年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/15(水)   CATEGORY: 武侠ドラマ
プライド (原題:小魚児与花無缺)
ようやく、ようやく見終わりました!
「プライド (原題:小魚児与花無缺)」を!

決して面白くなくて見るのが遅くなったのではなくて、
時間が無かったんです(^^;
まやさん、遅くなりましたが見ましたよ!

プライド DVD-BOX 1プライド DVD-BOX 1
(2006/07/07)
ニコラス・ツェーディッキー・チョン

商品詳細を見る


中国語の公式サイトはこちらです。

小魚児と花無缺、と言う事で、
これは原作小説は古龍、そして先ごろ邦訳版も出版されたアレです!
原題「絶代双侠」こと「マーベラス・ツインズ」!
マーベラス・ツインズ契 (4)貴公子の涙 (GAMECITY文庫)マーベラス・ツインズ契 (4)貴公子の涙 (GAMECITY文庫)
(2008/12/18)
古龍

商品詳細を見る

小説の方も、ようやく「マーベラス・ツインズ契 (4)」を読み終わり、
携帯小説、「マーベラス・ツインズ絆シリーズ」の方も読み終わりました。
これも全21回で終わってるみたいなんですけど、
お話としては全然完結してないんですが…もう出ないんでしょうかね(^^;

という事で、
通常はドラマ「プライド」の方を見てから
小説「マーベラス・ツインズ」を読む日本人が多いと思われますが、
私は逆でした。
小説とドラマ、ぜんっぜん話違いますね!
話が、というか、登場人物もまるで…
古龍先生が中国語でどう書いたかは確認できませんが、
まぁいくらなんでも小説の邦訳は
そこまで大きく改編はしてないのではないでしょうか?(←想像)
って事は、王晶(バリー・ウォン)監督が!?

ドラマでとっても良い味出してた悪通天はオリキャラという事ですし、
仁義溢るる男、江別鶴の子供、小説では江玉郎という息子ですが、
ドラマでは江玉鳳という娘と、江玉燕という本妻の子じゃない娘の二人。
小説では、いないと始まらない、動物万歳な”十二星相”なんて、
ドラマでは一言、そういう集団がいる、ってくらいなもんで。
恋愛パートも、ドラマでは、小魚児とつがいになってるのは、
”天女”と言うあだ名の慕容家の娘。
慕容家の娘だから慕容九妹の事かな~?とも思いますが、
多分、天女は次女のようですから違うようですし(^^;
鉄心蘭も、小説版では小魚児を好きだけど、
花無缺からも好かれてて板挟み…みたいな立場でしたが、
ドラマでは最初っから花無缺とデキてるし。
小魚児の事はちっとも好きではないらしい。
まぁ双子で一人の少女を争う、
というのはあまり好ましくないので、良いか!

…まぁ小説の方も完結してないので、
最終的にどうなるのか、という意味では完全に比較はできないですけど、
きっと、全然違う話だと思います!(^^;
小説とドラマは全く別の話として見た方が良いでしょうね。

で、ドラマの方ですが、面白かったです!
前半20話くらいまでは完全に香港コメディタッチ!
しかし後半20話はポコポコ人が死んで…
もう死に過ぎて、死に方のバリエーションも尽きたのか、
最後あたりに死んだ人は扱いも雑でしたが・・・(爆)
登場人物、9割は死んだ気がします。
ラストも「…えぇぇえええ~ッ!?」って感じなんですが、
全体的には面白い!

とにかくコメディタッチの部分を引っ張ってくれてるのは
悪通天の徐錦江(チョイ・ガムコン)さん♪
いや~今まで見た彼のやってる役の中で一番好きかも、です!(^^)
武芸はイマイチだけど、心優しい、悪人志望の弟子!

小魚児@張衛健(ディッキー・チョン)1965年生まれと、
花無缺@謝霆鋒(ニコラス・ツェー)1980年生まれが双子、と言う設定は
顔が似てる似てない以前にちょっと無理がある気がしないでもないですが、
張衛健の女装は妙~に可愛かったですよ(^^;
下女はミニスカなんですけど、そのなりきり具合が凄い!

張衛健って「功夫足球」をちょこっと見たときも思ったのですが、
悲しむ演技が凄く上手い!というか幅広い!
ばんばか死んでいく近親者を前に、
毎回違ったバリエーションの悲しみ方を見せてくれます。
なんかそれを披露したかったのであれだけ人が死んだのだろうか??

