年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/27(木)   CATEGORY: 幇会
映画「天龍八部」の撮影地と雲南を巡る旅 その1 東方腐敗の呪い編
…昨夜の帰国&帰宅から一晩を経て、
ようやく人心地が着きました!

今朝、ちょっと早めに出社してみると、
思った程、机の上は荒れていませんでした(^^)
同僚・後輩の皆さん、ありがとう!非常感謝!!!
でもあまり仕事が入ってなくてヒマだったという事は、
それはそれで問題のような…(^^;

昨日の昼食の後から、お腹を壊してしまいまして、
胃の調子も悪く、食欲も減少、
未だにそれが続いているのですが、
多分、食べ疲れとか、
上海で食べた紅色の豚肉煮込み乗せ飯(?)がすっごくコッテリしてた上、
その後の足つぼマッサージ中に、
普耳茶1壺を30分くらいでガブ飲みした事、
などが原因ではないかと思われます。
普耳茶をそんな短時間で飲んだらダメって言われたばかりなのに!
他の旅行参加者の皆さんはそんな症状、ないですよね?
あるいは、マッサージ屋の兄ちゃんに、
しつこく延長を勧められたのに、ガンとして拒んだため、
嫌がらせに下痢のツボかなんかを点穴されたのかも(^^;(嘘ですよ)
とりあえず、新型インフルの症状に”下痢”という項目はないので、
大丈夫だとは思いますが。

では、コメント返しもまだなのですが、
先に旅行記、行きたいと思います!!
武侠旅行というものがあるよ、というのを2年前に知り、
時来、私も行ってみたい!と思い続けていた所、
今回の旅の企画を聞きつけて、
悩みに悩んだ末、ツアー参加する事としたのでした!
結論から言いますけど、行ってホントに良かった!(^^)


8月21日(金)、出発の日。
実は午後からの便なので、
他の成田空港や中部空港からのツアー参加者の皆様と違い、
朝は大変ゆっくりさせていただきました。(その分、到着も遅い訳ですが)
しかし自宅の中は大変暑い!!(何故か、人が少ないとクーラーをつけない我が家)
なので、予定では11:30に自宅発のつもりでしたが、
こんなとこに長居は無用!と、11:00過ぎに出発。
福岡空港まで、ローカル線と新幹線を乗り継ぎます。
ふと、二十一世紀旅行社さんからいただいた「出発のご案内」を見ると、
搭乗手続時間は12:10となっている事に今更気づく!!
その時、時間は11:58、私はまだ博多駅にも着いておらず、
新幹線の中でした(^^;
えらいこっちゃ~~~!ていうか、最初の予定通りだともっとアブナかった!
…まぁ飛行機は14:10発だし、集合、ったって私ひとりだし、大丈夫さっ!!
と思っては見たものの、
やっぱり、出国審査で手間取るとか、何があるかわからないし・・・と、
自然と博多駅や地下鉄の駅では足が駆け足になるのでありました。
結局、福岡空港国際線ターミナルに到着したのは12:40くらいでしたが、
スルスルと、チェックイン、手荷物検査、出国手続きなどが済んでしまい、
逆に昼ご飯を食べる事を忘れて搭乗口まで行ってしまいました。
やむなく、そこらの立ち食いうどんできつねうどんの昼食となりました。
しばらく日本食、食べられないんだけど、最後の食事が立ち食いとは(^^;
福岡空港の国際線ターミナルは、
出国しちゃうと、免税店の他は売店くらいしかないんですよね。
福岡空港から何度も海外へ行ってるハズなんですが、
毎度新鮮な気持ちで空港に行くワタクシ。
つまり、毎度前回の事を忘れている訳であります!学習能力ゼロ!

飛行機搭乗前に、家族に「行って来るよ」とメールをしてみたり、
モブログでblogをUPしてみたり。
そうこうする内に、搭乗時間となった為、飛行機に乗り込みます!
中国東方航空MU518便です。
結構、後ろの方の窓際の席でした。
001_convert_20090826235832.jpg

機内食↓
002_convert_20090826235929.jpg
サウザン・アイランド・ドレッシングが「千島汁」になっているのが可愛いw

飛行機はジャンボ機で、大して揺れる事もなく、
あっという間に上海浦東空港へ到着!
ほんと、福岡⇔上海は近いです。
東京以北へ行くより近いのではなかろうか?

