年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/12(月)   CATEGORY: 井上祐美子
妃・殺・蝗―中国三色奇譚
本日は、博多へSaleに行ってきました(^^)
しかし、いつも覗いているShopの多くが、移転とか閉店とかしていて、
こんな所でも不況を実感。
一緒に行った友人も、
いつも”買い物将軍”だというのに、本日は何故か買い控え。
ここでも又、不況を実感!?(ただ単に欲しいものが無かっただけ?)
人出が少なかったのも気になります。
天気が良くなかったからでしょうか??
何とか景気が良くなって欲しいものです。

途中、キルフェボンで「水尾の柚子タルト」をいただきました(^^)
さっぱりしてて、酸味が効いてて美味しかったです!
001_convert_20090111234930.jpg
個人消費拡大の名目で、アレコレ散財!(←言い訳)

…そんな前説はさておき、
年末年始にかけて、引き続き、まやさんからお借りした本、
「妃・殺・蝗―中国三色奇譚」を読みました。
妃・殺・蝗―中国三色奇譚 (講談社文庫)妃・殺・蝗―中国三色奇譚 (講談社文庫)
(2002/11)
井上 祐美子森福 都

商品詳細を見る

なんか私、短編の感想を書くのはどうも苦手です(^^;
上手く纏めきれない!
特にネタバレしないように、と思うと。
あ、でもいつも結構バレバレかもしれませんね。
とにかく、読んだかどうか忘れない為にも、ちょっと感想を。
凄いタイトルですが、「ひ・さつ・こう」と読みまして、
中身はそれぞれ、
「妃紅」   井上 祐美子
「殺青」   塚本 青史
「黄飛蝗」  森福 都
と言う構成になっています。



「妃紅」
鄭成功の父・鄭芝竜の部下であった施琅が、
鄭成功の末裔を滅ぼすお話。
…と書くと身も蓋もないのですが、
そこに、父子代々の恨み、とか、満州族に寝返った漢族の葛藤、とか、
台湾で滅満復明を叫び、そこに明風(漢族風)を持ち込みながらも、
あくまで大陸に戻る事しか考えず、
台湾を統治するという意識に欠けていた鄭氏、とか、
色々な問題が盛り込まれていました。
やはり、井上先生は人間心理の描き方が素晴らしいと思います。

「殺青」
若き日の司馬遷のお話。
正直、私はこの短編は良く理解できませんで…(^^;
司馬遷って、こんな頼りない感じの人だったのか?
と、ペースをつかめないまま、読み終えてしまいました。

「黄飛蝗」
この本の中で一番好きでした!ミステリー…でしょうか?
飛蝗とは、つまり簡単に言うとイナゴの大発生。
草木を食いつくす、というアレです。
イナゴが大発生したら、もう人間は為す術など無いものだと思っていたのですが、
どうやら唐代には「治蝗将軍」という役職があり、イナゴを退治したのだとか。
(…ホントにあった役職なのでしょうか?)
で、この退治方法というのが、
治蝗将軍に任命された魏有裕の家に代々伝わる、黄蝗です。
この黄蝗は体内に毒を持っているらしく、
普通の蝗が黄蝗に触れると、黄色くなって死ぬらしい。
この黄蝗を、魏有裕の奥方の王香君が飼育するのですね。
彼女には小さな息子もおり、幸福な女性として登場します。
不穏な飛蝗と幸せな王香君、という対比で、
既に何か、ただならぬ雰囲気。
で、ここに出てくるもう1人、
別の治蝗術を持つ、林将軍の子孫、韋元宝が出てきます。
彼の心の暗い闇がなんとも(^^;
韋元宝と王香君のやりとり、
次第に薄気味悪さを増幅させつつ、ラストは圧巻でした。


サブタイトルの、「中国三色奇譚」という通り、
紅→青→黄と展開しています。
でもそれぞれのお話は、時代も違うし、三者三様です。
こういう短編集もあるのね~と面白く読みました。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2009/01/12(月) 12:37 [EDIT]
まやさんの蔵書って、どれだけ厚みがあるんでしょう。
(内功じゃないって(^▽^;)
と云うのは、おいておいて……

この本も、以前に井上さん、森福さんの名前に引かれて、図書館で借りたんですが、確かに、感想を書くのが難しい本ですね。

で、「殺青」の内容を、ものの見事に忘れていた(どころか、今に至るまで思い出せない)のに、愕然としました。
……と云うと大げさですが、なんか、印象が薄かったような(^▽^;)

対照的に、「黄飛蝗」が、濃かったですね。
ちょっと、読むのがシンドかったけど、頑張って読んだ記憶があります。
頑張って読むだけの価値はありましたが。
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/01/12(月) 22:44 [EDIT]
まやさんの蔵書、ほんと半端ないです!
しかもウチに貸してもらってる以外に、
ご自宅にもあるのでしょうから…

>「殺青」
皇帝が霍去病の魂を呼び戻そうとしてて、
その後、衛青が殺されたのか、
間違って強壮剤を飲み過ぎたのか?みたいな、
なんだか繋がりが良く解らないままです(^^;
私がこの時代を良く知らないからなのでしょうか?
● 蔵書
まや | URL | 2009/01/14(水) 14:46 [EDIT]
親に「家が傾く!!」と怒られ続けております(^^;
古い漫画類は本棚には入りきらず段ボール行き。
一時期結構売り飛ばしたはずなんですが、
次々買っちゃいますから一向に減りませんね・・・。

でも中国関係はほとんど文庫本の小説しか持っていないので、
それほどかさばらないのです。
問題はヨーロッパ関係の本&画集ですね・・・(^^;
ヨーロッパ史に興味が出てこられましたら、本屋に行く前にご一報を!
すぐにどっさりお送りしますよ!!(笑)

rei★azumiも何かご興味のある本があったら是非(^^)v
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2009/01/15(木) 21:47 [EDIT]
あうっ!ここのコメ、見落としてました!
スミマセン…

>「家が傾く!!」
なんの、まや邸は豪邸ですから
まだまだ入ると見ました!
なんだかみんなの図書館と化してますね。
とっても助かっております!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。