年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/03/01(日)   CATEGORY: 太極拳
推手
先日、ふたばさんが見せて下さった、「カンフー扇in中国語講座」!
語学番組の短いコーナーながら、かなり面白かったです!
陳静さん、武術関係のメディアで良くお見かけしますが、
ほんと、カッコイイですね~!(^^)
中国武術のできる女子って、やっぱり憧れです!
番組中でやってた動きはまさに中国武術!
手がしっかり伸びきってるあたり、太極拳とはまた違う理論なんだろうな~、
と思いましたが、
勿論、マネしましたよ~!付け焼刃で!
窓の外を通りがかった近所のおじさんと目が合って
ちと気まずかったですが(^^;
ありがとうございました!

で、本日は「推手」の講習会に行ってまいりました。
最初のみんなでやる柔軟体操、
いつも「激烈に体の固い人」と言う事で、大恥をかくのですが、
この3カ月の風呂上がり柔軟のおかげか、
本日は「普通に体の固い人」まで昇格(?)
やはり継続は力なり!
もっと早くから始めておけばもう少し…と思わないでもないですが、
これからも頑張ろう!と思いました(^▽^)

ところで講習会、行ったは良いものの、
私は推手をやったことなどなく、
「二人で組んでグルグル手を回してるヤツ」
くらいの認識しかありませんでした(^^;
ま、見た目はそうですが、おそらく2人の気が合わないと難しいんだろうな~、
という事くらいはおぼろげながら…

まずは、

平円
立円
折畳手
四正手

…の4つを順番に教えていただきました。
平円、立円、折畳手には単と双とがあるとの事。
双になるとまた、甲乙の攻撃が入れ替わるので、
頭がこんがらがる!!
覚えて行けば、これを套路に沿ってやるらしいのですが、
本日はそこまでは行かず…

最初の説明で「推手は格闘技です!!」というアツいコメントがあり、
そういう言葉に反応しやすい私は、つられてカッとなって、
グイグイ押しまくっていたのですが、
勿論それは×です!
ほんと、手の皮一枚で相手を感じる程度でよいとか・・・(爆)
逆に、相手が攻撃してくるハズなのに、なんか押しが弱いと、
こちらから引っ張ってしまったり、という一幕も…(^^;
攻撃が来る事がわかってるうえで受ける、というのもなかなか難しい!
あくまでも、体で感じるしかないのですね~。

実際に、推手で格闘技的に相手を倒そう!と思ってする場合は、
足をくっつけて膝を入れて、倒したりもするそうです。
ただ、この講習会では、倒してしまうと危険なので、
永久機関のように、
グルグル入れ替わり立ち替わり続けるやり方をしました。
(と、言っても3回ずつ、らしいのですが。)

なんかねぇ…つい、上半身だけが倒れちゃって、
へっぴり腰になります(^^;
これこそ、足、弓歩がキッチリ出来てないとダメですね。
特に、自分が攻撃を受ける場合、
胯がきちんとゆるんでなかったりすると、てきめんです。
あと、力を削いでかわす時、これも上手く腰が回ってないと…

相手を感じながら行う、というのは非常に難しい!
でも面白くもありました(^▽^)
どちらか一人が上手でもダメなんですね~。

太極拳、やってますけど、教室の人の多くが
「団体競技は苦手だから、太極拳始めたのよね~!一人で出来るから!」
というような状態でして、ま、ハッキリ言って皆、マイペースです。
そんなですが、推手、奥が深いかも!
本当に誰かと組んでやるわけですし、
これの体の使い方が上手に出来るようになってくれば、
二十四式の方にも良い影響が出るような気がします。

あと、なんだか太極拳とかだけでなく、
相手あってこそ、という部分が、
人の真理も突いているような気がしました。なんとなく、ですが。

面白かったので、又やりたいです!
でも…疲れた~(^^;

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● すぃっしゅ(ウィッシュ風に)
進歩反刺 | URL | 2009/03/02(月) 14:03 [EDIT]
昔は毎週の練習でやっていたのですが、最近はやらなくなってしまいました。
生徒さんから「つまらん」と意見が出たらしい‥‥
套路を覚えるコト(見える部分)第一の人にとっては推手って身体の使い方だの見えない部分のコトを追求するから面白くないんだろうな〜大事なコトなのに‥‥
とか言って自分も受け手になった場合自分から身を引いちゃって全然ダメなんですがね〜汗。
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2009/03/02(月) 18:58 [EDIT]
>生徒さんから「つまらん」と意見が出たらしい‥‥
あぁ~、確かに、私も他人がやってるのを
演武として見てた時は
全然面白いと思わなかったですねぇ(^^;
なんか自分でやって行ったとして、
ウマくハマると楽しそうだと思うのですが。

太極拳始めて1~2年目くらいだと、
套路を覚える事が最優先事項になりそうですね。
(自分もそうだった)
実際、すぃっしゅ(笑)やるにしても、
下半身がしっかり出来てないと、
ただ腕をグルグル~ってだけになるでしょうし(^^;

