年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/26(日)   CATEGORY: 井上祐美子
桃花源奇譚
急に寒くなってきましたね~。
良く考えたら、もう10月も終わりに近いです。
当然といえば当然…

そんな中、「桃花源奇譚」を読みました!
桃花源奇譚 (トクマ・ノベルズ)桃花源奇譚 (トクマ・ノベルズ)
(1992/06)
井上 祐美子

商品詳細を見る


もしかしたら、
今のところ読んだ井上先生の作品中で
一番これが好きかもしれません。
いや~面白かった!!
「桃花源記」と「三侠五義」がベースになっていて、
史実にヒントを得つつも、オリジナルなキャラクターが出てくるお話でした。
壺中天とか文曲星、武曲星なんていうのも出てきて、
すんなりファンタジーとして楽しむ事が出来ました!(^^)

老若男女、色々なタイプで立場の違うキャラが出てくる所が
私の好みにあったのかもしれません。
ストーリー展開も、謎解きを含みつつ、
主人公、白戴星の成長譚にもなっていて、さわやかな読後感でした。

太子取り換え事件も、
ほんと、何かで読んだような気が…
井上先生もあとがきで書かれている通り、
「三侠五義」とか中国通俗小説中に元ネタがあるそうです。
最近、どこかで見たけど、思いだせない…って事が多々あります(^^;

やっぱり宋代くらいの話が私は好きなのかも。
文化的にもかなり成熟しているようですし。(動乱もありますが)
宋といっても色々でしょうが、
こちらは宋2代目の皇帝あたりの設定なので、
まだそんなに朝廷も腐敗しきってないな~という感じです。

キャラ的には武曲星こと漢臣がツボでした。
あんま悩みとかなさそうで、素直で武術の腕がたつ、というあたりが(^^;
割とみんなが迷っている感じなので、
その中にあって、こういうノホホンが良かったです。

あとは殷玉堂(元ネタは”錦毛鼠”こと白玉堂)ですかね。
最初は冷徹な刺客として登場しますが、
何故か白戴星の言いなりになっていってしまう、という点。
本当は仲間になりたいのよね、という気持ちが透けて見えて、
じれったくもあり、そこが良くもあり、という感じでした。

それから父母世代の方々も度量が大きくて素晴らしい!
八大王と狄妃とか、李妃、などなど。


…これでまやさんからお借りした本、全部読み終えましたぞ!
本当にありがとうございました!!m(_ _)m

…という事で、「マーツイ」とか、
その他積み上げてる本に移る事にします。
あと、映画やドラマ、DVDの類も…(^^;

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei☆azumi | URL | 2008/10/27(月) 18:32 [EDIT]
これも、なかなか読み応えのある作品ですよね。
私の場合、性格に捻りの入ったキャラが好みなのと、白玉堂の名前を以前から知っていたせいもあり、殷玉堂がツボでした。
(彼と白戴星の遣り取りも、中々でしたし)

>太子取り換え事件も、
>ほんと、何かで読んだような気が…
これが『三侠五義』からなんですよね。
ただ、こちらのほうがずっと波乱万丈になっていて、
さすがは井上さん、と思いながら読んでおりました。

>それから父母世代の方々も度量が大きくて素晴らしい!
>八大王と狄妃とか、李妃、などなど。
特に狄妃サマ(思わずサマをつけてしまいます)ですね。
『臨安水滸伝』のときのお母様もそうでしたが、井上さん、こういう肝の据わった奥様を描くのも得意なようで。

最近は、歴史物や短編の多そうな井上さんですが、又、こういうファンタジー色の強いものも書いて欲しいなと思っています。
● >rei☆azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/10/27(月) 22:59 [EDIT]
>性格に捻りの入ったキャラが好み
確かに、殷玉堂、良い意味で捻り入ってましたね!
挿絵も渋くて、なんだか皇先生も、
殷玉堂がお好きなのかなと思ってしまいました(^^)

>これが『三侠五義』からなんですよね。
もう色々ゴチャゴチャになっております!
図書館から借りた本だと、
読んだかどうかすら忘れてしまって、いけませんね!
御猫の展昭はいつ出るんだろう~?
とか思いながら読んでました(爆)

>狄妃サマ
ほんと肝っ玉母さん!(失礼!)ですよね。
井上先生、女性を描かせたらピカ一ですね!

>こういうファンタジー色の強いものも書いて欲しいな
賛成です!こういうの、又読みたいですね!
● 私もお気に入りでした(^^)
まや | URL | 2008/10/28(火) 17:14 [EDIT]
>一番これが好きかもしれません。

井上先生の、初期の作品ですが、好みに合ってよかったです。
挿絵も皇なつきさんだし、イメージぴったりでしたでしょ?

>太子取り換え事件

このネタ、京劇でもあるそうですよ。
まあ私は「三侠五義」が元ネタの漫画、「北宋風雲伝」で知ったのですが・・・(^^;
そういえば宋代くらいの話は私も大好きなのですが、
それって、結局「北宋風雲伝」の影響大かも・・・。
今度本お貸しする時、漫画も無理やり一緒に入れちゃって良いかしら??

この作品に出てくる白戴星、包希仁、殷玉堂と読み比べるときっと楽しいですよ(^^)

>…これでまやさんからお借りした本、全部読み終えましたぞ!

さて、じゃあ次は、残るファンタジー色の強い長編、
「長安異神伝」シリーズもお貸ししましょうかね~。
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/10/28(火) 22:57 [EDIT]
>挿絵も皇なつきさん
はい!(^^)イメージを補ってくれるので、
挿絵がある方が助かりますね♪

>このネタ、京劇でもあるそうですよ。
そうなんですか~!
「遇皇后」と言うんですね!

>漫画、「北宋風雲伝」
この間、ご自宅でちょっと見せていただいた奴ですね!
興味津々です(^^)
ありがとうございます!

是非、「長安異神伝」シリーズ
貸して下さい!
…ってその前にお返ししないと!
現在、お借りしたDVDの方を見ています…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。