年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/31(月)   CATEGORY: 幇会
映画「天龍八部」の撮影地と雲南を巡る旅 その5 「天龍八部城」歓迎編
お待たせしました!
「天龍八部城」です!
つべこべ言わずに行きましょう!(^^)

…とはいえ思い入れがあるので、
やっぱりクドクドしく(クドゥクドゥしく?)なるかも・・・(^^;



ホテルから「天龍八部城」への道のりはこんな感じ(赤線をたどる…)でした。
逕サ蜒・13隗」隱ャ_convert_20090831212410

大理古城の城壁です。
国道214号線(?)の滇蔵路を進むのですが、
バスの車窓から、進行方向右に見えました。
125_convert_20090901230246.jpg

また、三月街大道を通り、
お昼ご飯を食べた店の前も通ります。
手前の道を通った方が近いんじゃないかと思うんですが、
何故かこんな回り道。
手前の道は細くてバスは通らないんだそうです。
(決して意地悪じゃないのでした!)

実際、「天龍八部城」は、山肌に建設されているようで、
石畳だったか、赤土だったかの道をバスは登って行きます。

駐車場に着いた!馬がいますよ!
126_convert_20090831214053.jpg
このとき既に空は晴れ渡り、暑いくらいでした!

あ、あれに見えるはもしや…もしや…もしや!!
127_convert_20090831214139.jpg
天龍八部城~~~~!
キターーーーーーーー!(T▽T)130_convert_20090831214213.jpg
ドラマ撮影当時のイメージからすると、
ツタが絡まりまくって緑も多く、和やかでメデタイ感じがします!
早速、まやさんに写メールを送る…
興奮しすぎていて、本文はカラで、送るのは画像のみ!!

城門の上には人々が…!
あぁ、私も登りたい!!(時間の関係で登れなかった…orz)
太鼓もある!叩きたい!!(…同上…)
131_convert_20090831214245.jpg

他の中国人観光客もいっぱいいます。
みんな歓迎アトラクションを待っているのですネ。

こちらはパンフレットの表面↓やはり城門の飾り付けなど随分変わっています。
逕サ蜒・08_convert_20090831212552
パンフレット裏面↓
逕サ蜒・09_convert_20090831212632
チケット表面↓ツタはやっぱりないですねw
画像005
チケット裏面↓ハガキになっていますよ!
画像006


「天龍八部城」の概要

総工費1億元以上をかけて作られた映画村。
第一期工程では、2002年5月に竣工し、半年で完成、
同年12月にはクランクインしたという工事の速さも語り草になっています。
総建築面積は2.5万平方メートル、
大理国、遼国、西夏国の3つのロケセットから成ります。
第二期工程では、さらに白族村、聚賢荘、無量山石洞などが加えられ、
総建築面積は4万平方メートルに達するとか。
(以上、岡崎先生メモより)



…とにかく人が多いので、
何とか良く見える位置を探すのですが、
わずかな隙間にも人が…(^^;
日傘をさしたまま、人の前に入ってくるオバチャンには閉口しましたが、
私は気づけばセンターあたりにいました。
他の皆さんは右端にいる模様。

…銅鑼かなんかがゴヨ~ンと鳴り(うろ覚え)
兵士たちが登場!歓迎アトラクションの始まりです!
132_convert_20090831214318.jpg

将軍も登場!
134_convert_20090831214346.jpg

宦官も登場して、聖旨を読み上げます。
136_convert_20090831214500.jpg
…なんて言ってるかは解りません。岡崎先生とはぐれてしまったし・・・
だって字幕無しの中国語だもの!(爆)
「あなたがたを大理国は歓迎します!」とでも言っているのでしょうか?
台詞はスピーカーから流れてきましたが、
多分俳優さんはアテレコです。大理にも宦官はいるんですね~。
やっぱり甲高い声でしたw

再び兵士登場!マスゲーム的な動きで歓迎してくれる…
138_convert_20090831214418.jpg

そして綺麗どころ、踊り子さん登場!極楽ばい!?
139_convert_20090831214533.jpg

最後は大理国の皇帝&皇后のお出ましです!
140_convert_20090831214651.jpg
皇帝陛下は、年齢的に段誉…のような気もしますが、
ドラマと衣装は違うし、言葉は解らないし、不明です(^^;
段正明か段正淳の可能性も…とにかく、段家の誰か、です。

華々しい歓迎アトラクションもこれで終わり!
いや~期待値も高まってたし、興奮しましたネ!

お客さんはゾロゾロと城門の中へ…

が、ここでガイドのXさんだったかYさんだったかが、
我々を暫し足止めし、
「城門の両脇の対聯は、金庸先生の作品の頭文字を取っています。
上から、飛狐外傳…」と説明を始めました。
「はいはい、はい、解ってます!この人たちは皆知っていますから!」
と、説明をさえぎる岡崎先生。
先生も早く入りたかったのですね!私も気持ちは同じ…(^^)

こんな感じで城門を通りますが・・・
144_convert_20090831214727.jpg

もしやここはドラマのこの場面では?
螟ァ逅・_convert_20090831214804
胡軍の喬峯兄貴、大きいなぁ…門いっぱいいっぱいだ!
…と思ったら違いました!
この場面は、今回は行けなかった、遼国の城門の方だそうです。
流石にいくら喬峯兄貴が大きいったってね、限度がありますな!




