年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/03(土)   CATEGORY: 普通の雑記
K-20 怪人二十面相・伝
2日は親戚の家にて宴会でした(^^)
メインディッシュのフグさし↓
001_convert_20090103010946.jpg
オジサンが市場で河豚のみがきを買ってきて、
自ら刺身にひいてくれました
お店で食べるより身が厚いですが、沢山食べられるのでヨシ!
あとは、フグのアラ鍋や、しめサバ、アワビの酒蒸しなど、
主に魚介!(肉なし。)

宴会は夜なので、昼間は映画を見に行ってきました。
今年の正月映画は、中華モノが無かったので、
華人繋がり(?)という事で、金城武さんが出ている
「K-20 怪人二十面相・伝」を見に行きました!
金城さんは、絶対アクションがメインな俳優じゃないと思うのですが、
なかなか頑張ってました。
(ま、ある程度、スタントとかVFXとかだろうとは思いますが)
スパイダーマンばりに、
腕からロープを発射してビルにひっかけてシュルシュル…とか、
壁やらビルやらよじ登る、とか、
格闘じゃない方のアクションシーンが楽しかったですw

でもやっぱり特筆すべきは、
レッド・クリフに引き続き、今作も金城武with鳩!
という事でしょうか(^^;
なんか劇場内で一人、プッと笑ってしまったワタクシ。
もしかして金城さんは昨年、鳩とコンビ組んでたのかも…?

個人的には、
1949年、第二次世界大戦がなかったと仮定した”帝都”の
レトロチックな設定とか雰囲気とか衣装とか、好きな方なので、
絵ヅラ見てるのも満足!
パトカーに「警察/Polizei」とか表記されてたりして、
英語よりドイツ語(?)が幅をきかせてる、
みたいなディティールも良かったです。
”帝都”といえば、嶋田久作さん!
ちょこっと出演されており、なんか嬉しかったです(^^)

金城武さんもコメディはお得意ですし、
松たか子さんも
コメディエンヌの才能充分な方だと思いますので、
笑う所も満載でした(^^)
武闘派のお嬢様を好演!
あと、子役のシンスケ君の健気な演技にホロリとしてしまったり。

以下、ネタバレになってしまいますが、
仲村トオルさん!
すっかり悪役が板についてきましたねぇ(^^)
カッコイイ、スーツ系の俳優さんだとは思うのですが、
実は黒マントとかの方が似合うんじゃないの?と思いました。

と、言う事で、思っていたよりずっと面白かったです。


予告編で「実写版ドラゴンボール」やってました。
まだ、ドラゴンボールが7個、宇宙に浮いてる映像のみ、でしたが、
劇場のフライヤーは、背中に亀の文字をしょったジャスティン君。
…な~んか違和感(^^;ありますが、これもきっと見に行きます~!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 鳩、超ツボです(笑)
シュウジャン | URL | 2009/01/03(土) 22:59 [EDIT]
新年快楽!今年もよろしくお願いします<(_ _)>

私も見てきました~。なんたって台湾明星にハマったきっかけが
彼(ゴールデン・ボウル)だったので。
以前の2年に1本のペースを思えば、1年に3本も観られるなんて夢のようです。
で、鳩。また飛ばしてるよ~!思わず叫んでしまいました(笑)。
● >シュウジャンさんへ
阿吉 | URL | 2009/01/04(日) 01:26 [EDIT]
今年も宜しくお願い致します!

おぉ、金城ファンでしたか!
ゴールデン・ボウルは見てないんですけど、
「天使の涙」(古っ!)以来のファンです(*^^*)

鳩、でしたよね~!これまた白い伝書鳩!
松さんの事も「あいつは自由な鳩なんだ…」
とか言ってましたし、
「レッド・クリフⅡ」でも絶対鳩出ますよね!
● 鳩……
rei★azumi | URL | 2009/01/04(日) 10:01 [EDIT]
さては、『レッド・クリフ』を見て、飛ばしたな、
ということは無いでしょうが(笑)
妙にツボですねぇ。

実は、昨日、本屋へ寄った時に原作本(と、多分ノベライズ)を見つけてしまい、手に取ろうかと迷ったんですが、
コレは、映画で見たほうが正解でしょうか。
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/01/05(月) 00:18 [EDIT]
>『レッド・クリフ』を見て、飛ばしたな
まさに「レッド・クリフ」を観た人は
全員そう思ったに違いありません!(^^)

>映画で見たほうが正解でしょうか。
うぅーん…
もともと、江戸川乱歩のトリックって、
時々「?」と言うようなのがあったりするので
そのツッコミどころを吹き飛ばす為には
映像で見た方が楽しめるような気はします。
とはいえ、北村想さんの原作は、
乱歩とは違うそうなのですが。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。