年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/08/18(木)   CATEGORY: 中華映画
新宿インシデント
お盆休みも終わりましたね~。
エブリデーがサンデーな私ですが、
お盆は、一泊ですが、相公の生家より、
公公、婆婆、義兄姐、甥が来ており、
それなりに忙しくしておりました。

その他、お盆前後も、ハローワーク行ったり、
家の積年の汚れ(爆)を掃除したりと、
それなりに、することある感じです(^^;
専業主婦になったら、
昼寝とかする生活になるかと思っていましたが、
意外とそうでもなかった。真面目ですw

そんな中、NECOさんで今月は「闘将!ジャッキー・チェン」特集
をやっていたので、
公開当時、見られなかった「新宿インシデント」を見ました!


新宿インシデント [DVD]新宿インシデント [DVD]
(2009/10/23)
ジャッキー・チェン、竹中直人 他

商品詳細を見る


ジャッキーといえば、どうしても面白カンフー映画、
のイメージですが、
そんなジャッキーも1954年生まれの57歳(2011年現在)、
近年の映画を見ると、
ビルから落ちたりするアクション中心の映画の主役をするには、
そろそろキツイのかな?という感じです。
体力的に、というのは、見ているこちらは解りませんが、
主役で20~30代くらいの設定の役をするにはちょっと…
という意味ですね、見た目的に(汗)
1994年作品の「酔拳2」の辺でも、
1963年生まれの年下のアニタ・ムイの息子役は
かなり厳しいなぁと思いましたもん(爆)
その辺もあってか、この数年、師父役だったりとか、
脇に回ったりとかで出演しておられ、
色々、考えておられるようです。
それはやっぱり、仕方ないですよね(^^;


以下、ネタバレ含む感想です。
今作は、裏社会な感じの映画でした!
珍しく、ジャッキー映画なのに、人を殺している!
それも、積極的に!!
そして、ジャッキーがヤケになって、金髪女を買っている!!!
ちょっとそこが衝撃的でした(^^;

ジャッキーは、幼馴染の恋人(徐静蕾(シュー・ジンレイ))を追って、
大陸から日本に密入国(書類を無くしてやむなく、のようでしたが)し、
新宿界隈で不法就労する中国人の役でした。
根は真面目で、まっとうに生きたいんだけれど、
生きる為に仕方なく、悪事に手を染めていくのです。
意外と、その辺の腹は据わっており、
あっという間に、同郷の仲間の中でリーダーになります。
そうやって堕ちていったきっかけは、
元恋人のシュシュ(徐静蕾)がヤクザの情婦になっていた、
と言う事のようです。

ジャパニーズヤクザとのバトルシーンはありますが、
全然カンフーは使わないし、
トリッキーな動きもありません。
むしろ、リンチのシーンがとても恐ろしかった!
呉彦祖(ダニエル・ウー)が、
痛い目に会う役を一手に引き受けてましたが、
怖くて、見ながら本気で声出してしまいました(T T)
顔に横一文字切りつけられたり、
手首を甘栗の釜で焼かれながら切られたり、
内臓デロリン…とか(^^;
闘争シーンは良いけど、リンチシーンって、私、苦手ですね。


全体的な感想として、良く出来た映画だと思うんだけど、
同じ、中華な面子で新宿を舞台にした映画、
「不夜城」と比べると、ナニかが足りない感じでした。
不夜城 [DVD]不夜城 [DVD]
(2001/10/21)
金城武、山本未來 他

商品詳細を見る


”男が、惚れた女の為に、
ヤクザの抗争に巻き込まれていく”
みたいな図式は似ているんだけど、
やっぱりジャッキーの根底に”ハードボイルド”精神が無いのかも。
どこまでも、良い人、善人、なんですよね~。
もともと黒社会の人間じゃなくて、農村出身、
という設定も関係あるのかもしれません。
じゃ、「ハードボイルドってなんだ?」と言われたら
うまく説明できませんが。
范冰冰(ファン・ビンビン)と恋仲になっていく、っていうのも、
お互いの傷を舐めあうように、って事なんでしょうが、
あまりそうは見えませんでした。
むしろ、呉彦祖が主役、とかだったらハマったかも?
と思いました。

その呉彦祖ですが、ツッコましてもらうと、
真面目で気が小さい、グループのおミソなポジションから、
ジャッキーの代理にまで上り詰める訳ですが、
見た目の変貌ぶりが…(^^;
ちょっと、ローティーンのグレ方に似ているというか、
シルバーのファンキーな鬘をかぶって、
グラムロック風な真っ黒メイクをして、
黒皮のパンツにトゲトゲアクセサリー、ってどうよ…
曲がりなりにもボスキャラになるんだから、
黒スーツでビシッとしてた方が、
雰囲気出たのでは…(^^;

あと、1990年代の設定だったようですが、
USBメモリってあの頃はなかったやろ!
と思いました。
撮影後、後付けで90年代の設定にしたのかしら。
(”現在はこうじゃない!”とかいうようなクレーム対策に?)
その他、ラム・シュとか御馴染の俳優さんも沢山出ていたし、
日本側もビッグネームが顔をそろえており、
なかなかの見応えでした。

