年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/05(土)   CATEGORY: 幇会
映画「天龍八部」の撮影地と雲南を巡る旅 その9 大理Night編
本日、二十一世紀旅行社さんから、
旅の記録が送られてきました!
逕サ蜒・18_convert_20090905151701
こんなサービスも心憎いですね!
T姑娘、ありがとうございます!
そのうち、写真交換会とかもするそうです。
…流石に私は江戸には出ていけないなぁ…残念です!



一行は大理古城を後にして、ホテルへ戻ります。
今夜の夕食はホテルで取るのですw

…その車中でXさんより重大(!?)発表!
「皆さんには今夜の夕食で、『天龍八部』を味わってもらいますよ~!」
ん?どういう事かというと、
なんと『天龍八部』という名の地酒があるのだそうです!
これを21世紀旅行社さんから夕食に一瓶プレゼント!
うぉ~!っと盛りあがる車内!
味見をする前から、「それはぜひとも買って帰りたい!」
という声が上がります…

その地酒、『天龍八部』とは、コレ↓だ!
299_convert_20090905135921.jpg
バックに大理啤酒を従えてのお姿w
白酒で、38度もあるとか。
「天龍三十八部ですね~」と言ったら、T姑娘がウケてくれた(^^)
飲むとアッという間に蒸発します。

私は2本も買って帰りまして~、
1本は、このお酒のありがたみが全~く解らない、
親父殿へのお土産になりましたが、
もう1本はぜひ、幇会でもして、そこで味わいたいと思います!
九州近辺の皆さん、集まりましょう~!
美味しい料理の数々…
奥は魚ですが、手前のは厚揚げの入った煮物?
300_convert_20090905140016.jpg
馒头だ~(^^)
301_convert_20090905140045.jpg
豚の角煮。
302_convert_20090905140115.jpg
豚肉と、にんにくの芽、かなんかの炒め物。
303_convert_20090905140146.jpg
鶏肉のピリカラな炒め物。
304_convert_20090905140215.jpg
何か忘れた…(^^;豆腐系のナニカ。
305_convert_20090905140245.jpg
この他にもまだまだ沢山料理は出てきたのですが、
食べるのに忙しく、撮影を忘れました(^^;
デジカメの電池も残り少なかったし!
そして、飲酒してるし!(爆)

…他の方々の写真を見ると、
白ごはん、
ブロッコリとカリフラワーの茹でたの(中国でブロッコリは珍しいらしい)とか、
トマトと卵のスープ(定番ですね!)とか、
これまた空心菜(実は食べたかった)…ではなくて青菜の炒め物、
スイカ、などだった模様。

私、中国映画で良くあるシーン、
家族で円卓を囲んで、
親が子供に「もっと食べなさい」とかいって
白ご飯の上に直接おかずを取ってやるシーンが大好きです!
日本で中華料理屋に行くと、小皿におかずを取って食べたりしてますが、
この旅では、小皿の枚数が少なかった事もあり、
念願の、大皿から白ご飯の上にダイレクトおかず乗せ、
をやりましたw わ~い!(行儀悪い?)
…しかし小皿は少なくても良いですが、
お椀はご飯用とスープ用と、2つあると良いですね!
じゃないと両方一緒に食べられないので(爆)

私は紹興酒を注文!
しかし白酒+啤酒+紹興酒は悪酔いしそう…という事と、
明日は麗江でここより更に高地になるため、
またまた過度の飲酒は高山病になってしまう、
という事で、全員で1本がようやく空くかどうか、という感じでした(^^;
う~む。武侠な旅なので、夜はもっと「甕ごと持ってこ~い!」
みたいな勢いになるのかと勝手に思ってましたが、
皆さん常識人です!
…っていうか体調管理は大人として当然のことですよねw

食後、Yさんから、
「これからマッサージに行きませんか?」とご案内がありました。
ホテル内でも施術してもらえるそうですが、
大理古城中の上手なマッサージ屋さんはどうか、と。
御隣のpiggyさんの目がキラリと光り、
マッサージに目が無いpiggyさん、タラさん、T姑娘と4人で行くことに!
gogglesさん達は、ホテル内で足ツボマッサージを受けるとか。
それもくつろげて良さそうです(^^)

一旦部屋に帰って、外出の用意をしてロビーへ。
ロビーのソファで、八雲さんが横浜と通信をする、
という事でスタンバっておられる。
この為にノートPCを持ってきたとか!凄い!

