国寺は、
新羅の景徳王の時代、
宰相の金大城(キムデソン)により751年頃に建立されたそうですが、
度重なる戦乱で焼け出され、1973年、改修して再建されたとか。
しかし、石造りの基礎は当時のままです。

本殿になる大雄殿。
灯籠の穴からお釈迦様のご尊顔が見え、お参り出来ます。
写真ではうまくとれていませんが。
277_convert_20080816103015.jpg

賽ノ河原・・・ではありません(^^;
こうやって石を積み上げて、功徳を積むのだそうです。
282_convert_20080816103126.jpg

金の豚ちゃん。
なでるとご利益があるという事で、なでまくります。
288_convert_20080816103159.jpg

羅漢殿では、一人の虚竹…じゃなくて、
お坊さんがお経をあげていました。
お堂付きのおばさん(?)が、それに和してお経をあげていて、
素晴らしいハーモニーとなっていました(^^)
荘厳でしたが、写真撮影は控えました。

その後、青磁の窯元へ。
象嵌の技術を使い、なかなか手のかかる仕事をされておりました。
ま、ツアーの為、こういう所へも立ち寄ります。

これで慶州観光は終了です。
又1時間ほどかけて、釜山のホテルへ戻りますw
暑さにやられてしまい、バスでは全員爆睡でした(^^)

釜山駅前↓
305_convert_20080816103415.jpg

宿泊した、アリランホテルです。
かなり古い、ビジネスホテルでした。
306_convert_20080816103442.jpg
トリプルの部屋がないという事で、
ツインを2部屋にするか、オンドル部屋にするか聞かれました。
せっかくなので、オンドル部屋にしました。
328_convert_20080816103735.jpg

329_convert_20080816103802.jpg

廊下
318_convert_20080816103551.jpg

チェックインして、1時間ほど、部屋でゆっくりします。
隣接する、ファミリーマートも見てみました。
品揃えはほぼ、日本と同じですね。
物価も同じくらいでしょうか。

18:30
夕食に行きます。
カルビ焼肉~♪写真は1.5人前です。
313_convert_20080816103520.jpg
デジカルビなど、美味しいものがあると教わっていたのですが、
気がついたら、両親がまたまたチヂミを注文!
(どんだけ粉モノ好きなんだ…)
お腹に余裕もなくなり、美味しいものリストは断念…(涙)

すっかり満足し、ホテルへ帰ります。
まだ20:00くらいです。
フェリーであまり眠れなかったので、疲れがたまっており、
ガイドさんにお願いして、マッサージに連れて行ってもらいました。
こちらは24時間営業だとか。
垢すりも勧められますが、今回はやめておきます(^^;
まずは、袋に首と手足を通す穴があいたようなワンピースに着替え、
玉汗蒸幕に入ります。
いわばサウナみたいなものですね。汗まみれになります。
続いてシャワーで全身を洗います。
垢すりはしないと言っているのに、
黒い下着姿のオモニがじーっと見ているので、ちょっと怖かった!(^^;
シャワーが終わると、再びワンピースと短パンに着替えます。
(なんか急げ急げと急かされた)
続いてマッサージ、のはずなのですが、
マッサージ師さんが多忙の為、
取りあえず、遠赤外線顔面室に入って待つことに。
日本語の通じないオモニが「ここに寝ていろ!」
というので、そこに横になります。
遠赤外線のスイッチを入れ、そこに顔を当てろと言うので、
そのとおりに。
…目をつぶってもメチャメチャ眩しいです!
 私「…ねぇ、これ本当に肌にいいの?」
 母「あんたが赤ん坊のころ、皮膚科で赤外線を当てたことあったよ」
 私「でも赤外線って炬燵と一緒だよね?」
 母「…魚焼き機も遠赤外線だよね」
 私「…なんかおでこが熱い!」
などと会話をしていると、女社長が現れて、
 「あら~!熱いから、これは顔じゃなくて足に当ててください!」
 「!!!!!」
…今度は足に赤外線を当てます。
一体これは何の効果があるのか??
水虫治療??(←それは紫外線)
取りあえず、体は汗をかくほど温まりましたが、
次に入ったマッサージ室は扇風機を3台回していて、
随分涼しかったです。体も冷えました。
うーん…韓国医学(?)の考えって一体…??

マッサージはスポーツマッサージのようでした。
肩から徐々に足まで動かしていきます。
ツボを押しまくる、という方法ではなく、
なかなか「ほぐれた」感じがしました。

ホテルへ帰るともう22:00を回っていました。
TVをつけても、韓国語ではさっぱり解らず(^^;
その点、中国語だと、わかりはしないものの、
大体字幕が付いているので、漢字の字面から意味が推測できます。
韓国のTVは日本と同じく、別にハングル字幕が付いたりはないようでした。
実際、字幕ついてても見たって読めませんが(爆)
時期的にオリンピックのニュースばかりです。
韓国はアーチェリーが強いようですね。
アーチェリーの放送ばかりやっていました。
NHKのBSは映りましたが、北島選手の平泳ぎがどうなったかは
報道されてませんでした。
昨日の疲れもあるし、早速就寝。
ダブルの布団が2組だったので、
私と母が一緒の布団、父が一人で1組の布団を使いました。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 33って何の意味が??
まや | URL | 2008/08/16(土) 19:51 [EDIT]
本当に三十三間堂と関係があるのでしょうか。。。気になる。。。

