年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/04(木)   CATEGORY: 普通の雑記
温泉天国と地獄
立春ですね~!
春は名のみの…とは良く言ったもので、本日も激烈に寒い!

昨日は節分で、恵方巻きをいただきました。
とはいえ、
祖母はとても太巻きを一本丸ごとなんて食べられないので
(多分、喉に詰まらせてしまうと思われ)、
我々の分の端っこをちょっとずつ切ってあげました。
だけど良く考えたら、あれは包丁を入れたらいけないんだった!!
…まいっか!(爆)

豆まき用の豆も購入していたのに、
電話がジャンジャンかかってきてその対応をしているうちに、
全員豆まきの事は忘れてしまい、
今朝になって思い出す始末。
父が「…今夜まく?」と言いましたが、
ご近所の笑い物になること必須なので、今年は諦めました(^^;
あぁ、年中行事を大切にする人に憧れるんですが、
現実は真逆ですね~。
こうやって忘れてしまうという事は、
実はそんなに大事に思っていないのだろうか???
さて、先週末ですが、別府に温泉旅行に行ってきました!
別府へ行くのは、
侠幇の忘年会と称して、八公兄貴と師妹と遊んだ2007年末以来です。
その時に、二人が、
九州の温泉地としては、今は黒川やゆふいんが有名だけど、
別府の方が好き、お勧めだ!と言ってました。
その後、黒川温泉なんかも行ってみて、二人の意見に妙に納得。
というのも、
黒川やゆふいんはお洒落だけど、
温泉の効能を求めるならやはり別府!というのを実感したからですね~。
ほとんど、源泉かけ流し。
消毒液の臭いもしないし、まさに湯治場という感じです。

まずは、明礬温泉、紺屋地獄、別府温泉保養ランドに行きました。
ここはその侠幇忘年会の時に、行くかどうかで迷ったのですが、
結局行かなかったのでした。
その理由は、…混浴だから!(爆)
といっても、どろ湯の混浴で、
女性は、男性側から見えない衝立のある入浴スペースから
どろ湯に肩までつかって、
広い露天の大浴場(というか池みたいな)に移動するので、
全然見えないし、さして恥ずかしくはないのですが、
逆に男性は、前を隠して大浴場まで移動しなければならず(つまり後ろは…)、
義兄妹とはいえ、流石に八公兄貴も恥ずかしいだろう、と(^^;
とはいえ、どろ湯。
クレイ、ファンゴ、ですよね、要するに。
美肌効能は高いと聞いており、
興味津津、今回はその雪辱を果たす為に果敢に挑戦しました!

受付で、初めてなんですよ~、と言うと、
オバチャンが入り方を丁寧に入り方を説明してくれました。
全体的に建物は古く、
玄関付近に鍵のかかる有料コインロッカーがあり、そこに貴重品を入れます。
つまり脱衣所にはロッカーは無いんです。脱衣棚のみ。
あ、途中の休憩室にもロッカーありましたけどね。
それから、温泉まで、長い長い渡り廊下みたいな所を進みます。
こういう、古めかしい(実際、古いです)、
受付の建物と入浴する場所が離れていたりするのも、
何か湯治場ぽいです。高い効能を期待させますよねぇ。

ここはとにかく石鹸やシャンプーを使ってはいけません。
まぁ多分使っても泡立たないと思いますが。
そして、洗髪してはダメで、
女性はシャワーキャップが無料でもらえるので、
それをかぶって髪の毛が落ちないようにします。
ここはマナーにうるさくて、あちこちに張り紙がしてあります。
手書きのイラストで女性だか男性だか解らない人の絵が描かれており、
「前を隠して下さい」とかあるのもなかなかほほえましいです。
韓国の方も良く来られるのか、ハングルでの注意書きも多数。

まず最初はコロイド湯。白濁しております。
このコロイド湯を使って、かかり湯をして、顔も洗います。
クレンジングも石鹸も使わ無くても
このお湯で洗えばお化粧も落ちてしまうとか!凄いですよね~。
効能の所を見ていると、
メラニン効果で肌がきれいになります、とか書いてありました。
メラニンってシミソバカスの元で悪者なのでは?
と思いましたが、とにかくここのお湯はとても気持ちが良かった!
スベスベになりました(^^)一番のお気に入りかも。

次に、むし湯に行きました。
移動するのにちょっと外も通るけれど、
一応、動線は気をつけて配置されているので、
注意深く忍者のように動けば男性とかち合う事もなかったです。
サウナみたいな感じですが、
硫黄の臭いがして、明らかにサウナとは違う感じです。
その時は私一人しかいなかったので、むし湯を満喫!