組む相手によって、
受ける”気”の感じも違う風だったのが
印象的でした!
これぞ、”気が合う、合わない”って奴ですかね!
● 推手の練習、うらやましいです
弓歩 | URL | 2009/03/02(月) 23:06 [EDIT]
皆様 はじめまして  太極拳大好きの者です
エアロビクス仲間や家族は太極拳のことを理解してくれないので、教室に行ったときだけしか太極拳の話ができないので、この「年年大吉」を読むのがとても楽しいです

私の教室では推手をやらないので、推手の練習の話題はとってもうらやましいです  太極拳の上達には推手は不可欠と聞いていますが、近くに講習会がないのでなかなか参加することができません  今、先輩の方が講習会に参加して習っているのですが、まだまだ私達の教室では教えてもらえるのは先になりそうです

機会があれば推手の感想をもっと聞かせて下さい
● >弓歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/03/03(火) 00:27 [EDIT]
あらためまして、いらっしゃいませ!(^^)

弓歩さんはエアロビもされてるのですか!
すごいなー!

推手、私も今回が初めてでした!
なので、あまりエラソーな事は…(^^;
(ま、全般的に”永遠の初心者”ですが)

推手、最初は解ってる方に教えてもらうのが
良いみたいですね。(独学よりも)
次回の講習会、いつになるか解らない、
と言われてたのですが、
自分の教室でもやってくれないかな~と
期待している所です♪
もし、次に推手やることあったら、
また、感想をアップしますね!
で、むしろ色々お気づきの点、ご指摘下さい!
● すみませ~ん
ふたば | URL | 2009/03/03(火) 00:34 [EDIT]
陳先生の後ろに微妙~なものを詰め込んでしまいまして…(^^;)
阿吉さんなら笑って許してくれるだろうと…(笑)
講師のおっさんがニコラス・ツェーばりのイケメンだったら萌えるところだったんですが~。(爆)

陳先生の登場時、小池栄子さんがマジでびびってたのが自分的にウケました。

推手かあ~面白そうですね!
体によさそう~。
『推手』の映画もまだ見てないので
いつか見てみよう~♪
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2009/03/03(火) 00:57 [EDIT]
ほんとにありがとうございました~!
勿論、後半の陳式太極扇も
面白く見せていただきました!(^^)
ふたばさんはあれを今練習中ですか?
陳式は、最近の私の憧れです!

>講師のおっさん
確かに!講師は見た目じゃなくて、
実力優先みたいですよね…
(当たり前か!)

>陳先生の登場時
やはりあれが普通の女子の反応ですかね~(^^)
李浩(リー・ハオ)さんの体がガチガチなのに
えらく共感してしまいました…

>『推手』の映画
主人公のお父さんが太極拳の達人なんですよね♪
でも李安(アン・リー)監督作品だけに、
当然、アクションとか太極拳云々というよりは、
ヒューマンドラマな感じでした!
勿論、良い映画でした(^^)
● グルグル
xihuan | URL | 2009/03/03(火) 16:56 [EDIT]
陳静さんって、大阪弁が可愛い方ですよね。

>「二人で組んでグルグル手を回してるヤツ」
もしかしたら、掌と掌を合わせて緩やかに押したり引いたりするような動きとグルグルするやつですか?
先日ドラマ「我的野蠻千金」というのを見ていて、老夫人とY頭(実はお金持ちのお嬢さん)が老夫人のリハビリの為にお庭でやっているシーンが有ったんです。 
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2009/03/03(火) 18:33 [EDIT]
>大阪弁が可愛い方ですよね。
可愛いですよね~!雰囲気も(^^)
可愛くて強いなんて、憧れです!

>掌と掌を合わせて緩やかに押したり引いたり
あっ!多分それだと思います!
いつも講習会を受けると筋肉痛が酷いのですが、
今回はそこまででもなかったので、
きっとリハビリにも向いてそうです。
激しくない動きだから良さそうですね!
● 推手
八雲慶次郎 | URL | 2009/03/03(火) 20:06 [EDIT]
推手を極める=太極拳の奥義を極める、です。
推手で聴勁と発勁ができ、化勁を身につけられれば、もはや陳式でも楊式でも簡化でも極めたも同じです。
「カンフーカルトマスター」で、張無忌のリンチェイに張三豊のサモハンが、太極拳の型を教えた後に全部忘れろといっているのは、型にとらわれず化勁をもって臨機応変にたいすることが奥義だからです。

化勁は合気と通ずるものがあり、このあたりが武道の究極のように思われます。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/03/03(火) 23:29 [EDIT]
>推手を極める=太極拳の奥義を極める
おぅ!そんなに重要な事だったとは!!
聴勁、ですか(^^;
まだまだ…自分の勁力すらも
どうなってるか聴けてないくらいなのですが(爆)
実戦で組んで行くとなれば、確かに重要でしょうね!

>化勁をもって臨機応変にたいする
ほんと、これは究極、でしょうね!
理屈としては、解る、気がします。
なんかこう、”化していく”という事、
これこそ太極拳の醍醐味、というか、
膂力の有無だけじゃないような。
どう考えても、自分は
まだまだまだまだ…体を使えてないです!

…って簡化二十四式しかやってないですケド(^^;
気分だけは!
面白いですね~!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。