年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/02/05(土)   CATEGORY: 普通の雑記
地獄の釜
もう先月になっちゃいますが、
1月22日、別府に遊びに行きました!

1年前も別府に行ったのですが、
なんかこの時期は温泉行きたくなり、
そしたら別府へGo~!となってしまうようです。
2時間くらいで着きますし。

でも今回のメインは「地獄蒸し」がしたかったのでした。
タジン鍋ブームに乗っかる訳じゃないですが、
蒸し料理、最近お気に入りなのです。
地獄蒸しとは、要するに、温泉の蒸気で作る蒸し料理、
温泉卵のようなシリーズですよね。
「温泉卵」と「地獄蒸しプリン」は食べたことあるけど、
その他の食材は食べたことない…

どこかに良いトコないかな~と検索すると、
地獄蒸し工房 鉄輪という場所が!
簡単に言うと、地獄蒸しの出来る場所を貸してくれるので、
自分で蒸し料理を作る体験ができる場所なのでした。
サイトによると、釜基本使用料が30分で500円。
やり方も動画で説明してくれていますが、
詳しい事は解らない…
とにかく蒸すぞ!という意気込みで、出発!

自宅から持参した食材は、
卵・かぼちゃ・安納イモ・玉ねぎ・とうもろこし
ソーセージ・ブロッコリ・鳥肉・カニ。
地元スーパーでお安く手に入れました。
あと、どうしても試してみたくて、おこわを作る為に、
もち米。一晩水につけておいて、1合だけ持って行きました。
カニと一緒に蒸して、カニおこわにしたかったのですが…

海老も蒸すとウマイ!と聞いていたので、
途中の道の駅で、海老を購入。
「刺身用のだから蒸すなんてもったいない!」
ってオジサンに言われたけど…(^^;
ついでにじゃがいも・カブも買いました。

自宅から持って行ったものは切ったりしてたんですが、
途中で買った物はそのまま。
でも大丈夫!
現場には台所もあって、スタッフの方々もおられ、
手際良く、切ってザルに入れて、重ねてくれました。
但し、おイモ等泥のついたのは自分で洗って渡さねばなりません。
海老は生きてハネたので、
スタッフの中国人留学生がビビってました!(^^)

なんか、タワーみたいして、ザルを重ねて行きます。
蒸すのに時間がかかるもの程、下に置いてくれました。
おこわは、どうやって作るか悩んで、日本手ぬぐいと、
出汁としてコンブ粉末とか塩とかを混ぜたものを
瓶に入れて持って行ってたのですが、
日本手ぬぐいはダメなのだそうです。
目の粗いタオルを貸してくれました。
これでもち米を包んで蒸します。
途中で出汁等を混ぜました。
カニおこわには出来なくて、具なしに(^^;
30分以上は蒸さないと難しいらしいのですが
1合しかなかったからか、ギリギリ、30分で蒸せました!
前日良く水につけておいたのも良かったかも??

現場には、お皿やお箸の食器、
お醤油、ポン酢、塩、モロミといった調味料はありましたが、
自分で持って行った、しゃもじやキッチンハサミは役に立ちました。
あと、調味料も、ハーブ塩で鳥を食べたら美味しかったし、
マヨネーズ、マスタード等も持参すると良いですねw
玉ねぎをマスタードポン酢で食べるのがマイブームなのです。

他の人たちを観察すると、大量に卵を蒸している方もおられました。
そうよね…温泉卵なら、
その場で食べずに持って帰っても良い訳だし。
肉まんやしゅうまいも良さそうです。
現地で食材セットを購入する事も出来ます。
あと、カニも蒸しにくいらしいので、下ゆでしていった方が良いとか。

036_20110205141700.jpg

044.jpg

043_20110205141848.jpg

042.jpg

041.jpg


…お味の方は、海老サイコー!
おこわはやっぱり具を入れた方が良かったです(^^;
鳥はモモを持って行ったけど、胸肉の方が美味しかったかも。
カブは冷めやすいので、早く食べた方が良いですね。
安納イモは、焼き芋の方が、蒸すより美味しかったかも…
まぁ比較の問題ですが。

てな感じで大変楽しかったです。
物凄く食べたのですが、油は使っていないからか、
全然胃もたれしなかったです。

また行きたいと思いました!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。