年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/09/25(土)   CATEGORY: 普通の雑記
ただいま~
イタリアから戻りました~!
…って実際に帰宅したのは9/20深夜でしたが(^^;
翌日から出勤し、当然ながら残業バリバリ(期末だしね)、
回復の遅さがハンパなく、23日の祝日も爆睡してました(^^;
という事で、「行ってくるぞ!」と書いたからには、
旅行記、のようなものも書かなくては!
相公が昼寝してる間に!(笑)
以下、簡単に!
・イタリア、ご飯は美味しいんだろうなって思ってたんだけど、
実はそうでも…(爆)
いや、自腹切って食べたものは大変良かったのですが、
ツアーの食事は、盛り付けも少なめでガッカリ。(←食いしん坊夫婦)
あと、具も少なく、味付けも薄くてビックリ。
CIMG3231.jpg

まやさんに聞くと、「素材の味そのままで出すのが最高!」
とイタリアの人たちは思っているとか。
だから自分でお皿の上で、
塩コショウとかオリーブオイルで味付けするんだそうです。
それを聞いてから、堂々とボーイさんに調味料を要求する事にして、
満足しましたw
ツアーだと何故かテーブルに調味料が置かれてない事多かったんです。
付け合わせも別に頼まないといけないとかで、
お皿にお肉ドーン!1枚のみ!という状態が続き、
野菜不足に悩まされました。
ミックスサラダはあったけど、レタスとトマトばかりお見かけします。
トマトは生食だったら、日本の桃太郎とかのが甘い!
イタリア=トマトの国だと思っていたので残念でしたが、
まぁ調理して食べる国って事で、トマトソースはやっぱり美味しかったです。
フルーツもあんまなかったなぁ…
最後、スーパーでブドウかって食べました。美味しかった!
パンは固くて、1個以上食べられたものではありません(T T)
とはいえ、それなりのお店のパンは美味しかったので、
何というか、お店のランクによって、出される食事も違うのかな、
と思った事でした。
リストランテとトラットリアとタベルナとピッツェリアとでは
扱うメニューも違うし。(リストランテのメニューにピザはない)
とはいえ、パスタの茹で加減はどんなお店でも素晴らしいし、
ジェラートも大変美味しかったです。
コーヒー苦手な私ですが、
イタリアのコーヒーは、朝のバイキングで飲むものであっても
大変大変、美味しかったです!
でも結局、休憩ではスプリムータ(生搾りオレンジのフレッシュジュース)
もしくは水を飲む事がほとんどでしたが(^^;
朝食のバイキング、バラエティー豊かなものを想像してましたが、
非常~にシンプルなのでこれもガッカリ。
(パンとコーヒー、シリアル、チーズがぺらり、黒コゲベーコン、とか)
もともとイタリア人は朝食はほとんど食べないんですって。
外国人観光客が多く来るホテルであっても、
お客に迎合しようとしないその姿勢、素晴らしい!?
CIMG3433.jpg



・とにかく教会が多い!そして全部バカデカイ!
全体を撮影しようとしても、カメラに収まりきれません。
CIMG3255.jpg

”サン・なんとか寺院”が大変多く、
横文字に弱い私は、名前が最後まで覚えきれないままでした(^^;
この”サン”は”聖”って事ですよね~???
中国で言うと、関帝廟とか媽祖廟みたいなもん?と認識(爆)
中はこれまたドーム状に広く、天井は高く、
威圧感タップリ!こまかく中が仕切られてる方が見やすいよな~、
と、ここでもまた中華寺院と脳内比較してみたりして。
壁画とか天井画も遠すぎて良くみえない!首痛い!
あと、聖人の御遺体(死体、と言って相公に怒られた)が安置されている所もあり、
なかなかグロかったです。コワ~!
装飾物も多くて、1個1個、細かく見たら素晴らしいのでしょうが、
教会1つの観光に10~30分とかの時間しかないので、
ぐるりと回るだけで終わってしまいました。
装飾物も、盗品とか結構多くて(ヴェネツィアのサンマルコ寺院ね)
なんか感心。

