年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/12(月)   CATEGORY: 読書感想
読書、備忘録 2
今年も残り少なくなってきました。
で、読んだのに感想書いてなかった本が2冊程。
もう夏とか秋の話なんで、ほとんど覚えてないですけど、
一応、読んだよ、という事を記録しておきます…
項羽を殺した男項羽を殺した男
(1999/12)
藤 水名子

商品詳細を見る


8月に図書館から借りておりました(^^;
「項羽を殺した男」
「虞花落英」
「范増と樊噲」
「九江王の謀反」
「鬼神誕生」
の、5つの短編からなる本です。
項羽、好きなんですよね~、劉邦より。
人を使うのが下手だったとか、
自分を過信してたとか、色々言われてますけど…
やはり京劇の覇王のイメージ、
悲劇的な程、惹かれてしまうといいますか。

で、藤先生の本にしては珍しく、
BL要素が少なかった印象です、確か(^^;
面白かったと記憶してます。
でも感想が書きにくくて、放置してたのかな?



先生の隠しごと―僕僕先生先生の隠しごと―僕僕先生
(2011/04)
仁木 英之

商品詳細を見る

こちらは11月に読了してました。
「僕僕先生」シリーズの最新刊。
仙人・僕僕先生の過去に少しずつ迫って来ました。
仙人だから男も女もない、
みたいな設定だった筈なんですが、
今も女性風な外見であるものの、どうやらかつても女性であった様子。
先生の過去の葛藤が描かれておりました。
前作も、中原よりずっと下って、
苗族とかの少数民族が出て来てましたが、
より、少数民族色が強くなった印象です。
旅の道連れも、減ったり(蚕嬢)増えたり(蒼芽香)…
王弁も頑張ってます。
この1冊はまだ過渡期のお話、という感じでした。
もうそろそろ、僕僕先生と王弁の関係も変わってくるでしょうか??

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

進歩 | URL | 2011/12/12(月) 13:09 [EDIT]
阿吉さんのブログを読んで、
僕僕先生シリーズは読んでみたいなーと思っていたのに、結局読まずじまい…
そんな本ばっかり増えて積ん読にすらなってないや。。。来年こそ!(これまた口だけになりそう(爆!))
● >進歩さんへ
阿吉 | URL | 2011/12/13(火) 10:17 [EDIT]
いや~、読書の機会は
ある日突然訪れたりしますからね。
焦らず、10年計画とかで!

私の場合、時間はたっぷりある筈なんですが、
意外と以前より読書量が落ちた感じです(^^;
それに読んでも読んだこと忘れてたりするし!
気に入った本を何度も読むタイプなんですよね~。
(↑いい訳)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。