年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/03/06(木)   CATEGORY: 幇会
台湾幇会★参加旅行記 その11 淡水 ぶらぶら編
さて、この辺から完全に修学旅行ノリというか、
野放し(!)になります。
とにかく凄い人なんです!
道の両脇にはお店、お店、お店!!
そして、人、人、人!!

あちこちで、淡水名物の鐵蛋(ティエタン)が売られています。
これは、読んで字のごとく、堅くなるまで煮込んだ卵です。
色も真っ黒!味玉の濃い色バージョンって感じでしょうか。
鶏の卵もあるそうですが、主にウズラの卵のを見かけました。
真空パックになっててお土産にもできますが、
まやさんが紙コップ入りのを買って、ひとつ分けて下さいました。
確かに歯ごたえがあります!でも鉄並み、という程でもなく、ほど良い弾力!
味は美味しかったです(^^)ありがとうございます~!

121.jpg


お返しに、
もう1つの淡水名物、阿給(アーゲイ)を買ってワケワケしたかったのですが、
なんかテイクアウトが難しそうだったのと(みんな店で座って食べていた)、
買うのに時間がかかって皆さんとはぐれてしまいそうだったので断念しました…。
で、阿給とは、日本の厚揚げから考案されたモノらしく、
甘辛いケチャップをかけてあり、アツアツで美味しそうでした。
次回こそはチャレンジしたいです!
進歩さんは、小さな中華風のお獅子を買ってらっしゃいました。
これは操り人形みたいにして動かすタイプのです。可愛い!
何故か同じお店にサンダルも売ってましたね~。
鼻緒(?)部分を組み合わせて選べるようでした。
ここらの狭い道を抜けて、右に折れると、
更にズラーーーーーッと続くお店の数々!
何でもありますよ~(^^)
例え買う気は無くても、これらのお店を冷やかしてみるのは楽しいものです。

少し歩くと廟がありました。(なんてとこかわからない…)
令兎ちゅうさんはやっと!念願の薬局発見してそちらへ先に行かれました。
お参りしてみよう! と数人で入って行きます。
で、岡崎先生がお参りの仕方を教えて下さいます。
お賽銭(といっていいのかな?廟の場合も)として、
いくらか入れます。
大体、10元くらいが相場だそうです。
そして、中華風の長~いお線香を一握り、いただきます。
で、お線香に火を付けて、いくつか祭壇があるので、
順番に、お線香を数本あげては、お参り。
お参りの順番は書いてあるのですが、結構適当です(^^;
お線香を捧げ持ち、三回おじぎ。
気をつけないと、太いお線香の灰が落ちてきて「アチッ!」となります!(←私)
叩頭する為の座布団(?)みたいな台もあったような…
でもそこまではやりませんでした。
何をお願いしたかは忘れたけど(武林の平和か?それとも…)、
以前、日本で深大寺にお参りした時に、
「神様にお願いする時は、自分の住所とかも言わないと聞き届けてもらえない!」
と、通りすがりのおじさんに言われたので、
そこだけはしっかり申し上げた気がします(^^;

メイン祭壇の横には、赤い木片があります。
行きの機内で放映されてた番組によると、
この赤い木片2つを投げて、その出方で運勢を占なったりするそうです。
私は見てもわからないので断念。
台湾の方々は真剣に占ってらっしゃいますしね。
はしゃぎ過ぎても悪いかな、と(^^;
さすがに廟では写真撮影はしませんでしたが、(お参りも忙しかった)
外に出ると、壁にはレリーフみたいに沢山模様が彫ってあったりして
綺麗でした(^^)
123_convert_20080306000823.jpg


小さな飾り物屋さんも見ましたね。
結構皆さん、色々購入されてました。
干支の置物とかもあったかな?
そのお店は、京劇のお面も売ってあって、
項羽があったから欲しかったのですが、
現在、我が家にある他のお面と、素材や仕上げが違ってて、
しかも高かったので止めました。
値切ってみたりしたけど、私の気合が足りないのか何なのか、
交渉の余地なし!って感じ。

それから、進歩さんと太極拳の表演服になりそうなのがあるかな?と
1軒、服屋さんに入ったのですが、
まぁどちらかというと、
舞台向きの、サテンやシルクのような、光沢がある上下揃った服じゃなくて、
「木綿素材の趣味のチャイナ服」って感じの服ばかりでした。
カンフー用品屋みたいな所じゃないと難しいかもしれません。
でも1枚、赤のチュニック風刺繍入りチャイナが結構気に入って、
気持ちが揺らいだのですが、
部屋着にするにしちゃぁ、高めのお値段だったのです!
ここも値切ってみたけど、またも交渉の余地なし!
オネェさん、さっさと電話に移らないで、私の話を聞いとくれ~!
全般的に、観光地価格じゃないのね…。都会的、というべきか。
ちょっと、お店の人とやりとりして、
草の根交流したかった気持ちもあったんだけどなぁ。

