年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/30(金)   CATEGORY: 梁羽生
巨星落つ!
「七剣下天山」等を執筆された、
新派武侠小説家、梁羽生先生が、1月22日、お亡くなりになったのですね…。
残念です。ご冥福をお祈りいたします。

七剣下天山〈上〉 (徳間文庫)七剣下天山〈上〉 (徳間文庫)
(2005/10)
梁 羽生

商品詳細を見る


セブンソード [DVD]セブンソード [DVD]
(2006/02/03)
レオン・ライドニー・イェン

商品詳細を見る


「追悼」という事で、他の作品も翻訳出版されないでしょうかね。
「白髪魔女伝」とか…。

白髪魔女伝~美しき復讐鬼~其ノ壱 [DVD]白髪魔女伝~美しき復讐鬼~其ノ壱 [DVD]
(2006/06/07)
蒋勤勤張智霖

商品詳細を見る


まずは、DVDになっている「游剣江湖」を鑑賞して、故人をしのびたいと思います…

游剣江湖(ゆうけんこうこ) DVD-BOX2游剣江湖(ゆうけんこうこ) DVD-BOX2
(2009/01/30)
チェン・ロンソニア・クオック

商品詳細を見る

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ふたば | URL | 2009/01/31(土) 00:47 [EDIT]
私も聞いてびっくりです。
そうなんですよ~追悼記念でTV版『セブンソード』の後編、
制作に入ってくれないか…と不謹慎?な思いを抱いたり…
ともあれ、ご冥福をお祈りします
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2009/01/31(土) 01:19 [EDIT]
>不謹慎?
いやいや、何かキッカケが無いと動きがないのでは?
等と思ったりして。
とするとほんとチャンス(←これこそ不謹慎)ですよね。

あれ、ご本人がお亡くなりになっている場合と、
ご存命の場合と、
版権問題とかはどっちがややこしいのかな・・・?

それからオーストラリア在住だったとは知りませんでした。
お墓はどこに立つのでしょうね?
そっちの方角を向いて、叩頭&哭礼を…。
● 黙祷
八雲慶次郎 | URL | 2009/02/01(日) 00:09 [EDIT]
先日葬儀がありシドニーの墓地に埋葬されたそうです。
葬儀には金庸先生からも花輪が献じられていたようです。

追悼記念になにか制作はされるでしょうね。
どんな形になるのか、作品は何なのか…亡き梁羽生先生が納得するようなものであってほしいです。

rei★azumi | URL | 2009/02/01(日) 13:33 [EDIT]
なんと申しましょうか……
まずは、合掌。(-人-)合掌

しかし、本当に、徳間か小学館あたりで梁羽生全集とか、やってくれないものですかね。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/02/01(日) 22:23 [EDIT]
>シドニーの墓地に
あぁ…華人の方々って、
故郷の地に埋葬して欲しい!
と思うものだとばかり思っていましたが、
そうでもないのでしょうかね。
取りあえず、シドニー方面へ叩頭致します!

>金庸先生からも花輪が
金庸先生は、
梁羽生先生が武侠小説を執筆されたのを受けて、
執筆開始されたんでしたよね?
同胞の死はやはりお辛いでしょうね。

>追悼記念
そうですね。
梁羽生先生の望む形(=恐らくファンも望む形?)で
何か出て欲しいです!
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/02/01(日) 22:26 [EDIT]
ほんとに何と申しましょうか…

>梁羽生全集
出て欲しいですね!
私も「七剣下天山」でちょっと挫折しかかったものの、
やはり「武侠ドラマ」も、
まず「武侠小説」あってのモノですから、
原作(の邦訳版)を読みたいです!!
それから、ドラマへ…と。
● 合掌
謫仙 | URL | 2009/02/02(月) 18:42 [EDIT]
わたしは「七剣下天山」しか読んでいませんが、って、それ以外訳されているかな?
実は、今までご存命であったことにびっくりしました。わたしのこの方面の情報の少なさを暴露m(__)m
それにしても、どこからそんなニュースが入るのでしょうか。華字報?
翻訳物は、七剣のようなお粗末は困りますが、もっと読みたいと思いますね。
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2009/02/02(月) 22:51 [EDIT]
>それ以外訳されているかな?
多分、それ以外はまだ訳されてないハズです。

>実は、今までご存命であったことにびっくりしました。
断筆宣言をされていたのですよね?
金庸先生のように、
公にはあまり出てこられなかったのでしょうか?
隠居されると噂が入ってこないですもんねぇ…

七剣もドラマは評価が高いそうですし、
翻訳小説の方も、
時間が足らずやむなく…という事だったそうなので、
やはり、他も沢山読みたいですよね!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。