「いっこく堂の衛星中継みたいに、
『…あれ?…声が…遅れて…聞こえるよ?』
とかなるんですかね~♪」(←酔っぱらい)
と言って見るも、相手にされないのであった(爆)

そうこうしているうちに、
piggyさん、タラさん、T姑娘登場!
横浜の皆さんに宜しくお伝え下さい!と言って、
Yさんについてホテルを出ました。

ホテル前にはそのマッサージ屋さんのワゴン車がお迎えに来ていました。
助手席には、
母と娘(4~5歳だったっけ?年聞いたのに忘れた)が座っていて、
「へ~一家で経営してるマッサージ屋なんだ♪家庭的!」
とか思っていたのですが、
いざ、大理古城に着くと、
全く関係ない方向へ母娘は去って行ったのであった…
あれは一体何だったんでしょう??
乗合タクシーだったのかな?

夜の大理古城の、洋人街。大変賑わっていてワクワクします!
306_convert_20090905140311.jpg

ここがそのマッサージ屋さんです。
307_convert_20090905140339.jpg
…といっても、ここは小さなスペースで、受付だけするみたいでした。
いや、ここでも施術出来るけど、
表通りだからお高い、って言ってたような気も?
(でも施術するような場所は見当たらなかった。二階にあるのか?)
”呙”というのが、この店のオーナーの名前というか屋号というか。
世界各国に出店しているそうで、評判のマッサージ屋さんだとか。
これは期待が持てますよ!
施術して下さるのは、聾唖の方なのだそうです。
盲人のマッサージは聞いた事ありますが、聾唖の方とは!

ここから更に10mくらい先に進んで
左の小さな小路に入ると、
我々が施術してもらう場所に到着。
普通のアパートみたいな二階で、
地元の人じゃないと行かないよね?みたいな所でドキドキします!

なんと、1時間30分で135元というお値段。
日本だと1分100円が相場ですから、破格です!
(in中国、そして聾唖の方だからお安い、という事でした。)
しかし、私は最長でも60分しかマッサージした事ないので、
そんな長い事施術されると揉み返しがあるのでは?という不安もあり、
前半は足マッサージ、後半は全身マッサージ、
という組み合わせにしてもらいました。
タラさんは全身マッサージ60分というコースです。

タラさんだけ別の部屋で、
piggyさん、私、T姑娘は同じ部屋。

まず、piggyさんのマッサージ師(濃い顔の兄ちゃん)が、
次に、T姑娘のマッサージ師(ごく普通の兄ちゃん)が来て、
満を持して私のマッサージ師(黒タンクトップの兄ちゃん)が登場!

T姑娘は、GW頃、階段から落ちて背中を痛めたらしく、
背中のマッサージは避けたい、という事で、
Yさんがマッサージ師にその旨を伝えます。
ウン、ウン、と頷くマッサージ師。

最初に足をお湯の入った桶に浸して、
その間は肩などをマッサージ♪

その後、ベッドにあおむけになります。
足ツボをググッと押されると、当然、痛い箇所もあるので、
「イター!」とか言って騒いでいると、
ニコニコする黒タンクトップの兄ちゃん。
「…もしかしてこの人、Sなんじゃ?」と両脇のお二人に言うと
ウン、ウン!と満面の笑顔で頷く黒タンクトップの兄ちゃん。
「え!?言ってること解るの?日本語なのに?
听懂了吗?(聞いて解るのですか?)」とたずねると、
やはりウン、ウン!と満面の笑顔で頷く黒タンクトップの兄ちゃん。
しかし、彼は壁に貼ってある「軽・重」という貼紙を指さし、
ジェスチャーで、「軽く押して欲しい時は指を一本、
強く押して欲しい時は指を二本出して!」と言いました。
…やはり聞こえていた訳ではなく、
ただ単に愛想が良くて笑ってただけみたいです(^^;

マッサージを受けている間、
近くの居酒屋からカラオケが聞こえてきます。
…が、人によってはえらく調子っぱずれなのです(^^;
でもこれがプロのお店専属歌手なのだとか。
え~!?