脇腹にグッと来たお店…↓
124_convert_20080306231711.jpg

靴の中敷き屋さん??
中敷きはイ草かなんかで出来ていますが、
靴だけじゃなく、
ヘルメットの中にも敷くと快適ですよ~!と、いう事らしい…(^0^)/

更に進むと、
糖葫芦(タンフール)を見つけました!
武侠ドラマなどで、良く、エキストラ(!)の物売りが、
藁の束に刺して売っている赤いヤツ!
山査子(サンザシ)はあの酸味が好きで、
棒状になってるドライフルーツの加工品などは
物産展で見かけたら、お茶うけに買う事が多いのですが、
これは山査子が串にささって飴がかかっている!
憧れの糖葫芦~!
1つ買って、パクリとやったら、何と!
中身はプチトマトでした…
別にマズくはないけど…
喜びいさんで食べて、予想と違う物だと、ガックリしますよね(涙)
で、食べてわかったのは、つまり、「りんご飴のプチトマトバージョン」という事。
恐らく、山査子でも、飴部分の味の差異は少ないのでは?
あと、良く見たら、苺バージョンとかも売っていた…。
苺の方がまだ好きだったかな・・・。

買い物ネタは延々と続きます…。
中華風な布地を使った布小物屋さんを発見!
チャイナ柄のバッグとか、袋モノが結構あります。
そこにはチャイナ柄のキャップもありまして、
ワーイ!とばかりに、ひとつ被ってみたところ、
岡崎先生が
「似合うよ~~!(^^)」と言って下さいました!
「…買います!」…即決!(爆)
025_convert_20080306224442.jpg

…すぐに浮かれあがっちゃって、恥ずかしいヤツだな!(^^;
しかも、そのまま被って帰りました。
でも、このキャップは、翌日、とても役にたったのですよ!
やはり旅行の時は、帽子は必需品です!

延々と続くお店の群れ。
台湾名物、臭豆腐屋さんが並んでいる一画もありました。
4軒くらい並んでいます。
なんとなく、臭いお店はまとめて配置されているような…?
臭豆腐、杭州で食べた事あるんですが、私は結構好きでした!
アツアツだとニオイも気にならなかったです。味噌も美味しかったし。
流石に、冷めたらニオイがハナにつくかもしれませんが。
台湾のも食べたい!と思ったのですが、
あまりにも一人ではしゃいで寄り道し過ぎるのも…
しかも、モノが臭豆腐だけに、皆さんが遠ざかっていくかもしれん…
と思い直し、断念しました。

淡水駅の近くまで戻ってきて、終わらないかに思えたお店群も、
終盤になりました。
そこには台湾の少数民族のお店が!
店先には”道祖神系モチーフの灰皿”などが、
お約束で、ドドンと置いてあります(^^;プリミティブだ~!

まやさん、飯香幻さん、えむやんさん、げぺろんさんは
お酒買う気満々です。(皆さん酒豪なのだ!)
奥の方へ入り、美味しそうなお酒を試飲させてもらっています。
私も少しもらいました。
どぶろくというか、白い濁り酒です。
どうやら買うことに決めたらしい!共同購入するとお安くなるそうな。

私は瓶を持ち帰る気力がなく、お酒はハナから買う気なしで、
こまごました物をブラブラみていました。
サソリを樹脂で固めてペンダントトップにした首飾りなどがあり、
とても心惹かれます。五毒っぽいYO!
台湾は南方なので、きっと昆虫は珍しい物がいるからこんなお土産が?!
よくわかんないけど!
サソリのバックルベルト持ってるし、それと合わせたらステキかも~!
…と思ったけど、
そんな毒女には誰も近寄らないだろう…。
と言う事で断念!でも今はちょっと後悔…(爆)

更に、壁にはお約束でキーホルダーなどがかかっています。
私は、そこで「暗器」ならぬ、
ちっちゃ~い爪の先くらいの、
少数民族の刀をかたどったキーホルダーを発見!
これは武侠っぽくて、お土産に良いのではないか?!
で、そばでブラブラしてた八雲さんに話しかけます。
阿吉:「八雲さん、これって、お土産にもらったら嬉しくないですか?」
八雲さん:「…………」
…あまり嬉しくないらしい。
なんかこのやりとり、前日もした気がする…。デジャヴ?
とにかく、
私のお土産選びのセンスは

最悪のようです。

例の「馬蹄金」も人気なかったし!
そして、どうも「爪の先くらいのサイズ」の物に弱いようだ。
でもそんな事、わかりたくなかった…(爆)

