年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/06/27(土)   CATEGORY: 中華雑記
他人の読書感想文
先日、「蒼穹の昴」を再読した際
「中国の方が読んだらどんな感想を持つのかな~?」
なんて思っていたのですが、
それを聞くことが叶いました!

中国語の先生に、無理やり本をお貸ししてみたのです♪
先生は中国人ですが、日本語は達者ですし、
趣味は読書で日本の雑誌も読む、と言われていたので、
これはこの本も読めるだろうな~、と。

年齢的には文革も知っている方で、
日本在住、ではなく、期間限定で来日されている方であります。

…という背景の元、
「どうでしたか?」という私の問いに、
「面白かった!毎晩夜中まで読んでました~!一気に全4巻読みました!」
との回答!

阿吉:「西太皇のキャラクターとか、どうでした?」

先生:「やはり、見方が変わりましたね~。
    李鴻章の事なんて、今までずっと漢奸だと思ってましたから!
    こんな事実があったなんて…!」

阿吉:「いや、先生、一応これ、小説ですから(^^;
    どこまでホントかは解りませんよ?ひとつの物の見方であって。」

先生:「うん、でも、中国国内にいたら、こういう事は教えてもらえませんから!
    そういう教育をしないんです。
    本当にねぇ…日本が30年かけて行った改革を、
    中国はたった3年で行おうとしたんですよね。それは無理がある!
    国も大きいし、人間も日本よりずっと多いのに…!
    康有為がねぇ…譚嗣同が…変法という事は、本当に難しいです!
    (…以下、感極まり、中国語で話され、聞きとり不可能!)
    …これ、続編もあるんでしょう?是非、貸して下さいね!」

阿吉:「はい!是非!」


…という事で、好評だったようです!
どうやら後半の展開に興味をもたれた様子。
続編の「中原の虹」は、文庫化を待ってて私も未読なんですけど、
これを機会にやっぱり読もうと決めました!

国内では、やっぱり政治絡みの事は、多くを語れないんでしょうね~。
小説にしてもそういうテーマでは創作は難しいんだろうな。    

いや~人の感想を聞くのも楽しいです!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2009/06/28(日) 18:37 [EDIT]
浅田作品、中国の方にも受け入れられて、しかも『面白かった』と言われるんだな~と、感心いたしました。

と、同時に、

阿吉さんの先生、真っ直ぐなお人柄のようですね。
そちらにも、感じ入りました。
(なんか、いい先生みたいですね (^_^)

それにしても、やはり、感動のツボは、人それぞれなんですね。

>いや~人の感想を聞くのも楽しいです!
はい。同感です。

ちなみに『中原の虹』、丁度読み終わったところなんですが、
話の先行きが気になって、一気読みしてしまったのと、
登場人物が増えてきてるのと、時代の流れが加速してるのとで、
ちょっと間を置いて、メモを取りながら再読しないと、感想がかけそうにありません。
(書こうと、試みては見たんですが(~_~;)
(図書館の返却期日も迫ってましたし)

でも、これも面白かったですよ~
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/28(日) 22:08 [EDIT]
>浅田作品、中国の方にも受け入れられて、しかも『面白かった』と言われるんだな~と、感心いたしました。

はい!
と言う事で、コレ、ドラマ化がより一層待ち望まれます!

ホント言うと、”情”というものについての感想は
国が違っても共通なのではないか?
という事が知りたかったんですが、
(なんといっても”泣かせ”の浅田)
先生の興味は”変法”の方だったようです(^^;
ま、でも、李鴻章の評価が上がったというのは
なんか嬉しいです。

>真っ直ぐなお人柄
そうなんですよ!
とても聡明な先生ですが、
そういうトコロが凄く可愛らしいんですよねw

>ちなみに『中原の虹』、丁度読み終わったところなんですが、
話の先行きが気になって、一気読みしてしまったのと、
登場人物が増えてきてるのと、時代の流れが加速してるのと

うわ~そうなんですか!
確かに、「蒼穹の昴」の方も、
再読して初めて感想文が書けたような…
なんか近代って入り組んでて難しいんですよね(^^;
あと色々…政治的に微妙かな~とか思って
迂闊な事書けないし。

でも読みますよ~♪
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2009/06/28(日) 22:45 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふたば | URL | 2009/06/28(日) 23:19 [EDIT]
中国の方にもウケがよさそうで良かったです。
やっぱり面白いものは面白い!
私もドラマ放映までに再読してみるつもりです~。
続編、早く文庫になれ~。
(↑あくまでハードカバー買わないつもり…^^;)
● 鍵コメさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/29(月) 19:31 [EDIT]
了解しました~!
戻ってきたらお送りしますね!
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2009/06/29(月) 19:35 [EDIT]
>やっぱり面白いものは面白い!
ですね!

>続編、早く文庫になれ~。
(↑あくまでハードカバー買わないつもり…^^;)
同じくです!
文庫すら本棚の入れる場所がなくなってきて…
ハードカバーは置き場所に困りますよね。
昔買った本とか処分しようかなぁ…
読書の傾向がガラリと変わったことですし。

しかし取りあえず読みたいので、
図書館行こうと思ってます!

阿銀 | URL | 2009/06/30(火) 23:13 [EDIT]
外国人の書いた中国ものを素直に読めない人が多いなか、
阿吉っつぁんの先生はなかなかの大器の人とお見受けしました。

なんだかね~、鼻にもかけない人多いんですよ(汗)
食わず嫌いってことでしょうか。

趣味で中国ものを書いていた時があるんですが(爆)
日本人なんだから、日本のを書けば~?
中国人の心がわかるとは思えない、みたいなことを
ズバっ!グサッっと言われたりしたことも…。
(その人は映画関係者でした)

逆に中国人が書いた日本の歴史ものって読む気するかな~?と考えたんですが、
なんかすごい興味ありますよね。あったら読んでみたい!
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2009/06/30(火) 23:46 [EDIT]
>外国人の書いた中国ものを素直に読めない人が多いなか、
阿吉っつぁんの先生はなかなかの大器の人とお見受けしました。

そうなんですね~…
確かに、先生は純真無垢です!
「何でも一旦は受け入れてみる」という姿勢は
語学を日中(英)で比較しながら勉強している、
先生の信条であるように思います。
否定したら何も始まりませんもんねぇ。

>趣味で中国ものを書いていた時があるんですが(爆)
日本人なんだから、日本のを書けば~?
中国人の心がわかるとは思えない、みたいなことを
ズバっ!グサッっと言われたりしたことも…。
(その人は映画関係者でした)

阿銀先生の小説!
妄想じゃないパターンのも、
凄く読んでみたいですよ~!(^^)//

村上春樹とかは
アチラでも随分人気がある、とか聞いたし、
「上海ベイビー」とか「北京ドール」とか読んでも
現代若者の心情は日中変わらないな~、
と思ったんですけども。
歴史モノは又別なんでしょうかね。
でもその方も、読んでから言えば良いのに…。
案外、負け惜しみかもしれませんよ?

>逆に中国人が書いた日本の歴史ものって読む気するかな~?と考えたんですが、
なんかすごい興味ありますよね。あったら読んでみたい!

本当に!あったら読んでみたいですね!
中国にも日本の戦国好きな人とかいて
執筆してたら楽しいですね!
逆に明治維新あたりとかの方が興味があるでしょうか?
あぁ、妄想が膨らむ…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。