年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/09(火)   CATEGORY: 読書感想
三国志男
先週末、ちょっと時間があったので、
久しぶりに図書館に寄ってみました。
普段、本を借りる時は、これ、と決めて、
ネットでお願いしておくと、最寄りの図書館まで取り寄せてくれて、
連絡をもらってから取りに行く、
という、ピンポイントな予約の仕方をしているのですが、
たまには本棚を眺めてみようかなと。
すると、この本が。
三国志男 (SANCTUARYBOOKS)三国志男 (SANCTUARYBOOKS)
(2008/05/09)
さくら 剛

商品詳細を見る

以前、「レッドクリフ」公開前のNHK特番、
「三国志ナイト」で紹介されてたな~
と思い出し、借りることにしました。

内容は、
熱烈なる三国志好きの筆者のさくら剛さんが、
三国志関連の遺跡を5カ月かけて、
バックパッカーとして回った旅行記であり、
その三国志愛が伺えるモノ。

何度も書くように、
私は中国絡み、って事から、三国志も好きではあるんですが、
全然詳しくないです(^^;
さくらさんに寄ると、ゲーム→マンガ→小説というルートが
三国志義務教育の王道なのだそうですが、
私の場合、人形劇→横山先生のマンガ→吉川先生の小説、なんですよね。
恐らく、この最初の”ゲーム”、っていう所が、
ハマりの一番肝心なポイントではないかと。
ゲーム(三国無双?)から三国志に入ると、
“好きな武将“というのが出来てくるのね…。
で、ゲームしてないので、その”好きな武将への熱い思い“というのが
私には大きく欠けている模様です(^^;
ま、仕方ないか。
その気持ちを理解する為に、今からゲームしてみようかしら、
っていっても、ゲームってほんっとした事ないんです(爆)
むか~し昔のゲームの頃、
すぐゲームオーバーになって長続きしなかった為、
やらないまま大人になったクチです。
今は違うんでしょうけどね~。

ところどころ、
「馬超」の発音が「マーチャオ」って…なんかイメージが崩れるなぁ~、
とか、
色々な武将の塑像にヒゲが生えてるとイメージが違う!
とか、
炭酸飲料の名前くらい漢字じゃなくてカタカナで書けばいいのに、
とか、
中国ではたまたま入る食堂が中華料理屋ばかりだけど、
中国人はそんなに中華料理が好きなんだろうか?
とか、
…え?ウソ?これって洒落で書いてるんですよね?
と思う部分もあったりするのですが、
「普通の少年マンガだと、
好きなキャラクターのお墓になんて行く事が出来ないのに、
三国志だったら、それが実在して、行く事が出来て感動する!」
とか書いてあった所には、
妙~に、その感覚に納得してしまいました。

かくいう自分も、三国志ではないけれど、
武侠関係の撮影ロケ地、天龍八部城に行って、
「あぁ、ここで虚竹が…!」とか妄想をたくましくしてたので、
その気持ちは良く解ります。
しかも実在の人物じゃないしねぇ(爆)
ファン心理って、対象は違えど、考える事は同じですね。

何にしても、
中国語が全然出来ないのに、
一人で中国大陸を回って、関係の遺跡を回られた、
という行動力&三国志愛には拍手を送りたいです。

写真も沢山掲載されてるんですが、
モノクロじゃなくてカラーだったらもっと良かった!
それから、中国的史跡の扱い
(=全然関係ないものが一緒に紛れ込んでたり、管理が悪かったり)に
色々ツッコミ入れてらっしゃるのも面白かったです。
三国志ギャグ、みたいなのもちりばめられてました。

そして、
大ファンじゃなくても、
赤壁とかはフツーに行ってみたいなと思いました。
ミーハーですねw

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ふく*たま | URL | 2010/02/10(水) 16:17 [EDIT]
私、人形劇で三国志ファンになった人間です。
孔明さんと超雲と関羽の人形が好きでした。
もひとつカミングアウトすると、三国志の遺跡巡りは、学生時代にやりました。もうン十年前のことです。当時流行っていた自由旅行というヤツで、今やれと言われても、きっとできません(汗)
ゲームはしたことないですが、人形劇からでもこんなミーハーは発生します(爆)
なんか懐かしいなぁ~。
機会があったら読んでみよう。

rei★azumi | URL | 2010/02/10(水) 19:13 [EDIT]
私なんてー
児童向け三国志(中抜き読み)→柴田錬三郎先生の三国志
と云うパターンで、人形劇が始まった時には、もうすっかり三国志ファンでした(笑)

その他、友人連にも、横山三国志、吉川三国志を経過していない三国志ファン、結構いましたし。
それだけ、三国志の裾野は、かなり広いってコトでしょうね。

でも、本のほうは面白そう♪
私も、今度探してみましょ(^_^)
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2010/02/10(水) 22:50 [EDIT]
>私、人形劇で三国志ファンになった人間です。
ぬおっ!
やはり、三国志義務教育に王道なし、ですね(^^;

>孔明さんと超雲と関羽の人形が好きでした。
私も孔明さん(森本レオ)好きでした~!
でも放映当時は、
張飛(せんだみつお)も好きだったんですよね…
あの陽気な所(?)が。
数年前、ケーブルでやってた時は、
あらためて関羽贔屓になりました(^^)

>三国志の遺跡巡りは、学生時代にやりました。
わ~!凄い!
ふく*たまさんって行動派ですね!

