年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/21(日)   CATEGORY: 宮城谷昌光
華栄の丘
金曜日は中国語教室の忘年会でした。
まさに忘年会まっさかり!な日だったらしく、
なかなか料理が出てこないくらい、お店は忙しそうでした。

なんだかんだ言ってるうちに、
今週いっぱい仕事に出たら、もう年末年始のお休みに突入します!
嬉しいけど12月の出勤日少なすぎ!
左右互搏術(?)を駆使して、フルスロットルで一週間、駆け抜けますゾ!

で、忙しいとか言ってる割には、キッチリ読書はしてまして、
宮城谷先生の「華栄の丘」を読みました。
華栄の丘 (文春文庫)華栄の丘 (文春文庫)
(2003/03)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る





またまた、中国古代のお話です。
宋の国の華元という宰相が主人公です。
宋、と言っても、趙匡胤が立てた王朝の方ではなく、
春秋時代の宋の事です。紀元前1100年頃ですね。
この頃って、国もポコポコ沢山あるので、
なかなか関係性が掴め切れてませんが。

華元は争いを好まぬ人で、なかなかに魅力的であります。
文公との結びつきも、名君と名宰相という感じで、
読んでいて安心できますね。
華元の部下の士仲との関係もしかり。

ここでもまた、「礼」が出てきます。
うーん…「礼」かぁ…。
古代を読む上ではこの思想は避けて通れないのですね。

春秋戦国時代も群雄割拠の時代ではありますが、
なんというか、戦の仕方なんかは、
三国時代頃などと比べて随分違うように感じます。
大義名分がないと戦を仕掛けられない、とかいうのは
ある程度同じなのでしょうが、
割とのんびりしているというか、
そこまで欲望がむき出しじゃないというか。

あと、古代は人間の力だけではなく、
やはり「天」が時局をどう見ているか、
と言うのも重要なポイントのようです。
華元も「天」や祖先と対話をしたりします。

時代が古いほど、そういう事を大事にするものですよね。
しかし、非科学的かもしれませんが、
なかなかそういう事もあなどれない気がします。
逆に現状を「天命ではないか?」と謙虚に受け止めている方が、
冷静に事が見えてくるのかも、と思いました。

華元は、いつも事を荒立てず、大騒ぎせず、おおごとにせず、
自分が犠牲になる事で解決出来れば、と言う姿勢でのぞみます。
そういう余裕が好もしかったです。

ただ、羊が原因で危機一髪!となった時は流石にアレでしたが(^^;

最後の楚との戦いにおける、宋の粘りは凄かった。
じんわり、良かったなぁ~という思いが湧いてきました。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 礼
謫仙 | URL | 2008/12/22(月) 17:46 [EDIT]
孔子以上の人物と言われている人ですね。
>羊が原因で…
記憶にありませんが、宮城谷さんには、「ちょつと右を見たため国が滅んだ」に近いようなことがあって、さすがにめげることがありました。その口かな…。
有名な、「泣き声に恐れがあるので怪しい」という話がありましたね。
韓非子では、事件はいくらでもあるのに、宰相がいちいちそんなふうにやっていたのでは、政治ができない。と批判しています。
宋はそれで見事に治まりました。
わたしはそこを孔子より高く見ます。

礼は今の法であり、天との契約でしょうか。神との約束だから…というイメージがします。
● 謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2008/12/22(月) 21:46 [EDIT]
>孔子以上の人物と言われている人ですね。
そうなんですね~!知りませんでした。
外見が”出目で太鼓腹”とあったので、
親しみやすいオジサマ、というイメージ先行で(^^;
もちろん外見と中身は別ですが。

羊が原因というのは、鄭との戦いの時、
華元は全軍に羊の肉を振舞ったのですが
御者の羊斟には、
同じ「羊」の名を持つから縁起が悪い、
といって羊の肉を与えなかったのです。
それを恨んだ羊斟が、
翌日の戦いで華元の乗る兵車を、
鄭の指揮官の元へ運び、華元は捕えられ、
楽呂は戦死、というくだりです。

>礼は今の法であり、天との契約でしょうか。
>神との約束だから
あっ、こう言われると解りやすいですね!
ありがとうございます!

阿銀 | URL | 2008/12/23(火) 22:38 [EDIT]
忘年会の季節ですね~。飲めない私は、食う&黒ウーロン茶専門!
ハイペースで読書してますねえ。
宮城谷氏の作品はまだ未読なんですよ~。
あ~、時間があれば一気読みしたいですが、貧乏暇なしでなかなか…。
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2008/12/24(水) 21:57 [EDIT]
>忘年会の季節ですね~。
ですね~!(^^)
年々、忘年会は皆の都合がつかず、
新年会へズレ込みつつあります。
黒ウーロン茶!
健康に気を使ってらっしゃいますねw
自分の”我を忘れない酒量の限界”が、
ビールジョッキ2~3杯とようやく悟りました。

>ハイペースで読書してますねえ。
今までは、昼休み時間も読書出来てたんですが、
最近は、就寝前15~30分のみ!
なんとか死守してます…。
● 間違い!
謫仙 | URL | 2009/01/12(月) 07:57 [EDIT]
間違えていました。失礼しました。
わたしのコメントは、華元ではなく、子産のことでした。

なんか話が合わないなあと感じたことでしょう。m(__)m。
反省。
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2009/01/12(月) 12:08 [EDIT]
>子産
この方ですね!↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E7%94%A3
春秋時代もすぐれた政治家が豊富だったのですね~。
矛盾にはあまり気付きませんでした(^^;
自分が知らないだけで、そんな事もあったのか?と。
こちらも宮城谷先生が書かれているのか…
いずれ読んでみます!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。