年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/01(月)   CATEGORY: 映画観賞
アバター
見てきました、話題作「アバター」を!

昨年、予告編とか流れてた時は、
「ふ~ん、3Dかぁ~。そんなに知ってる俳優も出ないのね」
ぐらいの認識で、見に行くつもりにもしていませんでした。
更に、年末に3D映画の「カールじいさんの空飛ぶ家」で、
アバター予告編を見たら、
もうストーリーは、ほぼ解った感じだったのですが、
その後、公開と同時に見に行った人が、
普段はほとんど話さないのに
「アバター!凄いよ!絶対見るべき!3Dで見るべき!」
と興奮気味に勧められ、TVでも話題沸騰!となっていたので、
中華映画の上映も無いし、見に行くぞ!と決意。(←結構ミーハー)
母親は、
アイマックスが良いんだって!普通の3Dとは全然違うらしいよ!」
とTVで仕入れた知識を私に説いていましたが、
この辺じゃアイマックスシアターなんて無いのよね…(^^;

3Dだから、例のメガネもかける訳ですし、
出来れば、字幕じゃなくて吹き替えが良いなぁ(普段は逆ですが)
と思ったのですが、
時間の都合がつかず、字幕版を見る事になりました。
上映30分前にして、既に座席は9割埋まっており、
地方映画館としては、異例の事、と思います。
(私が普段見る中華映画なんて、劇場内に3人とかだぞ!)
やっぱり話題が話題を呼ぶって事なんでしょうね~。
で、空いていた座席は1列目と2列目。

前出の既鑑賞人が
「座席はこだわった方がいいですよ!前の方が良いです、絶対!」
と言われていたので、
普段だったら絶対こんな前には座らないものの、
「…前が良いって言ってたから、むしろ良いのでは?」
と、2列目のど真ん中に決定。

館内に入ると、例のメガネも渡されます。
「カールじいさん…」の時は
横にシマシマの入ったグラスのメガネでしたが
(しかも、鼻の低い私がかけるとズリ落ちる)、
今回はシルバーなグラスのメガネでした。
3Dって言っても色々違うんですね~。

そして、上映開始!
「カールじいさん…」の時も思いましたが、
一番浮き出て見えるのは、ディズニーのロゴマークですね(笑)
3Dだからって、大迫力で迫りくる!という感じでもなかったです。

ストーリーは思っていたのと相違なかったのですが、
衛星パンドラの動植物が大変奇麗でした!
そして、最初はなんか違和感のあったアバターとかナヴィ族の造形なんかも、
見慣れてくると、無駄のない、鍛え抜かれた、
豹みたいな肉体美に見えてきます。
カッコイイかも!
人類より一回り大きくて、尻尾もあるんですよね。
あの、通信の出来る辮髪も凄い!
基本的に、アバターの顔つきは全員同じに見えるのですが、
シガニー・ウィーバーのアバターだけはシガニーに激似でしたw

…がしかし!
上映から1時間くらいすると、
字幕を見上げる首が痛くなって来て、どうにもこうにも…。
画面下の英語に対する字幕と、右端のナヴィ語の字幕を交互に見るからでしょうか。
じっと我慢していると、だんだんと気分が悪くなってきて、
アバターを見てから死んだ人のニュースとか思い出し、
どんよりグルグルしてきました(^^;
基本的に三半規管が弱いんで、乗り物酔いとかしやすい性質なのです(爆)

なんか隣の席の人(同じく2列目)も席を立って映画館を出て行き、
トイレかな、と思ったんですが、結局最後まで戻る事はなく…

私も会場を出ていくか悩んだのですが、ぐっと我慢!
座ったまま、目をつぶってしのぎました!(爆)
これが吹き替え版だったら、声だけでも聞いててストーリーが解るんですが、
字幕版だから、英語&ナヴィ語なんで、さっぱり解りません。
もっと言うと、
ヘリ(?)のバラバラ言う音とか爆音ばっかりが足元から胸に響いて、
さらに気分が悪く…!
1時間くらい(!)うつむいてじっとしてたら、少し持ち直したので、
薄眼を開けて、見上げないで良いように、
画面の下半分だけを見る事にしたのですが、
映画はもうクライマックス部分に突入。
結局、間を飛ばしてオチを見てしまった!(爆)
何しに行ったんだか!

主人公のジェイク、気づいたら髪型変わってるやん!!
通信辮髪なんだから神経通ってるんだろうし、
剃ったりしたらマズイのではなかろうか?

