年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/10/31(土)   CATEGORY: 皇なつき
燕京伶人抄
気づけば最近更新が滞りがちですね(^^;
大体、週1回って所でしょうか。

皇なつき先生の漫画、「燕京伶人抄」を読みました!

燕京伶人抄 (潮漫画文庫)燕京伶人抄 (潮漫画文庫)
(2004/10)
皇 なつき

商品詳細を見る
先日、この写真集↓を買った時に、中で加藤徹先生が、
”京劇を舞台とした漫画”として紹介されてたので、
購入してみました。

花の生涯ー梅蘭芳 写真集花の生涯ー梅蘭芳 写真集
(2009/02/28)
監督)チェン・カイコー

商品詳細を見る


確かに、京劇をネタにした日本の漫画、ってあんまりないような・・・
(ま、そりゃそうか。じゃ、例えば歌舞伎をネタにした漫画は??)
こちらの漫画↓も京劇がテーマなんですが、
最初の設定が微妙~に映画「覇王別姫」と被った感じで、
これからいよいよオリジナリティが出てきそう…、という所で
打ち切りっぽく終わってたのが残念だったのでした。
武神戯曲 1 (電撃コミックス)武神戯曲 1 (電撃コミックス)
(2003/10/27)
上田 宏

商品詳細を見る



で、今回読んだ、「燕京伶人抄」。
やっぱり皇先生なので、絵が綺麗~(^^)!
漫画っていうより、イラスト集とか絵巻のようです。

あとがきを読むと、
まさに「覇王別姫」に影響を受けられて描かれたそうなのですが、
二十世紀初頭の北京を舞台にされており、
如海・如山…といった馮家の兄弟妹と、
名女形の楊洛仙を軸にお話が展開されているのが前半。
後半は若い女の子たちが話の中心、
中華民国になって、封建社会から抜け出そうとする姿が描かれていました。
全部で8話の短編集です。

京劇の部分ですが、「覇王別姫」に影響を受けた、
と言われてても、全然、話は別の感じです。流石、素晴らしい!
でも如海の造形が、銀行員で、京劇の脚本を書いて…といったあたり、
何となく斉如山(梅蘭芳のブレーン)を思い出させました。
沢山資料を集めて、丁寧に描かれたんだな~というのも良く解ります。
京劇の漫画、といっても京劇の演目を漫画にしたのではなく、
京劇を軸に、人生を描いた、という感じでしょうか?

面白かったです!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ふく*たま | URL | 2009/11/01(日) 14:57 [EDIT]
私もこの漫画、持ってます~。
私は京劇には疎いのですが、この登場人物たちの京劇への情熱とかそれ故の確執とか、すごく上手く描かれているなぁと感じました。
実は、お借りしていた本をお返しする時、京劇がお好きだと聞いていたので、こっそり忍ばせようかと思ったのですが、既読かな?と思ったのと、カレーを入れたらスペースがなくなったのとで断念したのでした(^^;)
● 私も持ってます(^^;
まや | URL | 2009/11/01(日) 16:41 [EDIT]
多分本棚の奥に入っているはず。。。
折角の京劇を扱った漫画だというのに、
阿吉さんにお貸しするの忘れてました、すみません!!

これは確か掲載されていた雑誌が休刊になっちゃったせいもあって、
残念ながらお話としてはすっきりしない終りになってしまってるんですよね。。。
でも皇なつき先生の漫画は本当に絵がきれいで、
見てるだけでも幸せな気分になれちゃいます!
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2009/11/01(日) 22:08 [EDIT]
>私もこの漫画、持ってます~。
わ~、流石、皇先生!(と、ふく*たまさん!)
皆さんちゃんとご存知で、
蔵書として持ってらっしゃるんですね~!
どうも私はまだまだ読書量が足りません(^^;

>私は京劇には疎いのですが、この登場人物たちの京劇への情熱とかそれ故の確執とか、すごく上手く描かれているなぁと感じました。
そうですよね!京劇を前面に出してますが、
あの時代の確執とか凄くうまく出てたと思います。

>実は、お借りしていた本をお返しする時、京劇がお好きだと聞いていたので、こっそり忍ばせようかと思ったのですが、既読かな?と思ったのと、カレーを入れたらスペースがなくなったのとで断念したのでした(^^;)
とんでもないです!
カレー、美味しくて感激!でしたし、
ちゃんと今、こうやって読みましたから…(爆)
● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2009/11/01(日) 22:12 [EDIT]
>多分本棚の奥に入っているはず。。。
折角の京劇を扱った漫画だというのに、
阿吉さんにお貸しするの忘れてました、すみません!!
やっぱりまやさんもお持ちなんですね!
凄いな~!恥じ入るばかりです…!

>これは確か掲載されていた雑誌が休刊になっちゃったせいもあって、
残念ながらお話としてはすっきりしない終りになってしまってるんですよね。。。
休刊ですか~。それは残念ですね。
まぁ一応、一話一話、違う話なので
”打ち切り”感はそんなになかったですが。
あと、前半と後半でちょっと趣が違うというか。

>でも皇なつき先生の漫画は本当に絵がきれいで、
見てるだけでも幸せな気分になれちゃいます
そうなんですよね~!
私は絵とか描かないので解らないですけど、
なんでしょう、書き込みが凄く細かいですよね!
スクリーントーンとかあまり使ってない感じですか?
背景とかも凝ってるし。
線の細い太いの揺れみたいな、
微妙~な感じもステキです!

ぴょ | URL | 2009/11/10(火) 14:27 [EDIT]
皇 なつきは中国人が皇明月と呼んでる漫画家でしょう。
残念です、小さいごろも聞いたことがあるけど、全然その作品を呼んだことない。
伶人のことを述べる作品もあるのか、本当にすごい、わたしでも、京劇とかあまり分かっていない。
中国の劇は、一番聴きがよい劇は多分、越劇だ、聞けばすぐメロデイを覚える、たとえば「天仙配」とか「紅楼夢」とか、みんな知っている。
京劇は分かりにくいね。

でも、私は燕京の伶人と言えば、興味があるだ、好きなドラマがあるだから。
胡可と映画の帝夏雨が演じた「天下第一醜」というドラマがすごく面白いで、大好き。
私はそれを見るまえ、胡可が好きではない、でもそれを見たら、好感を持つようになった、そして、それは胡可さんの一番かわいい役だと思う、鹿鼎記よりずっときれいだ。

● >ぴょさんへ
阿吉 | URL | 2009/11/10(火) 21:05 [EDIT]
>皇 なつきは中国人が皇明月と呼んでる漫画家でしょう。
中国でも有名なんですか!
凄いなぁ!
でも漫画が中国語に翻訳されている、
という訳ではないんですかね?

>伶人のことを述べる作品もあるのか、本当にすごい、わたしでも、京劇とかあまり分かっていない。
色々な中国の資料も調べて、
描かれたみたいですよ!

>中国の劇は、一番聴きがよい劇は多分、越劇だ、
私は越劇は見たことがないので、
見てみたいです!
越劇団が来日する事はないんでしょうかね??
中国に行ってからじゃないと見られないのかな?

京劇は、中国でも字幕が出る、と聞きました。
やはり普通話ではないからでしょうね。

>胡可と映画の帝夏雨が演じた「天下第一醜」というドラマがすごく面白いで、大好き。
タイトルが凄いですね!
何だか面白そうです!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。