年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/05/01(金)   CATEGORY: 中華映画
カンフーくん
2008年公開の映画、「カンフーくん」
録画してたので、鑑賞しました!
カンフーくん スペシャル・エディション [DVD]カンフーくん スペシャル・エディション [DVD]
(2008/08/06)
チャン・チュワン泉ピン子

商品詳細を見る


先日の「少○少女」にかなりガッカリしたので、
「和製カンフー映画、どうなのよ~?」と思いながら鑑賞したのですが、
ところがどっこい、これは良かったです!
「○林少女」の数倍良い!
あぁ、こんな事なら、公開当時、劇場に見に行って、
興行成績に貢献してあげれば良かったよ…
この監督は、ちゃんとカンフー映画を解ってらっしゃる!
それが何より嬉しいですね(^^)
コメディの鉄則も守っているし。

カンフーくんを演じる、張壮(チャン・チュワン)くんの功夫も、
8歳とは思えない素晴らしさ、
そして、ほんとにクリクリしたくなる可愛さです!(^^)
こどもびいるで酔っ払って、酔拳ならぬ”こどもびいる拳”を使うトコロとか、
鴨居の上で開脚して寝るトコロとか、
あと普通の子供に戻って遊んでるトコロとか…

最初の少林寺の場面は、セットで日本人俳優が扮装、じゃなくて、
ちゃんと中国で撮影しているようだったし(多分)、
ナンチャッテカンフーじゃなくて、きちんと少林拳を見せてくれました!
そして、少林寺三十六房ですよ!
カンフーくんが、最年少で三十五房まで上り詰めます。
”ピン・コー師匠”の名前は、きっと泉ピンコから取ってるんだろうな~、
という、ギャグの小技の効かせ方。
そしてピン・コー師匠の格好はパイ・メイ風!
この監督は、ショウブラ好きなんでしょうか?その辺でワクワク(^^)

悪の組織、黒文部省のアホっぷり、
西村雅彦、佐田真由美、武田真治といった面々が
真剣に悪役をやっていたのも好感が持てました!
なんというか、様式美、だと思います!(^^)
エアギターの金剛地武志、スケバン恐子の桜塚やっくんの配置も良かったし。
(ただ、あまり年数が経ってから見ると、ここは意味不明かも・・・)

8歳児が主人公なので、活躍するのも小学生たちメインですが、
(矢口真理も含まれてますが)
その辺の、敢えて言うなら”チープさ”も、
ちゃんとしたストーリー展開で魅せてくれましたよ!
本当の強さとは何か?
ベタですが、納得の展開です。
えぇ、「少林少○」よりずっと解ります!

カンフーくんと縁があったのが、
泉ピンコが演じるイズミちゃんが経営する中華料理屋、
その名も「ニュー幸楽」で、まさに「渡る世間は…」へのオマージュ?だったり、
イズミちゃんの亡き夫、カンフーの達人だったおじいちゃんが伊武雅刀で、
前から、伊武雅刀と劉家輝(リュー・チャーフィ)って似てるよな~
と思っていた私は大喜び!です(^^)
やっぱり監督、ショウブラ好きなんじゃないかしら?

一見、カンフーなんて出来そうにない泉ピンコが達人、
という設定も、シンチー映画に通じるモノがありますし、
「少林○女」よりずっとシンチーLoveな感じがします!
(あ、この映画は別にシンチーと関係あるとか言ってないですが)

肝心のカンフーについては、張壮くん以外は素人なんで、
スタントだったりCG処理などがされていると思われるのですが、
まぁ、それも想定の範囲内、というか、
どうせ達人じゃないって解ってるんだったら、
無理やり本人がアクションしなくても、
編集とかでそれらしく”戦っている”ように見える方が、
見ている人の映画への集中を邪魔しなくて良いんじゃないかな?
と思いました。

