年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/13(土)   CATEGORY: 武侠ドラマ
雪山飛狐、DVDを見終わってしまいました!!!
ドラマを見るのが遅い私ですが、
「雪山飛狐」、今までで最速で見終わってしまいました…(^^;

「武侠ドラマとして面白かった!」
という評価は出来ないかも、なんですが、
普通に(メロ)ドラマとして面白かったですd(^^)b

これからNECOさんで見られる方の方が大勢いらっしゃるでしょうから、
ネタバレしないように気をつけなければ、と思いますが、
喋りたい~~~(ウズウズ)

あ、最近、高虎(ガオ・フー)さん絡みの記事で
拍手をいくつかいただきまして、ありがとうございます!
平阿四をどうぞよろしくお願いします♪

まだまだNECOさんでは4話までですからアレですけど、
ストーリーに触れないように、ちょっと感想を…!
以下、無意識のうちにネタバレになってたらごめんなさい!
実は、他に王晶(バリー・ウォン)監督作品って見たことないので、
今までと比べてどうこうは言えないのですが、
全然、原作とは違います!(…って監督、いつもどおりですか?)
「笑傲江湖」どころじゃないですね。
金庸先生の改編が関係あるとかは聞かないので、
これはやはり監督の考えでしょうね~。
原作は読まないで、ドラマ見た方が良いかもしれません。
ツッコミ疲れるので(^^;
ただし、「書剣恩仇録」は読んでおいた方がより楽しめるかもしれません。
ついでに、原作云々と関係なく、流れ的に突っ込むトコロも満載です。
歴史的・地理的、その他強引な展開など、
辻褄が合わないとか、多々あります。
でも多すぎるので、逆にもう諦めて気にならなくなりました(爆)

しかし人物描写はとても良いですね。
アップも多いです。役者さんの演技の見せ場は多いかと。
撮影とか演出も上手なんだと思います。
あ、今、後悔してるんだな、とか、苦しんでるな、とか、
そういうのは良く伝わりました。
誰かに成りきって鑑賞するのが、楽しむコツかもしれません。


ストーリーに触れないように、登場人物についてだけ…
●胡斐
子供の胡斐が可愛かったですね~。素直だし。
で、大人になりたてより、28歳頃が渋くて良かったですw
ちゃんと年齢的な成長を演じ分けてた気がします。
少~し、見た目や性格が楊過と被るのですが(^^;
前作「碧血剣」の袁承志と比べると、
武芸を身につけるにあたっては色々苦労してるような…
金庸先生お得意の、”毒にあたって強くなる”とか、
”偶然武芸を授かる”的要素は無かったと思います。
最終的に強くなってはいるんでしょうけど、
あまり武芸(アクション)的には見せ場は少なかったかも・・・
でもそれは胡斐のせいじゃなくて、脚本のせいでしょうか(^^;
しかし、耐える姿の演技(表情)は素晴らしかった!
腕に覚えがあるだけが英雄好漢じゃないですもんね~。
辛抱してこそ、ですよ。
胡斐の物語としては、中盤が見せ場でしょうか。

●袁紫衣
この人の行動は、原作より人間味があって良かったです。
(といっても忘れてて、まだ「飛狐外伝1・2」しか再読して無いですが。)
全体的には原作と同じく”元祖・女侠”といった振る舞いです。
でもちょっとだけ、迷いを見せたりする場面が
なんとも人間臭く、好感が持てました。
程霊素との対比が良く出てました。
胡斐と並んでると、学級委員的優等生カップルですね。

●程霊素
献身的!泣けました(T T)
胡大哥、もうちょっとなんとか…
まぁ変に気を持たせられるより良いのかもしれませんが。
色々なエピソードが、程霊素の良さを惹きたててると思いました。
あと、また「碧血剣」と比べてしまうと、”毒”の描写は上手でした。
CGで粉がフワフワ飛んできて「うぅっ!」と言って死ぬ、
とかいう程度ではなく、丁寧に演出していた気がします。
流石!