謝霆鋒はやっぱり男前だし好きなんですけど、
普通に主役をやってても、
どこかに情けなさとか弱さがある感じが良いです♪

鉄心蘭@範冰冰は、やっぱり肩を出してました(^^;
この人、古装だとまず、絶対に肩出し衣装ですね!
(非肩出しは「墨攻」くらい?)
他の人の衣装は違うところを見ると、事務所の方針とかなのかな・・・

蘇櫻@袁泉、この人、私好きですね。
聡明な感じがします。シアワセになって欲しかったのに・・・(T T)

天女@柏雪はちょっと気の強い、可愛い女性で、
香港映画に出てくる女性らし~い感じでした。

江玉燕@楊雪は、片平なぎさ似の美人なんですが、
まさかまさかの大成長!
どうして彼女が…と思わざるを得ない(^^;
生い立ちとかからして、有り得ないとは言えませんが…ウーン。

話の流れからいって、最初、ラスボスは江別鶴だろう、
とアタリを付けて見ていたのですが、
途中から東廠の劉督主のように思えてきて、
更に最終的には…!!!

燕南天は、雪山飛狐の福康安役、吳慶哲でした!
この人も…小魚児を預かってたオジサン、という設定ですが、
絶対、張衛健の方が吳慶哲より年上だよな!!(爆)
燕南天が記憶喪失になって遊びまわっている時が凄く楽しかった!

古龍作品は、時代を特定しないのが特徴だと思ってましたが、
ドラマでは一応、宋代…のようです。
崑崙国の人たちが宋に年貢を納めてスッカラカン、と言ってましたので。
そして、後半、皇帝なんかも出てきます。
宋代の皇帝…武侠的にはロクなイメージがないんですけどね。
誰あたりを想定してるのかな??
妙に好色でアホっぽい皇帝様でしたが・・・
この後宮が、ま~ぁ色んな人が出入り自由でオープンです(^^;
そして、皇帝の衣装(帽子というか冠というか?)なんかは、
モロ、明代ぽかったです。
それに東廠が出てくるんだったら、
やっぱり明代以降じゃないとおかしいような…(^^;
まぁそういう事は一応ツッコミますが、ストーリーとは関係ないです。

なんか、王晶監督、東廠が好きなんでしょうか?
「天下第一」の時も東廠が出てきたし。
宦官って武侠ドラマでは悪役に描かれる事が多いですね(^^;
やっぱり童子功とか葵花法典とか東方不敗とか、
切ると最強!というイメージ…?
でも武侠小説では東廠が出てきたよう事って無かった気がするんですけど…
(私の勉強不足?)

他にも王晶監督らしいな~ってトコはいろいろあって、
例えば、鉄心蘭が断腸崖から飛び降りて、実は下で生きていた…
なんて、まさに「神侠侶」の小龍女じゃ!?
パクリというかオマージュというか…(^^;
原作と違う人(多分)をラスボスにしちゃう、とか言う部分も。
「雪山飛狐」も、完全に田帰農がラスボスだったしなぁ…

笑いの要素も満載で、鬼ごっこのように追っかけまわしていたら、
壁が人型にボコンと抜けたりとか、
”十大悪人”…っていうより”十大芸人”なんじゃないの?
というくらい笑わせてくれました。
陰九幽なんて幽霊と思われたくて、
人間の言葉を話さなかったって設定でしたし。
幽霊と間違えられたいって…(爆)

色々言ってますけど、
やっぱり面白かったです!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rain | URL | 2009/07/15(水) 23:58 [EDIT]
なんと!まだご覧になっていなかったのですね!
私は小説のほうが未読ですが。

古装モノのいろいろをぜんぶ無視した面白さですよね!
コメディ部分とシリアス部分のバランスも絶妙で飽きさせません。
張紀中Pもご出演でしたし(笑)