…ん?隣でpiggyさんが大笑いしているぞ!?
何故か、私の担当のマッサージ師だけ
他の二人と動きが違う事が発覚!

私の手を持って、グルングルン縄跳びのように回したり、
足を持って全身を下に引っ張り下げたり、
手を後ろにねじあげられたり、
見た事も聞いた事もないような技が繰り出される…
でも何と言うか、下手くそで痛い訳じゃなくて、
リラックスするマッサージとは違うけれど、
確実に効いてる気がしました!
これは達人とお見受けした!

途中で様子を見にきたYさん曰く、
この黒タンクトップの兄ちゃんはとても真面目で研究熱心で、
愛想も良いのだそうです。
いや~私、大アタリだったんですね!

彼らは耳は聞こえないけど、とても真面目に仕事をしているそうです。
Yさんも手話は出来ないので、
彼らと会話する事は出来ないと言ってました。
…ん?てことは、
さっきT姑娘がYさんを通じて「背中は止めてくれ」と言って、
マッサージ師は頷いてたんだけど、あれは解ってたのかな?
…やはり適当に相槌を打っていたようでした(^^;
だって思いっきり背中もやられてましたから!(爆)
細かい注文がある時は、施術前に筆談しておいた方が良さそうですね!
私も解りもしない中国語を聞いた時に、適当に頷くのはやめよう…

ベッドを移ってからは、背中にタイガーバームのような物を塗られて
ゴシゴシこすり上げられたり、
頭も顔もマッサージされ、あげくにお腹までも!(便秘対策?)
流石にそれはくすぐったいので大爆笑しました(^▽^;
…う~ん、全身揉まれた!…○○以外は!(爆)

しかし、自分史上、最高のマッサージ師さんでした!
実際、翌日も翌々日も、
沢山歩いたけど全然筋肉痛にならなかったし!
非常に感動したので、一緒に写真を撮りましたw
310_convert_20090905151628_20090905163231.jpg
ありがとう~!これからも頑張ってね!

マッサージを終えてお店を出ると、Yさんがいない!
最初の表通りの看板のお店まで行って、オーナーに会いました。
お店の中にはいろいろな写真が貼ってあって、
日本の高名なマッサージ師とも交流があるようです。
雑誌に掲載されたりとかしているようでした。

そのうちYさん登場!
1時間30分待つのはやっぱり長いので、
どうやらXさんと一杯ひっかけていた模様…
雲南の親父たちの憩いのひと時ですね(^^)

地元人が行く屋台があるからビール一本くらい飲まないか?
と誘われます。
興味津津ですが、明日もあるし、マッサージでクッタリしているので、
遠慮しましたが、Yさん、大理の町を紹介したくて仕方無いのですね!
「じゃ、ちょっと夜の街も見てから帰ろうよ!」と。

マッサージ屋さんがあったのは、まさに洋人街のただ中です。
311_convert_20090905140404.jpg
ここらはバックパッカーが多いようで、
お店の作りもなんとなく西洋風…

こちらは、西洋人バックパッカー御用達の老舗旅館でしたが、
つぶれてしまったのだとか。
312_convert_20090905140434.jpg

門↓
313_convert_20090905140507.jpg
この門の向こうに見えるもう一つの門、
こちらに行くと、洋人街ではなく、
地元の大理っ子が遊ぶ通りだそうです。

マンホールの蓋。書いている字はどう見ても漢字ではない…
314_convert_20090905140538.jpg

門を反対側から見たところ。
315_convert_20090905140613.jpg

大理っ子が遊ぶ通り。ちょっと入口付近は暗いのだ。
316_convert_20090905140644.jpg

「さっきまで、ここで飲んでた」とYさん。
317_convert_20090905140712.jpg
確かに、同じ通りにテーブルとイスを出すにしても、
洋人街とお店の雰囲気もちょっと違います!
美味しそうな食材に興味津津でしたが、
お腹は満腹なので泣く泣く辞退…
そろそろホテルへ戻りましょう!

大理古城も、近年夜中までやっているカフェとか居酒屋とかが多くなって、
近隣住民がうるさくてかなわん!と問題になっているとか。
ほんと、大理古城以外は、夜は真っ暗で、
人がほとんど歩いてない、みたいな町なので、
その変化は大きいでしょうねぇ…

だけど、まだ俗な感じはなかったので、
とても良い街だなぁと感じました!是非また行きたいです!