●苗若蘭
びっくり!
幼年時代、そして少女時代、大人になってから、
と胡斐に係わっていくわけですが、
最初のおてんば娘から大成長を遂げます。
(原作だとお嬢様なキャラでしたが)
凄いですね~。武芸もできないのに、勇敢です!
その辺は苗人鳳譲りなのでしょうか。
ま、逆に”この人さえこんなことしなければ”
というのもあるのですが、充分その報いは受けたかと…
虚実入り混じった演技はスバラシかったです。

●苗人鳳
魅せ場は前半でしょうね。
武芸の腕も半端ないですが、
やはり奥様とのアレコレが見ていてなんとも。
不器用な男ですから…という感じがよく出てました。
本当にこういう夫婦っていそうなので、リアリティありました。
最期がかなりムゴい…
ちょっと「連城訣」入ってました。

●南蘭
多分、彼女の行動に批判は沢山集まりそうなのですが、
ただの××ではなく、後悔してる所がちょっとある、
というのが良かったです。
毒婦ではないので、それなりに夫に対して誠意を見せてもいるし。
彼女ばかりを責められないよね~とも思います。
どっちが悪いというのではなく、
身分違いの結婚は、不幸になるんだな~という
良い見本といいますか。
ただ、母親としては失格ですよね…

●田帰農
帰農~~~!(爆)
いや、凄いです、この人。
悪~い奴です。ホンモノのコソ悪!
で、決して大人物ではない、という所がまたなんとも。
しかし、野望はとてつもないです!
その為ならプライドも捨てられる、という所が怖い!
全然、懐広くない。器も小さい。疑り深い。
でも小ワルを極めてるといいましょうか。
憎たらしい、悪辣、なんですが、何故か憎めない…!
(時々見せる、悲しい表情のせいか??)
ジゴロです!
この人のキスシーンは、
武侠ドラマ一、魅せてくれると思いました(*^0^*)
綺麗ですよ~(爆)

●福康安
この人も悪い奴ですね~~。
田帰農との駆け引きはなかなか見ごたえあります。
しかし、最後はあんまり見せ場も無かったです。
で、この人の多情ぶりはいただけません。
女性の敵ですね!

●鉄花会の面々
えらいこと出番が多かったです。
趙半山が最初しか出番が無くて残念!
徐天宏も…。

●平阿四
四叔~~~~~!!!!(爆)
一番好きなシーンは、
七か月(!)も雪山に隠れてて、
赤ん坊の胡斐が爆泣きして、困ってあやしている時の困り顔です。
「私も一緒に育てるよ~~!」と言いたくなってしまう(爆)
何度もここばかり見てしまったのですが、
吹き替えより字幕版の方が、より”困った感”が出ててお勧めです!?
胡斐との絆は良いですね。
老年の平阿四と大人の胡斐が再会して抱き合っているシーンは
なんか妙~ですが、めったにないシーンだなぁと思いました。
武侠モノで、成人した男同志の関係性というと、
大体包拳して相手に敬意を払う、というのが普通ですので、
こういう愛情の示し方は珍しい分、
ほんとの生き別れの親子の再会っぽかったです。
原作では胡斐が主人の子供で、自分は下働き、
みたいな関係性でしたが、
ドラマの方が現代的かもしれません。
胡斐も身内としてすごく大事にしてました。
二番目に好きなシーンは、
少年胡斐と別れる所!まぁ理屈じゃなく、貰い泣きです(T T)
私が子供のこういうシーンに弱い、というのもあります。
三番目は(←だから誰も聞いてないって)、
大人になった胡斐が面倒を避けようとした事を責める時。
四叔は、武芸は出来ないけれど、”男子漢”なのです。
胡斐は、義侠心を平阿四から学んだと思います。
自分に財も武芸もないのに、片手を失って、
逃亡しながら、恩人の子を育てるのは大変ですよね。
最後、随分老けこんでいたのは、若い時苦労したせいかも。
その他、ちょっと自暴自棄っぽくなっている胡斐の言う事を聞いてあげて、
好きにさせてあげたところなどは、父親というより母親っぽかったです。
…平阿四だけ、なんか人物紹介っぽくなくてスミマセン(^^;