私は小魚児の女装と悪通天のぜんぶと十大悪人が大好きでした^^
十大といいながら五人しかいないところが笑える^^
蘇櫻はかわいそすぎますよね……><。。

まぁ何をいっても、張衛健の芸達者ぶりに圧倒されたのひとことでした。

阿吉さんのご感想おもしろかったです^^
● やっぱミニスカ♪
ふたば | URL | 2009/07/16(木) 00:18 [EDIT]
謝霆鋒はもちろんカッコいいのですが、
張衛健が良かったですよね~。これで結構好きになりました。
女装シーンはかなりウケてました~w
王晶監督のTVドラマにしては良い出来で(笑)、
玉燕の暴走ぶりもかなり楽しめましたし。
やっぱりぶっとびキャラの力が強いほど、
ドラマ的に面白くなりますよね~。

進歩 | URL | 2009/07/16(木) 10:13 [EDIT]
私コレ途中で断念したドラマです…
めんどく…否、確か江玉燕の変貌っぷりがイヤでイヤで‥‥
最初は面白かったんですが、後半から見なくなってしまいました。(勿体無い)

マーベラスも小説分までしか読んでないし、絶代双侠にはどうも縁がないな~

張衛健と言えばお送りしたMDのたしか4曲目のなんだかアホっぽい歌(歌の始めに早口言葉みたいな台詞が入ってる曲です、ちなみにその早口言葉は孫悟空の決め台詞です。)は張衛健の齊天大聖孫悟空です。
劉徳華とデュエットしてますよん!
孫悟空役が彼にとっては十八番みたいですね。
● >rainさんへ
阿吉 | URL | 2009/07/16(木) 22:42 [EDIT]
香港行かれたんですよね!
コメントも残さず、読み逃げでスミマセン(^^;

>まだご覧になっていなかったのですね!
そうなんです、
結構、ドラマは見てないモノが多いんです…

>張紀中Pもご出演でしたし(笑)
そうそう、張P!
実は俳優(歌手も?)志望なのでしょうか?(^^;
紅葉先生のオジサン、なんて役、
どう考えても出たいからって
無理やり作った役どころみたいですよね。

>十大といいながら五人しかいない
小説の方ではもっと出てくるんですけど、
悪人谷に住んでるのは、
どちらもあの五人だけみたいです♪

蘇櫻、ほんと良い子ですよね!
友達にするなら、天女よりも鉄心蘭よりも、
蘇櫻ですよ!
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2009/07/16(木) 22:48 [EDIT]
>張衛健が良かったですよね~。これで結構好きになりました。
ほんと、良かったですよね!
双子と解った途端に、「兄さん」の方を取ってましたけど、
ほんとに兄貴って感じだしw

>女装シーンはかなりウケてました~w
結構長いこと女装してましたね(^^)
ご本人もお気に入りだったのかな??

>玉燕の暴走ぶりもかなり楽しめましたし。
初めの頃は結構同情してたんですけどね…
あんなずる賢いとは!
王晶監督って、女性キャラの性格付けが
屈折してるというか、奥深いというか。

変化に富んだドラマですよね!
飽きさせてくれません(^^)
● >進歩さんへ
阿吉 | URL | 2009/07/16(木) 22:59 [EDIT]
>めんどく…否、確か江玉燕の変貌っぷりがイヤでイヤで‥‥
ダメでしたか!(笑)
結構、美人なのに、何故こんな端役っぽい扱い?
と思ってたら、ラスト数話では急上昇でしたよ(爆)
同じ姉妹でも、
玉鳳は完全に使い捨てキャラでしたけど(^^;

>マーベラスも小説分までしか読んでないし、絶代双侠にはどうも縁がないな~
そういう話もありますよね~。
携帯の方、有料かと思ったら無料でした!
意外と21話分、あっけなかったです(^^;

>張衛健と言えばお送りしたMDのたしか4曲目のなんだかアホっぽい歌(歌の始めに早口言葉みたいな台詞が入ってる曲です、ちなみにその早口言葉は孫悟空の決め台詞です。)は張衛健の齊天大聖孫悟空です。
劉徳華とデュエットしてますよん!

あぁ、アレがそうですか!
言われてみれば…!
早口の所、印象的ですよね~(^^)
理屈をこねて相手を戸惑わせるのが
彼の得意技なのでしょうか?
このドラマ中でもそんなシーンがありました。
結構好きな感じの曲でしたよ!