>ゲームはしたことないですが、人形劇からでもこんなミーハーは発生します(爆)
キャラクター、という事では、
ゲームも何も関係ないんですね。

>機会があったら読んでみよう。
訪問された場所も掲載されているかも、ですね!
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2010/02/10(水) 22:58 [EDIT]
>児童向け三国志(中抜き読み)→柴田錬三郎先生の三国志
さすが、reiさんは文字から、ですね~。

>その他、友人連にも、横山三国志、吉川三国志を経過していない三国志ファン、結構いましたし。
最近はゲームから入る方も多そうですが、
もともとはやっぱり、
小説から入るファンも多いんでしょうね!
(あと人形劇?)

筆者のさくらさんが書かれてましたが、
三国志関係の遺跡、
中国人はあまり来なくて、
日本人ばかり来るそうです。
中国人は、三国志よりも、
岳飛の遺跡を回るのでしょうか??
それとも、そういう習慣がない??

>でも、本のほうは面白そう♪
ツッコミ満載の、ネット文体で
読みやすかったですよ~。
見かけたら是非どうぞ(^^)

阿銀 | URL | 2010/02/10(水) 23:18 [EDIT]
ゲームから入る…ですか。
ゲームをほとんどやらないので、その感覚はわからんのですが、
時代ですかねえ~
あ、私は24歳(時々書かないと忘れるので 爆)

人形劇みてましたよ~。
孔明が一番かっこよかったかな。

日本人の三国志好きの多さは、中国人もビックリ!
(インド人もビックリ!なんてのもありましたな~)
のようですよ。
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2010/02/10(水) 23:33 [EDIT]
>ゲームから入る…ですか。
ゲームをほとんどやらないので、その感覚はわからんのですが、
時代ですかねえ~

最近はどうもそうらしいんですよ、奥サン!(爆)

>あ、私は24歳(時々書かないと忘れるので 爆)
もちろん、24歳でも
ゲーマーじゃない人は沢山いますし!(爆)

「知力」「武力」「魅力」「忠誠心」とか
「レベル」、とかいうのを見ると、
ゲームから入ると
武将をこうやって分析するのね~、
と思って感心しました。
というか、武将、って、
日常ではそう使わない言葉のような。
ゲームだと良く使うのかな??

>人形劇みてましたよ~。
孔明が一番かっこよかったかな。
色白でしたもんね~!
(顔色悪いとも言う)

>日本人の三国志好きの多さは、中国人もビックリ!
(インド人もビックリ!なんてのもありましたな~)
のようですよ。
これはやはり、
吉川先生のおかげなんですかねぇ??
中国四大奇書つながりって事で、
2010年は「金瓶梅」がクるかも??
● 三国志は
謫仙 | URL | 2010/02/14(日) 14:01 [EDIT]
わたしの場合は小説ですね。ゲームなんてわたしの高校のころはありませんでしたし(^。^))。
吉川三国志が始まりですが、陳舜臣三国志が好きですよ。宮城谷は途中で挫折。
中華料理の話。案外マジじゃないですか。いつも食べているのは中華料理でなく家庭料理だという意識で。
表紙は絵はちょっと…。
● >謫仙さんへ
阿吉 | URL | 2010/02/14(日) 23:20 [EDIT]
>ゲームなんてわたしの高校のころはありませんでしたし(^。^))。
ですよね(^^;
でも三国志をゲームにしよう、
と思った人はエライですね~。
これだけ普及している事を思うと…

>吉川三国志が始まりですが、陳舜臣三国志が好きですよ。宮城谷は途中で挫折。
宮城谷三国志は私も未読です!
陳舜臣三国志は私も好きでした!

>中華料理の話。案外マジじゃないですか。いつも食べているのは中華料理でなく家庭料理だという意識で。
我々も、日本人だけど、
普段食べているのは和食、
…とは限りませんものねぇ。
和洋中何でもござれの日本人(^^)

>表紙は絵はちょっと…。
しりあがり寿さんのイラストです。
意外に中身とは合致してる雰囲気ですよ(笑)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。