年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/05(月)   CATEGORY: 中華映画
少林寺木人拳
オンデマンド購入で、
ジャッキー・チェン初期の映画、
「少林寺木人拳」を観賞しました。

少林寺木人拳 [DVD]少林寺木人拳 [DVD]
(2006/02/24)
ジャッキー・チェン、ルン・ユァン 他

商品詳細を見る
ジャッキーの映画って、初期の物は大体見てたような気がしてたのですが、
それって、TVの映画劇場で放映されてた奴を見てたんですよね~。
見てないのも沢山あったのだわ。

wikiのあらすじ

口の不自由な若者・小唖巴(ジャッキー・チェン)は、幼いころに殺された父親の敵を討つために少林寺の門弟となった。

ある日、寺の裏の洞窟に見知らぬ男が鎖で繋がれているのを発見した小唖は、男に食物や飲物を運んで仲良くなり、カンフーの奥義を伝授してもらう。男の名は法愚といい、10年前に少林寺の掟を破った為に閉じ込められていた。また少林寺の管長の友人という尼僧からも拳法を習い、小唖はますます力をつけていく。

そして小唖は少林寺を出るために、「木人」という木製のからくり人形と戦いこれを撃破、下山を許される。

ある日街へ出た小唖に法愚が脱走したとの連絡が入る。実は法愚こそ小唖の捜す敵だったのだ。

少林寺の掟を守るため、また父の敵を討つため、小唖は法愚との闘いを決意する。



ジャッキー、役名あったのね(^^;
劇中では全然名前を呼ばれる事はありませんでした。

あと、冒頭で五獣拳が紹介されるんですが、
関係あったのかな??
”寺内の僧から酔拳、蛇拳を習った”
とあるので、その前フリかもしれません。

「木人」という木製のからくり人形、
多分、撮影上では着ぐるみですね(^^;
法愚が「人間が木人なんぞに負けるとは情けない!」
って言ってましたが、確かに(爆)
防具にはなるので、攻撃が効きそうにはないですが。

その法愚は、確か「獅子哮」を修行中、と言ってました。
「カンフーハッスル」の小龍女みたいに叫ぶシーンはなかったです。
獅子哮=声で相手を倒す武功、って訳でもないんですね。
それとも「獅子咆哮」とは違う武功なんかしら??

木人拳、といっても、中盤で木人路を突破する場面で、
そのような拳法が使われている訳ではないようです。
(もしかしたら使ってたのかもしれないけど、解らなかった!)
なので、最終的に法愚を倒す時は、
違う少林寺の「秘術」を習得していたのでした。
え~と、秘伝書、「天罡北斗陣」となってたと思うのですが。
”陣”だったら数人で修行するのではなかろうか??
そして、少林寺の秘術じゃなくて、全真教のだった気がする…

ま、なんだかんだ言って、面白かったです!!
ど~も、ジャッキー映画、この仇討パターンが好きなんですよね。
辛い修行シーンに燃える!!
指立て伏せで、肩甲骨が羽根のようになってたりして。
若き日のジャッキーは、息子のジェイシーにも良く似てました。
考えたら、この頃は事故とかもしてないので、
整形前だから、当たり前なんですよね。


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。