年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/04/05(土)   CATEGORY: 太極拳
太極拳 剣と刀
金曜日は太極拳教室でした(^^)
大会も終わったので欠席者も多かったのですが、
(↑こういうところが”健康目的”で”マイペース”たる所以)
先日の入賞について、みんなビックリ!
「結構、間違えたのにね~!」
「ダメと思ってたのにね~!」とワイワイガヤガヤでした。
めったにない事なので、いただいた賞状とトロフィーをパチリ。エヘヘ(^^;
2008_0404_079.jpg


でも皆さんには参加賞のお煎餅の方が好評でした(^^;
一体、どこが評価されたのでしょうか?

大会では「簡化二十四式太極拳」の項目で出場しました。
同じ二十四式で出ているのは、他に13団体あったのですが、
普通に表演する団体が多かった中、
我々はちょっと趣向を変えたのです。

前列3人、中列3人、後列3人で、そのうち、中ほどの3人だけは
最初の起勢(qishi)の後、くるりと後ろを向いて、斜め後ろ方向へ進みます。
その他、本隊は左へ。
衣装も3人は紺色の表演服、残りはピンクの表演服で、
見た目の対比も出やすくしていました。
斜め後ろへ進む3人は人の間をすり抜けるので、
途中ぶつかりそうにもなり、かなりヒヤヒヤものです(^^;
(特に私は数学の展開図とか苦手で、何がなにやら…)

また、途中、本隊と3人は離れてしまい、見えなくなるので、
お互いが何をやってるか、解らなくなる部分があります。
…本番では蹬脚(dengjiao)の時にズレズレになってしまい、
「こりゃダメだ!」と思っていたのですが…??

結局、大会では「構想が大事」という事らしいです。
他の団体が普通に二十四式をやった中、
うちの教室はフォーメーションを変えていたのが高得点につながった、と。

…うーん。やはり武術とはいえ、組み手じゃなく、表演で争うというのは
なんともかんとも、ですね~。
内功が上がってるとか、そういうので評価されてるんだったら嬉しいのですが。
絶対評価じゃなくて相対評価な訳ですし。
フィギュアとか新体操とかシンクロと同じですな!

点差もコンマ何点というレベルだったというし、
これに浮かれず、精進せねばなりません!
そして「来年も入賞しよう!なんて欲を出してはダメだよ!」
と先生のお言葉。…確かに!
やはり自分が納得できるように演じられなければダメですね。
「♪勝ち負けなんてどうでも良いのに~」と
「笑傲江湖」で劉歓さんも令狐冲の心情(?)を歌っているし(^▽^)




さて、表題についてですが、
大会も終わったので、あらためて三十二式太極剣をやり始めました。
やはり剣は楽しいです♪より一層、戦っている感じがして(爆)

中国の剣は日本刀と違い、切れ味が悪いそうです。
という訳で、ぶった切っても切れないらしく、
引き切りしなければ切れないので、動作もそんな感じです。
腰を入れて、刺身を引くかのように切ります。
自分の剣はもちろんニセモノの練習用、刃のないジュラルミン製で、
ホンモノ触ったことないのですが、剣は日本刀と比べて厚みも薄いとか。
ナルホド、厚みも切れ味に関係あるんですね♪
陸小鳳は二本の指で剣をはさみ盗る事が出来ますが、
日本刀だったらどうだろう?と思ってしまいました。
映像でも剣で地面をついて、たわませるシーンは良く見かけます。
日本刀だったら、体の使い方以前に、そういう用法は出来ませんよね。
この薄さが中国の剣の特徴のようです。

剣は両刃になっているので、
あまり体に近づけると自分がケガをします。(という想定)
がしかし、両刃になっているものの、
切る側はいつも1方だけ、です。
確かに手の平側でなければ、力も入らず、
切っても威力がないと思います。
じゃ、なんで両刃になっているんでしょう?
先生に質問したけど「…なんでだろうね?」
切れ味が悪くなったら、持ち変えて、反対側で切るのかな?