城門をくぐって振り返ると、こんな感じでした!
146_convert_20090831214925.jpg

…という事は、ドラマのこの場面かな?
螟ァ逅・_convert_20090831215024
門の形も四角→半円と随分違うし、上の部分もちょっと違うし、
自信が持てないのですが・・・
むしろ、表裏逆かも。
…やっぱりこの場面もここじゃなくて、遼国の城門の模様。不好意思…(^^;

さて、この門には四大悪人の指名手配表がかかっていました!
145_convert_20090831214841.jpg
どよめく一行!全員がかぶりつきで”激写”です!
何故か名前の部分に修正されたみたいな跡があるのですが・・・
一応、ドラマの造形に似せた形の似顔絵ですねw
私のお姑さん、葉二娘も指名手配されています(←嘘)

ワイワイガヤガヤ、盛り上がる一行ですが、
ここでまた「天龍八部城」内でのガイドさんが登場!
若くて綺麗な小姐でしたw
マスカラ鬼盛りで粉吹いてましたが(^^;

…とここまで書いて力尽きました。
続きはまた明日~~!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

小翔 | URL | 2009/09/01(火) 12:46 [EDIT]
はじめまして小翔と言います。
楽しく旅行記を読ませてもらっています。
天龍八部城は凄い迫力ですね。
そして城門での喬峯兄貴のデカさに驚きました。
● テンションあがってますね~(^^;
まや | URL | 2009/09/01(火) 14:47 [EDIT]
阿吉さん念願の天龍八部城ですもん、当然ですよね~~~。
送っていただいた画像で当日の横浜のカラオケBOXの面々も
一気にテンションあがってました(^^;

>「はいはい、はい、解ってます!この人たちは皆知っていますから!」
>と、説明をさえぎる岡崎先生。

その時の情景が目に浮かびます~~~(^^)
普通の日本人団体客だったら説明聞いても、
「なんのこっちゃ~!?」なのでしょうが、
「そんなのみんな知ってます」と言われて、
ガイドさんの方がびっくりしたのでは!?

>マスカラ鬼盛り

え??苗若蘭登場!?(爆)

rei★azumi | URL | 2009/09/01(火) 18:13 [EDIT]
>早速、まやさんに写メールを送る…
で、まやさんが、その携帯を回覧してくださって……
「おお~!!!」と、みんな、物凄~く盛り上がったのでした。

ううう……
なんか、もう一回『天龍八部』が見たくなってきました。

Mario | URL | 2009/09/01(火) 19:47 [EDIT]
続きを読む・・・で出てきた写真に「おお!」吃驚。
場所は三月街の左(山に向かって)のようで、イメージが湧いてきました。 確かに昔は何もない傾斜地だったような・・・。

>「はいはい、はい、解ってます!この人たちは皆知っていますから!」
(爆)・・・中国の人がやたら「水戸黄門」のキャラに詳しいようなもんですね(笑)。

>私のお姑さん、葉二娘も指名手配されています。
こういう妄想爆発ですね(笑)。 ああ、兎に角羨ましいです。
● 天龍八部城
八雲慶次郎 | URL | 2009/09/01(火) 21:23 [EDIT]
喬峯のそのシーンは残念ながらそこではないです。見にいけなかった遼国の城門のほうです。
パンフに写真の載っている、段誉vs鳩摩智のアトラクションが見られなかったのが残念です。というかやってるのかなあ(^^;
四大悪人とか喬峯とかのでるアトラクションもあるはずなんですが、みんな雨で流れてしまったのかもしれません。
ああ大雨が恨めしい…。
● 迷迷迷
謫仙 | URL | 2009/09/01(火) 21:39 [EDIT]
阿吉さん
この地図はどこから。
イエネ、05年ころ、わたしは東門(ジ海門)から人民路を歩いたことがあるのですが、当時は西門はなかったような記憶が……。それどころか、舗装こそされていましたが、地方道のイメージ、そして城壁は記憶がない。それであわててインターネットで調べています。
玉ジ路から西に折れて天龍八部城に行きますが、この折れたところが蒼山門。これは間違いないでしょう。
西門から折れたらよさそうなものですが、この道はバスは通れなかったと思います。
帰りは馬車で蒼山門まで下りて、それから城の東まで歩きました。
記憶違いなのか、新しくできたのか。
そんなことの記録が見つからないので、旅行記は迷っている気持ちのまま書こうかと考えています。
● >小翔さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 22:38 [EDIT]
いらっしゃいませ!
お噂はかねがね…(^^)
小翔さんは福岡出身ですか?
どうぞ宜しくお願いします!

