年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/17(水)   CATEGORY: 中国語学習
作業中~!
留学生に頼まれまして、
現在、卒業論文のワープロ打ち作業を手伝っております。
400字詰原稿用紙で140枚弱の日本語手書き原稿があるので、
それをひたすら打ち込み。

…安請け合いしてしまったけれど、ちょっと後悔中!
依頼してきた子も
日本文学専攻なので、
日本語を話したり書いたりする分には全く問題ないようですが、
やはり論文となると、より日本語らしいものに仕上げたい、
…という事で依頼されました。
「日本語として『てにをは』とか、おかしい所は直してね!」
と言われております。
…そんな、私で大丈夫なのか…??(^^;

大正時代あたりの作家を取り上げているので、
引用文に「ゐ」とか「おゝ」とか「思ひ出」とか
旧かなづかいが沢山出てくるのには辟易します(ーー;
いちいちひっかかるYOー!!
Wordでやってるんですけど、校正の赤い下線も沢山出てくるし。
一度登録しとけば、変換も楽なんでしょうけどねぇ…

で、又、やたらに難しい漢字やルビも出てきます。
IMEパッドで手書きして探さなくてはならず、
キー!!となったり。

あと、本人の癖なのでしょう、
「め」を「女」と書いている…
確かにひらがなの「め」は「女」が変形したもの、と習ったけれど、
読んでいて、「?」と思う所が多々あり、
この法則に気づきました(^^;

それから、私もよくやるけど
簡体字と日本の漢字と繁体字がゴッチャになっているようで、
判別不能な箇所もしばしば…
ムガー!
熟語も良く出てきますが、
果たしてこれは日本にもある熟語なのか?
それとも中国語なのか??と言うのもあったりします。

肝心の「日本語として正しいかどうか」も見なくてはならないのですが、
これこそ最大の難関!
考えたら、私はこの論文に書かれている作家の事は良く知らない…
引用文の元までたどる事なんて勿論しないので、
そのまま書いておりますが、
(一応、?と思う箇所にはふせんつけたりして)
送り仮名も、私の場合と違うので、違和感があったりします。
「恥ずかしい」⇔「恥しい」等等。
勿論どちらでも良いのだろうし、
作家がそういう書き方してるのかもしれないし・・・
といちいち引っかかる。

そして、論文を執筆した本人の日本語についても、
何を言いたいのか、が解らなければ日本語も直せないのでした(爆)
「てにをは」を変えるだけで意味が逆になったりもありますもんねぇ…
あゝ、安請け合いしちゃったよ~~!!
中国語を翻訳しろ、とかじゃないからと安易に考えていましたが、
一番、自分の日本語力が問われるみたいです。

そういえば、以前も
「竣工式でボスが書いた中国語の挨拶を
自分が訳したから、ちょっと日本語を見てくれ」
と、中国人の友人に頼まれた事があり、
これまた「日本語だけ見れば良いのなら」
と安易に引き受けたのですが、
その時も苦労したのでした…

その時は、「尊敬する○○様」とか「皆様の正しい選択が」とか、
ちょっと大げさ(?)な言葉に違和感を覚えたものの、
どう言えば日本語らしいのか、
あるいはその大げさな感じを残した方が
式典だから良いのか、
物凄く悩んだのでした。
結局、中国語の原本も見せてもらったけど、
勿論、大して解るはずもなく、参考にもならず、
ほぼ手直しせずに戻したのでした…(爆)
全然、その時の教訓を生かしとらんな~~~、ワタシ。

…とはいえ、人の論文を読むのはなかなか面白いですw
引用文を切り貼りして、
文学史上で持論を展開している部分などは
正直、読んでいてもあまり興味が沸かなかったりしますが、
作家の恋愛についての章があったりして、
そこんトコはえらいこと面白かったです(*^m^*)プププ!
書いてる本人も、
自分に重ねあわせたりして、気合入ってたんだろうな~
という感じで、筆が走ってました。
入力もしやすかったですから、
借り物じゃなくて、自分の言葉で書いてるんでしょうね~。
その分、誤字脱字も多いようでしたが。
ちょっと他人の日記を盗み見ているようで、
こっぱずかしかったですけど…(爆)

