年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/09(月)   CATEGORY: 井上祐美子
梨花槍天下無敵
井上祐美子先生の、「梨花槍天下無敵」を読みました!
なんかタイトル、表紙からして威勢が良い、っていうか、
良い感じじゃないの~?と思いながら読み始めました。

梨花槍天下無敵 (学研M文庫)梨花槍天下無敵 (学研M文庫)
(2001/02)
井上 祐美子

商品詳細を見る
南宋時代の、楊妙真という女性が主人公です。
南宋時代、とは言いましたが、彼女が本拠地としている山東半島は、
むしろ、金の領土となっているのですね。

自分がいままで読んだ宋代の小説は、
なんだかんだ言って、南宋側に住む漢人のお話ばかりでした。
でも、今回は、漢人だけど金に支配されている土地に住む人が主人公。

楊妙真は、金に抵抗する勢力になって行くわけですが、
彼女たちの立場は、当然、南宋より厳しいです。
南宋側が領土奪回!と言っても、
結局は自分たちの住む土地ではないので、
どこか他人事な部分もあります。
実際に搾取されるのは山東半島の人々な訳で。

井上先生のいつもの目線、というか、
庶民感覚で言うと、やっぱり生活が一番大事、
支配者は金であれ宋であれ、良い暮らしをさせてくれるなら、
どっちでも良い、というのが本音でしょうね。

「姑姑」「四娘子」「梨花槍」等と呼ばれる楊妙真は、
反乱軍である、紅襖軍の中でも、
兄の楊安児率いる一団のシンボル的存在です。

彼女たちの置かれた立場というのが非常に微妙で、
先生もあとがきで書かれていましたが、
一度は金について、それを裏切ってみたり、
南宋を欺いてみたり、という辺り、
確かにいわゆる忠国の士とは言い難いかもしれません。

でも、官軍じゃなくて、生きるために反乱軍になった彼女たちなら、
そんな生き方もあって良いのではないか?と思いました。
それって、やっぱり女性的、現代的な目線でしょうか?
岳飛みたいに、国からは報われなくとも、清廉潔白に死んでいく、
というよりは、何が何でも生きていく、と言う方が、
ヒロイズムは感じがたいかもしれませんが、何か共感できます。

彼女も、最初反乱軍に加わった時は、
大した志もなく、
恐らく兄の楊安児がいて、自分が腕も立つから、とか
その程度だったようですが、
楊安児を殺された後は、一途に仇打ちの為に戦い続けます。
夫となる李全とも、最初は利害関係の一致から手を組んだようなものですし。
そのうちボンヤリと、金からも南宋からも独立する、
という李全の夢について、言葉にして説明出来ないながらも、
その必要性を感じて行きます。

最後の章は、妙真達のその後を、駆け足で紹介してまとめていく感じで、
ちょっとあわただしかったのですが、
一抹の寂しさがあるものの、良い作品だったと思いました。

あと、アンチヒーローとして、
金の僕散安貞(プサンアンヂエン)が出てきますが、
この人がなかなかに良いオジサンです!
騎馬民族として、女性も戦いの中にあるのが普通、
という時代を生きた彼は、
なんとなく”漢化していく金”に不安を持っており、
敵ながら、妙真に興味を持っています。
妙真にとって、安貞は兄の仇!
二人が相まみえるのは1度だけ、
結局、安貞を討つ事なく終わってしまい、
安貞も謀反の疑いをかけられ、金に処刑されてしまいます。
そのあたり、寂寥とした時代の流れを感じさせますが・・・

という事で、タイトルほど武侠な感じはなかったのですが、
良い作品でした!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2009/02/10(火) 18:57 [EDIT]
これはまた、渋いのを読まれましたね。
……と云う私も、タイトルにつられて、『桃花源~』と一緒に、古本屋サイトで購入したんですケド。

この作品とか、あと『女将軍伝』とか、井上さんの歴史物は、敗者や、時代の流れに逆らって生きた人物を中真に描いているせいか、どこか物悲しさが付きまといますね。

でも、なかなかの作品でございました。

● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/02/10(火) 22:25 [EDIT]
>渋いのを
ね~。タイトルと表紙から、
痛快なヤツ?と思ったんですが、
結構、重たいですよね。

>物悲しさ
これは避けられないんでしょうね…
まぁ妙真が勝ってたら、宋とか金とか無くなってしまうので、
そういうストーリー変更は出来ませんしねぇ…

>『女将軍伝』
実はこれも読了しまして、次にアップする予定です!

宣和堂 | URL | 2009/02/11(水) 01:56 [EDIT]
嗚呼…。コレは自分が井上祐美子さんの本で唯一面白いと思った本ですね…。でも、今となってはナンで面白かったのか忘れてしまいましたが…。
● >宣和堂さんへ
阿吉 | URL | 2009/02/11(水) 21:39 [EDIT]
初コメ!いらっしゃいませ!

>ナンで面白かったのか忘れてしまいましたが…。
そういうもんかもしれませんね~。
何度も読み返さない場合、
面白かった、という印象だけが残るような。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。