さて、もう辺りはすっかり暗くなっています。
駅前はイルミネーションがキラキラと!
そう、夜の幇会の為に、又、台北市内へ戻らなければなりません!
この時既に待ち合わせ時間をオーバーしており、
(…って何時集合かも知らなかった)
Dさんと岡崎先生のお友達のOさんは既にお店に入っているとの情報も!
慌ててMRTに飛び乗って、台北市内へと戻る一行でありました!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 逛淡水
ximei.z | URL | 2008/03/07(金) 16:04 [EDIT]
読んでいると、何だか未だ訪れた事もない台湾の露店が並ぶ賑やかな路地が思われて、先へ先へと読み進んでしまいました。
とっても皆さんが楽しそうに歩きながら、お店に寄り道している姿が目に浮びます。
 糖葫芦って、私も憧れでした。
李連杰のカンフー・カルト・マスターで彼がずっと母の思い出として持ち続けていたんですよね。
香港からシンセンの町へ行ったときに、そこの民族村で売っているのを見たのですが、老公が一緒だったので横目で見ながら通り過ぎちゃいました。
 共通の話題がある仲間とワイワイ旅をする事って楽しいですね♪私もいつか機会が有ったら、皆さんとご一緒に旅行を楽しみたいです。
有机会的话,我想跟大家一起去旅游。

● 糖葫芦
進歩反刺 | URL | 2008/03/07(金) 16:18 [EDIT]
私も前回の台湾旅行でプチトマトのヤツ食べました。
糖葫芦だと思い込んでいたので…凄くがっかり‥‥。

>中華風のお獅子
これ、ダンナにも評判よかったです。
今はTVの上に鎮座してますよ!

もう少し人が少なかったら、ゆっくり買食いもできたんでしょうが…リベンジせねば!ですね!!
● >ximei.zさんへ
阿吉 | URL | 2008/03/07(金) 22:07 [EDIT]
>李連杰のカンフー・カルト・マスター
そうなんですね!私はまだ見てないんですが、
きっと見てみますね!

私にとって「糖葫芦」と言えば、「覇王別姫」なんです!
赤い色といい、
何故か郷愁をそそる感じがしますよね。
少し酸っぱくて、うす甘いところも
そう思わせるのでしょうか?

我也想和您一起去中国旅游吧!(^^)
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/03/07(金) 22:11 [EDIT]
>プチトマトのヤツ
ね~!私も売り子のおばちゃんが
プチトマトを選んで渡してくれたんです。
山査子か、せめて苺にして欲しかった…
トマトって
やっぱ果物じゃなくて野菜と思いませんか!?
野菜を飴ちゃんと絡めるなんて…(涙)

>ダンナにも評判よかった
夫婦で趣味が一緒だったら心強いですね!
私も、お獅子、買えば良かったなぁ~。
他にもあるかと思ったら、
あの1軒しか売ってなかったですし。

又行きたいです!淡水!
● 糖胡蘆
八雲慶次郎 | URL | 2008/03/07(金) 22:39 [EDIT]
ちなみに台湾の糖胡蘆はデフォルトがプチトマトらしいです。
サンザシは大陸だけみたいです。南のほうではできないみたいですし、実は腐りやすいそうなので台湾にはサンザシの糖胡蘆はないでしょう。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/03/08(土) 11:51 [EDIT]
>デフォルトがプチトマト
え~!?そうなんですか??
赤くて丸ければ、素材は何でも良いのかな・・・
でもトマトに塩かけて食べる家風なので、
飴がけするのには抵抗が…
いや、トマト糖葫芦も美味しかったですけど!

山査子、腐りやすいから
普通は加工して売ってるんですね~。
1個ずつ、種を抜いて、ドライフルーツにして
蜜漬けにした、袋入りのならば、
時々お土産にもらいます。

今度は北京あたりでリベンジします!
● 知らなかった・・・(汗)
まや | URL | 2008/03/08(土) 14:45 [EDIT]
あのサンザシの飴かけ、糖葫芦(タンフール)っていうんですね。
カンフー・カルト・マスター以外にもよく見かけるアイテムなので
気にはなっていたのですが・・・。

ちなみに去年行った上海では、
パイナップルやキウイも串刺し&飴がけされて、
イチゴやサンザシのと一緒に売られていました。

あ、ところで例の「馬蹄金」、私は結構欲しかったですよーー。
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/03/08(土) 15:25 [EDIT]
>糖葫芦
ほんと、映画やドラマで良く見かけますよね!
中華文化圏では、避けて通れないお菓子なのかも。
パイナップルやキウイも美味しそうです!
酸味がある果物だったら良いのかもしれないですね。

>私は結構欲しかった
ありがとうございます…
どちらにしても少数派みたいです、私の趣味。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。