年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/06/08(月)   CATEGORY: 普通の雑記
晴れの国へ!
・・・気づいたら、前回の記事から1週間、間があいてました。
う~ん。なんか微妙~に忙しいようですね、私(^^;
皆様のblog等も、携帯とかで見て、
コメントしたい事いっぱいあるのですが、
そこまでたどり着けず、誠に申し訳ないです!!m(_ _)m
(携帯から長文コメントをようしきらんのです…(^^;難しい漢字も多いし!)

で、週末は、晴れの国、岡山へ行ってきました!
まずは、後楽園へ。
わが生涯において、2度目の訪問です(^^)
日本庭園、良いですね~。
丁度、かきつばたの季節でした。
023_convert_20090608195225.jpg

岡山って、個人的にはカフェとギャラリーが凄く多いと思うのですが、
この後楽園内にも3か所くらい茶店があり、
そこできび団子とお抹茶をいただきます。

そして、眼の前の池には勿論、鯉が!
鯉のエサが売っていたので、迷わず購入。
こういう時、独裁者になりきって、鯉に向かって
「愚民どもよ、むさぼり食え~!」
「『私はダメな鯉です』と言えば餌をやっても良い!」
…とか言いながら、麩をバラまき、
普段のうっぷんを晴らします(?)
しかし、後楽園の鯉は、口が肥えているのか、全然寄り付きません!!
バシャバシャと争って来てほしかったんだけどなぁ…
仕方なく、他の楽しみ方(?)を考え、
長めの麩を手に持ったまま、鯉に手ずから食べさせてみました。
025_convert_20090608195258.jpg
これはなかなか楽しかったですが、やっぱり鯉はすぐに飽きてどこかへ。
隣に小学生がいて、羨ましそうに見ていたので、
麩を分けてあげると、「争え~!」とか言いながらフを投げており、
子供にヘンな事教えてしまった…と激しく反省!

そして、岡山城
鯱鉾には金箔がはられているとか。
034_convert_20090608195447.jpg
そして、岡山だからなのか、桃みたいなのも…?
036_convert_20090608195525.jpg
岡山城の別名は、”金烏城”って言うんですね。
お城って、別名があって良いなぁ!
031_convert_20090608195410.jpg

天守の中は4階までエレベーターに乗ることができ、
なかなかバリアフリーな感じでした。
展示物とか、お勉強ビデオとかを観賞。
こちらも、小倉城と同じように駕籠がありました。
(但しこちらの駕籠は動かない)
例によって、戦国時代の知識はほとんど無い私ですが、
ビデオ等を見る限り、
岡山の人々としては、宇喜多秀家びいきなんだな~、
という印象を受けました。
小早川秀秋の事はあまり触れられておらず、
「進歩さん…」と思いながら、お城を出ました。
個人的には、池田家の揚羽の家紋が可愛いくて好きです。

お昼は、麺屋たくみにて、たくみそばとミニチャーシュー丼を食べます。
042_convert_20090608195604.jpg
和風とんこつ、という事でしたが、全然とんこつっぽくない!
でもチャーシューが美味しかったですw

その後、高梁市へ移動!
仕事で良くしてくれる取引先の方がここのご出身で、
話を聞くたび、どんなところか興味があったので、
今回、訪問しました。
行ってみると、凄い盆地!
高速を降りて、田園をず~~~~っと走り、
山をぐるぐる降りていくと、高梁市の中心部です。
本当に四方を山に囲まれていて、
これまたこの山がとんがった山々で、
毎度の芸がないですが、横溝正史小説を想像。(^^;
実際、あの金田一シリーズって、大体、舞台は岡山ですよね~。

で、高梁市では備中松山城へ行きました。
一日二城は行き過ぎ、という気もしますが、、
一番メジャーだと思われる建造物だったので、観光する事に。
そんな軽いノリでだったのですが、
実は備中松山城は、日本で一番高いところにある山城(新伍)だったのでした!
今まで私が行ったお城は、
ほぼ、町中にあって、車で近くまで行けたものですが、
こちらはなかなか大変!
山城(新伍←しつこい)、あなどるべからず!

