年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/26(土)   CATEGORY: 中華雑記
龍の子、貔貅
…いつかネタにしようと思っていたのですがきっかけがなく、
丁度、八雲さんとこで話題となっていたのでUPします!

私がこの伝説の獣の事を知ったのは、
2005年秋に上海に行った時のことでした。

それまで、”中国の伝説の獣”と言えば、
龍とか麒麟とか朱雀とか玄武、
あたりのメジャーどころしか知らなかったのですが、
ガイドのLさんに教わったのが、この貔貅!
難しい漢字ですが、日本語では”ヒキュウ”と読むらしい。
私は”ピシュウ”と教わりました。
普通話ではそう発音するのでしょうね。

最初に目にしたのは、上海豫園の出口あたり。
逕サ蜒・34_convert_20090926211318
「これは貔貅ですね。お尻の穴が無いんですよ。
龍の9番目の子供です。」と、ガイドのLさん。
え!?龍に子供がいるの??
と驚いた訳ですが、外見的な特徴が良く解りません(^^;
麒麟のようにも、獅子のようにも、胴の短い龍のようにも見えます。
まぁ、龍の子供だから龍似なのは当然なのでしょうけれど。
一応、後ろに回ってお尻の穴があるかないか確かめてみましたが、
普通、どんな石像でも、お尻の穴までは作りませんよね!(爆)

その後、旅はお決まりの上海コースを色々回り、
旅行社が契約してるお土産モノ屋さんにも連れていかれ、
その中の宝飾屋さんで、また貔貅と出会いました。
興味津津の私に対して、熱心に貔貅のご利益を説く、Lさんと店主。

曰く、貔貅はお尻の穴が無く、食べたものを外に出さないと言う事で、
お金が貯まる、アリガタイ動物として信仰されているとか。
…と言う事で、ギャンブラーが博打をしにいく時、
貔貅を持って賭博場に行くそうです。
実際、店主も、紅い紐の翡翠の貔貅のネックレス、してました!
それをコッソリ胸から取り出し、私と友人に見せてくれる…

で、Lさんと店主とはかなり本気で言ってたのですが、
貔貅を着けてる奴はバカヅキするから困る!
ってんで、
賭博場の方では貔貅を持ってないかどうか、ボディチェックするそうです。
「本当~!?マジ~!?」と半信半疑な私と友人だったのですが、
大の男二人がかなり真剣な顔で話してきて、
初めて聞くその貔貅の生い立ち(?)に、なんか興味を感じてしまい、
思わず購入したのがコレ↓です。
002.jpg
黒檀かなんかの貔貅の縁起物のお飾り。
こうやって見ると、豹っぽい感じ。
どうも造形は龍やなんかと比べて、結構曖昧ですね(^^;

Lさんと店主は、当然、翡翠の貔貅をお勧めしてきましたが、
シャレで買うにはお高いモノだったので、こちらにしました。
Lさんが凄く熱心に説いてたので、
「…じゃあ、Lさんも貔貅を持ってるんですか?」
と尋ねると、真剣な顔で、
「お金を貯めて、いずれデッカイ翡翠の貔貅を買うんだ!」
と言ってました。

ギャンブルは宝くじも含めて全然しないんですが、
いっとき、面白がってカバンにつけてました。
なんで、ご利益の方はイマイチ解りません。

しかしデトックス流行りの昨今、
お尻の穴が無い、ってのはちょっとアレなんじゃないかな~(^^;

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

阿銀 | URL | 2009/09/27(日) 01:45 [EDIT]
>貔貅を着けてる奴はバカヅキするから困る!
そうなんだ?!
ギャンブルしないから全く効き目はわからないですがあ(笑)

携帯のストラップがまさにこのヒキュウです。
お尻つるつるよん。
なんか便秘になりそうでいやだよねえ

rei★azumi | URL | 2009/09/27(日) 08:02 [EDIT]
さすが、『海山経』が生まれた国というか……
摩訶不思議な動物~と云うか、霊獣かな? 色々いますね~。

それにしても、龍の子が龍じゃないなんて。
しかも、9番目の子供って……(^▽^;)
(そうすると、他の八体が気になってきます(笑)
● 竜生九子
八雲慶次郎 | URL | 2009/09/27(日) 14:31 [EDIT]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E7%94%9F%E4%B9%9D%E5%AD%90
↑これのことです。
貔貅は番外みたいな感じですけど(^^;
どれもみんな龍にはなれなかったということのようです。