ただ、やっぱり、ジャッキーには明るい作品が似合います!
演技にしたって、顔やら背中やらで語る役より、
アクションで魅せてくれる方が凄く良く解る!
もし、ジャッキーが肉体的にキツイなら、
主役じゃなくって、
「ドラゴンキングダム」とか「ベストキッド」みたいな感じの役で、
映画に出てくれたら良いなぁ…、
と、勝手な希望を思いました!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2011/08/18(木) 18:37 [EDIT]
ああ、これ、最初の部分だけ見て、な~んか好みじゃないな、暗そうだし~~と、見るのをやめた映画ですワ。
これは、やめといて正解だったかなぁ。
(なんか『上海グランド』と似てるような気がするし……(^_^;)

>やっぱり、ジャッキーには明るい作品が似合います!
同感です!
ジャッキーとしては、そのイメージを払拭。演技派な面も見せたいのかもしれないケド、見るほうとしては、対、これまでと同じジャッキーを期待してしまいますし。

>もし、ジャッキーが肉体的にキツイなら、
>主役じゃなくって、
>「ドラゴンキングダム」とか「ベストキッド」みたいな感じの役で、
>映画に出てくれたら良いなぁ…、

私も同感です。
『蛇拳』『酔拳』の師匠みたいな感じの役と云うのも、それなりの味が出て良い気がします。
● 竹中直人さん
xihuan | URL | 2011/08/19(金) 08:49 [EDIT]
この映画は、えまの妹とご一緒にプレミア試写会で見ました。
そして先日、私もネコでもう一度見ましたよ~

そうそう、私も若者と言う設定に違和感を覚えたんです。
そして、彦祖の変貌とラストシーンはもうビックリでした。
ネコで見ている時ちょうど手首切断のシーンを秦王がチラッ見して、「恐ろしい映画見てるなァ~」ってつぶやいていました。

試写会では成龍の舞台あいさつでロケでのこぼれ話を聞いたのであの竹中直人さんを楽しむ事が出来ました(笑)

そうそう、神戸港が写っていたの気が付きましたか?

成龍がとても良い味を出している「新少林寺」多分11月に日本公開がとってもお薦めです。成龍の暖かさを感じる事が出来ますよ♪
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2011/08/19(金) 14:59 [EDIT]
>見るのをやめた映画ですワ。
そうなんですね~。

私、結構、香港ノワールとか
嫌いじゃないんで、そこは抵抗なかったんです。
で、暗いっちゃ暗いんですけど、
ここもまたジャッキー効果なのか、
”ジャッキーが出てるんだから、
そこまで悲惨な事ないだろう”
と楽観視してました。

『上海グランド』は見てないんですよ~。
見てみますね!

>『蛇拳』『酔拳』の師匠みたいな感じ
同感です!
サモハンなんかは、うまい事、
悪役もするし、師匠役もするし、
上手に年齢に合わせて役柄を選べてますよね。
まぁ、ジャッキーも脇に回る事もあるんで、
こういう役柄も時にあるのかも。
なんにせよ、出演作が年1くらい、と多いので、
実験的にやっているのでしょうかね~。
● >xi姐へ
阿吉 | URL | 2011/08/19(金) 15:06 [EDIT]
>えまの妹とご一緒にプレミア試写会で見ました。
そうでしたね!
2年前でしたか、
そう書かれていたのを思い出しました!

>若者と言う設定
ですよねぇ…やはり流石に(^^;
年齢を重ねた人が主役の映画も多いんですが、
なかなかジャッキーは難しいのでしょうか。

>手首切断のシーン
私も「うわっ!」と叫んでしまい、
昼寝していた相公が起きて来ました(^^;
そして、「水が欲しいのか?」「手が欲しい」
のシーンも泣けました(T T)

>神戸港が写っていた
そうなんですか??わ~どこだろう!
気づきませんでした!

>竹中直人さん
おふざけ無しの良い演技でしたね♪
舞台ではきっと楽しいトークだったのでしょうね~。

>「新少林寺」多分11月に日本公開
それは!楽しみです!!
タイトルだけでもワクワクしますね!

今後の予定としては、
「カンフーパンダ2」と「シャンハイ」が
この辺で見られそうな中華風味の映画なので、
その観賞を狙っております(^^)

ふく*たま | URL | 2011/08/19(金) 16:59 [EDIT]
あ~、そうだった~!ジャッキー特集のこと、すっかり忘れてました。
でも、確かに、ジャッキーには明るい作品の方が似合いますよね。
そういえば、11月にジャッキー主演の『辛亥革命』が公開されるようです。(この間映画館で予告編を見ました)
ジャッキー100本目の映画で、ジャッキーの息子とも競演していているそうです。
またかなりシリアスっぽいですが。。。
予告を見た限りでは、やはり、う~ん、、、という感じデス(^^;)
今までのイメージが強烈過ぎるのかなぁ。
李連杰はうまく脱皮できたっぽいのにね。
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2011/08/22(月) 14:28 [EDIT]
ジャッキー特集、
今月いっぱいやってますよ、確か!

>11月にジャッキー主演の『辛亥革命』が公開
そういえば、私も結構前に、
予告編を見た気が!
きっと見に行くと思います(^^;

息子と競演、は、『ツインズエフェクト』
かなんかでもやってましたよね(^^)v

>李連杰はうまく脱皮できたっぽいのにね。
難しいですよね~。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。