上海では乗継があるので気を引き締めます。
…が、いきなり入国審査の所で間違えて、
中国人の方々に着いて行って
右端の特別入国の列の方へ行ってしまうワタクシ(^^;
入国審査の場所はすごく広いので、
左端の”外国人”の看板が見えなかったんですよね~。(←いいわけ)
係員に指摘され、慌てて列に並びなおします。
ちゃんと入国して、2階から1階へ。
ターンテーブルの所へ行き、預けていたスーツケースを待つこと暫し。

…何故か私の荷物だけ出てこないうちに、
ターンテーブルは止まってしまいました!!
え~、早くもトラブル発生!?と不安になりつつ、
空港係員のお兄さんに「我的行李还没来!(私の荷物がまだ来ないんです!)」
と訴えてみました。
するとお兄さんはビラビラの所へ行き、奥の人に何事か言ってくれると、
ようやく、私のスーツケースが出てきました!ホッ(^^;
飛行機から降ろしはしたものの、ターンテーブルに乗せてもらえなかったようです。

まぁ乗継の時間は4時間もあるので急ぐ必要もないし、
こんなトラブルもネタのうちさ~♪と強がってみます。
(失敗しても笑い飛ばせる相手がいないのはちょっと寂しいのよね)

そんなこんなでモタついていたので、他の乗客はとうにいなくなっており、
他の人に付いて動こう、と言う思惑は外れてしまいました。
さて、ここから右か左か、どちらへ行ったら良いものか。
普通に出口から出て、
3Fの出発ロビーまでスーツケース抱えて移動しても良いのですが、
上海から昆明までも同じ中国東方航空を利用する為、
東方不敗様(笑)のサービスの一環として、
1Fのトランスファーホールでチェックインが出来ますよ、
と、福岡空港で説明されていたのでした。
もらった地図を見るけど、簡略地図なのでイマイチ解りづらく、
周囲を見回すと、あちこち関所のようになっていて、
空港係員が門番みたいに両端に立っているため、
その関所(税関です)を通過した後、
道を間違えてたと解ったら来た道を引き返せないのでは?
と思うとなかなか躊躇して進めないのでした。
落ち着こう、と、まずトイレに行って出てくると、もっと人もいなくなっており、
いよいよ見当がつかないので、意を決して空港係員に尋ねる事に。
しかし、トランジットホールはどこですか?って中国語でなんて言うんだろう??
…本当は「中国東方航空のシールを胸につけてたら
上海空港で助けてもらえると思いますよ」と言われていたのに、
見栄をはってたのと、シールが可愛いので持って帰るつもりとで、
貼らずにいたのでした。
画像004

という事で、シールを手に持って、さり気なくアピールしつつ、
空港係員に自分のeチケットを見せるワタクシ。
…何て聞いたんだったか、もう忘れましたが、
中国語と英語と日本語交じりで、「どこに行ったらいいですか?」
とか聞いた気がします(^^;
「あっち」と指をさされるのですが、そのあっちが良く解らない。
2人ほどの係員に聞きましたが、皆、曖昧に「あっち」と言います。
今思えば、何番カウンターか、番号を教えてもらえれば早かった…(涙)
ウロウロするうち、2回もスーツケースをエックス線にかけさせられました。
1回通したから、と素通りしようとしたら、「コラ~!」とめっちゃ怒られるし!
その係員の女性は、愛想も悪いし、
アゴでしゃくって、「さっさと自分でここに乗せろ!」
と鼻息も荒く威圧してくるので、非常に不愉快に。
「チキショー覚えてろよ~~!」と心の中で負け惜しみを言うワタクシ。
「ウルサイ!もう通したよ!バ~カァ!」
って中国語で言ってやれればスッキリしたのにな~。
今度はちゃんと罵倒言葉もメモしておきたいと思います!!

