年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: 武侠映画
カンフー・カルト・マスター 魔教教主
xi姐からお借りした「カンフー・カルト・マスター 魔教教主」を見ました!
カンフー・カルト・マスター 魔教教主カンフー・カルト・マスター 魔教教主
(2003/08/29)
ジェット・リーサモ・ハン・キンポー

商品詳細を見る


xi姐からの一言コメントには
「ちょっと顔が赤くなる台詞を楽しんで下さい!」
とあったので、気障な感じなのかな?と思っておりましたら、
ちょっとだけ、下ネタ風味だったのでした(*^^*)
私もプッと吹き出しつつ鑑賞!(^^)

え~原作は、言わずと知れた、
「倚天屠龍記」です!
倚天屠竜記 (1) (徳間文庫―金庸武侠小説集 (き12-30))倚天屠竜記 (1) (徳間文庫―金庸武侠小説集 (き12-30))
(2008/01/05)
金 庸岡崎 由美

商品詳細を見る
1993年作品、ということで、李連杰(ジェット・リー)30歳頃!
まだまだお若いです(^^)
李連杰なのに、最初は武芸が出来ない張無忌の役、
という事で、半分までは全くアクションなし!
そういう意味では、異色な感じです。
でも、李連杰はコミカルな作品、嫌いではなさそうですし、
アクションが少なめでも楽しめます!
しかしこの作品、世間的な評価はイマイチらしい・・・
そりゃ、「倚天屠龍記」全5巻を、104分にまとめる、となれば、
色々ストーリー上の無理も生じましょう!
原作読んでて良かった~!

そしてまたまた王晶(バリー・ウォン)監督作品!
最近、立て続けにこの方の作品も見ておりますが、
意外に私、この監督と相性悪くないみたいです。

張翠山と殷素素が、子どもの無忌を連れて、
張三豊@洪金寶(サモ・ハン・キンポー)の
100歳の誕生祝に駆けつける所から始まりました。
それはかなり自然です。
(原作通りにすると、
張無忌が生まれる100年前からですから、無理ですよね…)

ただ、いわゆるラスボスが誰なのか?
というのは、106分にまとめると、ボケちゃいますよね…(^^;
最初は両親を殺した六大門派を仇としているように思わせておいて、
途中から唐突に成崑になるし、
最終的には元王朝を討て!となる訳ですから。
原作読んでるから、私は問題ないですけれども。
その辺は仕方無いのかな~。

そして、広東語なので、
当然、人名も広東語読みを適用したカタカナ字幕です。
「ゴッチン」「ジェーソン」「ミッジュ」
…誰!?と思いましたが、実は
「郭靖」「謝遜」「滅絶師太」なのですね!
普通話の発音ともまた微妙に違うので、メモを取りながら鑑賞しました。

俳優さんはゴージャス!
洪金寶も「太った張三豊だ!」とか言われてましたけど、
お茶目な感じで好演でしたし、
鄒兆龍(コリン・チョウ)が宋青書役で、実質的な悪役でした。
最近の作品で言うと、「ドラゴン・キングダム」のジェイド将軍です!
あとは、呉耀漢(リチャード・ン)が青翼蝠王でした。
この方、「五福星」とかで洪金寶と共演してた方ですよね♪
洪金寶と呉耀漢とでコミカルな感じが増して、なかなか良かったです(^^)
女優さんも綺麗どころが揃ってました!
小昭役の邱淑貞(チンミー・ヤウ)可愛い!

最後あたりで、張三豊が無忌に
「わしが編み出した太極拳で戦うのじゃ!」
なんて言って、お手本を見せ、
それを無忌が見て真似しつつ戦うのですが、
どう見ても、真似してる無忌の方が強そう!(^^)
発勁とかはやはり武術家である李連杰の方が、
京劇出身の洪金寶よりも上手そうです(^^)

明教の軍勢と六大門派だったか、元王朝の軍勢だったかが戦うところ、
Marioさんがご指摘されてましたが、
「レッドクリフ」でも真似っこ(?)してやってた、
「鏡で日光反射ビーム作戦」をやってました!(^^)
…王晶監督、いろいろアレな所もありますが、
軍勢での戦闘場面の画ヅラなんかは、
私はかなり評価が高いです。
他の監督、呉宇森(ジョン・ウー)なんかに比べても、
緊張感は断然上ではないかと。
(1対1だとまたちょっと違いますけれど)
変にエキストラのダラダラした顔なんかを見せないので、
迫力あると思うんですよね~。