>中国だと皇帝陛下は5本爪ですが、韓国だと4本爪だとか。
確か代々の朝鮮半島の王朝は「王」であって「皇帝」ではないので4本爪だったような気がします。(テキトーですみません)
三本爪は平民・・・じゃなかった、平龍??
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/08/16(土) 20:10 [EDIT]
三十三間堂をググってみましたが、
特にそんな項目はないんですよね~(^^;

「仏教で33は未だ仏の境地に達せずという意味である」
というのを見つけましたが、
それにしてもなぜ日本は108で韓国は33…?

>朝鮮半島の王朝は「王」
そうそう、そうでしたね!
ガイドさんはやはり韓国の方なので、
中国の属国だったというのは言いたくないようでした(^^;
取りあえず、爪が多い方が良いのでしょうかね?
日本の龍…平龍?(笑)
日本の有名な龍の建造物ってありましたっけ?
中国や韓国程、龍を神聖視してないんでしょうか?

ここの増長天王は、龍を「捕えている」訳で、
龍=悪者的な感じです。
これには何か意味が…??
● 増長天王
まや | URL | 2008/08/17(日) 14:46 [EDIT]
これまた確認不足なので、テキトーで申し訳ないのですが、
増長天王は仏法守護神、四天王の一人なので、
「龍=悪者」というより、民間信仰の水神である龍を、仏法の元に支配している・・・、
ヒエラルキー的に仏教のほうが上なんだよ~、
というような意味で作られているんだと思います。
● 増長天→広目天
八雲慶次郎 | URL | 2008/08/17(日) 16:38 [EDIT]
日本の主な四天王像では龍を持っているのはないと思いますが、中国ではあったりするようです。でも持っているのは増長天ではなく広目天で、日本では羂索とか筆と巻物とかが普通です。
なのでこれは広目天だと思われます。増長天は剣を持っています。

まあ朝鮮半島の仏教は李氏朝鮮の大弾圧でほぼ壊滅しているので、古いものではないと思います。
(韓国のガイドブックには秀吉が寺を破壊したとか嘘が書いてありますがね)

…書きつつも実は私は韓国には何の興味も無く魅力も感じないのですけどね(^^;
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/08/17(日) 21:15 [EDIT]
>民間信仰の水神である龍
あぁ~ナルホド!
時代を考えるとそうかもしれないですね。
納得です!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/08/17(日) 21:21 [EDIT]
>増長天ではなく広目天
むむ~(@@)
一応、慶州の図録を現地で購入し
それには増長天で載ってたんですが・・・??
まぁ日本語も旧字を沢山使ってたりで、
怪しい図録ではあります。
一応、四天王像の説明の所では、
広目天は手に塔を乗せてました。
その他は、琵琶を持ってる多聞天、
剣を持ってる持国天、
というラインナップでしたが・・・??
● やはり中国タイプのようで…
八雲慶次郎 | URL | 2008/08/17(日) 22:19 [EDIT]
>広目天は手に塔を乗せてました。
>その他は、琵琶を持ってる多聞天、
>剣を持ってる持国天、
思いっきりズレているかと(^^;
増長天が剣、広目天が龍、持国天が琵琶。多聞天(毘沙門天)は中国タイプだと傘とかですが、托塔李天王(李靖。哪吒の父)の姿を模したほうは宝塔をを持っています。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/08/17(日) 23:42 [EDIT]
>思いっきりズレているかと(^^;
韓国式だから、というのは考えにくいですね!
やはり怪しい図録でした(^^;
英語も併記されてますが、
特にkoumokuとか名前は無くて、
Guardian of the South with a dragon
という表示だけでした。
やっぱり土産物屋じゃなくて
博物館でちゃんと買えば良かった!(爆)
本文追加訂正しときます(^^;
● こんにちは
タラ | URL | 2008/08/19(火) 22:10 [EDIT]
外国への船旅、おもしろそうですね。
私も数年前、韓国映画好きの友人とともに慶州に行きました。確か同じ古墳、国立博物館、仏国寺に行ったような覚えが( ^^;)。見学に来ていた小学生達は日本人が珍しかったのか、遺物ではなく私達を見学していました。食べ物もおいしかったし、またいつか旅行したいですね。
● >タラさんへ
阿吉 | URL | 2008/08/19(火) 23:17 [EDIT]
>外国への船旅
なかなか面白かったです!
豪華客船だともっと良かったのでしょうが、
船倉でオール漕いでる方が
似合うような奴ですので・・・(^^;

慶州行かれたのですね!
ガイドさんも、
「最近の韓流歴史ドラマブームで、
日本人観光客の中にも
韓国の歴史に詳しい人がいて
勉強が大変!」
と言ってましたw
確かに、ソウルより
歴史的観光地は多いみたいですね。

>遺物ではなく私達を見学
まだまだ日本人は珍しいのですね(^^)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。