武器についても興味が出てきました~。
やはりこの本、買ってみようかな・・・
図説・中国武器集成―決定版 (歴史群像シリーズ)図説・中国武器集成―決定版 (歴史群像シリーズ)
(2006/09)
不明

商品詳細を見る



ここで刀の話も出ました。
中国の刀は日本刀と同じく、両刃ではありません。背があります。
刀の用法では、頭の上を回すとか。(剣ではやりません)
背があるから、自分の体に添わせても傷つかないんですね!
ここで先生が軽く実演!
…血刀老祖 !!
tao_convert_20080405111947.jpg

あのポーズに魅せられ、
昨年夏はNECOで「連城訣」見ながら真似してた(!)ものですが、
なるほど、ちゃんと用法通りだったのですね~!

刀はどちらかというと男性的だそうなので、
女性はあまりやらないそうです。
確かに、何となくワイルドなイメージです。
しかしあのポーズをやりたいが為に、
太極刀もやってみたい…(*^^*)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 太極剣
八雲慶次郎 | URL | 2008/04/06(日) 13:18 [EDIT]
太極剣をはじめられましたか!やっぱり武器を使うのは一味違いますね。

>なんで両刃になっている
32式ではないかもしれませんが、太極剣でも少ないですが反対側を使うことがありますよ。削剣という動作は反対側を使うはず。
中国の剣では勝負を決める時には必ずといっていいほど突き技になりますので、先端が鋭い両刃であればほかが切れ味悪くてもなんとかなります(^^;
剣道でいうところの小手と突きが主な攻撃方法になります。

日本刀とは鉄の精錬法から違うため性質も違います。
また使い方も違うため、握り方も当然かわります。中国の剣は親指と人差し指で輪を作るように持ちますが、日本刀は一番大事なのは小指で、人差し指と親指はそえるだけです。

中国の刀は、中国の剣や日本の刀と違い種類がもの凄くあります。太極刀は比較的細身で柳葉刀のように先が幅広ではありません。日本刀に近い曲線の片手持ちの刀です。
ドラマの血刀老祖の持っているのは刀身に日本刀みたいな「樋」が入っていますね。中国の武器は厚みのないものが多いのでまずありえないので珍しいですね!
● >八雲さんへ
阿吉 | URL | 2008/04/06(日) 21:46 [EDIT]
>武器を使うのは
そうなんです!
手の先に剣があると、重心も変わってくるので、
何か「中心」という事を強く意識するようになりました。
太極拳以上に、力を上手く使わないと
小手先だけでは相手を切れない気がします。

「削剣」は、調べたら、42式の方で出てくるんですね!
突き技が決め技となる、というのは何か解りました!
切り上げたり、切り下げたり、という動作では
致命傷にならない気がしますし。
ナルホド!両刃の理由がわかりました!
ありがとうございます!(^^)

>血刀老祖の持っているのは
ほんとですね~。
慌てて小説読みましたが、
特に「樋」が入ってるとかは書いてないような…?
やはりいわれのある名刀(?)とするため、
そういう演出にしたのでしょうか?

| URL | 2008/04/07(月) 10:15 [EDIT]
>でも皆さんには参加賞のお煎餅の方が好評でした(^^;
クスクス!
こんなところが、ほのぼのとして、とても良いです。
教室の雰囲気が伝わってきますね~。

>図説・中国武器集成―決定版 (歴史群像シリーズ)
これ、秋水長天の管理人の、reiさんのブログで、以前、紹介されていました。
ttp://reiazumi.blog112.fc2.com/blog-entry-42.html
かなり興味深い記事を書いておられます。
URL、念の為、hを抜いてあるので、hをくっつけてどうぞ~。
● >Dさんへ
阿吉 | URL | 2008/04/07(月) 19:03 [EDIT]
>クスクス!
ハハハ(^^;放っておいたら練習せずに、
お菓子食べて喋ってばかりの日もあります(爆)

>reiさんのブログ
御紹介ありがとうございます!
今、見てきました!
やはり資料があると違いますよね~。
とりあえず、図書館(またか!)で借りる予定です(^^)

阿銀 | URL | 2008/04/08(火) 00:44 [EDIT]
おおーーーー!
入賞おめでとうございまする!

