年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/30(土)   CATEGORY: 武侠ドラマ
チャンネルNECO 碧血剣 放送終了!
ついに終わってしまいましたね、「碧血剣」
何事も終わりは寂しいものです。

やはり30話だと、40話クラスの作品より短く感じますね。
しかし原作が3冊という事から考えると、
かなりドラマにオリジナル性が追加されてました。
で、そのオリジナル部分がなかなかツボでした(^^)

で、全30話の感想です。
とにかく、高虎(ガオ・フー)さんの崇禎帝、良かった!
(いきなりそこかい!)
何度泣かされたことか…!
前半はさっぱり出番がなかったですが、
後半は出ずっぱりで嬉しかったですw
まぁ私が高虎迷なんで、かなり点数甘いとは思いますが、
実在の人物だからか、行動に破綻が無いといいますか。
というか、矛盾があっても、そこの理由を演技で良く出していて、
「あぁ、ほんとうはこう思っていたのかも・・・色々事情があるのよね~」
とか想像するシロも残してくれていたので、入り込めました。
(スミマセン、ベタボメです…)
実年齢よりかなり年上の役でしたけどね~(爆)
でもこのドラマは、
全体的に実年齢とかけ離れた役をやられる方多いですよね。

阿九の人物も、深みがあって良かったです。
愛する人が父親を仇と狙っている、という
複雑な立場を、良く演じてらっしゃいました。
袁承志と一瞬でも気持ちが通じ合ってたように思われても、
どこまでも父親側、オフィシャルな立場を貫くところが、
やはり皇女だなぁと感心。
国と共に死ねる覚悟を常に持っている訳ですね。

青青は…扱い酷いよなぁ(^^;
もう少し見せ場もあればよかったのでしょうが、
後半は囚われてるか、ダダコネてるばかりで、
武芸もあまり披露出来てなかったですね。
前半の颯爽としたところはどこへやら。
実際、黄聖衣(ホァンシェンイー)さん、アクションで苦労した、との事。
性格が超嫉妬深くても
もうちょっと、役に立つトコロを見せてたら良かったのに。
最後、袁承志と寄り添っていても、「略奪愛」っぽく見えてしまいまして(^^;
既得権は青青にあるんですけどね。

その袁承志、真面目で一本気、原作に近い人物造形でした。
あまり激する事もなく、模範生です。
オフィシャルな場ではそんな性格が大変生かされてましたが、
対女性となると、ほんと大丈夫?というくらいのKYっぷり!
竇智孔(ボビー・ドゥ)さん、良かったです!
ご本人はどんな性格かわからないけど、袁承志のイメージにぴったり(^^)

安剣清は良い役どころでしたねw
趙毅(チャオ・イー)さん、
新・射英雄傳に丘処機役で出てらっしゃるそうですが、
安剣清の方がカッコイイかも!
この人、ラスボスやればよかったのに~と思いました。

で、実際のラスボス、玉真子ですが、
出番があまりなかったのと、
おふざけエロキャラだったので、迫力不足かな、と思ってました。
でも実際に最後の戦いに入りますと、
かなり良かった!あの二つに裂けた剣のアクション、斬新です!
払子の使い方もなかなかでしたし。

その他では、何鉄手のキャラも良かったです(^^)
ああいう人、友人にいると楽しいだろうな~。

洪勝海も意外にいい奴でした。
吹き替えの声、高虎さんの吹き替えでおなじみ、
小松史法さんですし。
ポイントポイントで良く働いておりました。
しかし最後は袁承志たちについていかなかったのですね。

アクションの方は、
金蛇郎君譲りの武芸がですね~(^^;
蛇だからああいう動き!という事なんでしょうが、
斬新ではあるものの、カッコいいかどうかと言うと…(^^;
まぁ本当に出来たら、敵を撹乱するので、強いかもしれません。
新味を出すのって大変ですね。

そうそう、最後の戦いで袁承志が「白鶴亮翅」で構えていて、
おぉ~!と思いました(^^)知ってる技が出ると嬉しいのですw
24式太極拳にも「白鶴亮翅」が出て来ます。
剣でやるとああなるんですね~。
ちょっと無防備ぽいですが。