>そして城門での喬峯兄貴のデカさに驚きました。
…スミマセン、どうやら違う門だったようです。
道理でサイズが違うはずでした!

天龍八部城が凄い迫力なのは、
私の心象風景でもあります!?(^^)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 22:41 [EDIT]
はい~!テンションアゲアゲ(死語)です!

>送っていただいた画像で当日の横浜のカラオケBOXの面々も
一気にテンションあがってました(^^;
それは嬉しいです!

>普通の日本人団体客だったら説明聞いても、
「なんのこっちゃ~!?」なのでしょうが、
「そんなのみんな知ってます」と言われて、
ガイドさんの方がびっくりしたのでは!?
ハハハ!
ガイドさんも、我々が武侠迷だ、
って事は知ってたのですが、
こんなにガツガツしてるとは、
ビックリだったでしょうねw

>え??苗若蘭登場!?(爆)
フフフ…阿紫の方でした!(爆)
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 22:44 [EDIT]
>で、まやさんが、その携帯を回覧してくださって……
「おお~!!!」と、みんな、物凄~く盛り上がったのでした。
良かったです!
しかし良い時代ですよね~!
夜の実況中継は不発だったようですが、
メールででも結構”繋がってる感”がありましたw

>なんか、もう一回『天龍八部』が見たくなってきました。
良いですよ~w
私、何度見ても同じように楽しめるのです…
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 22:48 [EDIT]
>続きを読む・・・で出てきた写真に「おお!」吃驚。
視覚効果を狙いました(^^;
というか、本当に心の中では
こんなサイズで私の目の前に登場したのでしたw

>場所は三月街の左(山に向かって)のようで、イメージが湧いてきました。 確かに昔は何もない傾斜地だったような・・・。
ほんと、たどり着くまでの道は何も無かったです。
ここだけ突然、人がワラワラいる場所でした。

>(爆)・・・中国の人がやたら「水戸黄門」のキャラに詳しいようなもんですね(笑)。
ですよね~(^^;
これは知らんだろう!と教えて下さったのでしょうが、
実は既知であったという…(爆)

>こういう妄想爆発ですね(笑)。 ああ、兎に角羨ましいです。
大爆発です!
こういう時は、言葉が通じなくて良かったと思う程、
旅の恥はかき捨てな感じでした…

心残りも沢山あるので、再訪、となった場合は、
Marioさんもぜひ!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 22:52 [EDIT]
>喬峯のそのシーンは残念ながらそこではないです。見にいけなかった遼国の城門のほうです。
Oh~!失礼しました!
やっぱり全部見て検証したうえでないと、
いい加減な事は言えませんね(^^;
取りあえず修正します…でも画像は残しとこ。

>パンフに写真の載っている、段誉vs鳩摩智のアトラクションが見られなかったのが残念です。というかやってるのかなあ(^^;
雨で流れただけなら良いんですけど、
どうもパンフと今回と、衣裳やらも微妙に違うので、
出し物も時々変わっているのでしょうかね?

>みんな雨で流れてしまったのかもしれません。
ああ大雨が恨めしい…。

これはもう一度来い、という事なのかも・・・
大理は結構気に行ってしまったので、
2泊くらいしても良いな~と、
個人的には思いました!
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/01(火) 23:00 [EDIT]
>この地図はどこから。
あの~、きっとマズイと思うんですが、
実はガイドブックからです(^^;
ヤバかったらそのうち下げようかと。

>当時は西門はなかったような記憶が……。
え~と、大理古城に行った時、
ガイドのYさんが、東門と西門は新しく作られた、
と言ってた記憶があります。
ただそれが2005年より前か後かは忘れたのですが。

>そして城壁は記憶がない。
城壁は、私、バスの車窓から撮影しました~!
私、右側の座席でしたので見れたんですねw
ご参考までに画像を追加でアップしときましょう!

>玉ジ路から西に折れて天龍八部城に行きますが、この折れたところが蒼山門。これは間違いないでしょう。
蒼山門は記憶にないのですが、
中に入った三月街大道を良く覚えているんですw
お祭りの時しか店を開けないっていう説明で。

>西門から折れたらよさそうなものですが、この道はバスは通れなかったと思います。
あぁ、やっぱり!細道なんですね。
● 新しい…のかな?
謫仙 | URL | 2009/09/02(水) 06:25 [EDIT]
地図がヤバイことはないですよ。
わたしが知りたかったのは、西門や城壁ができたのはいつか、05年より前かどうか、なんです。それを調べたかったンです。
今回城壁があったのは知っていますが、こう写真で見ると新しいようですね。なにしろこちら側は城壁がなかった記憶があるので、当時もあったがわたしの記憶にないだけか。(^。^))。
いい加減なものですね。
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/02(水) 22:34 [EDIT]
>わたしが知りたかったのは、西門や城壁ができたのはいつか、05年より前かどうか、なんです。それを調べたかったンです。
ガイドブックは2006年7月14日第5版第1刷、
となっていますが、
2005年より前に城壁があったかどうかは…
第4版を見ればわかるのかも、ですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。