…結局、係員の言ってた「あっち」で良かったのですが、
日本人学生40人くらいの団体がいて、
彼女らがワイワイ群がっていた為、そのカウンターが見えず、
そこで受け付けすると解らなかったのでした。

無事、トランスファーホールでのチェックインを終え、
ようやく自由の身に!
まだ搭乗まで3時間はあります。
1Fを端から端までうろつきましたが、特に見るべきものもないので、
エレベーターで3Fへ。
チェックインカウンターの手前のコンビニとかを冷やかしますが、
こちらの売店などもあまり人がいませんでした。
人が少ないとなんか寂しい気持ちになります。
まぁ、普通はさっさとチェックインするでしょうから、
こんなとこにはいませんよね。

2010年の上海万博前だというのに、2008年の北京オリンピック前と比べると
空港内はあまり盛り上がっている様子ではありませんでした。
北京オリンピックの時は、青島空港でさえ、
あちこちにスローガンとか掲げてあったのですが。
オリンピックは国家規模という印象がありますが、
万博は都市行事、という事なのでしょうか?
マスコットキャラクターの海宝がいたので写真を撮ります。
003_convert_20090827000000.jpg

カップルやら家族連れやらが延々と撮影会をするので、
なかなか私の順番が回ってこないし、一人だとむなしいな~…

これ以上、こっち側にいても面白いものは何もない、
と思い定めて、チェックインカウンターの向こう側へ進むことに。
色々、売店などがありますが、
とにかくお客が少ない!
(但し、チェックインカウンター手前の休憩できるソファーの所には沢山人が座ってた)
あと、売店も結構閉まってたりして、不景気なのかな~と思わせられました。
まぁ、工事中、という可能性もありますが。

ブックストアが一軒あったので中へ入って見ると、
梅蘭芳の写真集みたいなのがあったので購入!
京劇の衣装をつけての写真より、
10歳くらいの辮髪の頃とか家族と一緒とかの写真が多く、
蓄鬚明志のお顔の写真もあり、興味深く見させてもらいました。

で、当初の予定通り、マッサージ 「夢園保健中心」へ。
入口には背の高い、赤のチャイナドレスの小姐が2、3人いました。
美人なのですが、妙~に愛想が悪いです。
足マッサージ (足底保健) 100元/45分というコースにしようと
決めていたのですが、座席に案内された途端、
メニューを見せられ、ペラペラと中国語でまくしたてられます。
よく聞き取れなかったのですが、
「×○%#$~ 两个人 ~▼%$」とかなんとか、
どうも二人がかりでの足マッサージを勧められた模様。
そこまで王様気分になりたい訳じゃないのでお断りすると、
次にまたメニューを開いて何ゴトかまくしたてられます。
エッセンシャルオイルを選べ、と言われている模様。
それじゃあ、と、ジャスミンを選ぶと、「全部で160元だ」と言われる。
「45分で100元じゃなかったの~~!」
と言ったら、「それだったら自分で揉めば!!」とか言われる!
このお姉ちゃん、美人だけどあったまくるな~!
よくよく見ると、
エッセンシャルオイルはオプションになってて60元なのでした。
メニューの下の方に値段が書いてあるっちゃあるけど、
あのスピードでぱっぱと開かれて勧められても見落とすって!
次に「飲み物も選べ」と言われるけど、
「選べ」じゃなくて「いかがですか?」だろうが~!!
これもオプションというか有料な訳ですが、そんな説明は口頭ではなし!
今回はちゃんとメニューの値段の所も見れるくらい開いててくれたので、
25元もするジュースなど「不要(いらん)!」と断りました。
プリプリしながらお姉ちゃん退場。ふーんだ!

次にマッサージ師のまるぽちゃ君がやってきます。
まずはエッセンシャルオイルで足を蒸されました。
004_convert_20090827000030.jpg
こういう桶とかは日本にはないんじゃないかな?
桶に足をつっこんで、上からタオルで蓋をして5分くらい。
中の白い丸い機械は外に出してあって、管で桶につなぎ、
蒸気を出すようです。
こんなものの写真を撮るので、ヘンな日本人と思われた模様。