あと、毒!
小説読んでる時は何にも感じませんでしたが、
毒を映像にした場合、多用すると陳腐ですねぇ(^^;
毒使いがあまり良く言われない、というのも解ります。

全体について。
原作からしてそうなんで仕方無いですが、
やはり仇=ラスボスじゃないし、
ハッピーエンドじゃないというトコロで、
ちょっと見終わった後にスッキリしないものが残ります。
ラスト2話が強引、といいますか。
(私は崇禎帝が死んだ所で既に終わってましたが)
仇の崇禎帝は自殺だったので、
この手で仇を討った!という手ごたえはなかったでしょうね。
もし、自分でやっつけていたとしても、
好きな人の父親でもあるし、
同じ漢民族の皇帝なので、複雑な心境だったでしょう。
大体、崇禎帝は武芸者じゃないですから、やりにくいでしょうね。
という訳で、自殺という形が一番納得できたようにも思います。
なので、
玉真子との戦い、「この売国奴め!」という気持で戦っているというより、
色々やりきれない思いの八つ当たりに見えました(^^;

歴史色が濃い作品でしたよね。
史実に沿いながら、あれこれ虚構を盛り込んでいくと、
主役なのに袁承志が狂言回し的役割に見える事もしばしばでした。
武侠っぽさより、そっちの方が目立ちましたが、
このドラマのお陰で、明末清初期あたりに歴史に大変興味が出ました。
良い作品だったと思います。

次の「雪山飛狐」、楽しみだなぁ~!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● やっぱり……(^m^)
rei☆azumi | URL | 2008/08/31(日) 13:30 [EDIT]
高虎さんがツボですですか(笑)
でも、本当に良い仕事~もとい、良い演技でしたものね。
『雪山飛狐』の平阿四が楽しみです。

あと、ラスボス戦。
放送開始以前にYou Tubeで動画を見つけて、何度も何度も鑑賞してしまったんですが、あのシーンは本当に見ごたえがあります。
で、玉真子のあの剣。ビックリしました。
あれ、実在するのかなぁ?

>袁承志が「白鶴亮翅」で構えていて
そうなんですか。
では、今日は、そこのところに注目して視聴しましょう。

>このドラマのお陰で、明末清初期あたりに歴史に大変興味が出ました。
それって、ありますね!
私も図書館で、明代、清代を描いた小説を漁るようになってしまいました。
なかなか面白いのに巡り会えないのが難ですが。
● >rei☆azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/08/31(日) 22:24 [EDIT]
ワハハ(^^;見ぬかれてますね!
高虎グッジョブでした(^^)

>あのシーンは本当に見ごたえがあります
ですよね~。もっともっと見たいと思わせられました。
カメラワークも凝ってましたよね。
丸い穴から撮ってるので、何かと思いましたが。

あの剣…見たことないです(^^;
袁承志が二つに割ったのか?と思いました。
スケ番が剃刀2枚の間に10円玉を挟み、
顔を傷つけたら傷が治らない
…とかいうのを思い出してしまいました(^^;
中国の剣は刃も薄くて
たたき切り専門だそうなので、
2枚刃だと本当は威力半減しそうですが、
ああいう使い方だと面白いですね!

>「白鶴亮翅」
ただ単に、私の好きな型なんですよね(^^;
あれをすると、気が落ち着く感じがします。
違ってたらごめんなさい!

>明代、清代
また、江湖のお友達、まやさんが本を貸して下さり、
現在は「紅顔」で呉三桂を勉強中です。
● とうとう
進歩反刺 | URL | 2008/09/01(月) 15:24 [EDIT]
終っちゃいましたね〜

崇禎帝の自害はまやさんちで見せていただいたので、今回は表情などじっくり見てました…。
彼の心境考えながら見てたらしんみりしちゃった、結局誰もが被害者って感じでしたね。一つの時代が変る時はこんなものなのかな?!