・美術館は流石に素晴らしかったです。
まやさんも言ってたけど、夫婦でも意見が一致したのは、
フィレンツェのウフィッツィ美術館は良いね、という事。
ボッティッチェリの「春」とか「ヴィーナスの誕生」とか、
ダビンチの「受胎告知」とか良かったです。
全体的にですが、美術館は予約しないとなかなか入れないとか、
15人までの団体には、ガイドが1人つかなければならないとか、
色々規制が多いです。
イタリア人はいい加減(すみません)だと噂に聞いていましたが、
なかなか、国は細かいのだなぁ…
ミラノで見た壁画、ダビンチの「最後の晩餐」、遠近法の事とか、
色々説明されて素晴らしい絵だと言われたけれど、
正直、そこまでの感動はありませんでした(^^;
色が薄くて、生き生きとした表情を見ろ!と言われても何がなんだか…(爆)
確かに、反対側に描かれた絵と比べると素晴らしい気がしましたが。
入場予約して、1団体25名でドアが3つもあって、15分で見ろ、とか言われると、
「フン!そこまでのもの?」なんて思っちゃうのが悪いのかな(^^;

・街全体は、今でも古い建物を生かして使っているのがスバラシイ!
…でも、結構、建物にHIPHOPアートっぽい落書きとか多くて、
それは消さなくて良いのか?と思ってしまいます。
貧民が流れてきて…みたいな事と関係あるのかな?と思ってしまいました。

・街中のクレーンとか重機が何故か気になるワタクシ。
クレーンの足細っ!
「日本だと危ないよね~。あんなの登れない!」なんて夫婦で話してました。
地震が無いからなのでしょうか?
あと、重機もKOMATSUとかCATとかはほとんど見かけず、
聞いたことないメーカーばかり。
あぁ、飛行機13時間分、日本から遠くへ来たのだなぁ、
と思いました。
アジアだと、結構日本のメーカーの物を見かけるけど、
ヨーロッパ(イタリア?)だとそこまででもない、
っていうのが。
自動車はTOYOTAとか結構ありましたけどねw

・そうそう、ホテルのタオルが、ループ織じゃなくて、
リネンなのにも驚きました!(バスタオルはループだったけど)
文化の違い…?

・像にしても絵画にしても、とにかく男の裸が多い!
そして、腰巻なしの物も多い!!!Waoo!!
ミラノのアーケードの床のモザイク、牛の○○○にかかとをつけて回ると
願いが叶うって事らしく、かわいそうに、すっかりエグれてました…(^^;
CIMG3220.jpg

アジアにも男根信仰とかはあるけど、ここまで露骨…?
「イタリア人はアレが好き」と私の脳内にインプットされる。
システィーナ礼拝堂のミケランジェロ作の「最後の審判」の天井画、
大迫力なんだけど、肉桃色で目がチカチカしました。
ボリュームありすぎなんですよね、肉体が。ウプ。
ミケランジェロさん、ほんとにガチホモなのね(^^;
この方は彫刻の方がいいな~。ダビデ像とか。
CIMG3444.jpg
↑レプリカです。


・どこが一番?と聞かれたら、南イタリア、ナポリ港は通っただけでしたが、
海とか緑とかあって一番落ち着きました。
CIMG3715.jpg

青の洞窟は波が高くて行けなかったけれど、
カプリ島も綺麗だったし。
まぁ自然が一番、というのは、それまで教会ばっかり見てたから、
というのもあるかもしれませんが。
レモンチェッロ美味しかったです(^^)

・ローマもねぇ…駆け足だったので、
ガイドさんと一緒に回ったのは、コロッセオの外観だけ、
トレビの泉、とかで、有名所、ちゃんと見れてないです。
フリータイムにフォロ・ロマーノとか行きましたが、
イタリア語の地図だけ見たって何が何やら解りません。
暑くて死にそうだったし、せっかくの遺跡、全然頭に入りませんでした。