腕は悪くないのですが、彼もしきりに、飲み物はどうか、とか、
角質処理はどうか、とか勧めてくるので、あまり気が休まらない(^^;
向かいに座っているおじちゃんはマッサージでリラックスしているのに、
何故か私はリラックス出来ないという…
日本人だからいいカモと思われてるのでしょうか?
おまけにまるぽちゃ君の日本語と英語のレベルは
私の中国語と英語のレベルと同じくらいで、お互いがお互いな上、
更に彼の中国語は訛りもあるようで、
何度も「は?」「听不懂(聞きとれません)」を繰り返して
暗い笑いを交わすこととなり、
なかなかグッドコミュニケーションが図れません(^^;
しょうがないので、さっき買った梅蘭芳の本でも読む事に。
「京劇?」と聞かれて「そう、私京劇好きなんですよ!」と言っても
まるぽちゃ君は興味がないようで、そこから会話も続きません。
客商売をするなら、有る程度、お客と会話をあわせられなきゃダメよ~!
楽しい会話で気分も良くなれば、
こっちも酒手をはずもうか、って気になるのにね!

「この空港の中だったら、何が美味しい?」と聞くと、
「牛肉麺が安くて美味しいよ!ここに出前取るから、ここで食べれば?」
と言われる。
でもこの店内ではくつろげないので、丁重にお断りします。

あまりくつろげない(苦笑)マッサージを終え、
これまた一人で夕食を取ることに。
お店の名前は忘れましたが、マッサージ 「夢園保健中心」の近く、
国内線の側の中華料理屋、いや、麺屋かな?に入ります。
制服姿の空港係員達も沢山いて、くつろぎの場となっているようでした。
カードゲームをしてたり、制服デート中のカップルも。
ゆっくりしようと壁際に座ったら、逆になかなか服务员に気づかれず、
思わずセルフかと思いましたが、何度か呼んだら来てくれました。
…なんかこの辺で、既に一人行動に飽き飽きしてくるワタクシ。
ていうか、合流までは中国一人旅だというのに、
ツアーに参加、という事で、ノホホンモードで来たため、
ペース配分が掴めていない模様。
もっとこう、戦闘態勢MAXで臨めば良かったのかも・・・今更ですけど。

007_convert_20090827000058.jpg
壁にこんな写真↑がかかっていたので、この赤色に興味を魅かれ、
紅焼獅子頭面を頼みましたが、
実物はこんな↓でした。
006_convert_20090827000128.jpg
つまり特大ミートボール乗せ麺、って感じ?
毎度思いますが、中国の印刷物は肉の色が尋常じゃなく赤いですねw
メデタシ色だからでしょうか?
味は悪くなかったですが、一人だと味気ない…。
龍井茶もつけてみたりして。ビールにしようかと思ったけど、
それじゃあまりにやさぐれてるだろう、と思って止めました(^^;

一人の服务员の小姐がニッコリしながらお湯を継ぎ足しに来てくれ、
彼女の笑顔で大変癒されました!
やっぱりねぇ、人は一人では生きていけないのよ!
っていうか私がおしゃべりすぎるのかも・・・
長時間黙っていると死んじゃうのかも・・・

ようやく搭乗時間の18:35が近づいてきたので、搭乗口へ。
MU748便に乗り込みます。
座席はエコノミークラスの最前列で、隣は非番(?)のパイロット達が座っていました。
私の勝手な印象ですが、国際線の空中小姐より、
国内線の空中小姐の方がお顔の偏差値が高いような…
機内誌に、何人かの空中小姐のグラビア(?)が出てましたが、
雲南省出身に美人が多い!これはこの先、期待が持てますね!(何で?)
美人揃いでホクホクしながら、約3時間のフライトです。

二度目の機内食↓
009_convert_20090827000211.jpg
「わ~半割ゆで卵!」と、かぶりつくと(私は坂東英二か…)、
殻つきなので大変ビックリします。日本とは感覚がちがいますねぇ。