…まず、一般の駐車場までたどり着くのに、
車では離合の厳しい細道を上ります。
そして、駐車場から更に登山口(!)まではシャトルバスへ。
平日だと登山口までも自家用車で乗りつけられるようですが、
土日はこれまた込み合うと離合出来ないので、
シャトルバスをご利用下さい、という事だそうです。
登山口に降り立つと、
バスの運転手さんが「まぁ大体20分くらい登って下さい。」と言われました。
本当の山道をえっちらおっちら上ります。
044_convert_20090608195642.jpg
階段になっている所もありますが、
結構段差があって大変です!
ところどころ、下を見下ろすと、かなりの崖になっており、
落下防止ロープとかは張って無かったので、
思わず落ちたりすると、大参事間違いナシ、です!
一応、スニーカーだったので良かったですが、
女性は、ヒールだとかなりしんどいかと思われます。
5度ほど、途中休憩をしつつ、ゼエゼエ言いつつ、
飲み物を持って来なかった事と、
杖を借りなかった事を後悔しながら、なんとかかんとか山頂へ。
お城が見えたときはもう
富士山でも登ったかというくらいの歓びでした。(←大袈裟)
055_convert_20090608195733.jpg
中に設置されていた、サービスのお茶が美味しくて、
3杯くらい一気に飲みました(T T)

肝心の、お城の天守の中ですが、
特に目立った展示などはされておりませんでした。
修理をした際の柱(?)とかがありました。
まぁ、二層二階という事で、そう大きくはないですしね。
でも、当時の方々、および、現代の方々が、
このお城を作ったり、修理したりしたんだ、と思うと、
本当にびっくり、というか頭が下がります。
ここまで建築資材を運ぶ、と想像しただけで、
私なんかは腰が砕けそうです。
とうてい、こんな難攻不落の城は落とせない!と思うのですが、
ちゃんと落とされているんですねぇ(^^;
062_convert_20090608195811.jpg
あと、三村元親の辞世の句もなんだか悲しくて良かったです…
「人といふ名をかる程や末の露 消えてぞ帰る本の雫に」

帰りは割と余裕で下山し、
すれ違う登山者(へたり込んだお父さん)を横目で見て、
心の中で、「がんばれ~!」とエールを送ります。
と言っても、シャトルバス乗り場に到着した時は、
結構、膝がガクガクでした(爆)
やっぱり杖は借りるべきですね!
で、ジュース買おう!と自販機を見てみると、
そこの自販機で、唯一、”タフマン”が売り切れてました(^^;
気持ち、解るわぁ~!私も買おうとしましたから!

結局、夕方17:00近くになってしまったので、
岡山市内へ戻り、夕飯は「岡山名物、ばら寿司を食べるぞ~!」
と意気込んでいたのですが、
お店に入った時間が遅かった為か、売り切れ(T T)
天ぷら定食になってしまいました…。
ま、美味しかったので良しとしますw

翌日は、倉敷へ。
080_convert_20090608200038.jpg
ここはしょっちゅう訪れているのですが、
なんか雑貨店めぐりとか、カフェとかギャラリーを見る事ばかりです。
今回、初めて船に乗りました!
乗船時間が短く、1時間に2隻(定員5名)、
という条件が付き、タイミングが悪いと乗れないと思いますが、
やっぱり船頭さん(詳しい人)に案内してもらうと、
いろいろ解って良いですね!
082_convert_20090608195907.jpg

お昼は、三宅商店でカレーをいただきましたw
104_convert_20090608195948.jpg
甘いフルーティーなカレーで、美味しかったです!
なんか、今、倉敷ではマスキングテープが流行っているらしく、
あちこちで売っているのを見かけました。
とりあえず、雑貨好き、カフェ好きには楽しい場所ですよね~倉敷って。

以上、楽しい旅でした(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 愚民になりたい
Chiepy | URL | 2009/06/08(月) 23:28 [EDIT]
すごい楽しそうな旅ですね!
北日本専門の私としては、岡山って・・・どこ?
という有様なのですが・・・(^^;)
・・・四国?ですか?山陰ですか・・?
ひぇ~。小学校からやり直しですね。

>「愚民どもよ、むさぼり食え~!」
す・・・すごい(^^;)
私も愚民になりたいよ・・(!?)
今度、近くの池でやってみます(笑)
● 到着しました!
rei★azumi | URL | 2009/06/09(火) 19:07 [EDIT]
『射英雄伝』とDVDとプレゼント!
ありがとうございます!!!

プレゼント、袋を開けた途端、「わぁ! 下関のふぐだぁ♪」
奇麗な入浴剤(入浴化粧品)も、お菓子も、とっても嬉しいです。
貸していただいたDVDも、ご本も、しっかり楽しませていただきます。

で……
(ここから、本文へのコメントです(笑)

一日に二城巡り、お疲れ様でした。
読ませていただきながら、つい、小学校の遠足で、ぜーはーになって登ったた犬山城とか、見に行った翌日から、しばらく筋肉痛になった姫路城を思い出してしまいました(^^ゞ

でも、きついけど楽しいんですよね、お城めぐり。

で、私も久々に(清州城以外の)どこかのお城に行きたくなってしまいました(笑)

● >Chiepyさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/09(火) 23:50 [EDIT]
>愚民になりたい
独裁者じゃなくて、ぐ、愚民の方ですか(^^;
愚民になりたい場合は、
棟上げの餅まきとか節分祭りとかに参加すれば、
きっとなれると思います!?