>「白鶴亮翅」で構えていて
やっぱり!私もおおーって見てました。
そして、やたら無防備な構えだなーって(笑)
実際、相手の攻撃を誘う形だから間違ってないのかもしれないけど…。

どうも、青青に感情移入できないですね〜
最後の最後には居なきゃいいのに…とさえ思っちゃいました。
阿九の方が芯があるだけに応援したくなりますよね。

なにげに玉子こと玉真子が好きな進歩でした〜
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/01(月) 18:46 [EDIT]
>誰もが被害者
ほんとですね!誰か得をした人がいましたっけ??
清朝のドルゴン?

>「白鶴亮翅」
良かった~(^^)
進歩反刺さんが言われるなら間違いないです!

>相手の攻撃を誘う形
!!それは知りませんでした!
今度からそれを意識してやってみますね!
ノーガード戦法だったんだ…

青青好き、良かった、って人、
ほんと少ないですね~(^^;
黄聖衣さん、事務所的に、
この仕事受けて正解だったのでしょうか??

>玉子
プププ(^^)
あの役者さん、
今回の玉子役が今までで一番良かったですね!
もっと出番があれば良かったのに・・・
袁承志との因縁、薄めでしたよね。
安剣清に出番を奪われたのでしょうか??
● 次はいよいよ『雪山飛狐』ですね~
ふたば | URL | 2008/09/01(月) 22:45 [EDIT]
やっぱり見てて入り込めるヒロインの方が
盛り上がります…青青はその点ちょっと魅力不足でしたね~

高虎さんはもちろんですが、
玉真子も良かった!エロオヤジのはじけっぷりが楽しみでした。
やっぱり金庸作品は濃いキャラ命ですな…。
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/02(火) 00:21 [EDIT]
>見てて入り込めるヒロイン
ですね~。心のヒロインは阿九ですw
どうして金庸先生は
青青をああいうキャラにしたのでしょうかね?
袁承志があまりに真面目なキャラなので、
青青がウイークポイントとして描かれたのでしょうか??

玉真子、人気ありますね~!
もしかして、人気投票したら1位だったりして…(^^)
安剣清と競り合いそうです。
せっかくなので、ハジケふざけてる所、
もうちょっと見たかったですね~!
劉乃芸さん、”体”張ってましたし!天晴れ!
● 金蛇剣が最強ということ・・・
Mario | URL | 2008/09/02(火) 22:28 [EDIT]
こんばんわ・・・
>玉真子との戦い、「この売国奴め!」という気持で戦っているというより、色々やりきれない思いの八つ当たりに見えました(^^;
 そうですね、何か「溜まったモノ」をぶつけるみたいでしたね。
 安剣清+袁承志(金蛇剣抜き)で玉ちゃんに勝てなかったのに、最後金蛇剣+錘で完勝ということは、金蛇剣最強ということで・・・。 承志は、これから金蛇娘の「青青」に「誰のお陰で勝ったんだ!」と一生尻に敷かれっぱなし、と思うとラストシーンは笑ってしまいました。 ああいう性格の二人は結構「上手くいく」かも。
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/03(水) 00:11 [EDIT]
>金蛇剣最強
宝剣ですよね~!五毒教の三宝ですし、
色まで変わるし。

>ああいう性格の二人は結構「上手くいく」かも。
仇打ちとか色々あったので、
青青も焼きもちを焼く事が多くなりましたが、
平時であれば、ああいう夫婦はうまくいきそうですね!
● やはり・・
まや | URL | 2008/09/03(水) 16:27 [EDIT]
>高虎(ガオ・フー)さんの崇禎帝、良かった!