到着時刻が遅いので、ちょっとでも機内で寝るように言われてたのですが、
ワクワクドキドキしており、全然寝れません(^^;
窓の下には中国のどこかの都市の夜景が・・・
光が集まっている所と、そうでない所とあって、
どんな中国人が生活してるんだろう?
などと想像を巡らせていると、昆明空港へ到着!
着いた着いた!と大喜びで飛行機のタラップを降ります。
早く他のツアー参加者と合流したいよ~!と、焦る気持ち半分、
もうここまで来たら大丈夫だろう、という安心半分、といった状況です。
リムジンバスが来ていたので、5番目くらいに乗り込む…
すると空港係員が「×○%#$~ 大阪 ~▼%$」とか言いながら
乗りこんできます。
すっかり緩みきった私は「大阪」だけ聞きとれたので、
大阪から来た誰かを探してるのかな?と思っていると、
他の乗客の中国のオジチャン達が顔を見合わせながらバスを降ります。
私も後をついて降りてみると、もう1台バスが。
オジチャン達に習ってそっちに乗り込みます。
そろそろバスも満席で発車か?という頃に、
再び空港係員が乗ってきて「×○%#$~ 大阪 ~▼%$」と…
あ~まだ大阪の人が見つからないのね~、
くらいに思っていたら、バスのドアが閉まり、ようやくターミナルビルへ出発。
バスは前後2台で動きます。
バス中で、八雲さんから本隊が迎えに来てくれている、というメールをもらい、
更に緩む緊張…
…が!このとき既に私は東方不敗様の呪いを受けていたのでした…

見ていると、前のバスは手前のターミナルビルへ。
しかし私の乗ったバスは更に奥へと進みます。
…なんかヘンだな…と思うのですが、どうする事も出来ず、
取りあえず為すがままにされるしかない訳です。
他に関西訛りの日本人乗客が3人くらいいたのが唯一の慰めです。
ま、そんな事は全く関係なかったわけですが。
…ようやく私のバスも端っこのターミナルビルへ到着。
バスを降りてビルに入ると、国内線の筈なのに、
何かカウンターのようなものがあり、
「特別入国」みたいな文字が書いてあって係員が立っています。
そして別の係員が人数を数えている…。
だけどそこしか開いてるカウンターはないので、
私も恐る恐るついて行きます。
前の中国人がパスポートを手にしていたので、私も取りあえず手に持って通過。
係員は表紙を一瞥しただけで、特に何も言われませんでしたが、
とにかくなんか雰囲気がおかしい!しかし引き返せないので、進むしかない!
再び八雲さんからメールが入り、「3番のターンテーブルに荷物が来ます」
と言われますが、私のいるビルの中には1と2番しかない…
う~んやっぱりなんかおかしい…と思ったので、
ぼーっとカウンターに立ってた係員に、
航空チケットを見せて、この便の荷物はここでいいのか?と聞くと、
「間違いない」と言うので、とにかく待ちました。
確かに2番のターンテーブル上の表示はMU748上海、となっているのよねぇ…
が!やっぱり私のスーツケースは出て来ません!
やっぱりね!なんかヘンだと思ったけど、これで決定的だ!
「歩き方」の昆明空港見取り図をみると、
私がいるのはどうも国際線の手荷物受取所なのでした。
再びさっきの係員に「私の荷物がない!」と訴えると、
「オレは荷物係じゃないからあっちで聞いてくれ」
と、荷物係の小部屋を指さします。

…ここで私は不倶戴天の敵に出会う事になるのでした。(大袈裟)
頭頂部ハゲおっちゃん係員が一番近くに立っていたので
「荷物がない!」(国内線の手荷物受取所に私の荷物があって…等と言う込み入った事情は中国語では説明できないので)と言うと、
「はぁ?無いって言うけど、オマエはどっから来たんだ?」と無愛想。
私「…上海から」
係「じゃ無いわけない!」
私「でもないんだって!」
係「この場所までどうやって来たんだ?」
私「…バスで。」
係「バスでなんて来れる訳ないだろう!
(↑リムジンバスじゃなくて、昆明市内からのバスで空港に来たと思った模様)」
私「…ぐっ!!(リムジンバスって中国語で言えずに言葉に詰まる)」
係「じゃどっからここへ入ったんだ?」
私「…あっち(と来た方向を指さす)」
係「(イライラしながら)オマエは英語しゃべれるのか?」
私「…喋れない!」
係「じゃ、中国語は?」
私「…ちょっとだけ」
係「英語も中国語も喋れないのに、こんなとこに来るんじゃない!
自分の面倒は自分でみろ!(怒)」
私「!!!!(怒)」
…ハゲ係員はさんざん言いたい事を言ってから、
私を小部屋に連れて行きました!
そこにはハゲ係員の部下と思われる女性係員がおり、
PCで調べてあげるから待ってて、と苦笑い。
普段からハゲ係員はこんな調子で、部下にも人気がないと思われます!!
文句言いたいけど言えない、という、フン詰まりな状況に心が折れてしまい、
自力での交渉を諦め、
外で待っていると思われる添乗員さんか八雲さんに電話しようとしますが、
電波状況が悪くて通じない!ヒーン!
そうこうしていると、やさしい女性係員が
「ここの税関を出て左に曲がって、さらに左に行って国内線の方へ行って。
係員が荷物を持ってくるから。」と言ってくれました。
良かったよぉ…(涙)
っていうか、チケット見せてるんだし、
アレコレ言わずにPCで調べるのがあんたら荷物係の仕事だろう!
ハゲ係員のばかぁ!もひとつ、ばかぁ!