やっと60枚くらい入力し終わったので、
もうちょっと頑張ろう~~!
(時々現実逃避もしながら…)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 改めて
xihuan | URL | 2008/09/17(水) 09:08 [EDIT]
人の・・・と言うか、外国語の勉強を始めて、改めて日本語の難しさにぶつかりますよね~。

私は、以前中国人のネット友人から、日系企業に就職する為の「履歴書」の添削を頼まれたのですが・・・・・自己主張の仕方が日本人の感覚では理解不能で、老師に見てもらったら、どうも中国語のレベルも余り高くない人だと言われました。
その後、無理ですとお断りしたのは言うまでもありません( ̄_ ̄|||) ←だってその人の人生がかかってるんだもん。無理だ!!

阿吉妹
頑張れ・・・時々現実逃避して
● 日本語
謫仙 | URL | 2008/09/17(水) 10:50 [EDIT]
何を言いたいのか判らないと、日本語の文も直しようがありません。

この文は正しいか。(^_^)。
「いいたい」「分からない」「直しようがない」とすべきかな。
それは些細なことで、
いいたいことは何かがつかめないと、訂正しようがない。それに手書きとなると、旧仮名にすべきか、旧漢字にすべきか迷うところでせう。
日本人でも正しい文は難しい。
わたしなら「正しい文はムズ」
それはともかく、面白そうですね。

Manbo | URL | 2008/09/17(水) 12:11 [EDIT]
>あゝ、安請け合いしちゃったよ~~!!
さりげなく移ってるのに笑いました。
がむばつてくださひ(-入-)
● お疲れ様です!!
まや | URL | 2008/09/17(水) 15:34 [EDIT]
>400字詰原稿用紙で140枚弱の日本語手書き原稿

ひゃ~っ、私なんか400字詰原稿用紙で50枚の卒論で苦労していたのに、
140枚ですか~~。
打つ作業だけでも一苦労ですねえ。

しかし卒論なのに、そこまで他人任せでよいものなのでしょうか・・・(^^;
● 似たような…
進歩反刺 | URL | 2008/09/17(水) 17:16 [EDIT]
って、私がやったのは中国の小学生が書いた作文を訳したものを日本語らしくする作業でしたけど‥‥
(物凄くランクが下がる)
その時は小学生が書いたには大人びた内容と言葉使いでびっくりでした。(つか、泣ける内容だったの…戦後の日本の子供の心境みたいで)
賢いお子様なのか訳した人が硬い文章にしちゃったのか分らなくてお茶を濁してお返ししました。

阿吉さんは論文ですからさらに難しいですね…
ときどき高虎さんで心の潤いを取り戻しつつ頑張ってください。
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 18:58 [EDIT]
ありがとうございます!

>改めて日本語の難しさにぶつかりますよね
そうなんです!
普段は意識して日本語しゃべってないのに・・・。

元の論文は、最初から日本語で書いたそうです。
ちなみに聞いてみると、頭の中で、中国語で考えて、
日本語に直して、書く、という作業をしているそうですが、
多分、筆が走っている部分はダイレクトに日本語で
考えてたんじゃないかな~という気がします。

>「履歴書」
ひえぇぇ~!それは責任重大ですね…
資格とか学歴とかじゃなくて、
自己主張の部分ですか!
む、難しそう…
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 19:02 [EDIT]
>いいたいことは何かがつかめないと、訂正しようがない。
そのとおりですね!
第1章は打ち込みながら訂正も赤で入れていたのですが、
第2章は一度原文のママ入力して、
その後、読みながら訂正を入れてみました。
執筆者の言いたいこと、解ってきた気がします。
(私の理解力というのも関係あるのですよね~)

>旧仮名にすべきか、旧漢字にすべきか
こればっかりはですね~(^^;
「原典を確認して!」とコメントつけます。

見たままを入力・訂正するのではなく、
作家さんを育てる編集者の気持ちで、
相談しながら訂正入れていくしかないかも、
と思いました。
● >Manboさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 19:07 [EDIT]
はい、うつってしまいました(^^;
っていうか、「ゝ」がもったいない(?)ので
再利用してみました(爆)

「〃」とか「々」と同じで、
「どう」で変換したら出るかと思ってましたが、
「ゝ」は出ないんですよ~。
読み仮名ないみたいです。記号ですね。
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 19:18 [EDIT]
>50枚の卒論で苦労していたのに、
私も、自分が当時何枚書いたか見てみたら、
45枚でした…
しかも引用だらけの、切り張り論文!(爆)

>そこまで他人任せでよいものなのでしょうか・・・(^^;
まぁ…ねぇ?(^^;
こういう事を人に頼むっていうのは
中国では普通なのでしょうか?

