年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/02(水)   CATEGORY: 幇会
映画「天龍八部」の撮影地と雲南を巡る旅 その7 「天龍八部城」印象天龍八部編
いや~旅行記も「その7」になってしまいました。
いい加減、チャキチャキ進めなくては…
(でも多分長くなるのよね、このペースだと。)





さて、大理国皇宮を出た我々は、
ちょっと人の少ない方へ進みました。

そこには日本人僧侶のお墓が…
我々が日本人だから案内してくれたんでしょうね。
191_convert_20090901190346.jpg
え~この釣鐘型のお墓の中には、
明代に仏教を学びに来ていた4人の日本人僧侶が眠っています。
なんか高倉健さんが、「単騎、千里を走る。」の撮影で雲南を訪れた際、
張芸謀(チャン・イーモウ)監督と一緒に修復をしたのだとか。
でもお墓そのものじゃなくて、周りを直したみたいですね。
お墓自体は大変古い感じです。

単騎、千里を走る。 [DVD]単騎、千里を走る。 [DVD]
(2006/09/22)
高倉健リー・ジャーミン

商品詳細を見る
お墓のあとは、同じ敷地内(?)の日本の資料館みたいな所へ。
外壁に、関係資料(?)として、紋付き袴のようなモノや、
サテン地のペカペカ浴衣(外人向けのお土産屋さんにありそうなヤツ)、
チマチョゴリ(なぜ韓国…?)が吊るされていました。
その紋付き袴着用写真↓…色々間違ってると思います(^^;
193_convert_20090902191846.jpg

資料館の中は、こんな感じでパネルが展示されてました。
194_convert_20090902191926.jpg
…って寄りすぎで訳わかりませんね(^^;
要するに、このお墓の変遷とか、日本の仏教関係者との交流とか・・・でしょう!


資料館を出て、ふと見ると、よ~さんが駙馬殿の証を首に下げている!
196_convert_20090901185913.jpg
198_convert_20090901185951.jpg
これがあれば、いつでもお嫁さんの段姑娘の所へ行けますね!?

振り返るとこんな橋がありました。
195_convert_20090901190716.jpg
この橋の先はどうなってんだろう…
…と思っていると、ガイド姑娘が、
「これで主要な所はほぼ見終わりました!
これからすぐ、15:00からショーがあります。
そのショーは、さっき見たアトラクションなんかよりずっと素晴らしくて、
有料ですが、雲南特産のお茶が3杯ついてて90元です。
どうですか?見ませんか?
他の所を見ても何にもないですよ!」と営業開始!
「…どうする?」と暫し悩む我々。
「北京オリンピックの開会式に出たダンサーもいます!もう始まっちゃうから!」
と更に熱心に勧めるガイド姑娘。
城内をもっと見たいのはもちろんですが、
ショーにも興味がない訳ではないし。

…聞くと、一応、ショー観覧後、
自由散策時間も30分程度もらえるといいます。
ならば、という事で、
謫仙さんとgogglesさんのご主人以外はそのショーを見る事に。
お二人は橋の向こうへ、
ショーを見るチームは下の方へと下っていったのでした。
ガイド姑娘に「あなたは踊らないの?」
と聞くと、「私は時々ガイドもするし、ダンサーでもあるのよ!」
との事。ふーん。

こんな小屋に到着。なんだか雨も降って来ました。
255_convert_20090902194118.jpg
ショーを見ている間に止んでくれると良いのですが。

そしてこんなパンフレットを貰いました。表↓
逕サ蜒・10_convert_20090831212718

裏↓
逕サ蜒・11_convert_20090901184914

座席は横一列の木製椅子で、その前にこれまた横一列のテーブル付きでした。
普通の劇場様式、って感じです。
…この時、既に私のデジカメの電池は半分になっており、
不安になります。まだ明日も明後日もあるというのに・・・
でもpiggyさんが、同じ型だから、今夜充電してくれるって!
ありがとうございます!m(_ _)m
舐めてましたね~(^^;やはり替えの電池パックを持っていくか、
充電機器を持っていかねば…この際、変圧器買おうかな!(今更だけど)

という事で、心おきなくショーを激写しました。
まずは序、プロローグですね。
「珍瓏棋局」
200_convert_20090902193531.jpg
白服と黒服の拳士は、どうやら碁石を人格化したものらしい・・・
二人が激しく争って(対局して)いると…

あっ!虚竹って書いてある…!!もしや…
204_convert_20090902193618.jpg

出た~!(T T)ようやく会えました!虚竹和尚~~~!
208_convert_20090902193656.jpg
…でもなんか既に達人っぽい佇まいでございます…
やっぱこの時点での虚竹はヘタレじゃないと!