…で、言われたとおり税関の外に出て見ると、
私のスーツケースを持って、こちらへきてくれるガイドのXさんを発見!
その近くに見知ったお顔の八雲さんや、他の方も発見し、
恥ずかしさ&安心感でグダグダになりながら初対面の挨拶をしました。
以前、オレンジ色のスーツケースを買った、ってblogに書いてたので、
いつまでも3番でクルクル回っているオレンジ色の憎いやつを見て、
私のだと解って下さったようです…不好意思!
このドタバタで20分くらいロスしてしまいました。ほんとにごめんなさい!

なんというか、オレンジは私のラッキーカラーのハズなんですが、
今回ことごとくスーツケースとはぐれる事態に遭遇しております。
…出発前に、中国東方航空の事を”東方腐敗航空”、
なんて冗談にも言ってしまった為、東方不敗様の呪いがかけられたのかも・・・
こんな事なら言わなきゃ良かったよ、ごめんなさ~い!

結局、このMU748便は、大阪→上海→昆明というルートだった為、
既に入国手続きを済ませているツーリストや中国人は国内線の出口へ、
大阪からダイレクトに昆明入りした人々は国際線の出口へと分けられていたようで、
それでリムジンバスも2台に分けてあったのでした。
「大阪」だけは聞きとれたけど、勝手な思い込みをしてたのがマズかった…
やはり海外、舐めてはいかん!という事で、
係員のアナウンスは聞き洩らさないようにしなくてはいけませんね!
それにしても、国際線だったら入国審査があっただろうに、
パスポートの中身も見ないとは、スタンプ押そうともしないとは、
どういう事なのでしょうか??不思議だ…

空港までは、謫仙さん、よ~さん、ソラさん、八雲さんが、
ガイドのXさんと一緒にワゴン車で迎えに来て下さっており、
車中では失敗の照れ隠しから饒舌になるワタクシ。
皆さんの今日のレストランでの夕食画像などを羨ましく見せてもらいました。
空港を出たのは23:00もとうに過ぎた深夜です。
お疲れで早く眠りたいところ、ほんとご迷惑をおかけしました!

10分くらいで本日のお宿、昆明飯店に到着します。
添乗員のT姑娘(可愛い)にお会いします!
立派なホテルですが、もう、今日は寝るだけです…
明朝も早くて、なんと4:45起き。
色々説明を聞いて、お部屋へ。
010_convert_20090827000237_20090827000736.jpg
マーベラスなお部屋でありましたw

お風呂に入って、さて、寝よう…とふとTVを見ると、
「少林寺伝奇Ⅱ」をやっていたのでした!流石中国!
金曜日の23時じゃなくても武侠ドラマをやってるよ~!
迷子さんによると、この晩はラスト2話くらいの放映だった模様。
林志穎(ジミー・リン)がちょろちょろ映っていて、
明日の天龍八部城を思わず連想!段公子~!運命的だ!
他には元彪(ユン・ピョウ)とか計春華(チー・チェンホァ)も出ていて、
思わずパチリと…
012_convert_20090827000314.jpg
深夜に昆明で何をやっているのだ、私は(^^;
結局最後まで見てしまい、寝たのは00:30くらいだったと思います。
しかしこれがまた、明日への期待と、さっきのハゲ係員への怒りで
なかなか寝つけないのでした…
こうして長い長い一日目が終了です。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ふたば | URL | 2009/08/27(木) 21:09 [EDIT]
ひ~私だったら空港職員と
さらに意思疎通できず、半泣きかも…。
阿吉さんお疲れ様でした~~。