>孫悟空役が彼にとっては十八番みたいですね。
代表作なんですね!
確かに、孫悟空俳優(笑)っぽい顔だ!
雰囲気もあってるかも!
まだ見てないからいつか見てみます♪

rei★azumi | URL | 2009/07/18(土) 14:57 [EDIT]
王晶監督、やはりパロディーやコメディー方面の方が才能を発揮されるようですね。
これは、見てみたいなぁ。
ヒマができたら、TUTAYAで探してみましょ。

>登場人物、9割は死んだ気がします。
これは、『多情剣客~』を読んだときから感じてたんですが、
古龍ものの特長みたいですねぇ。
勿体無いようなキャラが、勿体無いような死に方をしますもの。
で、そういうところだけ、原典に忠実って……(^▽^;)

でも、なんか、凄く面白そうです。
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/07/19(日) 22:54 [EDIT]
>王晶監督、やはりパロディーやコメディー方面の方が才能を発揮されるようですね。
そうみたいですね!
しかし、何故か結構悲劇的要素も入れまくりだな、
と私は思っております。
お陰で話に変化は出てきますケド。
あと、長編は如何なものか、というご意見もあり、
確かに長編になると
前半と後半で話の落ち着き先が
微妙~にズレてくるなぁ、という印象です。

>古龍ものの特長みたいですねぇ。
名前が出て次のページでは死んでたり…ね。
でもこのドラマの場合は、
邦訳版小説と比べた感じだと、
良いモン側の死は、
どうも監督の考えなのではないかと…

>でも、なんか、凄く面白そうです。
とにかく飽きないですよ!
断腸崖から飛び降りて~の所は、
ぜひ、reiさんに見ていただいて、
「神侠侶」との比較考察をしていただきたいです!
● 鑑賞お疲れ様です!
まや | URL | 2009/07/24(金) 17:26 [EDIT]
>携帯小説、「マーベラス・ツインズ絆シリーズ」の方も読み終わりました。
>お話としては全然完結してないんですが…もう出ないんでしょうかね(^^;

おおお~、携帯の方読んだんですか!?
結局私はまだ手が出ないままなんですよねえ。
でも、中途半端に終わっているのならいっそ本だけのままでもいいのかな。。。

さすが王晶というべきか、小説とドラマ、全く別ものですよね~。
前半と後半のあまりのギャップも最初見た時はかなり驚いたのですが、
今となっては「王晶だししょうがない・・・」という気がしています(^^;


>鉄心蘭@範冰冰は、やっぱり肩を出してました(^^;
>この人、古装だとまず、絶対に肩出し衣装ですね!

専属デザイナーがいる!説も・・・(^^;

>燕南天は、雪山飛狐の福康安役、吳慶哲でした!

実は福康安(&陳家洛)役の時、この燕南天の印象が消せなくて、
シリアス演技に何をやっても違和感があったんですよね~。
謝霆鋒もPROMISの北の公爵とかぶっちゃうし、
やはり最初に目にしたキャラクターの印象って、後々まで影響しますね~。

そういえば私は残念ながら西遊記や鹿鼎記を見ていないので、
張衛健というとこの小魚児のイメージしかないんですが、
武芸の腕はさほどでもないのに、口の減らない、狡賢い感じは小宝とかぴったりかも!
暁明版と見比べてみたくなります。

あと、張衛健といえばあのすご~~~い早口、芸術的!!
あの早さでよく舌かまないものだと感心しながら見てました。
私も早口といわれてますがまだまだな、と。。。(爆)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2009/07/26(日) 22:38 [EDIT]
>おおお~、携帯の方読んだんですか!?
読みましたよ~。
携帯でも意外と読めましたが、
そんな事より、続きは~~~?!です(爆)

>「王晶だししょうがない・・・」という気がしています(^^;
この諦め具合…(^^;
まぁ、原作1本あったら全然違う映像が見られる、
という事で、1粒で2度美味しい???

>専属デザイナーがいる!説も・・・(^^;
確かに、あの位置でピタリと止めるのも
難しいですよね~。

>シリアス演技に何をやっても違和感があったんですよね~。
お笑い担当でしたね(苦笑)

>やはり最初に目にしたキャラクターの印象って、後々まで影響しますね~。
第一印象は重要!という事で…
その辺でオファーが来る役も偏ったり???

>武芸の腕はさほどでもないのに、口の減らない、狡賢い感じは小宝とかぴったりかも!
確かに!ちょっとだけ、周星馳とも被りません??

>私も早口といわれてますがまだまだな、と。。。(爆)
いやいや、まやさんもなかなか素晴らしいですよ!?

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。