と、言う事で、
DVDは見終わってしまったのですが、
面白かったですし、NECOさんでは再び鑑賞しますw
母親が隣で色々ツッコミを入れたり、先の展開を聞いてくるので、
ほくそ笑みながら鑑賞します(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 両方
ximei.z | URL | 2008/09/13(土) 20:51 [EDIT]
昨晩は、NECOの放送三話の途中から見ました。

昼間は、一話、二話。
そしてなんと、黄日華の胡一刀に会いたくなって、ほぼ同時進行で旧作の「雪山飛狐」も見ています。
平四郎は、旧作では肩の所から腕を田帰農に切り落とされ、追っ手から逃げるために川の中へ(ボッチャン)です。

新作の南蘭を見てビックリしました。
美しい~。そして見覚えが有るぞ~
そして、確認しました。
「天外飛仙」で、竇智孔君の演じる『上官浩棋』の思い人『賽金』をけなげに演じていた人でした。
写真が有るので見に行ってみて・・・横顔で解りにくいかもですが。
綺麗な人だよね~
http://bixuejiandexihuan.de-blog.jp/xiaoshuo/2007/08/post_be86.html
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2008/09/13(土) 21:29 [EDIT]
>黄日華の胡一刀に会いたくなって
フフフ(^^)
やはりお気に入りの俳優さんが出ているドラマが
見ていて気合入りますもんねw

旧作と新作を比較とかいう領域まで行ってないですが、
見比べたら楽しそうですね!

>そして見覚えが有るぞ~
今、xi姐の所に確認しに行きました!
ナルホド、xi姐は、竇智孔見たさで
「天外飛仙」を鑑賞されたのですねw

呂一さん、藤田朋子さんに似てませんか?
ぷっくり頬っぺたが可愛らしいですよね~。
● 速いですね
あめおさ | URL | 2008/09/15(月) 10:00 [EDIT]
私まだ未開封です。
ハムナプトラ3の記憶が薄れたころいろいろ記事を参考にして注意してみて見ます。
● >あめおささんへ
阿吉 | URL | 2008/09/15(月) 12:34 [EDIT]
>ハムナプトラ3の記憶が薄れたころ
アンソニーですね(^^)

私も開封は遅かったのですが、
中盤から加速がついてしまいました(^^;

しうぐー | URL | 2008/09/15(月) 20:40 [EDIT]
おお!!早くも鑑賞済みですか~。
私は気ままにNECOさんで鑑賞です。

崇禎帝から平阿四と立て続けに観てると、
高虎さんって芝居上手だなあと再認識、です。
全然違う役柄なのに、どっちもハマってますもん。

なにげに手フェチのわたくしは、高虎さんの手がお気に入りです(笑)
● はえええええっ
洪八公 | URL | 2008/09/15(月) 21:15 [EDIT]
「私も一緒に育てるよ~~!」
育ててくださ~~~い(爆)
ほんと最速ですね(笑)平阿四パワーか!
かなりストーリーには破綻があるんですね、、、。
しかしやはりビジュアルは万人受けで
メロドラマ系っすかね。
よしよし、私達の親世代に受ければいずれね。
どーーーんとNHK土曜日の23時枠は
いただきだーーー!
● >しうぐーさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/15(月) 22:18 [EDIT]
>高虎さんって芝居上手だなあ
ありがとうございま~す!
(…って何故私の事のようにお礼を…)
あんだけキャラが確定されない人も珍しい気がします。
しかし、虚竹を除く、一般的主役だと
イマイチ~なのも不思議です(^^;