続いてどろ湯です。
屋内のどろ湯はリウマチとか痛みに効くらしく、
露天のどろ湯とはまた違うそうです。
ぬるぬる滑りやすいので気をつけて入ります。
部分によって熱さも違ったりして、
ほんとうに地面から「沸いてきている」というのを実感しました。

最後に、問題の露天混浴のどろ湯。
こちらはまさに美肌効果!
足元から沢山泥をすくっては塗りたくり、
調子に乗って顔にもコマンドーのように塗ってみましたが、
それはちょっとやりすぎだったかも(^^;
…後でどろを落とす時に、
ホース(シャワーじゃないんですよね、これが)で勢いよく流すので、
ちょっと目に泥入ったりしましたし(爆)
あと、お湯を入れ替えたりして洗ったり出来る訳じゃないと思うので、
浴槽の清掃とかはどうなのかな?と、後で思いました。
(だからシャワーキャップをかぶるのね)

十分満喫して、休憩室に戻ると、
いったい何時のかは解りませんが、
成龍(ジャッキー・チェン)が来た時の写真が!
ジャッキーもあの泥に入ったんだと思うとちょっと嬉しかったです。

続いて、温泉の蒸気で作る地獄蒸しプリンを食べに
岡本屋売店へ行きます。
侠幇忘年会の時も来たんですよね~。
022_20100204232739.jpg
023_20100204232851.jpg
プリンだけじゃなくて、温玉うどんも!
食べてる途中で、写真取らなきゃ!と思い出し撮影したので、食べかけです(爆)

で、これがお昼ごはんかと思わせといて、
実はお昼はふらりという所で、
ご当地ラーメンを食べました。こっちがメインだったんです。
一番人気のとんこつ醤油ラーメンは売り切れ!
塩ラーメンにしました。
025_20100204232851.jpg
あきらかに食べすぎです!!

お湯にも入ってお昼も満腹に食べて、ちょっと絞らないと!
という事で別府駅前をブラブラしました。
028_20100204232851.jpg
ピカピカのおじさんの銅像。

とにかく今回は沢山温泉に入りたい!と思っていたので、
再び鉄輪温泉に行きます。
ひょうたん温泉に入りました。
実は大学生の時に来た事があって、かなり古い温泉だったと思っていたのですが、
どうやら最近リニューアルした模様。
とはいえ、前述の別府温泉保養ランドと同じく、
まず、温泉ありきで施設を建て変えた感じです。
鉄輪温泉は100℃もあるそうで、
これを竹製温泉冷却装置で冷まして提供してくれています。
水で薄めるんじゃない、というのがスバラシイ!
ここでは韓国からのお客様が沢山来ておられました。
中国の方だったら話しかけられたのに~!

脱衣所等はロッカー式で奇麗になっていましたが、
中に入ってみると、大学生の頃の記憶そのまま!
盃風呂とか岩風呂とか瀧湯とか、あったあった!
浴室内にちゃんと観音様(?)を祭っているのも、霊験あらたか(?)な感じです。

ここの露天風呂はお湯が瀧のようになって山から流れて来ます。
流石、お湯が豊富な別府!と感動~(^^)
「瀧には登らないでください」と注意書きがしており、
やっぱりみんな温泉の瀧は遡上したくなるよね~と思いました。

外にはこんなものも…
030.jpg
吸い込むと喉に良いそうです。

という事で、こちらも温泉を満喫した訳ですが、
流石にかなりお風呂に入りすぎて湯あたりしてしまい、
今回はトータル30分くらいであがりました。
休憩室に行って休憩します。お肌はツルツル!
でもやっぱりちょっと頑張りすぎたかなぁ…

随分長い事休憩してから、晩御飯です。
これまた侠幇忘年会の時に教えてもらったグリルみつばに行って、
大分名物、とり天を食べました!
034.jpg
本当は豊後牛ステーキも食べたかったけれど、
ちょっと…お昼から食べすぎ&お風呂入りすぎでグロッキーだったので、断念。

夜もなんだかお腹が痛くなってしまい、
本当は翌朝竹瓦温泉で砂湯も入りたかったのですが、
もう、逆にパッサパサになってしまう!という事で諦めました。
やはり過ぎたるは及ばざるがごとし!
そして普通のスーパー銭湯とか、循環泉の感覚で別府温泉に入ってはいけませんね!
とにかく温泉の成分が濃い感じなので、
欲張らず、限度を守って湯治しなければ!
次回は砂湯もリベンジしたいです(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。