年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/15(火)   CATEGORY: 中華雑記
三国志城へ
…という事で、行ってきました三国志城

ほんとは12日に行くつもりでしたが、
喉の調子が戻らず、13日(日)に訪問しました(^^;

そもそも、この博物館の事を知ったのは、
進歩さんから教わったので、もうずいぶん前です。
同じ県内にありながら、真反対の位置なので、
高速道路を一人で運転して気軽に行く、って感じでもなく、
こう、同好の士が来た際にでも一緒に…と思う事、早数年。

「週末ちぐまや家族」という、地元ローカル情報番組で、三国志城のネタをやる、
という番宣を見て、久しぶりに行きたい気持ちが再燃!
(結局、本放送は見てないのですが…汗)

相公に、「これこれ!いつかここに行きたいんよねぇ~」と言うと、
思いがけず、「へぇ~。じゃ、この週末行こうか?」てな事になり、
とんとん拍子に施設訪問が決定!やったね!

きっかけはひょんな事から、って感じですが、
とにかく、念願叶って訪問する事が出来ました!
自宅から、高速道路を使って、二時間強。
車中で、三国志といったらレッドクリフしか知らない相公に、
乏しい知識で色々レクチャーするワタクシ。
とりあえず、ゲームの「三国無双」は少しやった事があるので、
呂布のキャラとかはなんとなく掴めたようです(^^;
そんな程度なのよ~~(^^;
なのに、二人でこんなマニアックな所に行っていいのかしら…

熊毛ICを降りてしばらく行くと、こんな看板がいくつかありました。
CIMG5477.jpg
…う~む。歴史資料館の文字とともに、コーヒー、軽食の文字が(^^;
カオスな香りがするぜ!

CIMG5476.jpg
こちらは三国志城周辺道路。
これまた「うどん」の旗が…

三国志城の外観。
CIMG5474.jpg
え~と、公式HPから想像するより、
もっとこじんまりとした建物であります。
駐車場も、7台も停めれたら良いくらいの広さかな?
私設博物館なんで、それでも上出来ではないかと思うのですが。
そもそも、なんで山口県と三国志なのか、って話ですが、
色々古代から、この辺は中国と交流もあった、という縁なのだそうです。
(かなり適当な書き方だな…)

でも、「レッドクリフ」上映の頃、
全国でやってた「大三国志展」の協賛も
こちら三国志城がやってたりなんかして、
なかなかのものではないかと。


入口。
CIMG5460.jpg
この中が売店兼食堂になってまして、チケットも売っております。

朝10:00くらいに到着しました。
館長は、なんと、女性の方であります。
この施設を、ほぼお一人で管理されているらしい。
「まぁまぁ遠くから…お茶でも飲んで行って下さい」
とおっしゃって下さいますが、
まずは中を見せていただく事に。

CIMG5469.jpg
売店の建物の出口で、ツバメが巣を作っております。
幸せの鳥なんですよね~。

CIMG5462.jpg
第一展示場へ行く道の途中には、このように武将の名前の看板がいくつか。
恐らく、館長が自作されたと思われます。

第一~第四展示場の中は、撮影禁止なので、画像はありませんが、
当時の木牛とか武器を再現したものとか、
現代の中国の作家さん達が描いた三国志の絵とか、
戦場のジオラマとか、
中国の三国志ゆかりの地に祭られてる武将の像の写真とか、
歴史年表とかが掲示されてまして、
さらにその合間を縫って、
休憩室には、全国から寄贈されたと思われる、
三国志関係の漫画や小説といった資料が置いてあったり、
簡単なコスプレグッズが置いてあったり、
館長が自作されたと思われる、蜀の3兄弟のお面とか、
何かイベントで使ったと思われる、
ペットボトルの何か、とかがありました。

”東南の風を祈る諸葛孔明”の立像が、特筆すべき展示物、
でしょうか。
小さいのと、大きいのとあって、
大きいのは、祭祀堂みたいな所に祀られており、
ここで祈願した方が、見事、試験に合格した!
等の噂が噂を呼んで、今では一種、信仰の対象になっているそうです。
方角を測ったら、本当に像が東南を向いていたとか。
…というような話は、後で館長さんにお伺いしたのですが、
とりあえず、なんでもやってみる我々夫婦も、
きちんと「安産祈願」しました(^^)

一通り見終わると、館長さんがお茶とお菓子を出してくだり、
色々なお話を伺いました。
こちらでは、「三顧会」という
三国志城のファンクラブ(といったらいいのかな?)があり、
そこの会員さん380名前後の方々が、館長を支えて下さっているそうです。
会員さん同士が結婚したりする事もあるとか(^^)
やはり若者が多いんだそうで。
そうそう、その「三顧会」イベント、
つい少し前のGWにあったばっかりだそうで、
その時に行ってたら、色々あったのかも…残念!

我々も食堂で食事をする事に。
メニューはこんな感じ。
CIMG5468.jpg
結構、豊富です!

相公が頼んだ、館長お勧めの、
孔明ピリ辛ラーメン。
CIMG5470.jpg
ほんとピリ辛、もやしのしゃきしゃき感が良いです(^^)


私は、これまた館長お勧めの、
周瑜うどん。
CIMG5471.jpg
いろどりが綺麗で、まさに美周郎、といった趣き。
麺は讃岐のシコシコ系ではなく、もちっとした煮込み系の麺でした。
こちらもうまし!

こちらは関羽いなり。
CIMG5473.jpg
関羽おにぎり、というのもありましたが、
どちらも赤米を使っているところが=赤い顔の関羽、
というイメージとの事。

メニューは、館長が考えて作っていたそうですが、
最近は、三顧会のメンバーの方々からも
アイディアとか意見をもらうそうで、
勝手な事は出来ないそうです(^^;
曹操ファンの方の意見で、
曹操ラーメンは激辛になったのらしい。
確かに、魏のイメージカラーは赤だったような。
そこからでしょうか。

とにかく、イキイキとお話をしてくださる館長さんが素敵でした。
手先も器用な方らしく、食堂のお盆なんかも、
自作されたりしてて…
色々、書なんかも書いたりされてるようです。
三国志ファンの方が全国から来てくれる、
というのもすごくうれしいみたいでした。

大変に心あたたまり、
帰りは三丘温泉、ってとこに寄ってから帰宅しました。

是非、お近くにお寄りの際は、のぞいてみていただきたい施設でした(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。