そんな訳で、楽しく見させていただきました♪

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 原作
xihuan | URL | 2008/11/09(日) 22:14 [EDIT]
おぉ・・・気恥ずかしい台詞を、確認しましたか(笑)李連杰迷の時は、この台詞をとても新鮮かつ気恥ずかしく思いながら見たのです。
ラストは、また続編が有りそうな終わり方でしょ?
原作を読めば、その結末がわかると李連杰迷の大先輩に言われていましたが、今の今まで読んだことが無かったのです。
今、第一巻の半分ぐらいまで来ました。
張翠山が、なんだか李慕白にダブってしまいます。
グリーンデスティニーの李慕白も武当派なんですよね~。
またまた、本を読みながら私の中の妄想で、邱心志【李慕白】が張翠山になって暴れまわっています( ̄_ ̄|||)
● いや、
Manbo | URL | 2008/11/10(月) 01:28 [EDIT]
王晶って、映画監督としては普通に悪くないと思うんですよ。
描写も必要なところを押さえて丁寧だし、きちんと盛り上げどころもわかってますし。
ただ、長編のドラマなんかを撮るのについては、致命的な欠陥があるんじゃないかな~と(^^;
(基本的に長編でも「単発のエピソードの積み重ね」だけで話を作ろうとしているところなんかからも窺い知れますよね。)
要は飽きっぽい人ってことなのかも知れません(笑)

しかしこれ、さもはんが出てたんですね。ちょっと興味が出てきました。
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2008/11/10(月) 19:52 [EDIT]
>新鮮かつ気恥ずかしく
ハイ!確認しましたよ~(*^皿^*)
李連杰も赤くなってましたね~!

>また続編が有りそうな終わり方でしょ?
そうなんですよね~。
でも原作の方も、
最後、無忌の立場が拍子ぬけなので、
(「碧血剣」っぽいというか)
あのあたりで終わるのもアリかもしれませんね。

xi姐は今、李慕白にハマりまくってるんですね!
私的には、
映画「グリーンデスティニー」の李慕白と、
張翠山との共通点が思い浮かばないんですが、
ドラマ版は近いですか??
● >Manboさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/10(月) 20:06 [EDIT]
>映画監督としては普通に悪くないと思うんですよ。
…と、言われて、自分が見た事のある
王晶の映画作品を洗い出してみました(^^)

上から好きな順↓
・008皇帝ミッション
・広州殺人事件
・鉄拳高
・サンダーボルト/如来神掌
・ゴッドギャンブラー3

ここら辺以下になると、評価は微妙…(^^;↓
・カンフー少女
・トリック大作戦
・トリック・マスター
・ファイト・バック・トゥ・スクール3

…という事で、振り返ると、
シンチー&バリーのコンビだと、
かなり自分はウケてたのだなぁ~という印象です(^^)
(といっても古いモノはバカバカしすぎですが)

で、長編ドラマはあんまり撮ってないんですね。
3作くらいでしょうか?
「飽きっぽさ」を見越して、
オファーが来ないのかも知れませんね(^^;
・雪山飛狐
・天下第一
…残る「プライド」はまだ見てないんですが、
こちらも似た感じでしょうか?

>さもはん
出てますよ(^^)
言われなきゃ解らないくらいの爺扮装です!
● おお、視られましたか・・・
Mario | URL | 2008/11/12(水) 19:56 [EDIT]
 これは世間であまり話題になりませんが面白いと思うのですがねえ・・・。 九陽真経のとこはどうも「ハズシ」たと想いますが、オバカ度とマジメ度のバランスがいい(笑)。 しっかり満月シーンなんかパくったり・・・。
 シンチー&バリーの作品で武侠もんでは、何と言っても「鹿鼎記「ロイヤルトランプ」」の二部作は外せませんね・・・。
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/12(水) 23:44 [EDIT]
>九陽真経のとこ
あの、岩でゴロゴロの飯炊き少林僧ですよね!
誰だっけ…と思いながら見ました(^^;

>オバカ度とマジメ度のバランスがいい(笑)
賛成です!誰かふざけ過ぎないような、
ストッパーがいたのでしょうか?

>満月シーンなんかパくったり・・・。
??何のパクりでしたか?

>「鹿鼎記「ロイヤルトランプ」」の二部作
そうでしたね!
「鹿鼎記」は今、暁明効果で追い風ですし、
いずれ見てみなければ!


● 見ました!
ふたば | URL | 2008/12/03(水) 00:42 [EDIT]
面白かったです、これ!
というか、こういうのが、私好みなんですけど(笑)
Marioさんの言われてるとおり、オバカ度とマジメ度のバランスが良かったですし、ストーリーのテンポのよさも小気味良かったです。
赤くなるジェット・リー、可愛かった~~。
小昭もめちゃカワイイ!
この続編、ぜひ作って欲しかったです~、惜しい!
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2008/12/03(水) 18:45 [EDIT]
面白かったですよね!
やはり娯楽映画の鑑賞は
テンポの良さもポイントだなと思いましたw

>小昭もめちゃカワイイ!
そうそうカワイすぎです~!(^^)
顔もですが、しぐさ全般含めて。
なんだかこの時代の女優さんって、
全般的に美人度が高くないですか?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。