年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/09/05(月)   CATEGORY: 武侠ドラマ
チャンネルNECO 書剣恩仇録 放送終了!
いや~終わりましたね~。
しかし、7割くらいしか鑑賞出来てないです(^^;
オリジナルキャラ満載の、書剣恩仇録でした。
その割に、元からいたキャラはカットされてたりね~。
アファンティとか心硯とか。

我が家では、于万亭=允禟=サスヘごっこが流行しました。、
まぁ、食べすぎた時などに、
「このサスヘ(豚)め!」
「私はサスヘではな~い!!名誉を回復しろ!!」
というようなやりとりの、他愛のないものですが(爆)

とにかく、この人のインパクトが強くて、
それに尽きる、という感じ。
あとは、文泰来夫婦、
トラブルメーカーでしたが、
この人たちがイキイキしていた前半が面白かったですね~。

原作では、余魚同好きだったんですが、
映像になってみると、なんかイマイチ…
別に俳優さんのせいではなくって、
ちょっと、バックボーンの見せ方とかが浅かったんですかね~。

徐天宏さんはイケメンでした(^^)

もともと、金庸作品中では、
一度目の読了後は、今作がどうも好きじゃなかったんですが、
二度目以降はちょっと深いな~と思うようになってました。
でもやっぱりスカッとしないんですよね、終わり方が。

全ては後半のカスリーとホチントンを挟んだ
陳家洛の優柔不断ぶりが嫌いだったのですが
(ここは賛同してくださる方、多いと思います。)
ドラマだと、それを薄めようとしたのか、
カスリーが自ら乾隆帝の所に行く!
とか言い出した事になっており、
都合が良すぎないか?と思ってしまいました。
グジグジ心の中で悩む、というのをドラマでやると
難しいんでしょうかね~。

そう、その乾隆帝、
ものすご~く、印象が悪くなってしまったですよ…。
名演技、という事になるのでしょうがね。

酷い!ってことはなかったけど、
もうちょっと、何か…という感じだったのが
ちょっと残念です。
でもアクションは良かったと思います!



COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

rei★azumi | URL | 2011/09/08(木) 07:32 [EDIT]
>とにかく、この人のインパクトが強くて、
>それに尽きる、という感じ。
本当に、この人と乾隆帝、どちらが主人公か? と云うドラマでしたね~。
まあ、悪役は、あのくらいの存在感がなきゃいけないんでしょうが、
だったら、どうせなら、もうちょっと華々しく破滅して欲しかったものです(笑)

>カスリーが自ら乾隆帝の所に行く!
>とか言い出した事になっており、
>都合が良すぎないか?と思ってしまいました。

ですね。
なんか、皆『いい子』にしようとした、というか、
視聴者全員に気に入られる展開にしようとして、
結局誰も納得させられなかったというような(笑)

なんにしても『倚天~』に比べれば、数段面白かったなと。
特に、アクションは見ごたえありましたよね。

ふく*たま | URL | 2011/09/08(木) 22:55 [EDIT]
>その割に、元からいたキャラはカットされてたりね~。
>アファンティとか心硯とか。

そうそう!
私は心硯がお気に入りだったので、出演がなくて残念でした。
ドラマ自体は、結構大胆なアレンジで、前半は面白かったです。
後半は収拾がうまく出来なくて、残念な感じで終わってしまいましたが・・・。
結局、主人公は、乾隆帝だったのね?という印象です。
それならそれでいいんだけれど、もうちょっと感情移入できれば良いのになぁと思ってしまいました。
ホント、乾隆帝のイメージが悪くなってしまいましたものねぇ(^^;)
● >rei★azumiさんへ
阿吉 | URL | 2011/09/10(土) 11:49 [EDIT]
>どうせなら、もうちょっと華々しく破滅して欲しかったものです(笑)
ですね~。
乾隆帝の裏切りはめちゃくちゃ姑息でした。
二人が一緒になって紅花会と大乱闘、
くらいの展開は欲しかったですね(^^;

>視聴者全員に気に入られる展開
ですよね!
そんなの無理なのに!
(原作からして、
カスリー好きな女性が少ないケド)

>『倚天~』に比べれば
あれは、映像化が難しいんですかね(^^;
かなり広範囲が舞台ですし、
人種も色々出てきて。

アクションはオーソドックスで良かったですよね!
● >ふく*たまさんへ
阿吉 | URL | 2011/09/10(土) 11:51 [EDIT]
>心硯がお気に入りだったので
あの可愛らしい役を、おっさんな春華がやる、
というのはちょっと残念でしたね(^^;
あの人も苦悩があったのだな、
という事で、あっちの裏切り組、
私は嫌いじゃないですけど…
そもそも、漢人であろうに、
なぜあの人の部下だったのだろう…

>主人公は、乾隆帝だったのね?
ですね!
これだと、正義は勝つ、じゃなくて、
悪は勝つ!って印象ですよね(^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。