部屋に戻って相変わらず濡れたままのスニーカーをドライヤーで乾かし、
お風呂に入って良く温まりました。
そうそう、お風呂のシャワーと蛇口の切り替え、
および、バスタブに栓をするやり方がイマイチ掴めなかった私の為に、
T姑娘が様子を見に来てくれました!
「切り替えてからお湯を出した方がいいですよ」と言ってくれたのですが、
実は時すでに遅し、とっくに間違えてて、
ちょっと頭上からシャワーを被ってしまってたのでした(^^;
…しかしホテルが変わるたびにやり方違うので、
毎回悩むんですよね~。

やっと就寝体制に。
明日はちょっと遅くて7:00起床です!
これでようやく二日目終了~!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 天龍八部酒
八雲慶次郎 | URL | 2009/09/05(土) 22:21 [EDIT]
天龍八部の白酒は関西幇会で飲みました。さすがに白酒なので空きませんが(^^;

横浜との中継がうまく行かなかっただけに、マッサージが楽しそうでうらやましいです。
でも男一人混ざって行っても別の部屋に通されて、愛想笑いのにーちゃんと通じないアイコンタクトを交わすばかりの時間になってそうです。

>T姑娘は、GW頃、階段から落ちて背中を痛めたらしく
piggyさんの日記ではしりもちをついて腰をいためたとか(^^;
どっちにしろたいへんですが、問診をする(はず)の推拿ではなく問診をしないマッサージだとこの辺が考慮されないので危ないですね。悪化する可能性もありますし。

>リラックスするマッサージとは違うけれど
黒タンクトップの兄ちゃんのそのテクは、間違いなく筋肉をリラックスさせるものです。でもまあ必要なくても使ってくるかもしれませんが(^^;

もしかしたら知っている日本の先生と関係あったかもしれないので、やっぱり行ってみたかったなあ…。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/06(日) 01:09 [EDIT]
>天龍八部の白酒は関西幇会で飲みました。さすがに白酒なので空きませんが(^^;
そういうものですかw
白酒なんて普段飲まないのですが、
やはり生で飲む以外には
美味しい飲み方って無いんですかね~?
何かで割るとか…は邪道か!

>横浜との中継がうまく行かなかっただけに、マッサージが楽しそうでうらやましいです。
中継、不発で残念でしたね…
マッサージは、piggyさん、タラさん、T姑娘とも
一気に仲良くなれたので、
そういう意味でも良かったです!

>でも男一人混ざって行っても別の部屋に通されて、愛想笑いのにーちゃんと通じないアイコンタクトを交わすばかりの時間になってそうです。
黒タンク兄ちゃん以外は
そんなに愛想笑いばかりしてた訳ではなかったので、
大丈夫だったかも、ですよ?

>piggyさんの日記ではしりもちをついて腰をいためたとか(^^;
たぶん、背中が正解だったと思いますが
どうでしょうか?

>黒タンクトップの兄ちゃんのそのテクは、間違いなく筋肉をリラックスさせるものです。でもまあ必要なくても使ってくるかもしれませんが(^^;
日本でも、
ツボを力でぐりぐり押すんじゃなくて
筋をコリコリほぐしてくれるタイプの
マッサージ屋さんに行っています。
その方が揉み返しが少ないみたいですね!

>もしかしたら知っている日本の先生と関係あったかもしれないので、やっぱり行ってみたかったなあ…。
やはり、大理を再訪するしかないでしょうw

piggy | URL | 2009/09/06(日) 20:39 [EDIT]
すいません!
記憶があいまいでしたネ
そうです!確かに背中って言ってました!v-16

どんどん薄れるばかりです

そして阿吉さん担当のお兄ちゃんはありえないくらい腕をブンブンまわしててホントに面白かったんですよv-14
● >piggyさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/06(日) 21:46 [EDIT]
いらっしゃいまし~!(^▽^)

>そうです!確かに背中って言ってました!
まぁ背中と腰は続いてるから同じようなもの…
…って違うか~!?(^^;

>ありえないくらい腕をブンブンまわしててホントに面白かったんですよ
本気(マジ)でしたね!(^^;
でも顔は笑いながらだったので、
コントみたいだな~と思いながら回されてました!?

でも効果があったので、すべて良しですw

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。