年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/15(木)   CATEGORY: 中華古典
酉陽雑俎
以前、「中国のシンデレラ」というTV番組を見た時に、
「酉陽雑俎(ゆうようざっそ)」の事を知りまして、
いつか読んでみるぞ!、と思っており、
このたび、図書館から借りて読んでみました!

酉陽雑俎 1 (東洋文庫 382)酉陽雑俎 1 (東洋文庫 382)
(1980/01)
段 成式

商品詳細を見る
…と言っても、全5巻中の1巻だけなんですが(^^;
正直、挫折!orz
1巻に限って言うと、本文は3行くらいなのに、
その後の解説とか注釈が延々と2ページくらいあったりして、
あっち見てこっち見て、ってしてるうちに、
訳がわからなくなってしまいいました(爆)
学術的に翻訳されただけのじゃ、どうも手に負えません。
小説っぽく書いてくれてると良いのですが。

そして、1巻には、私の読んでみたかった、
「灰姑娘葉限」とか、招き猫の元祖のことは無かった模様。
何と言うか、道教の事とかそういうのが延々と書いてました。
(「道教の美術展」見に行ったばっかりだというのに、情けない奴だ)
読んだけど、あまり頭に残っていない…

唐代の怪異記事を集録、ってあるんだけど、
あんまりそういう面白そうな話は無かったですね~。
出てくるのは2巻以降なのでしょうか??

という事で、2巻以降は暫く放置しておいて、
また読むモノ無くなったら借りてみたいと思います(^^;

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 確認
八雲慶次郎 | URL | 2009/10/26(月) 21:52 [EDIT]
つい全巻購入してしまいました。
「葉限」の話は4巻に「招き猫」のは5巻にあります。
1巻が一番かたい話なので読みにくいでしょうね(^^;
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2009/10/27(火) 18:48 [EDIT]
>つい全巻購入してしまいました。
え~マジですか!
つい、って…(^^;
4巻と5巻が面白そうなのですね。
いつか再チャレンジしてみます!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。