年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/10/21(金)   CATEGORY: 映画観賞
毎日かあさん
映画、「毎日かあさん」を見る機会に恵まれました!
毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)
(2011/09/07)
小泉今日子/永瀬正敏

商品詳細を見る


もともと、原作者、西原理恵子先生の作品の大ファンなので、
今年の公開当時、見に行きたかったのですが、
都合がつかず、断念。

幸いなことに、地元の男女共同参画のイベントで
無料試写会(要事前申し込み)をやってたので、
観賞させていただきました!
原作さながらに、
元夫婦の小泉今日子さんと永瀬正敏さんが演じておられる事で、
話題になった映画でもありました。

永瀬さんは、若い頃、好きな俳優さんだったのですが、
一皮剥けたな~(←上から目線)と感心ひとしお。

原作漫画の味わいをそのまま残した、
涙あり、笑いあり、の素晴らしい映画でした。

親子三人で昼寝して、おねしょが誰の仕業か解らないとか、
トイレのウォシュレットで遊ぶ子供たちとか、
会場も笑いに包まれてました!

西原先生の夫である、鴨ちゃんこと、鴨志田穣さんの
アル中とガンの事は、御存命当時より知りつつ、
その著作も読んでいたので、
症状が悪化する様、
飲酒を繰り返してしまう様に、心が痛かった!
フラッシュバックのシーンなんかは、
漫画より映画の方が痛々しかったです。

後半、ゲッソリ痩せた鴨ちゃん(永瀬さん)が、
子供たちと遊ぶ所で涙したり、
お兄ちゃんのブンジ君が妹のフミちゃんと一緒に
お父さんを探して川を下る所でも涙しました。

原作が1ページ1話で
オチのある漫画だからだと思いますが、
ちょっとずつ、ちょっとずつ日常を繰り返しながら
映画が進みます。
それがまさに、日常の繰り返しという感じ。
家族って良いなぁと思わせられました。
ダメだったり、馬鹿だったり、
色々あるんだけど、やっぱり良いなぁ、と。

原作も合わせて、お勧めです。
毎日かあさん8 いがいが反抗期編毎日かあさん8 いがいが反抗期編
(2011/08/27)
西原 理恵子

商品詳細を見る

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。