グローバル携帯は意外に使えないんですね~
現地の携帯も同じなんでしょうかね?
アンテナが少ないのかな~。
勉強になりますφ(..)メモメモ
● うわあ~~
迷子 | URL | 2009/08/27(木) 22:38 [EDIT]
まさに波乱万丈ですねえ~~
さすがです~~

と、人の難儀を横目に、一人じゃなくてよかったと胸を
なでおろしているところです。
私なら、絶対空港から脱出できてないよw

グローバル携帯は、ほんと肝心な時には役立たずです
まあ、メールが使えただけよしとしなきゃいかんでしょうねえ

Mario | URL | 2009/08/27(木) 23:04 [EDIT]
 いっや、かの国を一人で旅をすると、どんなベテランでも「何か」起るようですから・・・これに懲りずに!
 とはいっても、眼に浮かびますよ光景が・・・。 「東方不敗の呪い」!・・・不謹慎ながら笑いを堪えて読まさせていただきました。

「夢園保健中心」:いつも変わらぬ商売熱心な皆様ですね!(笑)。 お客様は「神様」と教育されるのは日本と変わらないようですが、但し「お金を使ってくれる・・・」が条件のようです。

機内食が格段に良くなってますね。 10年前は、肉野菜炒めぶっ掛けご飯だけ、でした。 国際線も・・・。

>係「バスでなんて来れる訳ないだろう!
>(↑リムジンバスじゃなくて、昆明市内からのバスで空港に来たと思った模様)」
いや「上海からバスで来た!」?(爆)

そう、スーツケースは、飛行機の貨物室から地面に投げ落とすのが普通で、よく壊されますが、大丈夫だった?
● お疲れ様でした!!
まや | URL | 2009/08/28(金) 16:34 [EDIT]
きゃ~~、やっぱ東方不敗の呪いは恐ろし~~!
お腹大丈夫ですか!?

しかし往路からこんなに波乱万丈だったとは!!
商魂逞しいマッサージ屋はともかく、ハゲ係員むかつく~~~!!
ただでも異国に一人で不安な時なのに、
これは当たった人が悪かったですね(T_T)
分かんないならしゃしゃり出てこなければいいのに~~~!!
思わず去年の○リタリアのお姉ちゃんを思い出してしまった私です(^^;

一人旅に出て分かる周りに仲間のいるありがたみですね・・・。

阿銀 | URL | 2009/08/28(金) 18:15 [EDIT]
おっかえり~!
いやいや、大変でしたねえ。

>「英語も中国語も喋れないのに、こんなとこに来るんじゃない!
自分の面倒は自分でみろ!(怒)」
 
あっかーん!この禿げちゃびんが!
あっしだったら喧嘩してそう~。知ってる限りの罵詈雑言並べて(爆)

東方不敗の呪い…
以前雲南まで飛んで、上空まで来たくせに意地悪して、出発地に戻った性悪パイロットのいる会社ってこの東方なんですよ…(汗)
怖がると思って、言わなかったんですが。
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2009/08/29(土) 22:44 [EDIT]
お返事遅くなってスミマセン!

>ひ~私だったら空港職員と
さらに意思疎通できず、半泣きかも…。
いや、私が思うに、
ふたばさんの方が冷静沈着に事を解決しそうです!
ていうか、まずバス乗り間違えないと思う…

>グローバル携帯は意外に使えないんですね~
それでも、迷子さんの携帯は私のより
良く着信してた気がします。
何が違うのか??
Docomoなんですけど、
以前LGの携帯使ってた時は
そんなに不便を感じませんでしたが、
機種による差とかあるのかな?
まぁ中国でも沿岸部と内陸だったら
違うかも…

>現地の携帯も同じなんでしょうかね?
ん~。添乗員さんとかガイドさんの携帯は
比較的通じてました。
(韓国の携帯、とか言ってた気がします)
暴動に関係して
電波の規制、とかあるのかな??
スミマセン、あてずっぽうです!
● >迷子さんへ
阿吉 | URL | 2009/08/29(土) 22:51 [EDIT]
遅くなってすみません!
そして現地では大変お世話になりました!
迷子さん、旅慣れてますよね~!