・コロッセオは、ブルース・リーの「ドラゴンへの道」のイメージがあったので、
絶対入ると決めてました。
それらしい写真をとって満足。
まやさんに貰った”INY”Tシャツを
持っていってたのですが、
イタリアはそのパクリ
”IROMA”Tシャツとか沢山売られていて、
アメリカに対するライバル心みたいなものをビシバシ感じます。
で、面白いんで、相公にその”IROMA”Tシャツを買わせて、
私は”INY”Tシャツ着て、
コロッセオで写真撮りました!(爆)
まさにバカップル!国辱を晒しまくり~(^^;

・イタリアにいるのに、イタリア人(ていうか洋顔の人たち)に挨拶しても、
全然無視された~(T T)
ホテルでボンジョルノ~!とか言ってみたのですが…
英語圏の観光客だったのかな???ロシアとか?
代わりにアジア人とはビシバシ話をし、
韓国人のピアニストに写真撮影を頼まれて一緒に映ったり、
中華レストランのボーイさんにビールの銘柄を聞いたり、
ヴェネツィアで、中国人のゴンドラを我々が抜いたら
「おまえら日本人か、中国人か~?!」「俺たちは大中国から来たんだ!」
なんて、オッチャンに軽くインネンつけられたりしました(^^;
ま、ちょうどアノ問題で国際的には微妙な間柄だったしね…


・最大のイベントは、フィレンツェでまやさんに会ったこと!
お元気そうでしたよ~(^^)
異国で長期滞在、大変な事もあると思うけど、
まやさんならではのバイタリティで、こなしておられるご様子でした♪
相変わらずあちこち旅されてるみたいでしたし。
シチリア島の写真を見せてくれて、羨ましかった!
あっち、行ってみたいなぁ…
弾丸ツアーだったので、ガイドさんの説明もはしょられる部分が多く、
まやさんガイドで回れたら良かった…

という事で、ほんと気合いの入らない旅行記ですが、
これにてイタリア新婚旅行終わりですw
青の洞窟も見れなかったし、ローマも不十分だし、
もう一度行けたら…いいんでしょうが、
正直、飛行機13時間はもうコリゴリです(^^;
やっぱアジアが好きだ~(爆)
でもイタリアも良かったですよ~!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

阿銀 | URL | 2010/09/25(土) 21:43 [EDIT]
お帰りなさい~♪
いや~、色々と楽しんできたようで!

イタリアは男裸が多いですか…ジュル
母もよくヨーロッパへ行くので美術館の資料なんかを持って帰ってきたのを見るんですが、確かに多いかもー。
しかも、でかっていうのから、ちいさっていうのまで(爆)

受胎告知見ましたか~。
あの画の百合がなんとも好きなんですよね!
● お帰りなさい
八雲慶次郎 | URL | 2010/09/26(日) 01:12 [EDIT]
何かといろいろあったようですが、楽しまれて何よりです。
見知らぬ異国の地で、顔見知りに会えるのは嬉しいことですね。
しかし、食べ物や観光、飛行機のことなどを見ていると、ああ私はヨーロッパとは縁がないなと改めて思います(^^;
● お帰りなさ~い
rei★azumi | URL | 2010/09/26(日) 13:50 [EDIT]
というか、お疲れ様でした。

丁度先週、ヒロインがイタリアで食を楽しむという映画を見てきたので、阿吉さんも、さぞおいしいものを色々~と思ってたんですが、
そちらはちょっと残念でしたね。

後、ツアーはやはり、思うに任せない部分が多いんですね。
でも、それなりに楽しまれたようで、何よりです(^_^)

>「イタリア人はアレが好き」
そういえば、「クリ☆ドラ」のあしべゆうほさんのローマ取材漫画でも、彫刻写真を撮ろうとすると、角度的にピントがそこへ行っちゃって~とか、
わざと、そういう位置に置いてあったのか! (爆)
● お帰りなさいまし
洪八公 | URL | 2010/09/26(日) 15:04 [EDIT]
なにはともあれ無事帰国お疲れさまでした。
一生の中で新婚旅行ほどラブラブな旅行はないでしょうねえ~~。付き合ってる時と子供が出来た後の旅行などとは全く違いますからね。
ナポリ港は落ち着きましたか。
私もフランス→スペインと旅した時はスペインの港町
ポルボーが一番落ち着きましたね。
九州もんはイタリアよりスペインの方が合う
と思いますよ!おおらかで気さくな人柄
食べ物も美味いし、友達になったら直ぐ家に
呼んでごちそうしてくれます!
次は旦那様とスペインへ行ってみて下さい。
子供が生まれた日にはなかなか海外なんか行けませんからねv-218

おかえりなさい! | URL | 2010/09/26(日) 22:03 [EDIT]
長旅でしたねー!おかえりなさい!

