年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/15(土)   CATEGORY: 中華古典
中華漫画、一気読みしました!
まやさんが又、沢山本を貸して下さいましたので、
その中から、まずは漫画…
と思ったら、一気読みしちゃいました(^^;

花情曲(はなのこえ) (あすかコミックスDX)花情曲(はなのこえ) (あすかコミックスDX)
(1991/09)
皇 なつき

商品詳細を見る


梁山伯と祝英台 (あすかコミックスDX)梁山伯と祝英台 (あすかコミックスDX)
(1992/11)
皇 なつき

商品詳細を見る


恋泉―花情曲余話 (あすかコミックスDX)恋泉―花情曲余話 (あすかコミックスDX)
(1998/02)
皇 なつき

商品詳細を見る


山に住む神 (あすかコミックスDX)山に住む神 (あすかコミックスDX)
(2000/07)
皇 なつき

商品詳細を見る



江東の暁 1 (1) (プリンセスコミックス)江東の暁 1 (1) (プリンセスコミックス)
(1999/07)
滝口 琳々

商品詳細を見る


北宋風雲伝 1 (1) (プリンセスコミックス)北宋風雲伝 1 (1) (プリンセスコミックス)
(2001/02)
滝口 琳々

商品詳細を見る


皇なつき先生のイラスト、各方面で挿絵としてお見かけし、
墨絵っぽくていつも素敵だなぁとお気に入りなんですが、
今回読ませていただいたのも、素敵な絵でした(^^)
なんだか、虎の絵とかに妙に惹かれる…
あと、自分でも意外だったのは、
中華モノ漫画より、和モノ漫画にハマってしまいました(^^;
微妙~に怪異っぽい所が良かった!…ゾクゾク!
あと、岡田嘉夫先生の描く、貴族の横顔とか好きなんですけど、
それに雰囲気の似たタッチの絵があったからかもしれません。

「梁山伯と祝英台」は物凄く有名な中国の古典で、
小説で読んだりはしたことないんですが、
粗筋としては知ってました。
各方面で良くモチーフに使われますし。
しかし、漫画として読ませていただいて、
改めて考えると、この悲恋の物語、
女性が男装して男性と机を並べる、というあたり、非常に「武侠」っぽいですね!
というか、中国では女性が男装して街に出る、というのは普通なんでしょうね。

そして、滝口琳々先生の2作!
私が知らなかっただけなんですけど、
「三国志」とか「三侠五義」が少女マンガになるなんて、
オドロキでした!
その辺って少年マンガの十八番だと思い込んでいたので(^^;
(だって流血とかあるから…)

「北宋風雲伝」は、「三侠五義」がそのまま漫画になってる訳ではなく、
色々なエピソード(オリジナルを含め)をまじえて話が進んでいくのですが、
個々のお話を展開しつつも、
最後は大きな陰謀へ集結していくというストーリー展開!
面白かったですw
オリジナルキャラも沢山登場し(特に女性!)、
少女マンガらしく、ラブコメっぽい回があったりもしますが、
真面目な回はどこまでも真面目に!

…太子取り換え事件、先日の「桃花源奇譚」でもテーマになってて、
この漫画中でもう一度見るにつけ、
うぅ~ん…やっぱり何か別の書籍でも読んだような気が(ーー;
思い出せない!!
私、「三侠五義」読んで無いと思ったけど、読んだんでしょうか!?
五鼠の話もなぁ~どっかで読んだような…
「十三妹」でですかね?(そんな事、自分以外解らないって!!)

で、この漫画中では劉皇后、極悪人としてではなく、
血のつながらない息子である皇帝の事も大事にしていたりして、
なかなかの人格者でした!(その辺は史実に即しているとか)
全体的に、極悪非道の人って出てこないです。
包拯を目の敵にしてる、龐吉(ほうきつ)も、
最初登場した時はラスボス並みの極悪人かと思ってたのですが、
どっか抜けた所のある面白いオジサンという感じでした。
(漫画だから?)

巻末のオマケ、「私を北宋に連れてって」もおもしろく、
あぁ、自分もいつか行ってみたい~!と思うような、
中国各地のロケ現場が紹介されてました(^^)

「北宋風雲伝」の連載は終了された、という事なので、
先生の、次の中華モノ漫画が期待されますね!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

進歩反刺 | URL | 2008/11/17(月) 15:53 [EDIT]
>「北宋風雲伝」
まやさんちにお泊まりさせて頂いた時にちょっと読ませていただいたんですが、面白かったです!
少女漫画って時点で世界観が合うのかな?と思ったンですが読み出すと気にならないですね。

こんなに中華系の漫画があるなんて知りませんでした!文字読むのが遅い私には漫画はぴったりかな?!
今度漫画喫茶で探してみます♪

rei☆azumi | URL | 2008/11/17(月) 19:14 [EDIT]
皇さんの漫画、懐かしいです。
ウチのすぐ近くに本屋さんができたとき、せっせと買って読んだものでした。
当時、値打ちがわからなかったので、手放してしまったのが悔やまれます。

「北宋風雲伝」読んでみたい~
近くのレンタルDVD屋が、漫画のレンタルも始めたので、今度探してみます。
● 私のお気に入り(^^)
まや | URL | 2008/11/17(月) 19:34 [EDIT]
皇なつき先生のイラスト、大のお気に入りなんです。
イラスト集も持っています(^^)
普通の美男美女だけでなく、おじ様やお爺様達も本当にお上手!
そして中華も和も、どちらも着物のしわの表現がすごい!!
やっぱりデッサン力がある方の絵は安心して見られます。

「北宋風雲伝」は、北京に行くことを決めてから、
何気なく読み始めたんですが、中国に対しては全く無知な状態で読んだので、
色々勉強させていただきました。

これをきっかけにして「三侠五義」や北宋の歴史の概説書うを読んだり、
ドラマDVDを見始めたんですよね~。
すごく思い出深い作品です!!
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/11/19(水) 00:52 [EDIT]
全16巻でしたが、あっという間に読んでしまいました!
中盤、かなりラブコメ要素が強かったですが、
ほんと、少女マンガと少年マンガと大人向けマンガと、
違いってなんなんでしょうね?(^^;
やはり”ラブ”があるかないか、でしょうか??(←乱暴)

ほんと、とっかかりとしてはピッタリでした!(^^)
● >rei☆azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/19(水) 00:58 [EDIT]
>皇さんの漫画
漫画の技術的な事とか解らないのですが、
どのコマを取っても額装したいくらい素敵ですよね!

「北宋風雲伝」も良かったですが、
「江東の暁」の方も、本文中で触れなかったものの、
最近話題(?)の周瑜と孫策の少年時代の話でした。
色々なエピソードも、
どこからがオリジナル?とか解らないのですが、
こういう「三国志」もあるのね~と驚きました(^^)
2巻で終わりだったのが惜しいです!
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/11/19(水) 01:07 [EDIT]
>おじ様やお爺様達も本当にお上手!
いえてます!
ほんとにゴツい感じとか、顔の皴とか、
”キレイキレイ”で終わらない所が良いですよね!

>着物のしわの表現がすごい!!
やはり絵を描く方の着眼点は違いますなぁ~!

滝口琳々先生の方は、ストーリーがお上手!
中華古典文学大系の「三侠五義」とかは、
個々のお話を羅列してる、
という印象だったのですが
(…ってしつこいけどホントに読んだかあやふや)
この漫画は一味違いますもんね!
ほんと、中華の歴史、お好きで、
広く紹介したいんだなぁ~って感じも伝わって
嬉しいですよね♪

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。