>・・・四国?ですか?山陰ですか・・?
残念(?)、中国地方、山陽側です!
私は逆に北日本は全然ダメなんですよね~。
是非、良いところあったら教えて下さいね!
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/09(火) 23:57 [EDIT]
遅くなってスミマセン!
reiさんも、風雲ワールドを気に入られると良いなぁ…!

ふぐをマスコットにしてしまうという暴挙!
如何でしょうか?
でもリアルふぐ提灯より良いかなと思いまして、
セレクトしてみました(^^;

>犬山城
>姫路城
最近のブーム(?)もあってか、
旅先にお城があれば立ち寄るようになってしまいました。
お城の楽しみ方がもっと解ってくると良いんですけど。
犬山城もいつか行ってみたいです~!
● 桃
八雲慶次郎 | URL | 2009/06/09(火) 23:57 [EDIT]
桃は厄除けの意味がありますから、大阪城とかほかの城でもあります。
多分鬼門の方角が多いのではと思いますが、大阪城では城がでかすぎて確認できず(^^;

小早川秀秋は2年ほどで死んでしまいましたから統治者としては印象がないでしょうね。
宇喜多秀家は、父親の直家が三大悪人と呼ばれたほどの策謀家だったのと違って篤実だったからなのと、豊臣の五大老の一人だったという知名度もあり人気なのでしょう。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/06/10(水) 00:12 [EDIT]
>桃は厄除けの意味がありますから、大阪城とかほかの城でもあります。
へぇえ~!
てっきり、岡山だから桃だとばかり思ってました(^^;
他のお城にもないか、今度気を付けて見てみます!

>小早川秀秋は2年ほどで死んでしまいましたから統治者としては印象がないでしょうね。
そうですね~。
なんか宇喜多秀家の母の回想録、
みたいな映像が流れてて、
”秀家可愛そうに、小早川め、裏切りおって!”
というシチュエーションになっていました(^^;
2年ではやはり短すぎますよね。
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/06/10(水) 11:35 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● 秀秋~
進歩 | URL | 2009/06/10(水) 13:36 [EDIT]
遅ればせながらのコメントです…すみません。

岡山行かれたんですね~しかも、見所あり食ありの色々盛りだくさんで羨ましい!
私が行った時は80%太極拳で20%小早川秀秋(心の中は逆だったりして…)な岡山訪問だったので、なんとも味気のない旅でした。
まあ、次ぎに行っても100%小早川秀秋な旅になるでしょうけど(爆!)

にしても、岡山での秀秋不人気は想像以上で大変凹みました。
秀家の方が内政引っ掻き回して領民に反感買われてた筈なのにな~ってココで愚痴っても仕方ないですね。

備中松山城も行ってみたいお城なんですよね~
山城は登るのきついですが、その後の爽快感はなかなかクセになりそうですよね。
岐阜城も登り甲斐のあるお城なんで是非お越しください(笑)
● >鍵コメさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/10(水) 23:28 [EDIT]
そうだったんですね~!

岡山と言えば、桃とマスカットですよね!
今回、マスカットオブアレキサンドリアの缶詰、
売ってないかな~と探したのですが、
見つかりませんでした(^^;
● >進歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/06/10(水) 23:35 [EDIT]
とんでもない!
コメントありがとうございます(^^)

>岡山での秀秋不人気は想像以上で大変凹みました。
スミマセン、
小早川秀秋が岡山城主だったことがある、
って知らずに行ったんですが、
ほんと、まさかの(?)不人気でした(^^;

>秀家の方が内政引っ掻き回して領民に反感買われてた筈なのにな~
忠誠とか信義を守る、とかいう方が、
一般的に解りやすいからでしょうか?
肖像画とか見ると、秀秋さん、
優しそ~うな人でした!
きっと、良いお殿様だったと思いますよ!

>山城は登るのきついですが、その後の爽快感はなかなかクセになりそうですよね。

流石、健脚ですね(^^;
私、あんなだと知ってたら、登らなかったかも・・・(爆)

岐阜城もいつかはきっと行ってみますね!
あと、お勧めのお城ってどこがあるでしょうか…?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。