>まさに波乱万丈ですねえ~~
いや~やっぱり本場の人のように
大ゲンカでもしとけば良かったです!
そしたら本当に武勇伝が…アワワ


>空港から脱出できてないよw
失敗もこたえますけど、
それをその場で誰かに「やっちまった!」
と笑い飛ばせないのが
一番面白くなかったですね(^^;

>グローバル携帯は、ほんと肝心な時には役立たずです
まあ、メールが使えただけよしとしなきゃいかんでしょうねえ
…ハハッ!ウチはド田舎なんで、
自宅の中でもアンテナ0の時があったりします。
あんだけ山奥で携帯が使えるなんて、
それだけでもビックリでした!
まぁ昆明はもうちょっと使えて欲しかったですね!
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2009/08/29(土) 22:58 [EDIT]
遅くなりました!

>いっや、かの国を一人で旅をすると、どんなベテランでも「何か」起るようですから・・・これに懲りずに!
ハイ!勿論、懲りたりしません!(^^)
今度はトランジットの間に、
空港を出て街中まで行けたりするようになりたいです!

>「東方不敗の呪い」!・・・不謹慎ながら笑いを堪えて読まさせていただきました。
私もMarioさんとそんな話をした事を思い浮かべながら、
毒づいてました!(笑)

>「夢園保健中心」:いつも変わらぬ商売熱心な皆様ですね!(笑)。 お客様は「神様」と教育されるのは日本と変わらないようですが、但し「お金を使ってくれる・・・」が条件のようです。
本当に物凄く熱心でした!
お給料、歩合制なのかと思ったほどです。…歩合制なのかな??

>機内食が格段に良くなってますね。 10年前は、肉野菜炒めぶっ掛けご飯だけ、でした。 国際線も・・・。
そうなんですね~!確実に進歩してるんだ…
味付けも良かったですよ!
飛行機もきれいだったし。

>いや「上海からバスで来た!」?(爆)
そ、それは…!(笑)
物理的には可能なんでしょうけど、
有り得ないですよねw
何と言うか…聞く耳持たないというか、
仕事したくないだけの人だったのかも。
実際調べてくれたのは女性係員だったし。

>そう、スーツケースは、飛行機の貨物室から地面に投げ落とすのが普通で、よく壊されますが、大丈夫だった?
大丈夫でした!お酒も割れてなかったし。
ちょっとスカーフェイスな
オトコマエになって帰っては来ましたが。
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2009/08/29(土) 23:02 [EDIT]
遅くなりました!

>きゃ~~、やっぱ東方不敗の呪いは恐ろし~~!
そうなんですよ!
東方不敗様を呪わば、穴二つです!?

>お腹大丈夫ですか!?
ありがとうございます!
お陰さまで、少しずつ快方に向かってます!

>商魂逞しいマッサージ屋はともかく、ハゲ係員むかつく~~~!!
でしょうでしょう??
言い返せなかった自分が悔しい…
まぁ乗り間違えた自分が一番悪いんですけどネ(^^;

>分かんないならしゃしゃり出てこなければいいのに~~~!!
思わず去年の○リタリアのお姉ちゃんを思い出してしまった私です(^^;
多分、暇な口先だけの上司タイプです、彼は!
でも…まやさんの旅での受難に比べると
私の失敗はまだまだ深みが足りないですね…

>一人旅に出て分かる周りに仲間のいるありがたみですね・・・。
ほんとそうですね!
常に人に感謝して生きようと思います!
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2009/08/29(土) 23:07 [EDIT]
遅くなりました!ただいまです(^^)

>あっかーん!この禿げちゃびんが!
あっしだったら喧嘩してそう~。知ってる限りの罵詈雑言並べて(爆)
なぜあそこで黙ってしまったのか…
温厚な性格の自分が悔しいですね…
って嘘です!ただ単に解らなかっただけで。
王八蛋!くらいしか知らないんですよねぇ。
是非、効果的なスラング、ご教授下さい!?

>以前雲南まで飛んで、上空まで来たくせに意地悪して、出発地に戻った性悪パイロットのいる会社ってこの東方なんですよ…(汗)
怖がると思って、言わなかったんですが。
そ、それは…事前に聞いてたら、
かなりビビってたと思います!
自由すぎるな、パイロット…。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。