続いて第一場。
「妙香勝境」
とても珍しいと思うんですが、
段皇帝、すなわち段正明(…かな?)の出家シーンです。
212_convert_20090902193727.jpg
お坊さんパラダイスw
…あっ!べ、別に私は坊主萌えとかじゃないんで(^^;
先に出家した段家のかつての皇帝たちが見ている、といったトコロ?

…空飛ぶお坊さんw
217_convert_20090902193823.jpg
全員が座っている横板がフワフワ浮いています!
下からは風も吹くという演出!
BGMはお経!荘厳だ!

気づけばガイド姑娘が出演しているぞ!
…どおりで熱心に誘われた訳です(^^;
219_convert_20090902193906.jpg

第二場。
「曼陀花影」
王語嫣が花や蝶と舞い踊っている…という事らしいです。
226_convert_20090902204326.jpg
228_convert_20090902204401.jpg
229_convert_20090902204434.jpg

ラスト、第三場。
「龍威盛世」
段誉が琴を弾いていたのですが・・・
235_convert_20090902204554.jpg
なんかどんどん盛り上がっていって、
江湖の色々な人が出てきます。

棒のような剣(?)の上で闘う二人。
239_convert_20090902204633.jpg
もしかして最初の黒石と白石の人でしょうか??
あと、やってる事は獅子舞の人たちと似ている…

いっぱい色々な人たちが出てきます。
241_convert_20090902204714.jpg

…いっぱい…あっ!カニ鋏!南海鱷神の武器だっけ?
246_convert_20090902204748.jpg

百鬼夜行じゃないですが、
多くの達人たちが舞台の上で踊ります。
しかし結局、段誉にやられてしまいます…

本気で死ぬ演技をしている彼↓
250_convert_20090902210253.jpg
いいぞ!その意気だ!いつかは主役に…

メデタシメデタシ~!
253_convert_20090902204921.jpg

さて、お茶の方ですが、
一場が終わって一杯、また一場が終わると一杯、
という感じで左から順番に出てきました。
あっ、でも画像は飲んだ後ですネ(^^;
254_convert_20090902205039.jpg
一番左が、苦丁茶 みたいな苦いお茶。
真ん中が甘~いお茶!
なんと上にスライスアーモンドのような物が浮かんでました。
しかし味わってみると、ミルクケーキのような甘さ!
牛乳から作った何か、なのらしいです。
一番右は…良く解りませんが、いろいろブレンドしまくってた感じ。
苦くても、苦丁茶が一番飲みやすかったな~。
一応、ショーの内容とリンクさせた味付け、のようです。
雲南なんだし、普耳茶が出れば良かったのに…。


さて、ショーも終わったので、自由散策時間です。
30分…って意外と短いですよね!
ガイド姑娘もいつのまにか戻ってきてました。
「珍瓏に行きたいんですけど…」と言って見ると、
「あぁ、あそこは遠いから、集合時間に間に合わないよ!」
などとのたまう!え~~~?!ショック!

…ボヤボヤしてると17:00が迫ってくるので、
とにかく移動開始…
雨もだんだん降ってきたなぁ…
どこに行くとも決めず、元来た大理街の方へ…

すると、そこに金庸先生関係のお店がありました。
あんまりショップ、っていう感じのにぎやかさはないんですが、
一応販売もしている模様…
奥には神仙姐姐の銅像が!
257_convert_20090902211755.jpg

「天龍八部城」で、初めて高虎(ガオ・フー)さん発見!
258_convert_20090902211826.jpg
…でもこれ、ジャケ写なんだよなぁ(^^;
もっと言うと、金庸作品映像化リストが壁に展示されてて、
その一部なのです。
そのリストの全容は、迷子さんの所で…

刀も展示されているので撮影…「触るな!」と書いてありました。
260_convert_20090902211924.jpg

柱の一面に虚竹がいるよ~!と、皆さんに教えてもらう…(^^;
261_convert_20090902211955.jpg
ここではえらいことオトコマエです(^^;
下半分はなんて書いてあるかと言うと…
262_convert_20090902212031.jpg