>リストランテとトラットリアとタベルナとピッツェリアとでは
扱うメニューも違うし。(リストランテのメニューにピザはない)

どんな違いをもってるんですかね。同じイタリアンなのに・・・庶民派グルメ~高級グルメ具合が違うんすかねえ。

ダビンチといえば、パリのルーブルでも、モナリザはガラスでガードされている上に、すごい人だかりでした。絵は思ったより小さかった。でもなんかテンションはあがりました~!

しかし、帰国後翌日から残業とは阿姐らしいですねっ。おつかれさまでした。なんだかんだいって、こんなに遠くに旅行に行けるチャンスってないですからねえ。よい思い出になりますね(^^)




● おかえりなさ~い!
ふく*たま | URL | 2010/09/27(月) 13:03 [EDIT]
長旅お疲れさまでしたー!無事のご帰宅、何よりです(^-^)
イタリア旅行、阿吉さんらしく楽しまれたようで、残念な部分も何だかイイ思い出って感じですね。
ヨーロッパ、行ったことないんで行ってみたいんですけど、飛行機13時間は・・・しんどそうですね~~(_ _ ;)
● おかえりなさい!
進歩 | URL | 2010/09/27(月) 13:34 [EDIT]
いろいろあってもそこは新婚旅行!
夫婦で問題解決してさらにお二人の中が深まったのでは!?

>男根信仰
ちょうどテルマエロマエっていうローマのお風呂漫画を読んだばっかりなんですが、そこにも男根信仰のお話のってました。イタリアは現代でも男根信仰残ってる地域らしいですよ、町で売られてる赤唐辛子のお守りはじつはチ○チ○(←コラ)をかたどってるんですって!
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 19:53 [EDIT]
ただいまです!
一週間たつのに、
まだまだボケが抜けてません(^^;

>イタリアは男裸が多いですか…ジュル
あくまで芸術品、ですよね、たぶん(^^;
そして、イタリア人が裸で歩いてる訳では…(爆)

>でかっていうのから、ちいさっていうのまで(爆)
モデルさんによるんですかね~(爆)

>受胎告知
百合が素敵って言う方多いですね!
私はマリアさんの手つきが好きでした(^^)
”飛べる天使はダビンチだけ”
って言われましたが、
羽根もリアルですよね。
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 19:56 [EDIT]
>何かといろいろあったようですが
ハッハッハ。
中国旅行に比べると、ハプニングは少なくて、
物足りない感もありました~(^^;

>顔見知りに会えるのは嬉しいことですね。
ハイ!新婚旅行なのに、
それがメイン目的になってたりして(爆)

>食べ物や観光、飛行機のことなどを見ていると、ああ私はヨーロッパとは縁がないなと改めて思います(^^;
私もこんな事でもないと、ヨーロッパ、
行かなかっただろうな~と思いますが、
行ってみたら良かったですよ!
フライト時間さえ近ければ、
もうちょっと…
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 20:02 [EDIT]
>さぞおいしいものを色々~と思ってたんですが、
ね~。
でも、変な味付けで、口に合わない、
とかはなかったんですよ!自分で味付けするし(笑)
ツアーってのはそういうものかもしれないですね。

>彫刻写真を撮ろうとすると、角度的にピントがそこへ行っちゃって~とか、
アッハッハ!(^^;
しかし、強いて言えば、
アジア系の裸像と違って、
堂々としてるんで、イヤラシさは少ないかも…
といいつつ、嘘みたいな格好
(一人が逆さまになって、相手の持ってた)で、
男同志組み合っている像とかあって、
それにはビックリ…!です(^^;
しばし、意味を熟考してしまいました(爆)
● >八公兄貴へ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 20:06 [EDIT]
ありがとうございました!
出発前日、ランチ出来なくて残念でしたm(_ _)m

