年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/13(土)   CATEGORY: 中華映画
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲
xi姐からお借りした
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲」
(【原題】黄飛鴻之西域雄獅)
を見ました!
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ 天地風雲 [DVD]ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ 天地風雲 [DVD]
(2003/07/24)
ジェット・リーロザムンド・クワン

商品詳細を見る


毎度のことながら、黄飛鴻モノ、ハズレが無いですね~!
またまた今作も普通語+英語字幕、普通語+英語音声で見たので、
細かいところは良くわかりませんが、
それでも面白く見られましたw
今回、黄飛鴻(李連杰)はアメリカは西部へ行きます。
もともと、ワンチャイシリーズは、
英米列強に押された清の時代のお話なので、
欧米人=支配する側で尚且つ悪人、
中国人=支配される側で尚且つ善人、
という図式の元、お話が進む感じですが、
それでも他のシリーズではホーム(中国)でのお話です。
しかし今作はアウェイ(アメリカ)へ!

どうなんだろう~?と思って見てたのですが、
面白かった!
いや、逆にアウェイだからこその面白さもあったかもしれません。
”カンフー”の見どころは少なめかもしれないですけど、
アメリカへ渡った中国人の反骨精神が際立っていて良かったです。

冒頭で、荒野で野垂れ死にしそうだったビリーを救い、
相変わらず英語は適当(!)な黄飛鴻が、
「Yeah!」だけでビリーと会話する所とか、
真面目な黄飛鴻の演説が長いので、
聴衆が立ったまま唖然とする所とか、
笑うツボも毎度の通り、満載です(^^)

川に流された黄飛鴻はネイティブアメリカンの人たちに救われるのですが、
記憶を失っています。
そこではYellowと呼ばれてました!
辮髪スタイルって、ネイティブアメリカンの衣装とも馴染みが良いですね。

今作では鬼脚七(熊欣欣)も大活躍で、
行方不明の黄飛鴻を探す十三姨(關之琳)をよく護衛しています。
ちょっと首をかしげて構える独特のスタイルですねw

いわゆる西部のバーで、
男装の十三姨が訪ね人のポスターを配って回っていると、
アメリカ西部では人種差別が激しく、因縁を付けられます。
(ここでも中華女子が外出する時は男装、というのが可愛かったw)
そこに登場し、仲裁するビリー!
彼は”リンカーン”と言われるくらい、正義感の強い男であります。
どうも、保安官達も腐敗しているというか、
あまり公平な感じには見えません。
鬼脚七の無影脚にすっかり敬服しているビリーは、
(技の名前を”你的吗”と勘違いしているのもおもしろい)
荒野の荒くれ者達と賭けをします。
鬼脚七は徒手空拳で荒くれ者全員と対決!
どちらが勝つか?の賭けです。
見事、鬼脚七の圧勝!
普段、彼らは虐げられているだけに、胸のすく感じがしました(^^)

それから、記憶の戻らない黄飛鴻に対して、
鬼脚七があえて戦いを挑むシーン。
当然ボコボコにされるのですが、なかなか泣けました(T T)
えらいぞ、鬼脚七!
結局、黄飛鴻の記憶は、給水塔の水を浴びることで、無事戻りました。

その後、
妙に殺気あふれる、スパニッシュな感じの悪党が出てきて、
銀行を荒らします。
黄飛鴻らは身内(?)である中国人の裏切りにより、
犯人であるという濡れ衣を着せられ、あわや絞首刑となるのですが・・・!!!

当然、正義は勝つ!という事で
最後は定番の獅子舞で、メデタシメデタシです(^^)

やはり、このシリーズは安心して見ることができますね!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2008/12/14(日) 08:47 [EDIT]
ひょっとして、以前にムービー・プラスで見た映画?
と思って読んでいったら、全然違いました。
ワイチャイシリーズって、一体、何本くらい作られてるんでしょう?
でも、本当に、ハズレがありませんね。
これも、すごく面白そう。

近所のレンタルビデオ屋さん、せめて、このシリーズくらいはそろえてくれないかな~(笑)
● 李連杰の声
xihuan | URL | 2008/12/14(日) 21:40 [EDIT]
とうとう見ましたか・・・
李連杰のワンチャイシリーズでというか当時の映画で、確か唯一ご本人の声じゃないかといわれた作品です。←迷としては言葉がわからなくても見たい作品だったんです。

李連杰ワンチャイシリーズは、ツイ・ハーク監督作品はたしか「天地梁明」「天地大乱」「天地争覇」そしてこの「天地風雲」の4作品で、その後監督と、李連杰の間に何かあり、ワンチャイシリーズは他の俳優さんが、黄飛鴻を演じていたと思います。
前回、阿吉さんのところで登場の黄飛鴻(ラストヒーローチャイナ)は、監督が違うと思いますよ~

黄飛鴻のインデアン姿なかなか可愛かったでしょう?
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/12/14(日) 21:56 [EDIT]
>ワイチャイシリーズって、一体、何本くらい
ほんと、凄く多いみたいですね!
TVシリーズとかもあるみたいですし、
趙文卓版もあるみたいですし。

やはり、このシリーズの面白さは、
「中国人の誇り」が根底にずっとあるので、
ブレないのかな~と思います(^^)
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2008/12/14(日) 22:01 [EDIT]
見ちゃいました!
ずっとお楽しみにとっておいたんですが(^^)

>唯一ご本人の声じゃないか
そうそう!私も、もしや?と思いながら聞きました!

>監督
何人もの監督さんが係わってますよね!
ツイ・ハーク監督で、黄飛鴻が主人公の物が
正当なシリーズとされているのですね?
でも私的には、
黄飛鴻が出ていればハズレなし!というか、
良い作品だな~と思ってしまいます!

>黄飛鴻のインデアン姿
ハイ!可愛かったですねw

まや | URL | 2008/12/19(金) 17:57 [EDIT]
これも面白かったんですが、最初の3作に比べると
パワーダウンの感が否めなかったです。
ワンチャイシリーズは、やはり「天地梁明」「天地大乱」
「天地争覇」の3作が出来が良すぎるんですよね~。

趙文卓のシリーズも、前3作と比較されなければ、
あれはあれで結構楽しかったと思うんですけど、
日本語版はDVD出てないのかな?
テレビシリーズの方なら持っているので今度何かの折にでも
お送りしますね~(←って、おしつけですね(^^;)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/12/20(土) 15:35 [EDIT]
>ワンチャイシリーズは、やはり「天地梁明」「天地大乱」
「天地争覇」の3作が出来が良すぎるんですよね~。

それを超えるというのはなかなか大変ですよね。
私の場合は、「李連杰演じる黄飛鴻」
が出ていれば、楽しめる!という感じかも(^^;

趙文卓さんも実力ある方なので、
面白そうですね!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。