取りあえず、侵略戦争はいかん!と思い、
やっぱり人がバタバタ死ぬ所ではウルッとしたりしつつ、
映画は終了。
不完全燃焼のまま終わってしまいました(^^;

これからアバター鑑賞するんだったら、
やっぱり1~2列目はやめたが良いです。
せめて5~6列目くらいが良いのでは…
CG映画なので、俳優さんがどうこうは無いんですよね。
公式サイトでもあまりキャストについては言ってないみたいです。
でもこのメイキングとかは見たいな~と思いました!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

迷子 | URL | 2010/02/01(月) 23:56 [EDIT]
大変な映画鑑賞でしたね。ちなみに私はHだから、8列目。ちょうどよかったです。
でも、立体に見えるって言っても、そんなに感動するほどのことはなかった・・・どっかの科学博物館でみた短い映画のほうが、ずっとすごかった。頭の上に飛行機落ちてる来るかと、思わずよけたもの。今回それほどの飛び出し感なかったですよね。その割に、追加料金300円は高いような・・・

阿銀 | URL | 2010/02/02(火) 21:01 [EDIT]
>基本的に三半規管が弱いんで、

同じく!
前の方で普通の映画みるのもつらいです。
なので、これは…、キツイかも。
3Dの金瓶梅だったら、我慢してみるかな(爆)
● >迷子さんへ
阿吉 | URL | 2010/02/02(火) 23:42 [EDIT]
>立体に見えるって言っても、そんなに感動するほどのことはなかった・・・
そうなんですよね~。
あの原理ってどうなってるんでしょう??
立体的にしたい所をズラして二重にする事で、
飛び出て見えるんでしょうけど…
ズレが大きいと良く飛び出るとか??

>科学博物館でみた短い映画
大阪市立科学館は、
IMAX Dome.2Dって書いてあるから、
そこで見た映像とか??

取りあえず、この興行記録と
「エモーション・キャプチャー」とかの技術等で、
この作品は映画史に残って行くんでしょうね。
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2010/02/02(火) 23:44 [EDIT]
>前の方で普通の映画みるのもつらいです。
ですよね!
人の言葉をうのみにせず、
もうちょっと良く考えるべきでした(^^;
ものには限度がありますね!

>3Dの金瓶梅だったら、我慢してみるかな(爆)
飛び出す●●●●は、
みんなの憧れ?!(笑)

ふく*たま | URL | 2010/02/03(水) 14:54 [EDIT]
映画館でしか観られないから、客足の遠のいている映画界では、救世主のように言われてますよね、3D映画。
でも、私、3D眼鏡が苦手(眼鏡をかけているので、眼鏡on眼鏡になって鬱陶しいし、ちゃんと立体に見えなかったりで、疲れちゃうのだ)だし、三半規管も強い方ではないので酔いそうだし、映画が3D映画主流になるとイヤだなぁと思ってしまいます。。。

3Dの映像は、監督がそれ用にカメラを開発したそうですよ。
人間の左右の目と同じ幅に2台のカメラを設置するのに苦心したとか、テレビでやってました。

rei★azumi | URL | 2010/02/03(水) 19:05 [EDIT]
映画鑑賞の感想のコメントに、こういうのもなんですが、
お疲れ様でした m(_ _)m

>前の方が良いです、絶対!
そういえば、祖父が最前列で映画を見るのが好きだったそうですが、母は、ソレをやると必ず頭が痛くなったとか。
座席も、視力とか、体質で選ばなきゃいけませんね~。
(真ん中より、やや後ろと云うのが、一番見やすいようです)

3Dで一番迫力があったのは、東京ディズニーランドのだったかな。
目の前にに飛んできた隕石を、叩き落としそうになりましたもの(笑)
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2010/02/04(木) 00:27 [EDIT]
>救世主のように言われてますよね、3D映画。
やっぱりそういう目論見もあるんでしょうね~。
確かに、興行記録って、
良質の映画の作成とか配給の為には大事よね、
とは思うのですが。

>映画が3D映画主流になるとイヤだなぁと思ってしまいます。。。
私も同感かも!
飛び出さなければいけない理由が無ければ、
2Dでも良いんじゃないかな、と思いますよね。
「オーシャンズ」とかの生物ドキュメントなんかは
3Dだと良いんじゃないかと思うけれど。
今はまだ物珍しさが先行してますが、
はたして3Dは根付くのかどうか。

>3Dの映像は、監督がそれ用にカメラを開発したそうですよ。
そうなんですね~。
技術的には興味ありますね。
白黒がカラーになるほどの衝撃を、
3Dは映画界に与えられるのでしょうか??
ハイビジョン映像にもさほど感動しないワタクシ、
受け手の感性にもよるんでしょうかね(^^;
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2010/02/04(木) 00:38 [EDIT]
>お疲れ様でした m(_ _)m
アハハッ(^^;ありがとうございます??
映画館の1~3列目なんて、
座席置かなくて良いのに!と思ってしまいました。
ついでにこの映画は3時間もあるので、
この世界観についていけないとキツイかも、ですね。

>そういえば、祖父が最前列で映画を見るのが好きだったそうですが、母は、ソレをやると必ず頭が痛くなったとか。
普通、お母様と同じですよね~。
男性の方がその辺は強靭なのでしょうか?

>座席も、視力とか、体質で選ばなきゃいけませんね~。
ほんとそうですねw
母は、普段は近視用の眼鏡ナシ生活ですが、
TVとか見る時だけ眼鏡着用してるので、
映画館で「眼鏡持ってくるの忘れた!」という事も多く、
字幕版だと困ってしまうようです。

>3Dで一番迫力があったのは、東京ディズニーランドのだったかな。
目の前にに飛んできた隕石を、叩き落としそうになりましたもの(笑)
つい、やりますよねぇ(笑)
私のベストオブ飛び出し映像は…
ビール工場見学に行った時の、
シアターで放映されてたビールジョッキだったかも。
手を伸ばして触ろうとしてしまいました(爆)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。