最初、「報酬は払います!」と言われましたが、
値段もどう付けるか解りませんし、
それに見合うモノが出来る自信もないし、
留学生に日本人の高い時給を払わせる訳にも(爆)
で、お菓子をいただきました(^^)

更に、執筆者の名誉の為に申し添えますと、
内容はかなりスルドイ事を書かれてましたよ!
(ってキミ、解るんかい!?)
ちゃんと生家や、青春時代を過ごされた地にも行って
フィールドワークもされてますし。
(本の引用だらけで済ませた私とは大違い!)
ついでに、この作家の作品を、
中国語に翻訳して、本土で紹介したり、
という事もされてるようで、
なかなか日本人としては嬉しかったりしますw
だから協力してあげようと思った訳でして…
逆に、足引っ張る事になるかも!?
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 19:24 [EDIT]
>泣ける内容だったの…戦後の日本の子供の心境みたいで
へぇぇ~!
あちらの子供の文章って読んでみたいです!
いじらしいですねぇ…

>賢いお子様なのか訳した人が硬い文章にしちゃったのか分らなくてお茶を濁してお返ししました。

ですよね~。間に何人か入ると解らなくなりますよね。
竣工式挨拶の時も、原文を書いた人と翻訳した人と私、
と3人もかかわると、訳わからなくなってしまって。
まぁ挨拶だし、聞き流されて記録は残らないだろう、
と思って最後は開き直りましたが。
残るとヤですね。

>ときどき高虎さんで心の潤いを取り戻しつつ
ありがとうございます~!(^^)
結構、脱線してます…。
興がノルとハマり込むのですけど。
心がカッサカサの砂漠(!)なんで、
適度に妄想も入れて頑張りま~す!

Manbo | URL | 2008/09/17(水) 20:02 [EDIT]
「ゝ」はIMEなら「おなじ」か「くりかえし」で変換すると出ますよ~。
なかなかこういうのって、知らないとわからないですよね(^^;
● >Manboさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 21:33 [EDIT]
>「ゝ」はIMEなら「おなじ」か「くりかえし」で変換すると出ますよ~。
おゝ!出ました!
ありがとうございます~(^^)
ひとつかしこくなりました♪
● ひゃ~
ふたば | URL | 2008/09/17(水) 21:34 [EDIT]
うわ~140枚!阿吉さん、お疲れ様でございます~。
それだけの分量を日本語で書いちゃうその留学生もすごいですね~。
私なんて2~3行の中国語作文するだけで
2~3時間かかり、へろへろになってます…。

>ちょっと大げさ(?)な言葉に違和感
わかります。日本人からすると中国語の表現って大げさに感じますね。たぶん逆に中国の人からすると、日本語の表現は曖昧だと思われてそうな気がします。

最近、自分の書く文章も、どうも影響されたようで、中国語直訳のような、ミョーにくどい日本語になってしまうときがあります(笑) 言語って奥深いなあ~と感じる今日この頃でした…^^
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2008/09/17(水) 21:59 [EDIT]
ねぎらい、ありがとうございます~。

>私なんて2~3行の中国語作文するだけで
2~3時間かかり、へろへろになってます…。

でもふたばさんの日本語訳、
凄く自然でいつも感心しちゃいます。
影で御苦労されていたのですね!

>日本語の表現は曖昧だと思われてそうな気がします。
そうですね!あちらの人も苦労されてるようでした。
「おもしろい」という言葉ひとつとっても、
「有意思」「愉快」「快乐」と色々あって、
どれが適切か悩む、と言われました。
逆にその辺は中国語で言われた方が、
意味は入ってきますね!

言葉にしろ!と言われるとすっごく大変ですが、
なんとな~く意味を頭の中で掴む、
っていう程度だと、逆に原文をじっと見ている方が、
ニュアンス掴める、っていう時もあります。…ごく稀に。
それじゃ意味ないんでしょうけど…

あぁ~やっぱり、もっと学習しなくちゃ!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。