そこは外せませんね!(^^)
阿吉さんは日本江湖公認(?)の高虎迷なんだからベタボメでも何でもOK!!
実際、高虎さん、後半を盛り上げて下さいましたよね~。

>袁承志と寄り添っていても、「略奪愛」っぽく見えてしまいまして(^^;

やはり青青をヒロインとして共感を持って見るのは無理ありますよねえ・・・。
(私も心のヒロインは阿九でした。)
恋愛に既得権なんかないとは思うのですが、袁承志みたいなタイプには
結局、強引に出たもの勝ちだったのか。。。と。
現実世界でもこのパターン・・・、よくありそうな気がします。

私は原作の袁承志は全然良いと思わなかったのですが、
竇智孔の袁承志は生真面目で、世慣れない少年ぽさが出ていて良かったです!
アクションもきれいにこなしてましたしね(^^)

あと、安剣清と玉真子も原作のキャラを美味しく味付けしていましたし、
ドラマとして上手く改編し、まとめていたと思いました。

>明末清初期あたりに歴史に大変興味が出ました。

そう思って「紅顔」と「ドルゴン」入れておきました(^^)v
この後ドラマとしては「七剣」「鹿鼎記」「康煕帝王朝」「雍正王朝」あたりを
続けて見るのがお勧め~。
でも内容をうっかり史実と思い込むとえらいことになりますのでご注意を!(爆)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/03(水) 21:40 [EDIT]
>日本江湖公認(?)の高虎迷
ワーイ!ありがとうございます!
公認してもらった~!?(笑)

まやさんの
暁明来日の記事を目にしてたからか、
昨夜、”高虎来日をエスコートするワタシ”
という夢を見てしまいました(爆)
自分、中学生か~?!

袁承志、感情的にならない人なので、
強引な青青の方が
結局は良かったのかもしれませんね。
恋にホイホイ浮かれ続けてたって、生活できませんから!
阿九だと皇族だし、養うの大変そうです(^^;
(あ、なんか夢の無いこと書いちゃった)

「紅顔」、読み終えました!感想書かなくちゃ!
「七剣」「鹿鼎記」も一応読了しているのですが、
呉三桂とかドルゴンとかドドとか康熙帝とか、
「本当はどんな性格!?」
と混乱しつつあります(^^;
あくまで”小説”という事を忘れないようにしないと!
● もしや・・・
まや | URL | 2008/09/05(金) 23:53 [EDIT]
>昨夜、”高虎来日をエスコートするワタシ” という夢を見てしまいました(爆)

正夢かもしれませんぞ~~~!
がんばれ~~~!目指せ高虎来日!!!
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/07(日) 20:54 [EDIT]
>正夢かもしれませんぞ~~~!
いや~相当道のりは遠いと思われます…
性格俳優(しかもフケ役専門)ですから、
暁明とはやはり扱いが…(^^;

私が会いに行きたいな~!

阿銀 | URL | 2008/09/10(水) 14:20 [EDIT]
>私は崇禎帝が死んだ所で既に終わってましたが
ぬふふ、でしょうねえ~。ガックリってとこですね。
神チョウでは、志丙が死んだとこで私は終わってました。
ん、いや!金輪さまがまだ残ってたわ(爆)

>あの二つに裂けた剣のアクション、斬新です!
あれもなにげに蛇っぽいですよね。舌先が二つに割れているのがヒントなのでしょうか…

>払子の使い方もなかなかでしたし。
払子を使わせたら世界一ですよ~玉ちゃん。
玉ちゃんにあの払子であんなことやこんなことをされたい…(赤面)
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/10(水) 19:05 [EDIT]
>志丙
>金輪さま
いいなぁ~!ラヴァーが沢山いて~。

>舌先が二つに割れている
おぉ!それは斬新な!
そうかもしれないですね~。
あの剣、薄くてフニャフニャペチペチしてて、
あんなのと戦ったらイラッとするだろうな~
と思いました(^^)

>払子を使わせたら世界一
ここで一句、
玉ちゃんと 払子を欲する 阿銀さん
…お粗末(爆)

阿銀 | URL | 2008/09/10(水) 23:21 [EDIT]
玉ちゃんと 払子を欲する 阿銀さん

座布団10枚!(爆)
ちょっと変えて、
玉ちゃんと払子を欲する阿吉つぁん

でもいいですね。
あ、いらない?
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/11(木) 21:32 [EDIT]
>あ、いらない?
いや~、玉ちゃん人気者ですから私なぞ!

阿銀さんこそ、玉ちゃんとハッスルホッスルして下さい♪
…今日は親父ギャグで…(爆)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。