年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/25(金)   CATEGORY: 酒見賢一
泣き虫弱虫諸葛孔明
ドラマを見たり、立て続けに小説を読んだり、三国志城に行ったりと、
三国志づいてるこの数か月です。
別にめちゃくちゃファン、って事もなかった筈なんですが、
まとめて読むと、いろいろ頭に入りやすいですね。
集中する、って凄い効果があるなぁ。
飽きる部分もありますが。
とにかくお陰様で、超メジャーな武将じゃなくても
名前聞いたら解るようになって来ました。

という事で、「泣き虫弱虫諸葛孔明」
これ、既刊分は読んだものの、
記事にしてなかったけど、
最近再読してまして。
泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)泣き虫弱虫諸葛孔明〈第1部〉 (文春文庫)
(2009/10/09)
酒見 賢一

商品詳細を見る


泣き虫弱虫諸葛孔明〈第2部〉 (文春文庫)泣き虫弱虫諸葛孔明〈第2部〉 (文春文庫)
(2011/02/10)
酒見 賢一

商品詳細を見る

やっぱ、固い文章の途中には、
軽いものが読みたくなる訳です(^^;
主人公を孔明に絞っているのも読みやすい。

1部は孔明が劉備に仕えるまで、で、
2部は魯粛と会うまで、です。
現在も連載中、なんですよね。
全部で何巻になるんだろ…

で、3部は7月22日に発売なのらしい!
大変うれしいです(^^)
ま、でも文庫にならないと買わないので、
まずは図書館へ…ですね。

宮城谷先生の小説も、
結構、正史とか資料を読み込んで、
人物のバックボーンとかきっちり書き込まれてるんですけど、
酒見先生も、ていうか今作も、
孔明主人公なものの、語り手としての筆者が一番メインで出てきてまして、
正史と演義とで矛盾がある所を突っ込んだりしながら
話を進めていかれます。
なので、話の進行具合は遅いんですけど、
現代の裴松之といいますか、
注釈をつけてくれてる感じです。

ですが、その注釈の仕方が、
現代に置き換えて説明、とか、
劉備軍団をラーメン屋台に置き換えて説明、とか、
呉を広島のや○ざ組織にたとえて描写、とか、
凄く面白くて解りやすい!
キャラクターが目に浮かぶようです。
特に今、ドラマで役者さんの顔も見えるし。

3部の出版が楽しみだな~!

そうそう、こんなサイトもあるようです(^^)
泣虫弱虫諸葛孔明をもっと広め隊
面白~い(^^)



COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。