で、柱2本(4面×2本=8面)に、
登場人物を八部衆になぞらえたのがありました。
264_convert_20090902212135.jpg
喬峯はやはり主役なので、最高位の帝釈天らしい・・・

…でもあとは結構適当に当てはめてるんじゃない?との事でした。
263_convert_20090902212106.jpg

だけど全部撮る!
265_convert_20090902212206.jpg
阿紫だけは、陳好(チェン・ハオ)に似せてる気が…
266_convert_20090902212237.jpg

267_convert_20090902212307.jpg

268_convert_20090902212338.jpg

269_convert_20090902212406.jpg
イカン!ここは無間地獄!(^^;
他を見る時間がなくなってしまう…

でも外は雨…っていうか豪雨…
取りあえず、階段を上がって城内が見渡せる所へ…
271_convert_20090902212527.jpg

珍瓏、未練が残りますが、この時間ではやはり無理か…
ますます雨は酷くなり、
piggyさん、タラさんは近くの店へ雨宿り…
しかし濡れたっていいのでなんか見たい!

ここからこっちへ進むと鎮楠王府があるらしい。
272_convert_20090902212557.jpg

こっちの階段を上ると珍瓏の方角なんだけど…やっぱ遠そう!
273_convert_20090902212628.jpg

え~い!鎮楠王府で手を打とう!
とりあえず、レインコートを着用します。
既に足元ビショビショですが。
八雲さん、よ~さんと鎮楠王府へ向かいます。



鎮楠王府到着!
274_convert_20090902212700.jpg
階段もあった気がする…高地なのでゼ~ハ~します(^^;

275_convert_20090902212734.jpg
277_convert_20090902212841.jpg

中はこんな感じでした。何もなくてガラ~ンとしてます。
278_convert_20090902212914.jpg

更に抜けると、酒楼がありました。
王府の奥に酒楼って…まぁセットだからかな!
280_convert_20090902212951.jpg

…と、ここまでで攻めるのは諦め、
集合場所の城門を出たところへ向かいます。
中国人ツーリストもこの雨を避けて、お店でお茶してたりしましたが、
無理やり外を歩いて、雨に濡れながら進む…
ほとんど池みたいになってる所もありましたが、
やむなくそこに足を…!
スニーカーもグットングットン、靴下もビチャビチャに(^^;

あ~「天龍八部城」、最後はこんな幕切れかぁ…

ちなみに、とっても行きたかった珍瓏、
パンフレットを良く見るとこんな感じなのですね!
画像017
どうも、ドラマの撮影場所とは違うようです。
なので、ちょっと留飲が下がりましたw
しかし西夏国とか遼国は見ておきたかったかも・・・

遺恨が残ったので、またいつか行ってみたいです!!

という事で、長かった「天龍八部城」関係の記事はここまで!
次は大理古城ですねw

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 旅日記
八雲慶次郎 | URL | 2009/09/02(水) 22:46 [EDIT]
私も文字だけの旅日記始めました(^^;
当分終わりそうにありませんw

>やってる事は獅子舞の人たちと似ている…
獅子舞の人たちなので(^^;

>雲南なんだし、普耳茶が出れば良かったのに…。
あれは大理のペー族が客をもてなすときの「三道茶」というものです。もともと踊りなどを見せてもらいながら振舞われるものです。
最初が「烤茶」次が「甜茶」で三つめが「回味茶」といいます。

西夏と遼国城門は実際の撮影がされたところなので見たかったですねえ。
● 興味津々です^^
rain | URL | 2009/09/02(水) 23:47 [EDIT]
おこんばんは。
すごーい!こんなのがあるのですね!
「天龍八部」が「射[周鳥]~」とならんで好きな私は興味津々です。神仙姐姐すごい^^
「珍瓏棋局」までショーにしてしまうとは~。

雲南やら大理やら麗江やら、少数民族系は心惹かれるものがありますね!

こんな楽しそうな場所を知ってしまって、太湖の水滸城と桃花島と、また行きたい武侠ゆかりの地がふえてしまいました……!