>高虎さんの手がお気に入り
フッフッフ…良いですよね~~i-176
指が細くて長いのも素敵ですが、
腕も筋腕で素敵…(*^^*)
で、またマニアックなツボを言いますと、
彼の和(he)とかの発音の、
息が漏れる感じが好きです~!(←バカ)
…というよーなポイントで、
本人の声か否かを見分けております(爆)
● >洪八公兄貴へ
阿吉 | URL | 2008/09/15(月) 22:25 [EDIT]
ほんと、最速でした!(^^)F1っス!(爆)
平阿四パワーも大きいですけど、
ドラマとしても面白かったと思います。
結構、武侠ファンに限定せずとも見られる気が。
で、「神侠侶」と少しテイストが似ているような…?
でもあそこまで、楊過と小龍女の二人の世界~♪
ではありませんでしたので、
私の中では良い塩梅でした。
韓流好きの親世代にも受けるんじゃないですかね~?
● はやいっつ!
ふたば | URL | 2008/09/16(火) 01:49 [EDIT]
え~もう観賞終了ですか!はやっ。
阿吉さんの感想を見ると、
なんだか先が楽しみになってきました。
メロドラマどろどろ展開、現代劇なら嫌気がさすけど、
古装になると全然平気なんでこのドラマ、
けっこう私好みかも知れません…
今、ちょっと田帰農が気になっております(笑)
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/16(火) 23:06 [EDIT]
>メロドラマどろどろ展開、現代劇なら嫌気がさすけど、
古装になると全然平気

私も結構そうかもしれません(^^;
何故ですかね~??古装マジック?
現代劇より現実味が薄いから??

>今、ちょっと田帰農が気になっております(笑)
でしょう~!
もしかして一番出番も多いんじゃないか、
というくらい出てきますよ~!
● 10月は雪の中
謫仙 | URL | 2008/09/17(水) 10:59 [EDIT]
七ヶ月の間胡斐はどうしていたのでしよう。お乳は誰が……
三月から7ヶ月経って10月中ば、まだ冬。違う、もうもう紅葉落葉も終わって冬の雪の中。長白山の辺りは一年の半分は雪の中かな。
● 速っ!!
まや | URL | 2008/09/17(水) 15:45 [EDIT]
私なんかまだ中文のDVD鑑賞、10話で止まったままです(^^;

>原作は読まないで、ドラマ見た方が良いかもしれません。
>ツッコミ疲れるので(^^;

まだ外伝を読んでないのにもかかわらず、
10話までの段階で相当ツッコんでしまった私・・・。
このまま読まないで最後まで見たほうがいいのかしら??
でも原作読まないと中文字幕ではストーリー理解できないかも・・・(爆)

>田帰農

そうそう!!小ワルのはずなのに、何でしょう?あのフェロモンは??(笑)
パトリック・タムの、他の出演作も気になっています(^^;
● 白鶴亮翅
進歩反刺 | URL | 2008/09/17(水) 17:29 [EDIT]
3話で気になったんですが、苗人鳳の白鶴亮翅は背中を掻くみたいな癖があると劇中にでてきますが、アレ全く白鶴亮翅じゃないですよね?!
剣を使うとあんな感じの白鶴亮翅なのかしら?!
と、ついつい太極拳的に気になった事をつついてみました。

>困ってあやしている時の困り顔です。
その後、平阿四さんご自分のお乳をあげようとしてませんでした?!
何やってるの〜とTVに向ってツッコミ入れちゃった。

にしても早いですね、私はNECOでぼちぼち見る派なので、阿吉さんとネタバレトークができない…><。
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 18:28 [EDIT]
>七ヶ月の間胡斐はどうしていたのでしよう。
お乳は誰が……
雪山飛狐、十大不思議のひとつですよね(^^;
好意的に考えてあげて、
山中に山小屋でもあって、そこでお米でも入手して、
重湯かなんかをあげてたとか??
新生児が重湯で育つかどうかわかりませんが…。
何故七ヵ月なんて長期間、隠れてた設定に
してしまったのでしょうね?
苗人鳳が必死に探した、と言いたかったのか…?