…という事で、
全体的に「○○○○」と比較する形で鑑賞してしまったのは否めませんが、
良かったと思います!
「少林拳を使ってスポーツで勝って、少林拳の普及!」
的な、安易な近年のヒット作のパクリではなく、
まぁ王道っちゃ王道のストーリー展開ですが、
絶対、「××××」より良い!!
張壮くん、本当にカンフースターを目指して欲しいですね!
今後の活躍に期待です!(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 面白そう~♪
rei★azumi | URL | 2009/05/01(金) 18:43 [EDIT]
『ニュー幸楽』って……
なんか、そのネーミングだけでも、いいセンスですねぇ(笑)

結局は……作り手が、その作品~というか、
元になった世界を、どれほど愛してるか、
と云うのが全てかなぁ、という気がします。

カンフーでもコメディーでも、惚れ込んでたら、いい加減なものは作れませんものね。

ヤンコォ | URL | 2009/05/01(金) 19:51 [EDIT]
またまたこんにちは。
これって、『少林少女』と同時期だったのでは…?
泉ピンコが共演だったのでダメだろうと見送っていました。
面白かったんですか~見に行けば良かったです~
見てみたいですね!

グーガ | URL | 2009/05/02(土) 11:26 [EDIT]
はじめまして。
うんうんとうなづきながら…ブログを見せてもらいました。
「カンフーくん」は自分のまわりで広めたのですが、
広まらなかった作品です。
だからとりあげてくれて嬉しかったです。

この作品は「おじゃる丸」などで有名なアニメ監督が
シナリオを書いているんですよね。
日本のカンフー映画としては
ものすごく良い部類に入るのではないかと思います。
個人的には惜しかったのは…イズミちゃんが
違う俳優の方が売れていたのに。
外見より個性をとったんですね。
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/05/02(土) 14:42 [EDIT]
結構、ネーミングセンスなんかに
愛情の度合いが出てたりしますよねw

>元になった世界を、どれほど愛してるか
そうですよね。作品ににじみ出てくると思います!
まぁそれだけで、作品の良し悪しを判断するのも
アレかもしれませんが。
だけど関係ありそうな気がしますw
reiさんの楊過愛も良く伝わりますし(^^)
● >ヤンコォさんへ
阿吉 | URL | 2009/05/02(土) 14:46 [EDIT]
>『少林少女』と同時期だったのでは…?
はい、2008年3月公開でした。
昨年は北京オリンピック効果か、
少林少女、カンフーくん、
カンフーパンダ、ドラゴンキングダム、
と、カンフールネッサンス状態で、
嬉しかったものですw
劇場へは後半2作しか見に行かなかったのですが。

お子様向け感も強いのですが、
やっぱり比較しちゃったからか、
私は面白いと思いました!
特に、小ネタの部分でクスリとしたり(^^)
● >グーガさんへ
阿吉 | URL | 2009/05/02(土) 14:57 [EDIT]
いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!

>広まらなかった作品です。
そうですか…
私も公開当時、
迷ったけど、結局見に行かなかったので、
後悔しています(^^;
こどもびいるは買ったんですが・・・

>「おじゃる丸」などで有名なアニメ監督が
シナリオを書いているんですよね。
道理で、
テンポや展開が良いのかもしれないですね!

>イズミちゃんが
違う俳優の方が売れていたのに。
見た目、若くて綺麗な人の方が
宣伝にはなったかも、ですね(^^;
そこを乗り越えて見てくれれば…!?
● 見てないナァ~
xihuan | URL | 2009/05/02(土) 18:33 [EDIT]
そう言えば、張壮くんが、映画の宣伝を兼ねて南京町へ来ていたそうなんです。その時、なんとお世話したお店が(劉家荘)だったんですよ。 なんだかとってもヤンチャで楽しかったと、劉さんやチーフから聞いた事を思い出しました。そしてなんと私が訪れるほんの一時間前まで其処にいたということだったんです。ポスターとチラシを貰ったんですが、三角巾をかぶったおばちゃんがあまり好きでないので、劇場に足を運ばなかったんです。
妹妹゛さん何お勧めする映画なら、レンタルで見つけたら見てみようかな~
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2009/05/03(日) 00:40 [EDIT]
>なんとお世話したお店が(劉家荘)だったんですよ。
>私が訪れるほんの一時間前まで其処にいた
わ~良いなぁ!(スミマセン、ミーハーです…)

>三角巾をかぶったおばちゃん
やっぱり皆さんそこがネックなのですね~(^^;
予想してたより出張ってなくて、
良い感じに”年長者としての務め”を
果たしてくれてたと思ったのですが、
どうでしょうか??