それにしても、阿吉さん、大満喫ですねー^^
● もう一回~~
迷子 | URL | 2009/09/03(木) 00:15 [EDIT]
雨がうらめしいよねえ~~
私には阿吉さんの根性はなく、金庸先生で沈没しました
やっぱりここはもう一回来いってことなんだと
勝手に解釈しています

もう一回ゆっくり行きたいねえ、お天気のいい日にw
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/03(木) 22:31 [EDIT]
ついに日記に着手されましたか!
楽しみにしてます(^^)

>獅子舞の人たちなので(^^;
あ、やっぱり(笑)

「三道茶」でしたか!あれがね~。
今頃になって旅名人ブックスを
同学から借りました(^^;
1杯目が20代、2杯目が30~4,50代、
3杯目が老後を表してるんですね。
青春は苦いって事か…(^^;

>西夏と遼国城門
きっと普通の中国人も
見に行きたがらない所なんでしょうねぇ。
アトラクションとかやってる訳でなし(^^;
でも行きたかったですね!
特に西夏のライトアップしてる所を見たかったです。
● >rainさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/03(木) 22:34 [EDIT]
こんばんは!
rainさんもここんとこ香港満喫じゃないですか~w
それも羨ましいですよ~!
(読み逃げでスミマセン)

>こんな楽しそうな場所を知ってしまって、太湖の水滸城と桃花島と、また行きたい武侠ゆかりの地がふえてしまいました……!
一人じゃまず行けそうにない場所でしたが、
次はツアーじゃなくても行ける…かな!?
次回はrainさんも是非ご一緒しましょう!
太湖の水滸城なんて言うのもあるんですね!
それは行ってみたいかも!

>それにしても、阿吉さん、大満喫ですねー^^
そうなんです…暫く大人しくしておかなくては(笑)
● >迷子さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/03(木) 22:38 [EDIT]
>雨がうらめしいよねえ~~
ほんとですよね!
雨が降ってなければ、
もっと天龍八部城での散策時間が
とれたんだろうなぁ…と思うと。

>私には阿吉さんの根性はなく、金庸先生で沈没しました
沈没だなんて…
迷子さん、めっちゃあそこを満喫されてましたよね!
濡れても頑丈なのでトライしました(^^;

>やっぱりここはもう一回来いってことなんだと
勝手に解釈しています
もう一回ゆっくり行きたいねえ、お天気のいい日にw
そう…もう1回ゆっくり行きたいですねぇ!
今度はもっと回れる自信があります!
なんかもっと撮影中のショットとか、
張Pの談話とか、飾ってあるのかと思いましたが・・・
見てないだけでしょうかね?

Mario | URL | 2009/09/03(木) 22:57 [EDIT]
テンション上がりっぱなし、アドレナリン出っ放しですね。

>西夏・・・・
いかなくちゃだめじゃあないですか・・・ 虚竹と阿吉夢姑の氷室ですよ! あれは別にセットを造ったような気がしますが・・・少なくとも入り口はある。

>奥には神仙姐姐の銅像
売ってるんですか? 兵馬庸の等身大レプリカみたく! 欲しい(爆)

>気づけばガイド姑娘が出演しているぞ!・・・
なかなかお綺麗ではないですか・・・阿「朱」と発音を間違った!ってレターしておいたら・・・。
● >Marioさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/05(土) 11:02 [EDIT]
ほんと、色々大放出~!で大変した(^^)

>いかなくちゃだめじゃあないですか・・・ 虚竹と阿吉夢姑の氷室ですよ! あれは別にセットを造ったような気がしますが・・・少なくとも入り口はある。
そうなんですよ!一生の不覚!
あの、いかにも嘘もんの氷の塊とか見たかったんですが。
ちなみに、私的には、
夢姑よりも竹剣or梅剣ポジションを狙ってますw

>売ってるんですか? 兵馬庸の等身大レプリカみたく! 欲しい(爆)
売ってないです!(^^;
でも売ってたらいいのに~!
…そういえば、この中でお店らしいお店は
金庸先生のここしか見てないんですけど、
ドラマ関係のストラップとか
天龍八部城絵葉書とか、
そういうのは全然販売してなかったような…
色々販売したら売れそうなんですけどね~。
私、出店しようかな!(爆)

>なかなかお綺麗ではないですか・・・阿「朱」と発音を間違った!ってレターしておいたら・・・。
はい、綺麗ですw
役名じゃなくて女優さんの名前で言えば良かった…
でもちょっとツンツンした所は、
やっぱり阿「朱」じゃなくて、
阿「紫」な感じだったんですよ~!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。