年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/01/16(月)   CATEGORY: 不妊治療
不妊治療日記★病院選び
…産婦人科に行こう!と決心してから、
どの病院にするか、まず考えました。

土地土地で違うと思うので、
一番良いのは、周囲の人に聞くこと、でしょうか。
でもまぁ、出産で通院していた人の意見と、
不妊治療に通う人の意見では色々相違もあるかもしれません。
内装が綺麗か、とか、
病院食が美味しいかどうかが判断基準、とかね(^^;

幸い、私は土着の人間ですので、
昔から、あそこの病院はヤブだの、あそこが良いだの、
聞くともなしに、情報は豊富に集まったのでした(^^)
とはいえ、通う基準、みたいなのはあるかもしれません。

私はS総合病院に通いました。
そこは、市内では産婦人科の権威みたいな所で、
難しい出産の人も、最後にはそこに回されるし、
不妊外来もあるという病院。
私の場合、あとで調べて解った事ですが、
顕微受精まで出来る設備があるのは、
市内ではそのS総合病院だけ、との事でした。

産婦人科医師が減っている、というのは
ニュースなどでも良く聞く話ですが、
実際、私の町でも例外ではなく、
K総合病院等も、友人が15年前に通っていた時は
産婦人科があったのに、
10年くらい前から無くなった、との事。

電話帳を見ても、やはり個人病院を含めて
産婦人科医は少ないですね。
なかなか選べる状況には無いのかもしれません。


以下、私が思った、
総合病院と個人病院の比較。
但し、個人病院は自分が通った訳じゃないので、
友人の話を聞いての感想です。


【S総合病院のメリット】
・治療を始めて、何だか足が痛くなったり、
産婦人科以外に通わなければならなくなった時、
他の形成外科等に、同じ院内で回してもらえる。
治療中は薬の飲み合わせとか色々あるので、
同じ病院内でカタがつくと非常に便利でした。
以前、妊娠してるか解らない時期にインフルエンザで内科に行った時、
「もし妊娠してたらこの薬飲んでも良いんでしょうか?」
と聞いたら、「かかりつけの産婦人科に聞いて下さい」
と取りつくシマもなかったので、同じ病院がいいなと痛感。

・設備が揃っているので、色々な検査が出来る。
不妊治療のエキスパートだったこの病院ならでは、
でしょう。

【S総合病院のデメリット】
・家から遠い。
ま、これはたまたまですけども(^^;
車で片道40分。
公共交通機関を使うと、3回乗り換えで
1時間30分くらいかかるのでは、という感じでした。
夜間救急に行くことも想定されますし、
治療によっては、「自分で運転して来ないで下さい」
というものもあるので、
やはり近場で交通の便が良い方が、通い続けるのには便利でしょう。

・外来受付時間が短い。
8:30~11:00と午前中のみの受付時間です。
しかも、待たせることこの上なし!
2時間は普通、酷い時は4時間とか待ちました。
待合室はいつも20~30人はいる感じです。
んで、診察自体は5分、とかね(^^;





…以上の事より考えますと、
仕事しながら治療をしよう、と考えるならば、
近場の個人病院等に通う方が良いように思います。
前出の友人曰く、働きながら治療をしていた当時は、
17:00に仕事を終えて、ダッシュで個人病院に通い、
18:00の受付終了に間に合わせていたそうです。
恐らく、総合病院よりは待ち時間も少ない筈。

治療、といっても、最初はまず現状把握、
色々な検査から始まりますので、
そこで原因が見つかって、
例えば手術するとか、不妊治療を開始するとかなれば、
同じ病院で可能なのか、
あるいはもっと設備の整った病院へ、
転院を勧められるかすると思いますので。

どちらにしても、不妊外来がある病院に行く、
というのが良い気がします。


私の場合は、仕事も無く、これ一本に集中できる状況でしたので、
少々遠いけれどもS総合病院に行く、と決めました。
一日あたりの通院・治療時間はかかっても良いので、
トータル通院期間を減らしたい、という思想です。

車が1台しかなくて、相公が通勤に使っていたので、
実家に車を借りたり、時には相公にチャリ通勤にしてもらって
車を使ったりして、やりくり大変でした。

もう1つ、隣の市に不妊治療で有名な病院があり、
前出の友人からは、駅前で交通の便も良いから、
とそちらを勧められたのですが、
やはり海を越えるのがなんだか…という事で、
同じ市内のS総合病院にしたのですが、
実際、体外受精治療の最期の頃、
注射をうちに22:00に来い、と言われた日があったので、
陸続きで良かった(^^;と思った事がありました。

不妊治療の後、妊娠したらまた出産まで通わねばなりませんし、
産んだ後も通う事まで見越して選ぶ、というのは大事ですね。

そういえば、妊娠して母子手帳を貰った後に解った事として、
市から補助が出るのですが、
”市外の病院に通っている場合は御申出下さい”
みたいな事があったので、何か手続きがいるのかも。
里帰り出産する人もいるので、ちゃんとやりようはあるのでしょうが。


と言う事で、
どこに通うかは、事前に良く検討した方が良いですね。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。