ラブラブ…だったかなぁ?(^^;
主観的にはそうでもないつもりですが。

>ナポリ港は落ち着きましたか。
ハイ!肉料理が続いた後の魚料理、みたいな。
サッパリ感が良かったです♪

>九州もんはイタリアよりスペインの方が合う
と思いますよ!おおらかで気さくな人柄
食べ物も美味いし、友達になったら直ぐ家に
呼んでごちそうしてくれます!
スペイン、良いですね~。
イタリア行くか、スペイン行くか、
最後まで悩んだんですが。
(どっちもサッカーリーグあるし)
Brother1の新婚旅行がスペインだったんで、
被りを避ける為もあり、
イタリアにしたのです。
チャンスがあったらスペイン行って、
サグラダファミリア見たいです!
● >師妹さんへ(かな?たぶん)
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 20:10 [EDIT]
> どんな違いをもってるんですかね。同じイタリアンなのに・・・庶民派グルメ~高級グルメ具合が違うんすかねえ。
日本も、小料理屋ではお好み焼きとか出ないし、
そういう違い…かな?

>ダビンチといえば、パリのルーブルでも、モナリザはガラスでガードされている上に、すごい人だかりでした。絵は思ったより小さかった。でもなんかテンションはあがりました~!
ダビンチ、私も良いな~って思いました!
ただ、壁画とか天井画は見にくいな~ってのが
全体的な印象…
モナリザはやっぱり本物見たいですよね!

>帰国後翌日から残業とは阿姐らしいですねっ。
相公は休んだんだよね~ブツブツ。
やっぱり1週間休むと溜まってました(^^;

>こんなに遠くに旅行に行けるチャンスってないですからねえ。よい思い出になりますね(^^)
そうそう!
おおっぴらに休めるのは、新・婚・旅・行!
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 20:13 [EDIT]
>残念な部分も何だかイイ思い出って感じですね。
はい~(^^)
良く考えたら、
中国行っても酷い目に合う事あるんですが、
最初からそういうもんと思っているので、
ネタゲット~!とか楽しめてるんですよね。
ヨーロッパ=先進国=ハイソ、
と思い込んで行くと、アレレ?って部分=ガッカリ、
になっちゃうのかな~と思いました。

>飛行機13時間は・・・しんどそうですね~~(_ _ ;)
そうなんですよ!
最大のネックはそこです!
足、パンパンです(^^;まだダメージが…
● >進歩さんへ
阿吉 | URL | 2010/09/27(月) 20:21 [EDIT]
>いろいろあってもそこは新婚旅行!
アハハ♪
旅行中、喧嘩とかするかも?
と思いましたが、意外と大丈夫でした!

>テルマエロマエ
あ~この漫画、気になってるんですよね~。
読んでみようかな?

>イタリアは現代でも男根信仰残ってる地域らしいですよ
ナルホド!
力の象徴、みたいな印象でしたね~。
あの威風堂々とした感じは。

>赤唐辛子のお守りはじつはチ○チ○(←コラ)をかたどってるんですって!
お~!
韓国行った時、子供が沢山出来るように、
っていうお守りをもらったのですが、(独身時代)
やっぱり赤唐辛子がモリモリついてるヤツでした。
世界共通で、赤唐辛子=○○○なのか?

ふたば | URL | 2010/10/08(金) 01:05 [EDIT]
すっかり遅くなっちゃいましたが…
いいですね~ウフィッツィ美術館!
いつか行ってみたいです。
うお~教科書にのってたやん!と興奮しそうです。
フィレンツェも行きたい~
まやさんもそろそろ帰国される頃なのでしょうか?
お土産話が楽しみです
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2010/10/09(土) 14:38 [EDIT]
>ウフィッツィ美術館!
良かったですよ~!
元々、メディチ家が作ったオフィス、
という事らしいです。
中身の濃い事といったら!

>まやさんもそろそろ帰国される頃なのでしょうか?
帰国されてますよ!
また、関西に私もお邪魔して、
色々お話聞きたいです!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。