年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/01(土)   CATEGORY: 武侠ドラマ
天下第一
夏に、まやさんからお借りしていた「天下第一」、
ず~っと放置プレイだったのですが、
この度、一気に見てしまいました!
天下第一 DVD-BOX天下第一 DVD-BOX
(2006/03/03)
リー・ヤーポンウォレス・フォ

商品詳細を見る


え~と、確か、王晶(バリー・ウォン)監督作品だし、
李亞鵬(リー・ヤーポン)出てるから!
って繋がりで、貸して下さったんだと思います。

全体のストーリーとしては、ナルホド、面白い!
って感じなんですけど、
ところどころに「エェッ!?」というツッコミどころが盛り沢山(^^;
それはどうやら、大幅カットによる所も大きいようです。

以下、ネタバレ(?)な感想です。
明王朝を守る、護龍山荘という隠密集団があり、
そこのトップが皇帝陛下の叔父、鉄胆神侯です。
天下第一荘という、
何でも天下一の能力を持つ人々を集めている場所も関係しています。
代表的な隠密は「天地玄黄」の4人です。

天の第一号、段天涯(李亞鵬)
日本の伊賀に留学していたらしく、
当時は中国人である事を隠して、
滝沢一郎と名乗っていたようです。
何故か柳生一族と深い因縁があるらしく、
映像には出てきませんが、柳生十兵衛を殺しているようで、
妹の柳生雪姫と恋に落ちるも、
父親の柳生但馬守に許してもらえない様子。(当たり前!?)
雪姫の死に深く傷ついて、「もう誰も愛さない!」
なんて言うのですが、姉に良く似た妹の飄絮と結婚!
中盤は隠居状態であまり出てきませんでした。
…え~、私は李亞鵬がすごく好きって訳ではないのですが、
何故か、この人が画面に出てくると安心します。

地の第一号、歸海一刀(霍建華)
寡黙で孤高(陰気だと、最初、仲間に言われていた)という事ですが、
台湾のイケメン俳優、霍建華(ウォレス・フォ)だからか、
最初はそんな風に見えなくて(^^;
でも、中盤は彼の、父親の仇討ちのお話で、
その時はなかなか役に入ってました。

玄の第一号、上官海棠(葉旋)
ずっと子供のころから男装をしていて、
つい最近、女性だという事を仲間に打ち明けたらしいです。
実際、最後の方にならないと、女装しませんでした(^^;
天地玄の3人はどうも幼馴染らしく、
海棠は、最初天涯が好きなのですが、
徐々に一刀に想いを寄せて行きます。
はっきりいってこの人はずっと出ずっぱりでした。
ある意味、このお話の主役かも。

段天涯と上官海棠は孤児で、鉄胆神侯を義父としています。

そして、最後に選ばれた、黄の第一号、成是非(郭晉安)
見た目がなんだか名倉潤って感じでした(^^;
いい加減な性格で、お笑い担当、って感じなんですが、
登場人物中、一番色々な所に縁を持っている人でした。
古三通から授けられた「金剛不敗神功」を使う時は、
全身が金色になります!(髪の毛も!)
あと、武術の秘伝が体中に書き込まれていて、
いざという時はそれを読んで戦います。
で、面白いけど、筋を通す、ってトコロが良かったので、
このお話の中では、私は一番お気に入りでした(^^)

日本の風俗は、ちょっと微妙な感じです(^^;
倉田保昭さん演じる柳生但馬守の袴が
カーテン生地みたいだったり。
あと、塚のまわりにオリヅルも出てきましたが、
妙~に首の太い鶴でした。
「日本の男は、切腹すると罪はすべて許される」
なんて事も言ってましたが・・・そうなの?(^^;
異文化の表現って、難しいですね!

とにかく、柳生の人たちが凄いです。
柳生の娘は、父親に「段天涯を殺せ!」と言われるたび、
「…はい」と涙を飲んで従うのですが、
その20秒後くらいには、裏切って父親を刺していたりします(^^;
(カットのせいだとも思いますが)
で、柳生但馬守、3回くらい死んだと思わせておいて、実は生きてたり!
そして、最後にはまたどんでん返しが!


最初、宦官の曹正淳がラスボスっぽい感じで話が進むのですが、
この人が最初に登場した姿が、皇太后の扮装(!)だったし、
俳優さんが普通に人の良いオジチャン顔だったので、
あんまり憎めない感じだったんですよね。
むしろ、主人公達の元締め役、鉄胆神侯の方が悪そうな顔だし、
時々、度量の狭い発言をしたりするので、怪しいな~と思っていたら…!

全体的に、崖での撮影とか爆破も多く、
日本で言う所の、
日曜朝7時30分~8時台の特撮ヒーロー物っぽい印象でした。
しかし、なんかはまり込んで、一気に見てしまいました。
面白かったです(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 中国古装戦隊?
xihuan | URL | 2008/11/02(日) 09:45 [EDIT]
李亞鵬は、素敵でしたか?
日本にかかわりの有る役、中国の作品て、日本がいつも悪者だっりする作品が多いので、なんとなく心配。
しかし、シーンカットのつなぎ方が、厳しいと突っ込みどころが多くなるのね~(笑)バリー・ウォンだから許せるかな・・・ね

rei☆azumi | URL | 2008/11/02(日) 13:08 [EDIT]
な……なんか、すごそうな話ですねぇ(^_^;)
でも、面白そう。
もうちょっと体力的にゆとりが出てきたら、ツ○ヤのDVDレンタル、考えてみるかなぁ(笑)
(今はもう、帰ってくると眠くて(^▽^;)
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2008/11/02(日) 21:23 [EDIT]
>中国古装戦隊
大笑!(^▽^)流石~!
武侠って、
手法的には近い気がするんですけど、
どうでしょうか?