友人に気功&太極拳、太極刀などを教えている先生がおりますが、太極刀については、刀があまりに重く、やわな手首がもげそうだったので脱走いたしました(爆)
あの刀、真剣だったので怖かったし(乙女なので…)

阿吉さんにはぜひ極めてほしいです!
● >阿銀さんへ
阿吉 | URL | 2008/04/08(火) 01:10 [EDIT]
ありがとうございます!

>真剣だったので
す、凄いですね!
それは健康とかスポーツとか言う域を超えて、
本当に命はってますやん(^^;
でもなんか羨ましい~!
やはり届け出を出すのでしょうね?

極めるのは(運動音痴なので)絶対無理ですが
楽しく続けたいと思います♪(乙女だけど…爆)

rei☆azumi | URL | 2008/04/08(火) 10:51 [EDIT]
こんにちわー。
訪問、ありがとうございました。

図説・中国武器集成、実戦で使われるとあったので、
何をやられるのかな~と、来てみたら……
太極剣をやっておられるのですね!
素敵です! 頑張って極めて下さい!

日本の刀剣と中国の剣の違い、興味深く読ませていただきました。
某時代小説にも唐剣は“しないやすい”ので云々という記述はありましたが、
切れ味から持ち方まで、そこまで違うとは!
(中国武器集成には、そこまでは書いてありませんでした)
なんか、私のほうが、より勉強になってるなぁ……(笑)

では、また遊びにコさせていただきます (^-^)ノ゙

● 刀いいですよね〜
進歩反刺 | URL | 2008/04/08(火) 15:29 [EDIT]
私も木の刀は持ってるんです、いつかやろうと思って!
動きが正に血刀老祖だもんね!!
ちなみに、こないだ日本刀で血刀老祖の真似してましたが日本刀が長過ぎて綺麗に身体の周りを這わせることができませんでした。

日本刀は重いので叩き切る要素も多いにありそうです。
「なんちゃって殺陣」を習ってますが片刃・両刃の違い以上に手首の使い方が違ってて、太極剣の癖が出ちゃうと途端に殺陣も格好わるくなってしまいます。←いつも注意される。

太極剣は剣を持たない方が剣訣ってのもいいよね!
点穴できそうで…(爆!)
私はいつも霊幻道士を思い出して悦に入ってます。
● >rei☆azumiさんへ
阿吉 | URL | 2008/04/08(火) 19:04 [EDIT]
早速のご来訪、ありがとうございます!

>日本の刀剣と中国の剣の違い
いやぁ~私よりも諸先輩方の方が見識が広いので、
コメントいただく事で私も勉強になっております(^^;
ただの武術ファンなんで、
覚えるのも実践するのも大変なのですが…
reiさんも又、色々教えて下さいね!
お暇な時は、又遊びに来て下さい!
● >進歩反刺さんへ
阿吉 | URL | 2008/04/08(火) 19:17 [EDIT]
>木の刀は持ってる
中国の刀にも木刀ってあるんですね!!
修学旅行の定番土産、
日本刀の木刀しか知らなかった…(爆)

>日本刀が長過ぎて
へぇ~日本刀の方が中国の刀より長いんですね?
一般的に?
全く知らないんですが、
注文する人によって長さが違うのかなぁと思ってました。
恐らく派によって違ったりもあるんでしょうね??

>手首の使い方が違ってて
太極剣だと手首を回す感じですが、
太極刀と日本刀の殺陣も、そんな違いですか?
日本刀はグルグル振り回すイメージがないです。
円というより直線のイメージ…
…って全然日本刀とか殺陣とか知らないのに、
イメージだけで言ってて大丈夫か?私!?
ぎゃ~これは深い!!

それにしても流石、
「雑賀衆」兼「武当派」の進歩さん!
詳しいですよね~!惚れぼれしちゃいます(^^)
又教えて下さい!!!!(切に!)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。