私が子供出演作に弱い、
という事もあると思うのですが、
出来は良かったと思います!
● へぇ~
重剣 | URL | 2009/05/03(日) 13:54 [EDIT]
今度、レンタル屋で借りてみよっと!!

● 一見の価値ありですか
弓歩 | URL | 2009/05/03(日) 21:37 [EDIT]
張壮くんがテレビの中国語講座にゲスト出演していたのをみて、「おっ、なかなかのキレじゃないか」って思ってはいたのですが、なんとなくBからC級レベルかなぁって勝手に思い込んでしまい観ずのままになっていました  オススメならば観てみたいと思います

話題は変わりますが、「カンフーパンダ」も同じような理由でまだ観ていません  これも一応押さえておくべきでしょうか
● >重剣さんへ
阿吉 | URL | 2009/05/03(日) 22:40 [EDIT]
ぜひ、チャンスがあったら見てみて下さい!
● >弓歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/05/03(日) 22:45 [EDIT]
>BからC級レベルかなぁって
確かにお子様向けな感じなので、
CGとか合成とかチープな面もあるんですが、
良かったと思いますよ~!

>「カンフーパンダ」も同じような理由でまだ観ていません
カンフーパンダ、昨年同時期に鑑賞しましたが、
ドラゴンキングダムより良い!って方もおられました!
カンフー映画の鉄則は、きちんと守ってたと思います!
今度2もあるみたいですしねw
● ありがとうございます
弓歩 | URL | 2009/05/04(月) 22:34 [EDIT]
がっかりだった「ドラゴンキングダム」よりは評価が高いなら、ぜひ見てみたいと思います
● >弓歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/05/05(火) 00:20 [EDIT]
是非見てみてください!
…といっても、
評価は人それぞれとは思うんですけどね(^^;
「雪山飛狐」絶賛!の前科があるもんで、
自分のセンスに自信がなくなりつつある
ワタシなのですが(爆)

でもまぁ、アニメか実写か、
大人向けか子供向けか、
アメリカ作か日本作か中国作か、
…といった区別じゃない所に、
実は面白さがあるのかな~?
と思い始めた今日このごろです!

阿銀 | URL | 2009/05/05(火) 16:27 [EDIT]
この映画、試写会に母が行ってました。
おもしろかったよ~と言ってたけど、なんせ普段武侠ドラマを観ていない人の感想なので、あてにならんなと思っておりましたが、
おもしろかったんですね~(爆)
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2009/05/05(火) 23:36 [EDIT]
お母様お勧めでしたか!(^^)

武侠を知らない方でも、
普通に面白いかな、と思いましたよ~。
でもって、意外にツボを外してない、
という事で、武侠ファンでも大丈夫wと思います!

進歩 | URL | 2009/05/13(水) 22:35 [EDIT]
私も正直「少○少女」にはがっかりでした!
もう、激しくがっかりでしたよ、中途半端で何言いたいのかわからないし…
このカンフーくんはお口直しに良さげですね、パロディならわかりやすい大道でやってくれればいいんですよ!
あと、子供のがんばる姿は万国共通で感動します!!
● >進歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/05/14(木) 00:32 [EDIT]
>私も正直「少○少女」にはがっかりでした!
…ねぇ(^^;
少林寺云々以前に、
映画として意味不明でしたよね…
なんか残念です。

「カンフーくん」、軽いっちゃ軽いですけど、
ポイントは押さえてたと思います!
日曜朝の戦隊モノ的雰囲気もありつつ、
ですケドね(^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。