李亞鵬、良かったですよw
この方は、派手派手しくないので、
落ち着いて見られますよね♪

>日本がいつも悪者
これは心を痛める点ですよね…
しかし、柳生とか伊賀とか忍者とか武士道とかは、
どうやら”憧れ”の目で見られているのだな~、
という事は伝わってきました。
日本のお話で中国人が出てくると、
やはり微妙~なスタイル(ゼンジー北京のような)
だったりするので、お互い様なのでしょうか??
● >rei☆azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/02(日) 21:30 [EDIT]
>すごそうな話ですねぇ(^_^;)
ハイ、凄かったです!
一人、部屋で見ていたのですが、
「えぇ~!?」と画面に向かって突っ込んでました(^^;

「面白い」という日本語も意味が色々ありまして、
多分これは、「有意思」の方というより、
「奇怪」的な面白さかもしれません??
そこはかとなく、悲劇っぽい雰囲気もありつつ、
コメディ満載だったり。

ノーカット版があれば、
そちらの方が良いかもしれませんね!
● OP/EDの歌はいいんですが…
Manbo | URL | 2008/11/02(日) 23:06 [EDIT]
日本語版だと海棠と一刀のエピソードがほぼまるまるカットされてるみたいですね。
(確かエンディングでもちらほら画像があったと思いますが)

なんか結局、「意外な真相が!」みたいなことを出してきた割には、
決着のつけかたは意外でもなんでもないところ(悪い意味で)がいかにも王晶らしいのかなーと、そんな感じでした。

ラストは向こうでもかなり不満が出たようで、二次創作として改編版とかを書かれている方もいるみたいです↓
http://members3.jcom.home.ne.jp/wallacehuo/feature.htm

あと同じサイトですが、完全版のほうのあらすじも載ってますね。
http://members3.jcom.home.ne.jp/wallacehuo/tianxiadiyi.htm
こんな感じのようです。ご参考までに。
● 李亞鵬
八雲慶次郎 | URL | 2008/11/03(月) 18:43 [EDIT]
李亞鵬は射に続いて、この作品の撮影に入ってすぐ足を怪我してしまいアクションがほぼすべてできなかったそうです。
なので予定されていたアクションシーンはスタントですむところぐらいに変更されています。
李亞鵬の活躍が少ないのはそのせいです。
物語の設定は四大名捕のパクリですね(^^;
● >Manboさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/03(月) 20:14 [EDIT]
>海棠と一刀のエピソードがほぼまるまるカット
みたいですね~。
ここが無いと、今一つ、弱い感じですね。

>決着のつけかたは意外でもなんでもない
言い得て妙です~(^^)

>二次創作として改編版
ご紹介、ありがとうございます!
海棠、確かにあそこで死ななくても良かったかも・・・
王晶は女性をパカパカ殺しちゃう、って
どなたかが言ってましたけど、
そうなんだな~と実感しました!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/11/03(月) 20:18 [EDIT]
>足を怪我してしまい
あらら、そんな事だったとは!
それで隠居状態だったんでしょうか?

>物語の設定は四大名捕
やはり原作、じゃなくて元ネタがあるんですね!
恥ずかしながら、
四大名捕を知らなかったので検索しました。
ttp://www.hongkongmanga.com/page195.html
こちらは全員男性なんですね!
● 突っ込みどころ満載ですよね~
まや | URL | 2008/11/04(火) 01:01 [EDIT]
まあ、王晶だししょうがないのか・・・とも思うのですが、
海棠みたいに死ぬ必要のない人もバッサリやられちゃうのはどうなのかと・・・(^^;

それから一刀役の霍建華、確かこの人も雪山飛狐の聶遠と同じく、
張P版楊過の有力候補にあがっていたんですよね~。
途中で片手を失って楊過状態になるので、つい思い出してしまいました。
大幅カットされていたので、本編の印象は薄いですが、
彼の歌う主題歌はお気に入りです。

それから倉田保昭さんが出演してるんだから、
他の出演者の着物の着付けやってあげて欲しかった!!
あの箱をくっつけたみたいなお太鼓はひどい!!(泣)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/05(水) 00:35 [EDIT]
>海棠みたいに死ぬ必要のない人もバッサリ
苦労してましたもんねぇ…海棠。
シアワセにしてあげて欲しかったですよ…

>一刀役の霍建華
>途中で片手を失って楊過状態
ほんと、歌、素敵でした~。
この方も有力候補だったんですか!?
聶遠といい、黄暁明といい、顔の系統、似てますよね♪
片腕って設定、武侠では良くあるようですね?
でも、つい「神雕侠侶」にリンクしちゃうのは、
私も同じかも・・・

>倉田保昭さん
ご自分の着付けは、
まぁまぁ違和感なくやってましたよね。
女性の方はもうメタメタでしたが…

今日、録画してた「マスター・オブ・サンダー」で、
倉田保昭VS千葉真一を見て、改めて、
倉田さんは(坊主よりも)刀と袴がお似合い♪と思いました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。