謫仙 | URL | 2009/09/27(日) 19:23 [EDIT]
わたしは今度の話で、この動物を知りました。
奥が深い。
こうなると龍というのは子孫がいない? では龍はど゛うして生まれた? 新しい疑問。
とうてつが龍の仔なら、とうてつの仔はいるのかな(^_^)。

きりがありませんね。こういうことは、それが話題として登場したときに覚えておかないと、二度と知る機会はないかも知れない。
登場して、「それ、知っています」という阿吉さんの知識は相当なもの。敬意を表します(^。^))
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/27(日) 22:10 [EDIT]
おぉ、阿銀さんもお持ちですか~、貔貅!
やっぱコレは我々でギャンブルしてみて、
ご利益の程を確かめねば??
いや、その前に、中華な賭博場に
貔貅チェック無しで入れるか、
そっちも検証してみたいですw

やっぱり便秘は嫌なので、
穴はあった方がいいですよね…(^^;
お金は天下に回ってこそ、ですよ!
(↑貧乏人の負け惜しみ)
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/27(日) 22:18 [EDIT]
>さすが、『海山経』が生まれた国というか……
わ~、私はこの『海山経』を知りません(^^;
こういう、龍っぽいというか、
鱗があったり牙があったり角があったりする系の
霊獣って、なんか良いですよね。
畏怖の念よりパワーを感じます!

>それにしても、龍の子が龍じゃないなんて。
不思議ですよね~。
龍はこの世に一匹なのでしょうかね?
漠然と”龍族”というのがあるんだと思ってましたが。
西遊記だと、あちこちの河の神様は龍ですし。

そうすると、龍は父親なのか、母親なのか?
じゃなければ、龍×龍で竜生九子が出来たのか?
等と、妄想が膨らみます!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/27(日) 22:21 [EDIT]
>貔貅は番外みたいな感じですけど(^^;
根拠のない、勝手な想像ですが、
貔貅の、ギャンブル運&金運UP!
みたいな所が庶民にウケて、
ハクを付ける為に龍の子になっちゃったのでは?
なんて思いました。

>どれもみんな龍にはなれなかったということのようです。
そうそう簡単に龍が生まれちゃ困るんですかね(^^;
単なる出来そこないではなく、
それぞれに役割がある、って所が面白いです!
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2009/09/27(日) 22:27 [EDIT]
いや~、たまたま当時のガイドさんが
ギャンブラーだった、って事で
貔貅を信仰してたんでしょうね。
旅行中に2度も話題に出たので覚えていたのです。
(買って帰りましたし)

>こうなると龍というのは子孫がいない? では龍はど゛うして生まれた? 新しい疑問。
そうですね!
登竜門、なんてのもあるので、
龍は鯉の化身という事でしょうか?
龍に生まれるのではなく、
龍に成る、と考えると、
皇帝と龍の関係から、何か奥深いものを感じます。

>とうてつが龍の仔なら、とうてつの仔はいるのかな(^_^)。
興味がありますね!
とうてつ、未だ子供いなかったりして…??

rain | URL | 2009/09/28(月) 00:53 [EDIT]
かなり笑わせてもらいました^^&貔貅は初めて知りました。

龍の九番目の子だとかお尻の穴だとか……こだわるんですねー^^
日本人だとどうでもいいと思いそうなことですが。おもしろいです。
ちょっと私もほしいかもです。もちろん小さいほうを。

なんだか個人的に貔貅の話題でとうぶん盛り上げれそうです^^
● >rainさんへ
阿吉 | URL | 2009/09/28(月) 19:00 [EDIT]
>かなり笑わせてもらいました^^&貔貅は初めて知りました。
アハハ!ウケて何よりですw

貔貅、2005年頃はブームだったんですかね~?
その後、私が大陸に行った時は、
特に貔貅の根付けとかにはお目にかかりませんでしたし。

>ちょっと私もほしいかもです。もちろん小さいほうを。
是非、大陸へ行ったら探してみて下さいw
でもなんか見た眼にバラつきがあるんで、
一人で探すのは難しいかも、ですね(^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。