>長白山の辺りは一年の半分は雪の中かな。
これも勿論行ったことないですけど、
多分まず、違いますよね!
雪の映像で、寒さ、悲惨さを煽る演出をしたかった、
という事でしょうか?
ほとんどプロモーションビデオとか
心象風景のイメージ映像、って感じですよね(^^;
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 18:41 [EDIT]
>10話で止まったままです
私も中文は同じく10話で挫折しました(^^;
台詞重視のドラマって訳じゃないんですけど、
中文だとわかりにくいですよね~~。
誰がこの謀を操ってるのか?とかが特に。

見終わったコレ、お貸し出来たら良いのですが、
先に師妹さんに貸してあげる約束をしてまして…
(しかもまだ送ってない…はよ送れ!)
帰ってきた後で良ければお貸ししますよ!

小説、読んだ方が良いのかな~?
でも「外伝2」あたりから、まるで展開が違うし、
中文鑑賞の参考になるかどうか…
で、小説の方がアッサリしてる事に気づきました。
馬春花は、ドラマの方が納得できます。

パトリック・タム、良いですよね~~!
私も、他では「THE MYTH 神話」のちょい役しか
見たことないかも。多分…
ニコツェー主演の「浣花洗劍録」にも
出てらっしゃるのですよね!
絶対、雪山飛狐が終わるころ、
人気出ると思います…
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 18:53 [EDIT]
>アレ全く白鶴亮翅じゃないですよね?!
ひゃっほう!太極トーーーク!!(^▽^)
私も、白鶴亮翅は
二十四式太極拳のしか知りませんが、
あんなではないような気が…
大体、白鶴亮翅で正面で対峙してて、
背中に隙が出来るとは!?と疑問でした。
「碧血剣」で袁承志がラストバトルでやってたのこそ、
白鶴亮翅ですよね~。
白鶴亮翅ってアチコチの武侠小説で見ますが、
何故でしょうか?そんな強そうな技でもないのに。
漢字の字面がきれいだから??
その他、夜叉探海っていう技も良く聞きますね。
でもこれはどんなのか知らないです(^^;

>ご自分のお乳をあげようとしてませんでした?!
そうそう!
正確には指をくわえさせるのですが、
何度見ても、そう見えてしまう…(爆)
脳内妄想が私に幻覚を見せるのか!?
あそこでそれやったらコントですよね!

ドラマ、1週毎にレビューとか書かないんですけど、
「雪山飛狐」は辛抱たまらず
ネタバレ記事をやるかもしれません(^^;
● 白鶴亮翅
八雲慶次郎 | URL | 2008/09/17(水) 20:15 [EDIT]
ドラマの台詞は中文版で確認しましたが、間違えています。原作では苗人鳳の技は白鶴亮翅ではなく「白鶴舒翅」ですのでドラマにしたときに間違っていたのでしょう。
それとも字幕だけ間違って、台詞は合っているのかもしれませんが聞き取れていません(^^;

まあどっちにしても技の動作は違いますけどw
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 21:46 [EDIT]
>ドラマの台詞は中文版で確認しましたが、間違えています。
ほんとうですね!
「雪山飛狐」の文庫では、
184頁!「白鶴舒翅」となってました。

ついでに、ドラマの方、
MAXAMさんの日本版DVDと
台湾で買った弘恩文化事業有限公司版のDVD、
両方見てみましたが、
字幕は「白鶴亮翅」となってます。
台詞の方は、私も解りませんでした(^^;

「白鶴舒翅」という技、気になりますね~。
ググってみたけど、
日本語ではほとんど引っかからず…
やはり苗家剣法のひとつ、って事で、
架空の技なんですかね…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。